2017年09月16日

20周年記念パーティー、やるじぇ!!!

ちょっと遅くなりましたが、20周年記念パーティーを行うことになりましたので、ここでお知らせさせていただきます。
(ずいぶん前に決まっていてのだけれど、ブログではいまのタイミングになった、ということです)

20RGB


日時は来る11月19日(日)午後5時30分(6時開宴) 場所は京都の祇園です。
夜9時までには終わる予定なので、急ぐ方から出て行っていただいて、最終の新幹線には余裕を持たせています。

会場がなんと、祇園MAHARAJA!(笑)
もともとホテルで探したのですが、ハイアット以外に気に入る箱がなく、ハイアットも日程が合わなくて、代わりに「Framingo」という貸会場を選びました。

打ち合わせ、申し込みを終えてから、先方より連絡があり、「会場名称が変わります」「別にいいですよ、名前くらい。何になるの?」「マハラジャです」「ひっ!」って感じで(笑)
世代感強い〜。勘弁してよ、って感じですが、もうしかたねぇわな。

もちろん、鬼のように準備しています。
いままでに行ってきた、どのイベントよりも力を入れてますね、実のところ。

前半は、やはり20年の歩みを振り返るかたちで内容を構成。
逆に後半は、これからの当店の方向性を紹介する内容にしました。
といっても、もちろんお堅い部分はなし。最終盤に向かって、でっきるだけ遊んでもらえるように考えています。
それしかないでしょ、イベントなんて。

頑張りますので、参加ご希望のかたはぜひどうぞ(当店会員の方。来店経験のあるかた、その他関係者に限らせていただきます)。
当日、みんなで盛り上がれたらいいですね。

あっ、クラブでやるといっても、経緯の通り、普通のパーティーです。
ドレス・コードは厳密ではありませんが、やはりドレスアップしていらしてください。
では。





takumijun at 20:39|PermalinkComments(2)仕事の話 

2017年09月15日

ソフト・ヌード余写

もう、かなり忙しくなってきています。
20周年のあれこれに、パーティーの準備。

パーティーのことは後日に譲って、今日は20周年記念プラン第2弾、ソフト・ヌードについて。

ホームページにはアップされています。とっくに。

http://www.takumi-jun.com/20th_anniv/softnude/

ここでも、泣く泣くの捨て写真が出ているので、まずはそちらを紹介。

モデル、ノリノリの1枚から。

_A4A9000-7


次は大人な室内ロケ写真を2枚。

_MG_0191


_MG_0147


きれいなだけ。何もやらしくないでしょう!?

最後に、さわやかなのを3枚続けて。

_MG_9841-2


_MG_9883-3


_MG_9897-4


あれ?最後のは使ってるかな?

と、このような写真を撮ってます。
まず、ちょっと悩んじゃうくらい、エッチ感弱いですよね。
いや、最初のなんかはあるんだけれど、でも、健康というか、力みなぎる感じで。

局所(?)は基本撮りません。いや、希望があれば撮りますけど、かえっていやらしくならないかな。
女性が美しいと感じるような写真だと思う。服着てるのは、僕の写真て、やはり男性目線強いのにね。なんか不思議。

こんなサービスにもご注目ください。では。




takumijun at 21:42|PermalinkComments(0)仕事の話 

2017年08月13日

大人女子余写4 (最後)

あと2回くらいに分けたかったけど、もう、次のプランの発表が迫っているので、今回でまとめてしまいます。
今日は南青山での撮影。
同一日に、でも、昼と夕方に分けました。

お昼の部は「さわやか系」

_L1A4109


川岸をリラックスして散歩する女子をパシャ!の設定。
力の抜けた立ち方がグッドな1枚です。

次は読書中。
これ、撮影プランに入っていたのに、本を忘れてしまっていて。
なんとか、僕のカバンの中の本を持ってもらったのだけれど、「アニバーサリー」?内容も覚えていないです(笑)
撮影は狙い通りにいきました。京都店のすわり写真とかぶるので泣く泣く割愛です。

_L1A4024


最後は商店街で振り向き、というパターン。長谷川潤さんの写真からイメージさせました。
この前に二子玉の高島屋の敷地に入って(そうと知らず)撮影していて、警備員に叱られ、出て行って、すぐ外で、高島屋をバックに撮影していたら、それもダメだと言われ、責任者出てこい!と僕がいい、後日の電話でもあほな対応されて、法律に訴えようか、とメールすると、「すみませんでした。敷地外からは当然撮影できます」という謝罪があったことを追記しておきますw

