私は、相方から自分のバーナーにケチ(お湯が沸くのが遅い)を

つけられながらも、自分が食べるカップそばと、

二人で飲むインスタントコーヒーのお湯を沸かした後、

相方へバーナーを渡した。


どの口がいっとるんですかぁ

カチ、カチ、カチ…? うん?

カチ、カチ、カチ、カチ、カチ…??

シュゥーーー

<相方>
BlogPaint
「先輩!

これ、壊れてませんかぁ~?

ワッって、火がつかないですけどぉ。

<私>
BlogPaint「えっ!? (怒)

あっ、あぁ。(ハァ、ハァ、抑えて、抑えて)、

久しぶりに使ったからかわからんけど、

はじめは、なかなかだったよ。でも、ほれ、

俺は、それで沸かしたお湯でそば食ってるよ。」

<相方>
BlogPaint
「ふ~ん。」






カチ、カチ、カチ、カチ…。カチ、カチ、カチ、カチ…。

カチ、カチ、カチ、カチ…。カチ、カチ、カチ、カチ…。

シュゥーーー、シュゥーーー、(ガスが出てる音です。)

<相方>
BlogPaint
ダメですね!!

ガス無いんじゃないですかぁ?

しょうがないんで、自分のガスボンベ使いますわ!!


<私>
BlogPaint「なにぃ??

ボンベは持ってきたぁ??




相方は、私のボンベと自分のボンベを交換し、

また何回か、「カチ、カチ」やって、やっと着火。

私は冷静になるため、しばらくそばを食べることに集中していると、

また、相方から耳を疑う一言が発せられた。

<相方>
BlogPaint
「先輩!

箸か、フォークありませんかねぇ。

忘れちゃいましたぁ~~。



もう、あかん、アカン

はぁ、はぁ…

抑えることできん

よく、俺はここまで我慢した

もう、いいよなっ


<私>
BlogPaintきっさまぁ、たいがいにしろよっ

おっ、おれは、食堂の亭主じゃねぇぞぉい!!







とは、いえず…

<私>
BlogPaint
「どうしたの?? 

その辺に落ちてる木の枝を箸にして食べりん。

うそ、うそ。冗談。

昨日忙しかったの?

フォークは使ってるんで、スプーンを貸すわ。」

<相方>
BlogPaint
「ありがとうございます。

…。…。…………………………。

………………………。

すみません。やっぱ食べにくいんで、

後でいいんで、先輩が使ってるフォーク貸してもらえませんか。」


私は、ほとんど食べ終わってはいましたが、

この相方からの一言で、当然ながら急いで食事を終わらせ、

フォークを念入りに拭いて相方に渡した。


このやりとりが原因なのか…。体調が悪くなってきた。


なんとかスタート&ゴールの猿投神社にたどりつけ、

続けて猿投駅を目指したが、どうにも体がだるくなってきたので、

不本意ながら、途中でバスに乗り、終点豊田市駅に向かった。


バスの中でしばらく眠ったことがよかったのか、

豊田市駅に着いた頃には、すっかり回復していたので、

近くのデパート9階で、一杯





我にかえった時は、岡崎駅のベンチに座って、迎えにくる妻を

待っている時だった。


次回から、相方の食事セットも持参することにした。




人気ブログランキングへ