2018年08月04日

水脈の文脈を読めよ

杉田水脈議員が大炎上。

suimyaku


でも、これもまあ、普通のこと言ってますよね。

「子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」

「LGBTの方々でも、障害者の方は障害者福祉を低所得者の方は低所得者福祉を高齢者の方は高齢者福祉を受けられます。年金も生活保護も受けられます。当たり前のことです」
「その点に於いて日本の中で何ら差別されていないし、また差別すべきではないと思います。納税者として当然の権利は行使できます。その上で、何かLGBTの方々だけに特別に税金を注ぎ込むような施策は必要ですか?」

この人は、ちょっと目立ちたがり屋で、さらにもう少し切実な話、こういう過激発言をたまにぶち込まないと、自分の価値は維持できないなども計算もあるのでしょう。
「生産性」という言葉を広く解釈して突っ込みが入ることは、それこそまさに意中の事態であった。待ってました!と。

今更ですが、この「生産性」は、少子化対策とLGBT支援と対立させて、税金を入れる名目としての「生産性の有無」を語っているに過ぎない。あとのところで納税に触れることはその証明として必要であり、それはつまり、少子化対策への税金投与との比較以外で、LGBTの人がなんら生産性がないとは言っていないことを念押す必要があったからだ。
「私は「納税者として」と言っています。それはつまり、LGBTにも当然生産性があると言っているということです。読んでわかりませんか?」ということである。

さっそく単純に釣られた人が出てきている。

尾辻かな子@otsujikanako

杉田水脈自民党衆議院議員の雑誌「新潮45」への記事。LGBTのカップルは生産性がないので税金を投入することの是非があると。LGBTも納税者であることは指摘しておきたい。当たり前のことだが、すべての人は生きていること、その事自体に価値がある。 pic.twitter.com/5EbCaMpU9D

勢いあまってこんな恥ずかしいことをww
〇当たり前のことだが、すべての人は生きていること、その事自体に価値がある。

それはあんたの人生観でしょう(笑)
Jポップミュージシャン??

橋下やひろゆきなんかもあっさり釣られたようで。

http://news.livedoor.com/article/detail/15084265/

ひろゆきなんて、アップルの社長がゲイであった、などの浅いエピソードをどや顔で出している。

繰り返すが、少子化対策の生産性に対して税金投入を行っている、という文脈において、LGBTは税金投入の根拠たる「生産性がない」というのは、論理的にまったく通っている。
そして、国会議員でありながら、あえて「生産性」という言葉を選んだことこそが、彼女の「釣り」であり、必死の延命術なのだろう。
これで、議員としてはもしダメになっても、バラエティ部門はいけそう。むしろそっちが彼女の夢かな。

今回は、多くの大人が、見事に引っかかったということでしょう。

お粗末!


takumijun at 01:27|PermalinkComments(0) 日々の話 

2018年08月01日

僕は好きです

おひさしブリーフ!(岡本夏生)

zozoの前澤氏がなかなかのヒールぶりだ。

剛力彩芽というなかなかのタレントをおおかた潰してしまった件。
それから、ドバっと儲けてぜ〜んぶ使う、その生きざま。

今日もSNSに間もなく完成するというすさまじい豪邸の写真をアップしているが、ヤフコメを見る限りブーイングの嵐。先のWCで得点するまでの本田圭佑バリの不人気である。

21435874_1612246452129159_8294670871893639168_n


しかし、いったい何がそんなに気に入らないんだろう?
金持ちが見せびらかすのがムカつく、という声が多いみたいだけれど。。。

この桁違いに稼いでいる人間がやはり妬ましいのかしら?
だとしたら意外と熱いよね(笑) 僕だったら、若くて超熱かったころに、こんなどうでもいい記事を読んでコメントしたりはしていなかったと思うけど。

僕だって社長業をしていますから、ほんのちょっとは悔しいです。
でも、僕の写真の1枚でも飾ってくれて、お家に招待してもらえれば、断然うれしくて、写真をアップしまくるでしょう。あっ、剛力のサインも欲しい(笑)

品がない、というのももちろん当たってはいるが、でも、世の中全員上品であるより、こういう人間もいる方がおもしろいじゃないか。ZOZOTOWNで人様の役に立ち、常識に縛られない行動で脳みそを揺らしてくれる。不快にさせる分を差し引いても十分にお釣りがくる、超有益な人間でしょう? どう考えても。

