どうもtakumiです。
VTR250さんの走行距離も30000キロを超え、
そろそろディスクローターが終わってきました。
僕は街乗りではリアのみブレーキをかける為、リアの方が減りが早いです。
ちなみにリアのブレーキパッドを交換したのは3回。
ディスクが限界なのも頷けます。



BlogPaint
MonotaROさんからお荷物が届きました。
早速開封です!



DSCN3146
ジャッキーン!
ディスクローターとブレーキパッドです。
(後にフロントパッドを買ってしまった事に気づく・・・)

ちなみにこのディスクは激安です。
純正ならば10000越えは当たり前なのですが、このディスクは2000円チョイしかしません。
安いディスクは歪むとか色々情報を聞きましたが、自分の目で本当にそうなるのか確認したくて買いました。
コレでダメならホンモノを購入します(お金がなかったとも言う)



DSCN3169
では早速作業開始です。
最初にメンテナンススタンドで車体を立てます。
次にキャリパーを外します。
2つのネジで止まっています。
ディスクが消耗し表面に凹凸がある為、キャリパーが引き抜きにくいです。



DSCN3170
取れたキャリパー。
先に洗浄&グリスアップから行いたいと思います。
まずパッドピンを抜き、ブレーキパッドを取り外しておきます。



DSCN3177
次に全体を歯ブラシを使い、中性洗剤&水で洗う。その後乾燥。
中のパッドスプリングとかも外して洗います。
ピストン出してピカールで磨いてシリコングリス塗ってピストンを戻す。
(この際フルードリザーブのフタを開けておく。そうしないと戻しにくいです。)
で、また出してシリコングリス塗ってを数回、これで動作が軽くなりました。
(ピストンは布&プライヤーで回しました。)
手前に見えるスリーブの中も洗浄します。
で、薄くグリスを塗って組む。
これでキャリパーの方のメンテは終了です。



DSCN3171
リヤホイールを取り外します。
アクスルを緩め、アジャスターのネジを取ります。
するとホイールが前に行くと思うので、最大限まで前に移動させ、
その後にチェーンを外します。
決して手でやらず、なんか棒とか使ってください。
ホイールを回しながらチェーンを横にずらすと、外れていくはずです。
その後は写真のようにスイングアームとかに引っ掛けときましょう。



DSCN3172
後はホイールを少し手で持ち上げつつ、アクスルを抜きます。
するとこんな感じで外れるはずです。



DSCN3173
邪魔になるのでハブを取り外しておきます。
ちょっと固いですが、手で引っ張ると外れます。



DSCN3174
ホイール。
ディスクを取り外します。
六角レンチでついてます。



DSCN3175
カラーン!
外れたぜ!
ネジが硬すぎてメッチャ格闘したけどな!



DSCN3176
後は元通りに組むだけです。
対角線上にネジを締めます。
(SM持ってないんで締め付けトルクとかわかんないです。手トルクで。)
皆さんはちゃんとSMを買って、指定されたトルクで取り付けてくださいね。
これで緩んで事故とかあっても責任持ちません



DSCN3178
ブレーキパッドです。
早速開封しキャリパーに取り付けてみようと思います。



が!




DSCN3181
!?

なんか元々ついてたのよりデカイぞ!?


ものたろさんで買ったこのパッドですが、間違えて発注してしまったようです^^;
フロントパッド用でした・・・



DSCN3182
気を取り直して後日パッドをナップスで買って来ました。
なんか安かったやつです。1980円。
Project μというメーカーの、ECO SPORTS PADというヤツです。



DSCN3183

DSCN3184
ここで新旧比較。
古いのはSBSというメーカーのパッド。
なかなかギリギリですね・・・^^;

後はパッドピンをピカールで磨いて、モリブデンでも塗っときましょう!
パッドのピストンが当たる場所、ボルトのスリーブに入る場所なんかも
古いグリスを拭き取り新しく塗っておきます。


というわけでディスクローター&リアブレーキパッドの交換終了です!


と思ったらこんなのが出てきました↓
DSCN3179

!?!?

おい、もっかい組み直しかよ!!!

ハブのとこのダンパーです。
転がって落ちてたみたい・・・

もう一度外して組み直すtakumiでありました。

皆はこんな失敗すんなよ!



※最後に
この記事を参考にされる方はくれぐれも自己責任で。
事故や故障の原因になったとしても、一切責任もちません。

takumi