夕方の部からは、「ピュア」のパターンを1枚だけ。

_L1A4316


このパターンは、柔らかい光の中、逆光で撮ろうというのがコンセプトなので、夕方を狙って撮影します。
レンズにソフトフィルターの一番効果が弱いやつを付け、ちょっとホワンとした表情をパシャ!と。
表参道道理のアップル前で撮っているため、周りは人だかり。この写真も、画角上写っていないところに、人がうじゃうじゃいました。
あっ、ついでに、アップルの敷地内に、かかとが入ったくらいでも注意されてましたが、それはそれ。法律上正しいので、あっさり半足引込めました(笑)


takumijun at 22:34|PermalinkComments(0)仕事の話 

2017年08月11日

お受験用写真

お客様、といっても、実は娘のお友達家族なのですが、お受験用を含む記念撮影に昨日いらっしゃいました。

僕、大満足してるんです。
こんな写真撮ってみたかった。

9367s


すばらしいのはまずモデルご家族でしょう。
特に、このお父様の上品さ。これは、我々のように(必要があってですが)ギラッと生きてきたものには決して出ない雰囲気です。
わはは。写真は正直じゃ。

9384s


そして、頑張ったところは、実はこの娘さんが大変に元気で、結構必死こいてそれぞれの写真に収めたのですが、それがここにはちっとも表れていないことでしょう。
ふふ。写真って嘘つき。

ほ〜んと、何でも撮りまっせ!

takumijun at 22:34|PermalinkComments(2)仕事の話 

2017年08月10日

大人女子余写3

毎日頑張ってるのですが、むしろ仕事がたまっていってます(笑)

今日は大人女子余写の第3弾。
急がないと、次のプラン発表が迫ってきている・・・

京都店の「スタイリッシュ・ロケ」は2名同時に行いました。
ちょっとタイプは違うが、二人とも高身長でスタイリッシュ。
ありがたいことです。

昼間は琵琶湖岸まで車で移動。
数か所でロケして、これはたまたま同じところのもの。
というか、ここの写真にいいのが多かったので、この2枚が漏れてしまったのですね。

_MG_0580-1


_MG_0432-2


一見普通の撮り方ですが、実は三脚固定、フォーカスを自動追尾モードにしているのがミソ。
そのことによって、僕が身振り手振りでポーズ指導したり、アクションを引き出して、いい感じだなと思ったらピントを気にせず即座にシャッターを押せる。
そこはやはり、素人モデルさんのときには大きな効果を発揮します。

最後のは、ロケの最後の方のもの。
京都駅近くに戻って、高架下の無機的な柱をポイントに、まさにスタイリッシュを目指して撮りました。
光は確か、看板か何かの蛍光灯で、ISOを思いっきり引き上げます。

_MG_1033-10


こういうのは自己愛的表情をさっと作れるモデルさんがあってこそ。
彼女は最高級のセンスでした。


takumijun at 23:23|PermalinkComments(2)仕事の話 

2017年07月30日

フルートでござる

今日は大人女子余写を休んで、フルート奏者さんの写真を。

本日のお客様ですが、かわいい上に、性格もいい。
ついつい気合も入ります!
・・・つか、いつも本気だけど。
・・・つか、撮影楽しいけど。

_MG_0053


1枚目はちょっと色っぽく。
本人さんは、ほんと爽やか〜って感じの人だけれど、でもま、女子にはこういう面もあるのだ!
ビゼーのフルート曲とかしっとりとやってくれそうかな。

次は姿勢やフルートの持ち方を工夫。

_MG_0105-1


も今は、普通の撮り方からできるだけ離れたい感じで。
これも、実は椅子に座ってもらっていて、できるだけリラックスして、楽器奏者というより、一人の女の子として浮かび上がってくるように狙っています。
本人さんも選んでくれたし、僕も非常に満足いく1枚となりました。

ヘアは村瀬(店長)がうまくやってくれたし、ウチは今、なんでもきやがれ〜って気分ですよ(笑)
ではでは。


takumijun at 00:33|PermalinkComments(0)仕事の話 

2017年07月28日

蓮舫去る

稲田さんが防衛大臣を辞任したのは仕方ないとして、蓮舫さんが民進党代表を退いたのには驚いた。

20170718-00000018-wordleaf-0b3221d604945e8b499a831994d2a8e8c


民進党撃退主義?の読売新聞なんかぼろくそ言っているが、これはあまりに過酷な話と思える。
能力が足りないとかどうとかの問題なのか?
抜群の技量で引っ張っていったのに、というものでないのも確かだが、何が悪かったというより、こんなんなら党首に最初から推すなよ、という感じ。周りが全然協力しないじゃん。

