2006年09月20日

再発との戦い

たくみです。
んー、、最近生保ネタを書いていないですが、また生保以外のネタで。。

前に「陰部膿症」たる病気で地獄を見たぜ、という事を書いたのですが、、平温な日々は2週間足らずで去っていきました。

「また、、イヤな痛みが。。。」

はい、、前回の処置が終わった際に意味深な事を医師がいっていた事が頭を駆けめぐりました。

「んー、ちょっと気になるシコリが2カ所あるなぁ。。もしかしたらまた同じ事しなくてはいけないから、また症状が出たら来てよ」

悪夢、地獄の日々再び。。
まさかその医師も2週間足らずで再訪してくるとは予想外だったのか、表情がびっくりした感じになってました。
診査結果は、まだ切るに切れないレベルだから、もう少し進行してから切るぜ、と。
1週間という猶予期間、、執行猶予(こんな使い方は正しいのか??)が。。

その時の心境といえば、言葉で表すのはかなりむずかしいです。
前回はまだマシだったといえるでしょう。
少なくとも異様なまでの激痛・地獄が待っている事を知らないでいられた訳ですから。
が、、今回は、、前回の地獄を知っている訳で、、
そりゃもう、、1週間という期間は、、とんでもない恐怖、、ブルーな日々。。

術後の事は、、まぁ前回と同じなので略。
これで平温な日々が訪れる、、、事はなく、再度また、嫌味のように同じ痛みが。。

「こりゃ、、たまらん、、」

と、、出来る限りの対処法を自我流で行う事に。

・膿は風呂で暖めるとダメ→風呂はやめてシャワーに
・なるべく清潔に→ウォシュレット導入
・臀部への圧迫はよろしくない→円卓座布団にバランスチェア導入
・冷やすといい→氷枕を臀部に寝る時などにあてる
・薬はかかさず飲む(当たり前ですが(笑))
etc...

結果的に、これが良かったのか、症状は奇跡的に治まって。。
(誰もが効果あるかどうかまでは不明。が、恐らく数少ない同様の症状に悩んでいる方は、一度実践をば)
医師曰く、自分の行った行為は全て「やった方がいい」行為だったようです。

・・・って、最初から教えてくれよ!!と、心の中ではなく、口に出していったのはいうまでもありません(笑)

気が付いたら、最初に症状が出てから数ヶ月が経過。。
比較的長い闘病生活(???)になりました。
ただ、、これで終わり、、ではないっぽいので、気を引き締めていきたいです。
って、一体何が目的のブログか分かったものじゃない内容っすな。。


takumi119 at 22:56│Comments(1)TrackBack(0) その他雑記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はなまめ   2006年12月17日 21:43
その後お加減はいかがでしょうか?

お若いのに色々病気をされて大変ですね。
倒れてしまった時の話も衝撃的でしたけど、こちらもぞっとしました。
私は、巻き爪でよく膿んで腫れたりするのですけど、少し触っただけでとっても痛いです。きっとその比ではないのでしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: