2017年03月11日

センベロ会 in 門前仲町

3月11日

今回は門前仲町でセンベロ会です。
門前仲町といえば、何と言っても「魚三」です。「魚三」は4時開店ですが、3時半頃には長蛇の列なので、玄関ロビーで3時に待ち合わせて出発です。
店に到着したのは3時15分。さすがに5〜6人ほどしか並んでいません。
という訳で、すぐ近くにあるU原さんやM崎さんのお馴染みの立ち飲みの店で一杯やることに・・・。
小さな店ですが、既に多くのお客さんが・・・。
DSC_0524

DSC_0514


3時45分頃に飲み終わり「魚三」へ行くと、50m近い行列が出来ていました。そして、4時近くになると、我々の後ろにも10m強の行列が・・・w(*゚o゚*)w。
DSC_0516

「魚三」は四階建てのビルで、1階と2階が1〜2名の客、3階が3名ほどの客、4階が4名以上の客用のようで、我々は4階へ・・・。
まずは、熱燗(5合徳利)と刺身盛り合わせ(4人用)と天ぷら、鯛の兜焼きなどを注文。
刺身盛り合わせのボリュームが凄い上に、美味い。勿論、天ぷらや鯛の兜焼きも美味く、並んでも食べたいという気持ちも分かります。
DSC_0517

DSC_0519

また、5合徳利のデカイこと。注ぐのも大変なほどですw(*゚o゚*)w。
DSC_0518

結局、4人で、五合徳利を4本を飲んで退出です。

次は、これまたU原さんとM崎さんのお馴染みの立ち飲みの店「晩杯屋」へ・・・。「バンパイヤ」と読むのだそうです。
DSC_0523

DSC_0521

その後は、いつもの通り豊洲のショットバーでワインとハイボールで〆です。
本当に、皆さん飲兵衛です(*^_^*)。

takujiro4554 at 14:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)飲み会 

2017年03月05日

長月会

3月4日

昨夜は会社合併後のA社の仲間達との飲み会でした。
DSC_0507

そして、今日は合併する寸前のY社時代の仲間達とです。
いつもの通り、浅草の「なかむら」で開催です。
DSC_0509

退職(退任)の2〜3年後に始まった会ですが、それが9月だったので「長月会」と名付けました。
DSC_0512今回は、ほぼ全員参加でしたが、兎に角、酒豪揃いです。
尤も、私は、昨夜のアルコールが残っていて抑え目でしたがネ。

takujiro4554 at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月01日

四日市の城(茂福城)

2月28日

道を間違えて、偶然、茂福城跡へ出ました。
以前、初めて茂福城跡を捜した時には、なかなか見つからなくて散々苦労したのに・・・(苦笑)。
近鉄名古屋線の線路脇です。そこには、大きな看板が立っていました。しまし、考えてみれば、高校時代の通学で電車が通っていたところですが、その看板には全く気が付きませんでした。
尤も、線路から近過ぎて気が付かないのもやむを得ないのかも✩⃛*ෆʃᵕ ॢᴗ ॢᵕ)꒡◡꒡*ƪෆ*✩
DSC_0505


takujiro4554 at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お城めぐり 

2017年02月28日

四日市の城(浜田城)

2月28日

実家(四日市)へ来て3日目。暇に任せて、久し振りに「浜田城跡」を訪れました。
近鉄四日市駅の僅か100mほどにある鵜の森公園が浜田城跡とされています。
浜田城は、藤原秀郷(俵藤太、田原藤太とも)の末裔で、四日市赤堀三家の一人・田原忠秀によって築かれました。
忠秀は、現在の四日市の基礎を形作ったとも云われます。東海道を城の東に移し、浜田城(現鵜の森公園)の北寄りに十字の大道を造って市街を構成し、市場を開き、市場村と呼ばれるようになったそうです。
そして、16世紀半ばには毎月4のつく日に定期市が開かれて四日市と呼ばれ、それが「四日市」の名の起こりだといわれるそうです。
さて、浜田城跡ですが、鵜の森公園の北東部が微高地となり、そこに鵜の森神社と田原稲荷神社があり、その周囲を土塁が取り囲んでいますが、そこが主郭でしょうか。尤も、当時の城のことです、単郭の小規模な城で、それが城郭の全てかもしれません。
(鵜の森神社と田原稲荷神社)
DSC_0491

(神社を取囲む土塁)
DSC_0490

浜田城跡は四日市の中心部にあり、近くに駐車場がないので、前回は道路脇に車を停めて大急ぎで廻ったので、神社周囲の土塁と鳥居南側の立派な石碑だけ見て戻ったので気が付きませんでしたが、主郭部(神社)の南側に堀跡のような地形があるのを見付けました。
しかも、その東部分は池になっていました。往時は、主郭周囲を水堀が囲んでいたのかもしれませんネ(*^_^*)。
(堀跡?)
DSC_0498

