2017年01月07日

あけましておめでとうございます 2017

ちょっと遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

_A4A0046


今年は、実にといいましょうか、TAKUMI JUN Make-up Salon20周年を(8月に)迎えます。
いや、長くなった(笑)

それで、なのかどうかわかりませんが、今春は異常に仕事に燃えていましてね。
とにかく、何から何まで「一から見直して」やってやろうと思っています。

20年前、10年前には、それでいいと思ってやってきたことが、当時まだ未熟であったり、もう既に通用していないこともいっぱいあるはずなんですよね。
それらを全部リセットしてやり直したい。

壮大な事業になると思います。ものすごい労力でしょう。
でも、やるつもりw
だって楽しそうなんだもん。

みなさんはどうですか?
新春に燃えていらっしゃいます!?

takumijun at 16:26|PermalinkComments(8)日々の話 

2016年12月07日

たん熊!? ふざけんなっ!

京都との行き来に新幹線でお弁当食べることが多いが、最近になって、ちょっと値の張るものの方がやっぱうまいなと思い出した。

値が張ると言っても、たかだか1200円くらいだよw
そのくらいの金額で普通の幕の内みたいのがうまい。

__ 1


と、月曜日に、京都駅でたん熊北店のお弁当、1500円台というのを見つけた。
これはかなりいけそうだ。
昼から弁当で1500円超か〜と思わないでもなかったが、ま、いいか。

碌に写真も見てなかったのだが、まず開いてみてシーン。。。
超普通なのだ。
しかし、その分味はいいのだろうと気を取り直して、色々と摘まんでみる。
シーン。。。 普通だ。ってか、コンビニレベル。500円弁当の味なのだ。

__ 2


地味なメンツの中ではメインといえる焼きじゃけに箸を伸ばすも、これまたコンビニレベル。
なにこれ? 話になってないんだけど。

結局、右側の煮物のお出しがちょっと上等であった以外は、まったくコンビニ弁当であった。ひどい!
その分だけ評価したとして600円? いや、最近は500円弁当も悪くない味してるしなぁ〜。

しゃけの状態から見るに、ちょっと時間が経っていたための劣化かもしれん。
しかし、夕方に食べているわけでもないのだよ。えっと、1時半くらいかな。なら、そこまでは持つように工夫しろよ。

とにかく、非常に期待を裏切るデキでした。
名前に胡坐かいてこんなものだしていたらダメだよね。しかも、いい加減「昔の名前」になってきているんちゃう!?
こんなことしていたらあっという間に淘汰されてしまいますから。たん熊さん。お気を付けあそばせ!

takumijun at 20:09|PermalinkComments(2)日々の話 

2016年12月05日

今日はメイク・ショーでした

今日はメイク・ショーのお仕事で、京都ハイアット・リージェンシーまで行ってまいりました。

http://careerlabo.jp/12%E6%9C%884%E6%97%A5%EF%BC%88%E6%97%A5%EF%BC%89takumi-jun-%E5%85%88%E7%94%9F%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%80%8C%E7%BE%8E%E7%9A%84%EF%BC%8A%E6%84%9B%E3%81%95%E3%82%8C%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF/

今週は恒例の光華女子大学の講演もあり、講師業続きです。
しゃべるのが大好きな僕としては超嬉しい〜!

__ 1


先日は200人を超える規模。本日は30人くらいでしたが、ホテルでのメイク・ショーというのはまた違う高揚感があります。
ヘアなどの仕込みを終えて、ショーが始まり、入場すると、なんか普段と違う雰囲気。
なんだこれ!?と思ったが、最大の理由はBGMが流れたままなんですね。
これなんか、僕の雰囲気と違うな〜と思ったのだけれど、まあ、こういうのにも乗ってみるか、とそのまま続行。
いつもよりもふんわりとしたムードで始めてみます。

でもやっぱうまくいかん。なんか、得意のワッと盛り上げるパターンに持っていけないのだよ。
まいったな〜と思いながらも、そこは(自己申告ながら)百戦錬磨。変に焦ったりせずに、潮目の変わるのを待ちます。そのうち、ノリのあるお客さんを見つけたりして、徐々に普段の感じに。

・・・と、結局のところ、どうだろ!? いつもに比べれば盛り上げきれなかった感はあるけれど、でも、尻上がりになんとかなったし、それ以上に今日はメイクの出来が飛び切りよかった!
モデルさんにも恵まれて、本当に今のメイクを表現できたと思う。
思い切ってノービューラー、ノーマスカラでいったが、華やかさに仕上がっている。眉もリップも攻めれているし、服装とも合ってる(でしょう?)。

