休診のお知らせ

12月28日(金)より1月4日(金)まで冬季休暇とさせて頂きます。
1月5日(土)から通常診療となります。

ご迷惑をお掛け致します。

そういえば、今年も色々な設備を導入いたしました。

A839073E-8837-40DD-8381-E01892174AAE
こちらは口腔外バキュームです。粉塵を気にすることなく、クリーンな環境で診療を受けていただけます。

4B79AA4C-AC1F-4032-A868-B7FF2B67343F
AED(自動体外式除細動器)を設置しました。
目の前に東急病院がありますが、院内での救急対処が出来るように、これ以外にも救急の薬剤等も揃えております。
C4B7F6AF-4F96-44AD-9B7C-E6F288AF8034



患者さんが安心安全に歯科治療にかかれるように、
歯科用の最新型のオートクレーブ滅菌器であるドイツ製シロナ社の「DAC Universal」 [ダック・ユニバーサル]を導入いたしました。タービンを完全に滅菌できる優れものです。
歯科医院で歯を削る機械をタービンといいます。(キーンという音のするあれです)この滅菌器のすごい所は「DAC Universal」一台で、タービン、コントラ、ストレートハンドピース(歯を削る機械)を、精製水や電解水を用いて、機械の内部、外部の洗浄し、内部まで完全滅菌し、しかもオイル注油ができること。これは世界初です。

98A6DCEA-0C29-4B16-B49A-08CFE4C98796

ライト付きの拡大鏡(6倍)サージテルです。
衛生士専用に2台導入いたしました。

1mm以下の世界で繰り広げられるスケーリングやルートプレーニング。スケーラーの挿入角度、力のかけ方、歯肉への侵襲具合など、どんなに細かい動きでも手に取るようにハッキリ見えるから、的確かつ安全に処置を行なうことができます。
また、口腔内におけるミクロレベルの変化をいち早く察知できれば、歯や歯肉が今後どう変化していくのかを予測することも可能に。う蝕や歯周病が発症しないようコントロールできます。

855BD319-5EC5-402B-99F8-06F4443BA8B9





 








来年早々の設置になりますがセレックシステムも導入いたします。
こちらはコンピュータ制御で歯の修復物(補綴物)を設計・製作まで行うシステムです。
セラミックの修復物を作る場合、患者さんの患部を型取りする必要があります。セレックでは、この型取り作業を3D光学カメラによって撮影することで行います。スティック型のカメラでの撮影は快適かつ素早く完了します。
 撮影されたデータは直接コンピュータに読み込まれ、修復物の設計や調整をコンピュータ上で行うことができます。
 さらに、設計データはミリングマシン(セラミック素材を自動的に削りだす機械)へ転送され、そのデータに基づいた精密な修復物が製作されます。
セラミックだけではなく、インプラントにもCTと連携させて使って行こうと思います。

来年は日本鄂咬合学会の指導医の取得、そして関東甲信越支部学術大会の大会長を拝命いたしました。

診療以外のことも忙しくなりますが、安心安全な医療の提供に邁進して行きます!