それを、今のところ(おそらく)ほとんど世のためにもなっていないような連中が、こぞって腐す、貶める。もう、みっともないったらありゃしないw

新しいタイプの人間が出てくる。不快感もちょっとある。でも、実力がある。
いいじゃないですか、そういうの。
僕は好きです。
動画でみたこともないくらい、本で読んだこともないくらいの薄さですけれど。
でも、僕には刺激になっていいです。

takumijun at 01:04|PermalinkComments(0) 日々の話 

2018年06月04日

内匠淳のコースレッスンが終了

内匠のコースレッスン新規担当を、先月をもって終了とさせていただきました。
もちろん現在ご受講中の方の分は最後まで務めさせていただきます。

1


97年の京都店開店以来(その前から)、ずっとレッスンを行ってまいりました。ライフワークとも思っていましたが、先年来、撮影に力を入れるようになり、メイクアップへの意欲も当然衰えない中、なにかのメニュー担当を外れざるとえない状況となりました。

いったい今までに何人のお客様のコースレッスンを担当してきたのだろう?
1000人くらいでしょうか。もっとかな。それぞれの方のお役に立っていると嬉しいですね。

これで駆け込み需要が起こっても趣旨と反するので、このブログ以外では特に発表する予定はありません。
ただし、先月末までは普通にレッスンのご案内をしてきたので、ご検討中のかたもいらっしゃると思います。内匠のメイクサービスをサロンで受けられた方のみ、全6回のコースは7月末まで、全4回のコースは9月末まで新規ご受講を受け付けておりますので、幸いに(?)このインフォメーションに気づかれたかたで、ご希望があれば、両店までご連絡ください。
また、モードレッスンや、コースレッスンの復習にあたる「単回レッスン」はこれからも担当してまいります。

以上、よろしくお願いいたします。

takumijun at 11:31|PermalinkComments(1) 仕事の話 

2018年05月17日

秀樹は歌がうまかった!

西城秀樹さん突然の訃報。

もちろん僕らのころのアイドルなので、思うこともいろいろあるけれど、あえて一つだけ。

それは、「秀樹は歌がうまかった」ということです。

laura00


新御三家のイメージとして、ひろみが1番のスター、歌は下手。秀樹はスポーティ、歌はまあまあ。五郎は運動はダメ、歌が本格的。という位置づけであったと思います(若い人は知らんだろうがw)。さらに、後には、ひろみがバラードとか歌うようになって、歌もうまいのではないか、とか。

それらは全部間違い!
歌がダントツにうまかったのが、西城秀樹、その人です!!

彼の歌は、パンチがあり、切れが良くてリズムを感じさせ、裏声を使って情感を伝えるのもうまい。
アイドルでありながら、最高のロック・ヴォーカルという感じでした。個人的には、ロッカーとして後進に影響を与えたのは、永ちゃん→秀樹→氷室の流れかと思うくらい。

彼の歌がいまいち評価されなかったのは、ある意味五郎のせいです。野口五郎。彼が、運動音痴で、スタイルとかも劣った。だから、歌がうまい、音楽に通じている、というキャラを受け持たせるしかなかったんだな。そして、そのあおりで秀樹の歌がピックアップされなくなった。でも、歌も秀樹の方がうまいんです(野口五郎もうまいです)

徹子が秀樹のことを、「ベストテン出演者の中でダントツに歌がうまかった」とコメントしたと聞き、うれしいというか留飲を下げるような思いすらした。

http://www.sanspo.com/geino/news/20180517/geo18051718520031-n1.html

ああいう位置にいる人をして、ダントツと言わせたほどの歌唱力。まさにそうだったのです!!

takumijun at 22:00|PermalinkComments(0)

2018年05月08日

古い大女優のように

昨日でTAKUMI JUN Make-up Salon第一回写真展が終わりました。

個展終了


いろいろと素敵なこと、残念なこと、ともにあったのですが・・・

今日はその中で、最も意外であったこと(どちらかというと素敵なこと)の話だけをさせていただきます。

それは、「好きな写真」がいかにひとそれぞれであるか。

帰り際に、「どれが一番気に入りましたか?」などと尋ねてまいりました。
もちろん1点だけをお答えいただいたかたも、数点を挙げられるかたもいらっしゃいましたが。

展示点数が、全部で50数点。
僕が聞いたのが、さあ40人くらいでしょうか、その中だけでも、「1位票」が、なんと30点以上に割れていたのです。それってびっくりじゃないですか?

