May 30, 2024

誕生日に思うこと

今日。母が92歳になりました

先日、お祝いも兼ねて施設に面会に行きましたが
その時の母の言葉が心に引っかかっています

「何歳になるかわかる?」
私が問いかけると「わからない」と答えます

ここ数年で、老いが進み
認知機能も低下している母ですが
私や妹、孫(私と妹の子供達)の事は
わかっているようです
ひ孫達(私と妹の孫達)の事は
誰が誰だかちょっとあやふや
↑いっぱいいるしね

「92歳になるんだよ」

耳も遠いので、近くで少し大きめの声で伝えると
「そうなの?生き過ぎちゃったね」

思わず、「そんなことないよ。まだまだ元気でいてもらわないと〜」と答えた私…

生き過ぎた…

確かに母の兄弟の中で
一番の長寿になりました

きっとよその高齢の方を見たら
しっかり長生きだと思うと思います

でも、自身の親となると
まだまだ傍にいて欲しいと願ってしまいます


果たして…
自力では生活できなくなった母は
今幸せだろうか?
幸い、心優しい施設の方の介護のおかげで
つつがなく日々を過ごしているけれど
この4年、コロナ禍で自由がなくなった事もあって
QOLは著しく低下しました
その反面、入所するきっかけになった
2019年夏の入院は
私と妹の手を煩わすことなく
自分の行き先を決めるかのように
まるで母の仕組んだ事のように感じています

もしも、コロナ禍になったあの頃
母が一人暮らしをしていたらと考えると
ゾッとします

会えなくなっても既に施設の生活に慣れていたので
私達は安心して過ごすことができました

そして、今月に入ってやっと直接面会が出来るようになった事はこの上なく嬉しく
意思疎通が思うように出来なくなっていても
手を取り、母のすぐ近くで
身体に触れることが出来ることが
私たちにとって大切だったと
改めて知ることができました

母が一人暮らしをしていた最後の年のお誕生日
2019年、3人でお食事に行きました
これが、最後の母娘のお出掛けでした

おそらく、もうああいう時間は
持てないだろうと思います
でも、私達や孫やひ孫
近くにいる者たちと少しでも長く1回でも多く
時を過ごしてほしいと思っています

母の生活に手助けが必要になった頃や
何度かの入院や手術の時も
私は子育てを終えつつあり
それほどお仕事も忙しくなく
時間が取りやすかった…
そんな折々の事を思い出すたび
いつも私たちのことを思ってくれていた母の
思し召しだったのだと確信しています

私達に迷惑がかからないようにと…

またみんなで来るからねと施設を後にして
もう少しわがまま言ってくれたらいいのになと
娘としては思うのでした

IMG_5155

お母さん、お誕生日おめでとう


☆♬ ブログランキングに参加してます ♬☆

~Please 1 click~

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

U^ェ^U読者登録もポチッとU^ェ^U
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


takucyan_rencyan at 23:37│Comments(1)思い出 | 想うこと

この記事へのコメント

1. Posted by 裕代   May 31, 2024 06:02
はっぴぃばーすでぃ🎉

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
参加してます
参加してます
みんなお友達
コメントありがとう
ようこそ!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
一言コメントいただけると
励みになります!

月別アーカイブ
記事検索