DSC_0499

前回訪れた際にも見付けた鳥居南側の石碑は高さ3mほどある立派なものですが、今回、鳥居の北側にも石碑を見付けました。その石碑は風雨に長い年月さらされていたためでしょう、全く読むことができませんが、すぐ脇に碑文の原文と現代語訳の説明板が立っています。
(鳥居南側の石碑)
DSC_0497

(鳥居北側の石碑)
DSC_0502

また、南側の石碑脇に真新しい模擬冠木門が建っていましたが、市民有志からの浄財を一口城主として募り城館址の象徴施設として平成28年(2016)に建立されたのだそうです。
(模擬冠木門)
DSC_0494


takujiro4554 at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お城めぐり 

2017年02月26日

久々に尾張の城を

実家への帰省を利用して、久し振りに尾張の城めぐりを・・・。

【比良城へ】
主だった尾張の武将の城は、ほとんど登城済みですが、佐々成政の生誕の城「比良城」がまだでした。
比良へは名古屋駅から東海道線で岐阜方面へ向かい枇杷島駅からTKJ 東海交通事業「城北線」というのに乗りますが、この「城北線」というのが、名古屋市内の電車とは思えないほど、何とものどかな電車で乗客も数組だけです。
運転区間は僅か11kmほどで、駅も6駅のみです。そして、車両も一両のみのワンマンカーで、日中は一時間に一本ほどしか走っていません。切符販売も車内です。
DSC_0479

DSC_0478

さて、比良は名古屋市西区の静かな住宅地です。そんな宅地の中に、比良城跡である光通寺はありました。 
遺構は何も残っておらず、山門脇に説明板が立ち、寺の墓地の奥に4m以上あろうかという石碑が建てられていました。石碑には「佐々成政城址」と刻まれています。
IMG_0763

DSC_0481_1[1]

城址遺構としては何も残っていませんが、光通寺の南400mほどに「蛇池公園」というのがあり、「大蛇事件」で有名な「尼ヶ池(蛇池)」が残っていました。
IMG_0769

IMG_0772

 「大蛇事件」とは、
比良城は水に囲まれた城で、「小城には当城ほどのよき城なし」ともっぱらの評判であった。
そして、「成政が信長に異心をもっている」という噂があり、その噂で疑心暗鬼になっていた成政が「いっそ、殺される前に殺してしまえ」と考えた。
弘治年間(1555〜58)の頃、比良城の近くの尼ヶ池と呼ばれる池があり、一抱えもある大蛇が目撃され、その噂が清洲城まで聞こえた。
好奇心旺盛な信長は、たちまちこの噂に興味を持ち、池さらいをして大蛇を捕獲するといって尼ヶ池まで出掛けた。
この時。佐々成政が信長暗殺を企てたというのである。信長が池に来れば、そのついでに「かねてから小城ながらよい城と評判の比良城を見たい」と言い出すであろう。しかし、それは単なる口実で、自分に腹を切らせるつもりに違いないと成政は、家臣井口太郎左衛門の入れ知恵による暗殺計画をたてた。それは、信長が比良城を見たいと言ったら、まず城の外回りをご覧に入れると称して舟に乗せ、ころあいを見計らって船上にて信長を刺し殺すというものであった。
ところが、この時、信長は池の水をかい出させても、水は一定のところから減らず、自ら潜ってみても影も形も見えないのに落胆して、直接、清洲城へ帰ってしまったため、この暗殺計画は不発に終わってしまったというのである。
というものです。
城の遺構については、最初から期待もしていなかったので、、「尼ヶ池」を見付けることができただけで、まあまあ満足といったところですかね。

【名古屋城へ】
今日は、実家へ行く前に、高校の後輩でああると同時に、偶然にも会社の後輩でもあるH野さんと桑名で飲む約束になっていますが、まだ時間があるので、ついでに名古屋城へも行くことにしました。             名古屋城は、本丸御殿を復元中で、来年には完成するというので、完成後にと思っていたのですがネ。
地図で見ると、比良から名古屋城までは、大した距離ではありませんが、何せ城北線は一時間に一本です。おまけに、名古屋まで戻ってさらに地下鉄云々は面倒なので、名古屋中心部へと南へ南へと歩くことにしました。そして、途中のバス停で、名古屋城近くを通るバスを見付けて乗車しました。
名古屋城正門の到着したのは3時45分です。本丸と天守入場はPM4:10までだそうです。大急ぎで本丸御殿へ・・・。
IMG_0783

来年には完成するらしい復元本丸御殿ですが、表書院と対面所を見学することができました。御殿内は真新しい檜の白木が美しく、復元模写された障壁画なども見事でした。
玄関一の間_1[1]

表書院一の間から上段之間_1[1]

対面所次の間_1[1]

対面所上段の間_1[1]

本丸御殿を見終わったのはPM4:05.天守入場まで5分しかありません(;´▽`A``
天守上からの本丸御殿の写真を撮りたかったので大急ぎで天守下(地下)へ行くと、エレベーター前に大行列が・・・ w(*゚o゚*)w。
DSC_0482