僕の中では、非常に自信のある作品もあれば、ぎりぎりで採用した作品まで、やはり強弱あるんですよね。ところが、お客様は、僕的にはそれほど、というものもポンポン選んでいただいて。

いや、そう言われてみれば、実は、撮り終えた瞬間は、ほぼどれも「会心」と感じているんですよ。あまり強弱ない。でも、それを選んでいるときに、特に今回はパーティー、ホームページ、個展、と3回くらい周りの人(おもにスタッフ)の意見を聞いているじゃないですか。さすがに、そこで影響されて順序が付いている部分も少なからずあるだろう。
ところが、お客さんに聞いてみれば、またそれとは全然違う結果であった・・・というのに近いのかもしれませんね。

そんななかでも、特に人気を集めたのが、メインで使ってきた吊り橋の写真(省略)に並んで、この古い肖像画・昭和の大女優のような1枚でした(右の大きな写真)。

清水さん


そうそう。これは、僕もすごく好きな1枚で、スタジオ撮影のものでは最大サイズでプリントしたくらいなのですが、でも、周りの評価がそれほどでもない気がして、なんとなく自分の中の順序も下がっていたのです。ところが・・・

結局これは、周りの意見を聞いたらダメということかもしれませんね。
10人くらいの意見と、50人くらいの意見が全然違ってくるというか。もちろん、分母が増えれば聞いていく価値はあるのだが、少人数ならば、むしろ自分で判断したほうがよい、と。

ま、それはともかく、人気が分散したというのは、撮った者からすると、不思議であると同時に、すごく嬉しいことです。




takumijun at 18:46|PermalinkComments(0) 仕事の話 

2018年05月06日

しんどいね、日本

メンタルヘルス・ケアが難しいと。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6281445

●長時間労働や残業の慢性化、締め切りに追われることが男女ともにメンタルヘルスに負の影響を与えることが明らかになった。
 一方、職場に助け合いの雰囲気がある場合はメンタルヘルスに良い影響を与えることも分かった。

メンタル


なに? この当たり前の結果。とまず思う。
でも、女性にとって後者は意外に重要なのだろうね。

根本的にはこういうことでしょ。
人間の8割くらいは、しょーもないというか普通の人で。

1〜2割は、食えても食えなくても目標持って生きていけるが、普通の人は、食うのに苦労しないと、目標失い病んでしまうと。

だいたい、人間にちょうどいい労働時間というのはないわけです。
普通に言えばゼロ。働きたくない。
逆に、周りが週6で60時間働いていれば、それもさして苦にならんと。
それは人間に神が与えた性質なので、もう仕方がない。
蟻とか蜂にもそれがあるのと同じです。
まさか人間社会が、食うのに困らなくなる、なんてのは神様も思わなかったので、1〜2割の指導者は能動的に、それ以外は受動的に作った(そういう種になった)。なのに、食えるようになった。これはもう社会的機能不全です。
特に日本では、前の世代の活躍によって食える社会になってしまい、さらに発展性のない閉塞感に包まれているので向上心を個人が持ちにくい。非常に厳しい状況でしょう。


だからすぐ病気になる。離職する。でも、現場は手をこまねいてもいられません。
一部の職種では給料を2〜3倍にして、いいひとだけを集めればいいが、それでは社会的解決にならない。

ここでは、対処法として「励ます」「飲みに誘う」「配置転換する」という、現場の回答にプラスして、「受診を進める」を提案しているが、僕に言わせると、それが一番劣る。
原因はわかっている病気です。病名は「贅沢病」かな。それらしい病名なんてあたえないほうがいいでしょう。

具体的には、それでもやはり、自分に合う仕事、ましな仕事を探してもらうしかないのかな。
そもそも、仕事なんて、ある程度以上の能力と意欲があれば、どこででもやりがいは見いだせるわけで、仕事が楽しくないのは、自分のせいなのに、職場のせいにする。非常に間違えたメンタルでムカつきますが、結果としてはそうやってさまよってもらうしかない気もする。

非常に厳しい状況です。今の日本社会。
もっと社会が停滞すれば、自然と、働かざるもの食うべからずに戻って、人の心は健全になるでしょうから、僕はそれくらいがいいのではないか、幸せなのではないか、と思うけれども。




takumijun at 02:04|PermalinkComments(0) ビューティ&・・・ 

2018年05月04日

イチロー事実上の引退?

