2021年01月13日

北海道インターハイ予選前日

 気温が上がり・・・・

 少し重い雪が降っていた今日。

 選手目線で考えると嫌な日だったと思う。

 8時30分から1時間、レッドコースでフリースキーを5本行い、9時30分から公開練習となった。

 大会コースを4本フリースキーで滑走。

 12年前のFISレースでのスタート位置とは違う場所になっていた。

 前半の緩斜面を滑る時間がとても長い。

 イメージは、ほおのきの大会コース。

 まずは日頃からのスキーに対してのワックスとブラッシングの積み重ねが大きいと思った。

 公開練習を見ていると先シーズンに使用していた板など、古い板(ストラクチャーが滑らか)を履いている選手の方が滑っている様にも見えた。

 当然、体重が多い選手が有利だろう。

 選手は普段の練習では斜度のあるところで、シャープなターンをする事に対して技術を高める事に大きな意識がいくけど、明日のレースの焦点は前半の緩斜面だと思う。

 糠平でのトレーニングいえば、最後の退屈な緩斜面も手を抜かずに減速しないターンを求め続けていた選手が有利になる。

 公開練習後はイエローコースでGSゲートTRを3本行って終了。

 蘭越高校3年・鈴木怜遠(れおん)は明日27番スタート。

 一か八かのアタックでも無ければ、インターハイ出場を考えて安全に滑るわけでもなく、練習通りに滑るだけ。

takujiblog at 19:52│Comments(0)clip!雪上 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