1年弱前だったか、党勢の危機に面し、美貌で人気の高い蓮舫さんを担ごうとした人が多かった。
ところが、野田幹事長が気に入らないのか何なのか、特に何も変わろうとしない、協力もしない。
こんなんでうまくいくわけないわな。

もともと地盤を持たない人を推したのだから、そこは挙党一致体制を作ってあげなくちゃ、蓮舫さんにとって話が違う、となる。
野田さんの後の幹事長も決められず、心が折れたとのことだが、なんつか、こんなことなら辞めさせてもらいます、ってなもんでしょう。

僕はもともとこの人のこと好きでも何でもないし、美形も、僕には筧利夫にしか見えん。

download


しかし、これはあまり批判すべきことではないな、と感じました。

takumijun at 18:03|PermalinkComments(0)日々の話 

2017年07月27日

大人女子余写2

今日は京都店の「さわやか」タイプの選択漏れ写真を。

まずは「歩くパターン」からふたつ。
ひとつめは、モノクロ撮影のもの。採用になったものとほぼ続き番号です。

_MG_3670-4


次はカラーで、同じく歩きながら。

_MG_3514-5


ともにモデルさんと一緒に歩きながら撮ります。
ピントは動体予測で、カメラが自動で合わせていってくれるのですが、この辺ははっきりと、新しいカメラほど機能の高いところですね。
生き生きとした表情を作るための、ひとつの鉄板的撮り方と言えるでしょう。

最後は噴水前の1枚を。

_MG_3431-5


これは、今回の撮影予定パターンに含まれていなかったのだけれど、せっかくの好天で、噴水を見れば、ちょっとは撮りたくなるというもの。
と言っても、普通のカメラではこうはいかず、レンズがかなりの望遠だからこそ撮れる1枚です。
スマホとかのカメラなら、噴水とこれくらい距離が開いていると、「お水がチョロリ」みたいな小さな写り方しかしないの。

これらもすべて、他との兼ね合いで漏れましたが、とっても自信のあるものたちです。

よっしゃ〜!


takumijun at 17:23|PermalinkComments(0)仕事の話 

2017年07月21日

大人女子 余写

新サービス『大人女子ポートレート』が昨日アップされましたが、そこで、バランス上漏れてしまったけれど、これも非常によかったんだよね〜という写真を、何回かに分けて紹介させていただきます。

京都店撮影の『ピュア』タイプから。
村瀬のお友達だから、30代半ば〜後半?
しかもお母さんです。かわいいよね。

_MG_3950-9


まずはこれから。
踏切の写真と構図的に似ているので漏れましたが、いい味に仕上がっています。
真ん中に人物を置く、いわゆる「日の丸構図」の写真で、それがまっすぐな強さを生んでいる。
モデルさんに、いま何考えてるの?と尋ねると、子育てから解放されて、やっとぼーっとできているな、と思っていただけだそうです(笑)

次はこれ。
なかなか苦戦して、モデルさんがちょっと落ち込んじゃったくらいなんだけれど(笑)、出来には満足。
学校前で何かを思い出してるところが、なんか吹っ切れて見えるような写真。

_MG_3858-6


最後はこれを。
モデルにしたのは原田知世さんのポートレート。
表情が映画っぽいですよね。

_MG_4004-14


お題は、余話を文字って「余写」とさせてもらいました。
さあ、まだまだ紹介するぞ! よっしゃ〜!



takumijun at 22:06|PermalinkComments(0)仕事の話 

2017年07月20日

よっしゃ第一弾!

お待たせしました!
というか、内容いままで伏せてたので、待たせようもないのですが、ここ半年間ずっとやってきたことの成果が、やっとひとつめ、表に出せました。

無題


新プラン「大人女子ポートレート」がスタートです!
今までの撮影よりもぐっと作品性の高い写真を撮る新サービス。
具体的には、ロケ地を選ぶ、勉強したなどと同時に、今までのように「粒ぞろいの写真を揃える」という感覚ではなく、「(いっぱい撮るうちで)いいのが数点できればいい」という意気込みで臨むことが大きい。

内容は、ホームページ
http://www.takumi-jun.comを見てください。

いやっほっほ〜い!
またぞろ、補足を書かせてください。
とにかく今日は紹介だけで。

そして・・・
これと同様の準備(撮影会)を、もう2種類は終えているのですよ、すでに〜(フフフ)

本気でっせ!!

takumijun at 23:57|PermalinkComments(2)仕事の話