今日は個展の初日だったけれど、これにも触れずにはいられない気分。

イチロー実質的な引退。ですね。
「最低でも50歳まで現役で」と話していた彼が、意外なまでにあっさりと白旗を上げて。

ichi


自分から言い出さなければならないかな、と思っている時に、球団から終生契約の話が来たようで、お世話になった球団にお返ししたい、と喜んで受けたらしいが。

ちょっと信じられないですね。彼の心境的な部分。
そんな男だったっけ?

あの落合ですら、晩年は心が揺れました。
「俺流」人生だったのに、巨人で憧れの長嶋のために奉仕したいと。
FAで入ってくる清原にポジションを譲り、自分は彼のコーチをしながら控え選手に回ろうと、ほぼ思った。

ところが、そこで登場したのが、あのふてぶてしい顔の、悪妻・信子です。

「ふんっ! あんたそんな立派な男やったっけ? しょーもな。」
みたいなことを多分言った。いや、関西弁ではないだろうけど、関西弁が僕は一番表現できるから。

それで落合の目が覚めたというのです。
「ほんまや。俺は俺でなくなりかけてた。このブスの嫁はん、やっぱ俺にはサイコーの女やで」と。
あ〜、ちょっと泣きそうです(笑)

nobuko


はなし戻して、思うにイチローもそんな隘路に挟まっちまったのではないか。
ものすごいプレッシャーの中、「この2か月は最も幸せな日々でした。球団にお返しすることは願ってもないこと。何の喪失感もありません。」という話にしてしまいたくなった

苦しい。男として本当に苦しい話です。キーボードを打っていても、心臓が締め付けられるような気持ち。あれだけ、自分に自信を持ち、自分のために生きることで人を魅了し続けた人間が、美談の中に紛れ込んで消えていこうとしている。
でも、本当にそれでいいのか?

ボロボロになってもやるつもりでいたのじゃないのかな。ちょっと前までは。でもその意気地が折れた。奥さんを非難するつもりはないけれど、まあ美人な分、信子のようにふてぶてしくはなれなかったか(笑)

「本当にそれでいいの?
マリナーズの申し出は、本当にあなたのためになることなの?
今シーズンのすべての残り試合に出なくて、来シーズン以降にサポート的に現役で出るって、そんなことが可能だと思う?
そして、それくらいの形で現役を続けて、それは『50歳まで現役』に含まれるの? 
1本ヒットを打って、45歳で、46歳で、と称賛されて、誰かの記録をまた抜いた、とか言われて、チビチビと続けていくことが、それに含まれるの? そんなのただの人情話じゃないの?
「野球の研究者」が理想なの? 私は「野球の求道者」だと思っていたのだけれど。
周りがどう言おうが、俺はこれからも挑み続け、いくつもの限界を超えて見せる。野球に狂って、人間にできる最大限のチャレンジして、そして、もういよいよどうにもならないか・・・と悟った時が、俺の辞める時なのだ、と思っていたのではないの?
本当にもういいの?」



takumijun at 23:26|PermalinkComments(0) ビューティ&・・・ 

今日から個展(写真展)です。4日間ね。

今スタッフブログを見たら先を越されてしまってますが。

今日から個展が始まりました。

IMG_3001


ものすごく気持ちいいです。
1stですからね。何もかも新鮮。

まず、気になっていたディスプレイは、かなりのレベルで仕上がりました。
宮本さんの功績大。それがまず心地いい。

IMG_2992


次に、写真をゆっくりと見てくれる人が比較的多い。
もちろん、入ってきてすぐ出てしまう人もいますよ。中国人観光客とかw
でも、結構みんなゆっくりと見てくれます。

飛び入りで人が入ってきてくれるのもいいものですね。
普段の営業で、そんなこと滅多にないし(笑)

とにかく、いろいろと楽しいんです。こういうので生きていければどんなに幸せでしょう。
ま、実際にはただの大赤字ですけどwwww


というわけで、会期は4日間のみ。最終日は1時間早く閉まります。
ぜひ早めのご来場を。
記念写真も撮りましょう!

