音楽中心まぜこぜBlog 「情報タワー」

サブタイトル「〜エンタとボクと、ときどき日記。〜」 兼業作詞家の御城葡萄(おしろぶどう)と申します。よろしくお願いします。

気になる記事を見つけた方。ブックマーク(お気に入りに追加)するか、リーダーに登録して、末永くお付き合い下さい。

今って、放送禁止用語ってないの?

ラジオ「桑田佳祐のやさしい夜遊び」を聞いてると、

エロい放送禁止用語スレスレの発言が目立つ、

と思ってたら、

もう、ズバッと言っちゃってましてね。

マジで、えぇんか?番組がなくなるんじゃないのか?

と思って、

放送禁止用語 Wikipedia

を見てみたら、

今は、法律で明文化された放送禁止用語ってのは、ないんだってね。

あくまで、放送局の自主規制なんだってさ。

そうなんだ。

「桑田佳祐、放送禁止用語連発で逮捕」

とか、そういうことはないってことでしょうかね。

そんなら、つボイノリオ『金太の大冒険』もかけられるってことか。








優しい夜遊びは、もう、無法地帯よ。

そうか。

だから『マンピーのG☆SPOT』も出せたってことなんかなぁ。

ただ、

その他のテレビ番組やラジオ番組は、

必要以上に自主規制をかけてるんじゃないのか?

と思わせられることが、多い気がしますね。

優しい夜遊びってのは、かなり異質な番組ですな。

ま〜、名古屋の昼間のAMラジオは、

かなりえげつない下ネタを炸裂してますけど。




林修『受験必要論』は、東大賛辞とは程遠かったです。

林修『受験必要論』を読了しました。

このタイトルだけ見てると、

とにかくみんなで東大を目指せ、って誤解をしたんですけど。

書いてある内容は、全然違いましたね。

国立料理大学寿司学部があっても良いだろうとか。

現在の受験を取り巻く状況に、問題提起をしてたりもしましたよ。

飛び級の推奨なんかも書かれていました。

もう、海外の大学に行っちゃったら?とかも書いてありました。

東大賛辞とは程遠かったです。

というか、東大批判めいた内容も散見されました。

東大に対する憧れが無くなるようにも感じました。

「東大は、何でもあるけど、何にもない」

たしか、そんなことも書いてありましたよ。

林修さんの考え方は、東進の東大対策の現代文を教えてるとは思えなくて、面白かったです。

私自身が、何となく考えてたことに、似てたんですよね。

やっぱ、東大だけじゃないんかなぁと思えてきました。

灘高・英語教師のキムタツ木村達哉さんとの対談も載ってましたけど、

お二人とも、考え方が非常に似ていたみたいですね。

そのあたりも、面白かったですよ。

でも、結局は、その生徒たちの大半は、

東大に合格して進学していくんでしょうから、

やっぱ、東大に行かなきゃわかんないこともあるのかなぁと思ったりもしました。

っていうか、林修さんって、かなり頭が良いとは思ってたけど、

全国模試で1位を取ったことがあるんだってな。

ほ〜。




英単語の覚え方を模索中です。

私は、英語に対する苦手意識がありましてね。

学歴コンプレックスもありますし。

作詞してても、英単語がパッと思い浮かばんことが多い。

ということで、

英単語帳を買ってみました。

旺文社の英単語ターゲット1400ってやつ(緑の表紙)

これが、センター試験レベルだそうです。

(瑞陵、昭和などで採用されてるそうです)

一番良く売れてるのは、

英単語ターゲット1900ってやつだそうです(青の表紙、期間限定で黒と白も売ってる)。

こっちは、国公立二次および難関私立レベルだそうです。

(千種などで採用されてるそうです)

背伸びせずに、自分のレベルに合ってそうな方を買ってみました。

分からん英単語が、多いっすねぇ。

私は受験生時代は、何をやってたんだろうか?

(英単語帳ではなく、長文を読みながら英単語を覚えてたことが多かったかな)

英単語の覚え方を模索中です。

自己嫌悪するくらいに、全然覚わらんかったりしますね。

覚えたはずでも、次の瞬間、もうすでに忘れてる。

そこで、分かってきたこと。

例えば、「earn 稼ぐ」を覚えようとした時、

「earn」を見ながら、「アーンアーンアーン」と、頭の中で言ってる。

その意味の「稼ぐ」を見ながら、「かせぐかせぐかせぐ」と、頭の中で言ってる。

で、覚わってないわけですよ。

そこが、違うなって思いました。

「earn」を見ながら、「かせぐかせぐかせぐ、アーンアーンかせぐかせぐ」と言ってみて、

「稼ぐ」を見ながら、「アーンアーンアーンアーン、かせぐアーン」とか言ってみると、

覚わるような気がしましたねぇ。

で、それでも覚えられない場合は、

こうやって、ブログに書いてみると、覚わるかもしれないです。









我慢はするべきなのか?

日本という国で暮らしていると、

我慢しろと言われることが、多いような気がします。

あれはダメ、これはダメと。

そうやって育って、43才になった私です。

我慢はするべきなのか?