止むを得ず、天守地下から最上階(6階)まで、15kgほどあるリュックを背負ったまま大急ぎで駆け上りました。息は、ハアーッハアー。そして、この寒さにも関わらず凄い汗でした。
IMG_0798_1[1]

ついでに登城するには名古屋城は広すぎて、時間が足りず、本丸御殿見学と天守に登るだけしかできませんでした✩⃛*ෆʃᵕ ॢᴗ ॢᵕ)꒡◡꒡*ƪෆ*✩。
本丸御殿以外にも多くの場所が工事中のようなので、本丸御殿完成の来年、また登城し直すことにします( ̄ー ̄;

【桑名にて】
DSC_0486H野さんとの待ち合わせした桑名駅には、約束の20分強前に到着。
H野さんが予約しておいてくれた店は、いつもの店ではなく、田舎らしくない小洒落た店で、肴も充実したいい店でした。
ですが、そこは東京とは大違いで、実にリーズナブルな店で大いに満足でした(*^_^*)

takujiro4554 at 17:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月23日

センベロ会 in 赤羽

2月22日(水)

マンションの仲間4人で、最近人気の赤羽へ飲みに・・・。
ネットで調べると一番街にある「まるます家」というのが人気だそうです。
DSC_0470

店に到着し、店内を覗くと超満員でしたが、並んでいる人がいないので待ってみることにすると、幸いにも10分ほどで席が空きました。
DSC_0476

メニューは色とりどりで何でもアリで、選ぶのが難しいほどです(*^_^*)。
そこで、あまり他の居酒屋さんにはない「ウナギかば焼き」、「鯉の旨煮」、「鯉こく」、「鯉のあらい」等々を・・・。
「鯉の旨煮」が煮過ぎのためか、少々硬めなのを除けば、なかなかの味です。しかもボリューム満点。
DSC_0473

DSC_0475

兎に角、よく食べ、よく飲みました。2時間ほどで、次の店を探して飲み屋街をウロウロ・・・。
そして、「鐵一」へ・・・。
これまた超満員でしたが、丁度4人分だけ空いており、すんなりです。
そこで、何故か隣の席の大学生男女4人と意気投合し、飲みまくり・・・。
赤羽は本当にディープな街でした。
その後、どのように家に帰ってか定かでありません✩⃛*ෆʃᵕ ॢᴗ ॢᵕ)꒡◡꒡*ƪෆ*✩。

takujiro4554 at 16:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)飲み会 

2017年02月16日

絵画鑑賞と飲み会

昨日は、経営企画部時代の仲間との飲み会。
仲間の一人M田さんの絵2点が「全日本アートサロン絵画大賞展」に入選したというので、今回は飲み会の前に六本木の国立新美術館で鑑賞です。
DSC_0460

001

随分多くの絵が展示されていましたが、それぞれ個性的な絵画ばかりでした。
ただ、絵に才のない私にはよく分からなかったというのが実際の感想ですが・・・( ̄ー ̄;。M田さんの絵は抽象画でしたが、これも私にはよく分かりません。
002

絵画鑑賞のあとは、すぐ近くの店「豚組(しゃぶ庵)」で飲み会です。
なかなかお洒落な店で、付け出し等はともかく、豚シャブは美味しかったです。
DSC_0463

DSC_0464


takujiro4554 at 12:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)飲み会 

2017年02月14日

寄席鑑賞(於上野鈴本)

会社OB同好会の寄席鑑賞で上野鈴本へ。
DSC_0455

DSC_0458

大相撲などもそうですが、食事をしながら観るというのは日本の文化ですよね。
という訳で、幹事の一人として、今回も弁当を用意しました。
但し、昨年からアルコール類は用意しないことにしたので個々人で持参してきてもらうことにしました。勿論、私は準備万端です。
DSC_0456

勿論、寄席鑑賞後は二次会へ・・・。

takujiro4554 at 14:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月12日

お台場散策

久し振りに台場散策でブラブラ廻りました。
何年ぶりかで見たガンダムは色が随分あせたような気が・・・。
DSC_0451

久し振りに第三台場へも行きたかったのですが、もうひとつ気力が・・・(/。ヽ)。
DSC_0449

DSC_0452


takujiro4554 at 13:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月17日

新幹線と富士山

1月12日

001親戚の葬儀で新幹線で名古屋へ・・・。
昨年、車を離したので、今後は列車で出掛けることが多くなると思いジパング倶楽部に入りました。お蔭で3割引きです。
いつも思うのですが、新幹線は高いので、本当に助かりますね。
ただ、ジパング倶楽部を利用すると「のぞみ」には乗れないので「ひかり」です。
時間的には違いは気になりませんが、本数が少ないのがちょっとねえ。










今日は日本には大寒波がきているの、本当に寒いけど快晴です。
というわけで、三島駅近くに着くと富士山がくっきり見えました。真冬の富士山の景色はいつみてもかっこいいですね。
尤も、葬儀なので気持ち的にはもう一つですが・・・。
DSC_0427


takujiro4554 at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)