IMG_3014




takumijun at 21:03|PermalinkComments(0) 仕事の話 

2018年04月30日

古風もすごく素敵です

今日はこんなお写真を撮らせていただいて、満足。

_MG_9275-3


年齢は、言っちゃっていいのか・・・
52歳の僕の、母親より少し若いくらいです。

ご趣味を伺うと、読書、特に歴史ものが好きということで僕と意気投合。
だって、教科書的なものを横に2〜3冊おいて確認しながら読書してるっていうんだものw
普段教科書をよく持ち歩いている僕でも、それはしない。

ベースメイクをおほめいただきました。すごく。
強いてポイントを挙げると、少し彩度の高い、オレンジぽいファンデを選択したことです。
これくらいの年齢の方はお肌も黄色くなりがちなので、彩度の高いもので健康的に見せることが重要。

アイメイクは、眼鏡をするとネタ的に足りるので、ラインを中心に少しだけに抑える。

あっ、リップは大事ですね。やはり年齢とともにお口が小さく内側に入っていっちゃう方が多いので、大きめに描きます。

撮影は、基本的にシンプルな1灯ライティング。ヘアライトをほんの少しと、バックのライトはもちろん点けています。
レンズにソフトフィルターを被せて。

お話しているときの笑顔がすごく優しくて素敵なので、それをふんわりと撮りきろうと決めていました。背景がオーソドックスなグレーグラデーションなのは、こういうポートレートは古風で品格のあるのが僕の理想なので。

自分では完璧にやりきれました。今の僕で、これ以上というものはないです。



takumijun at 00:27|PermalinkComments(0) 仕事の話 

2018年04月28日

山口達也考

芸能人って、いつからこんなに模範的な人間でないといけなくなったの?
っていうか、そもそも有名人が品行方正であることがそんなに大事か?

6f5de92008cce308463f670ac87c11c2_1524758452_2


山口君をすごく擁護したいわけではない。
変態ではなく酒癖が悪い、という方向に落とし込もうとしているのもせこいなぁ。

でも、なんつか、人がそれぞれ闇を抱えているとか、悪行癖、精神的に弱いとか、ぜんぜんよくない?
みんな、人間に何を求めているの?
どうあるべきだと思っているの?

僕は、夢追い人であったり、すげぇ異性好きだったり、ずれまくりの堅物であったり、天才頭脳の片手にいつもポテチのでぶだったり・・・
とにかく熱く燃える思いがあって、バランス崩してしまってる人間みたいなのが好物です。ほとんどロマンティックな人間というに近いかな。

だから、どっちかというと弱いところがある人間が好き。本業・本筋ではゴリゴリ強くて、プライベートではなんらか弱い。犯罪すれすれの面がある、みたいな。

山口君も、これをきっかけにステップアップすればいいのだと思う。

ミッキー・ロークとか、イケメンで人気絶頂の時にやらなくていいボクシングとかやって、ひどい整形顔になって、でてくるだけで、一度落ちぶれたにおいプンプン漂わせるから、こんなにある種の悪役が適任なやついない、ってことで復活してたよね。そういう方向のチャンスじゃないの?

僕は、こういう世の中、しょぼいなと思う。

今日も、20年来のお客様で、潔癖な純粋性と、優しさと、狭量と、自己愛と、幼さなどが入り混じった女子が、ベリーショートにしたからメイクを変えたい、写真を撮りたい、と店に来てくれた。

僕は彼女のそういう変なところが全部好きだから、ちょっと素敵な写真を撮った。もちろんメイクは飛び切りすごいよ。
ズバリ言ってね。こんなことでグダグダ言ってる人間には、そういう写真は絶対に撮れないわ。絶対。

それぞれの個性(のほとんど)を、ワハハ〜っ、いいね〜って思えるから、いい写真撮れるんだよ。
実はやらしいのとか、最近楽しくないとか、自分に自信がないとか、衰えてきて哀しいとか、そんなところもみんな愛おしくなってきて、「よし!かわいい!」ってシャッター押すと、もうなんか楽しくなってきたよ、久々に自信出てきたよ〜と撮られてる方もなってきて、いい写真になっちゃうんですよ。本当なのよ。

僕は「人間」を撮っている。人間は、品行方正に収まらないものだから、写真も当然そうなる。だから生き生きと写る。当たり前じゃないか。

ちょっと脱線したけれど、山口君のことでいろいろと思った。
こんな世の中。僕はあんまり成功しなさそうだな、とか(笑)


takumijun at 00:45|PermalinkComments(0) 日々の話