私の最近の考え方としては、

やりたいことを、我慢してやらないというのは、良くないと思います。

やりたいことは、我慢しないでやるべきでしょうね。

ただ、やりたいことをやっていると、

その延長線上に、やりたくないことも出てくるでしょう。

それは、我慢してでもやらなきゃいけないんだろうなぁと思います。


そうしないと、先に進めない。

とりあえずは、やってみるべきでしょうね。

どうせ上手く行かないと、最初から諦めるべきではないでしょう。

馬鹿にされるかもしれないことでも、

本当にやりたいなら、止められないと思いますね。

ま、とはいえ、限度はあるでしょうけど。

もちろん、法律違反はイカンですけど。

ただ、大人になってくると、守らなきゃいけないこともありますよね。

毎日の生活はしていかなきゃいけないし。

家族がいるなら、養っていかなければならない。

でも、やりたいことがあるとなると、

とにかく、時間とお金を上手にやりくりするしかないでしょうね。

私も、今はプロ作詞家と名乗る権利はありますけど、

基本的には、会社員ですから。

(今は、仕事探し中ですけど)

エンジニアをやってた頃は、

9:00〜22:00は会社に拘束されてましたから。

電車に乗り込む22:00から、夜寝るまでの時間で、作詞の活動をしていたのでね。

晩メシと風呂の時間も必要だし。

本当にやりたかったら、我慢は出来ないですよね。

フィギュアスケート村上佳菜子さんも、引退だってね。

フィギュアスケートは、

浅田真央さんが引退発表して、社会現象になってますけどね。

スポーツ雑誌Numberも、浅田真央特集永久保存版でしたし。

愛知県民栄誉賞なるものまで新設され、真央さんに与えられるとか。

そんなニュースがあったばかりですけど。

村上佳菜子さんも、引退だってね。

いや〜、まだ若いよね。

22歳だってさ。

まだ、やれそうな気もするけどね。

ま〜、本人にしか分からんこともあるんだろうけど。

でも、こうなってくると、

世代交代がアッという間に進んでいくんでしょうね。

マスコミ的には、たぶん、

三原舞依に注目してるんかなぁと思ったんですけど。

フィギュアスケートが、ドル箱のコンテンツに成長してきてるしね。

ますます、人気種目になっていくんかなぁといった感じでしょうか。

ただ、お金がかかるスポーツというイメージは強いですけどね。

スケートリンクへの送り迎えも大変そうだし。

あかのれんのCMに、雛形あきこさんが出とる。

あかのれん、なんていってもさ。

そんな店、知らんよ。って人も多い気がするけど。

ま〜、名古屋の人なら、知ってる人も多いんかな。

衣料品の店。

あれ、しまむらみたいなもんよ。

安い服を売ってる店。

ユニクロみたいな、ファストファッションってのとも、ちょっと違う感じかな。

こんなの、誰が着るの?ってのも置いてたりする。

歴史は古いみたいですけどね。

その、あかのれんのCMにさ、

雛形あきこさんが、最近登場しましてね。

マジか!?って思ったんですよね。

そう思って、あかのれんの店舗一覧を見てみたら、

名古屋だけじゃなく、8県くらいに広く展開してるんだね。

内田橋とか新瑞橋のイメージが強いんだけど。

たしかに、それなら、雛形あきこさんも起用できるんかなぁ。

あかのれんも、ユニクロみたいになるかもしれんということかなぁ。




「勉強しなさい!」と言うべきか?言わないべきか?

私には、子供がいないどころか、結婚できるかどうかすら不明ですけど。

自分の学歴コンプレックスから、高校入試のことをブログに書いたりしてきました。

勉強できる人のことを、いろいろ調べたりもしてきました。

それで分かってきたのは、

どうやら、勉強できる人ってのは、勉強大好きみたいですね。

好きだから、やってるって感じ。

だから、

いかにして、勉強は楽しいと思わせられるかどうか?

そこが重要な気がしますね。

勉強嫌いって子の家庭環境って、

親が、顔を見るたびに「勉強しなさい!」って言うけど、

その親は、寝っ転がってテレビ見てるとか、

そんな感じなんかなぁと想像してるんですけどね。

ま、他の家庭は見れないので、分かんないんですけど。

そうではなくって、

勉強は、面白いでぇと言って、

親も、何かの勉強をしてるとか、読書してるとか、

そういう家庭なら、子供も自然と勉強するようになるんかなぁと思うんですが。


テレビ見ながら、メモを取るとか、調べるとか。

でも、家庭によっては、

「勉強なんかやらんでも良い」って親もいたりするらしいんで。

そういう家庭だと、勉強ができるようには、なかなかならんでしょうね。

で、貧乏な状況が続く可能性は高いかなぁと思います。

ま〜、学歴高くても、貧乏になる人も結構いるって話はありますけど。

だから、学校の勉強だけではなくって、

社会勉強とか、情報収集は必要になるんでしょうけどね。

何もやらなければ、状況は変わらないでしょうね。




酒井若菜さんのブログ本は、不器用な清々しさを感じました。

酒井若菜さんは、最近はテレビの露出が減ってますかね。

グラビアで出てきた女優さんですから、

私ら世代の40代の人なら、ファンだって人も多いでしょう。

ま、可愛くて巨乳でってやつですわ。

そんな彼女の本を見つけました。

酒井若菜『心がおぼつかない夜に』

本屋で見つけた時に、まず思ったこと。

「あれ?本人の写真が載ってないよ?」

つーか、装丁だけ見てみても、タレント本っぽくないのよね。

まずそこに、ポリシーを感じますわな。

見た目だけで判断する人には、読んでもらわんでも良いってことでしょう。

で、読み始めてみて。

この本はつまり、

酒井若菜公式ブログ「ネオン堂」をまとめたもの。

そういえば私も一時、熱心に見てたかもしれない。

読んでて思ったのは、

若さゆえの痛々しさが溢れとるなぁってことですね。

こういう生き方は、疲れるだろうなぁって思ったんですよね。

感受性が豊かなのも、限界超えると大変よ。

でもたしかに、共感を覚えることもいろいろありましてね。

不器用な清々しさを感じました。

酒井若菜さんは、筆まめですわ。

ほら、アメブロのタレントブログなんてさ、

写真1枚だけとか、チョロっと書いて終わりとか、宣伝のときだけ更新とか、

そういうヤツのほうが多いような気がするんだけど。

なんだか読み応えないわなぁってのが多いと、私は思うんですけどね。

酒井若菜さんの「ネオン堂」は、読み応えはたっぷりですわ。

逆に、長文すぎて、読むの疲れるくらいでさ。

全部のタレントさんが、こうなら良いのにね。

そういうのを買われてってのもあるだろうけど、

たしかね、水道橋博士さんのメルマガにも、寄稿してるはずですね。

有料なんで、私は読んだことはないんですけど。

まだ書いていればの話なんだけど。

この『心がおぼつかない夜に』って本は、青志社って出版社から出てるらしいです。

ん〜。どこそこ?って思っちゃったけど。

酒井若菜さんともなれば、もっと大きな出版社から出すのが普通な気がするけど。

写真を載せる載せないみたいな、そういうことがあったんでしょうかねー。




だから法学部なんかなぁと、最近思ったりするね。

私が高校生の時には、

法学部ってものの存在の、意味が分かんなかったんですよね。

法律の勉強をして、何が楽しいんだか、サッパリ分からんかった。

私は、目に見えない物に興味があったんで、

大学では、電気の勉強を選んだんですけど。

で、大学に入ってから知ったのが、

法学部に行くと、就職に有利だという伝説。

そういう世の中の仕組みが、全然分かんなかったんですけどね。

で、

さらに、大人になってから知ったのは、

法律って、変わるんだなってこと。

法律が変わると、新しい商売が生まれるってこと。

法律を変えられるのが、政治家だってことですね。


そこまで分かってくると、

あ〜、法学部か〜、ってちょっと分かってきましてね。

だから、

東大文帰法学部→官僚→政治家

みたいな話になるわけですなぁ。

あ、そ〜。って感じか。

でもさ、政治家ってさ、

明らかに、ストレスが半端なく多そうですよね。

時間の自由は効くのかもしれんけどなぁ。

お金も権力も集まるんだろうけど。

私はやっぱり、そんなには憧れないかなぁ。




コンビニが、セルフレジになるってな。

ネットのニュースで見ましたが。

コンビニが、セルフレジになるってな。

これだけだと、何気なーく見逃しそうなニュースですが。

大革命だよね。

バーコード→電子タグに変わるのよ。

おそらく、しばらくの間は、両方使うことになるんだろうけど。

流通業界の大革命だよね。

私は、POSシステムはよく分かってないんだけど。

コンビニって、商品を店に並べる前に、

入荷商品のバーコードを、一点一点、バーコード入力してるはずですよね。

で、売る時に、出荷する商品を、再びバーコードで読む。

だから、余談ではあるけど、

入出荷の数が合わないとなると、万引きされたんかなぁとなりますわな。

とにかく、バーコード入力作業ってのが、大変そうですよね。

コンビニの店員さんは、常に忙しそうですからね。

入荷作業をしながら、レジ係もやってるから。

それが、電子タグに変わるのなら、

お客さんが買う時に、セルフレジでカゴのまんまで即合計が分かるってのもあるけど、

店員さんの入荷作業も、劇的に楽になると思うんですよね。

それだけじゃないですよね。

とにかく、バーコード→電子タグに変わるんですから。

電子タグを作るメーカーが、ガッツリ稼げるだろうし。

電子タグのリーダライター(読取り書き込みをする機械)を作るメーカーも、ガッツリ儲かるでしょう。

デンソーウェーブとかね。

というか、レジそのものがまったく新しいものに変わるんだから。

レジを作ってるメーカーも儲かるだろうし。

NECとか富士通とか、いろいろあるみたいだけど。

ほんと、大改革だと思うわ。




Counter
Google検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Profile
私が作詞で参加しました。

twitter
Recent Comments
訪問者数

shinobi




Google AdSense
  • ライブドアブログ