_3_


いや、感謝、感謝です。
ケーキもごちそうになって、お土産までいただいちゃって・・・って、そこでなく、こういうお仕事をいただけたことにね。
使うリップのチェックやら、解説の内容を詰めるために、前日にスタッフと勉強会を開いたのだけれど、そこで改めて今のメイクを突き詰めることができた。もちろん普段から勉強はしているけれど、それを人に伝えようとなると、さらに一ランク突き詰める必要があり、その結果としてすごく理解が進んだのです。
年2回やってるモードレッスンも、メイクをアップデートする機会になってるが、それと同様、あるいはそれ以上にこちらが勉強させてもらいました。それでギャラいただいて、ケーキにお土産まで・・・って、もういいかw

とにかく、非常に有意義な時間を、昨日〜今日と過ごさせていただきました。
本当にありがとうございます。

__ 2






takumijun at 02:03|PermalinkComments(2)仕事の話 

2016年12月03日

ロズベルグ引退!

最近で印象深い引退は広島カープの黒田くらいだったが、ここにきてどでかいニュースが入ってきた。

なんと、先日本年度のF-1ドライバーズ・チャンピオンに自身初めて決まったばかりの、ニコ・ロズベルグ選手が引退するという。

img_77d117a8078324f9adb7abe422a30339131933


年収が50億円くらい?
副収入も入れるともっとだろうか。

命がけの仕事。チャンピオンになってから辞めたいなとは思っていたようだが、それにしても思い切った。
歓喜のチャンプ決定の次の日には決断したようなのだ。

う〜む、やったね。
男として最高にかっこいいことをやり切った。

羨ましい限りです。

takumijun at 01:03|PermalinkComments(0)日々の話 

2016年12月01日

関羽の死

北方謙三の「三国志」を読んでいます。
全13巻で、今は第10巻。

haruki01


もともと吉川英治の三国志が大好きでね。
他にも二つくらい別の人のを読みかけたが、全然肌に合わなかった。

北方のものは、吉川本以外では一番しっくりきた。
吉川本ほどの暑い筆ではないが、より大人ぽくあるところは魅力的。
でもやっぱ劣ってしまうな、とは感じていて、その最大の理由に関羽が輝いていないことがあった。

僕にとって、三国志とは関羽雲長の話でもある。
孔明や曹操も好きなキャラだけれど、関羽には及ばないのだ。

天下無双の豪傑にして、普段は素朴。むしろ知的。
華やかでありつつも、自分のための欲はなく、ただ義兄弟の劉備を、同じく義兄弟である張飛と盛り立てていくことだけに人生をかけている。
ま、理想の男性像なんだろうね。

その関羽が吉川本で死ぬ場面が、当時20歳くらいだった僕にとってはあまりに辛すぎた。
死ぬ場面が近いと感じてから、読書が進まない。毎日が重い。
そのうち、あぁ、これを超えなきゃ続きが読めねえや、と思ってやっと再開できた始末。

その場面が、またもやってきた。もちろん北方本での話だ。
やはり吉川本ほどは輝かない最期なのだけれど、それでも喪失感は大きい。
そして、曹操が続いて死んだ。張飛も間もなくといった感じだ。

若い時とは感じ方が違うのも当然だろう。
でも、同じく熱く感じる部分もある。
青春の話なのだろう。結局三国志とは。

残った孔明の孤独な奮闘ぶりにも熱くなるが、やはり、曹操、劉備、関羽、張飛、趙雲たちの世代の、それぞれの生ききっている姿が潔く美しい。僕にとっては、とりわけ関羽なのだが。

羨むように彼らの人生を思い、少しでも近づきたいと思う。
男は熱くなきゃね。
そう感じさせることにかけては、30年前に吉川本を読んだ時も、今回の北方本も同じようなレベルである気がする。



takumijun at 12:52|PermalinkComments(0)読書三昧 

2016年11月26日

「なんだろ!?」

なんだろ!?

という言葉を最近ものすごく聞く。

ZFbKumTN


話の途中に、

「・・・ですね。それから・・・、なんだろ!?今はやっぱり○○ですね〜」

みたいな感じで。

「えっと」とか「そうだなぁ」とかと同じ、言葉を探している時のつなぎ文句。
長嶋監督の「どうでしょう〜」とも全く同じ用法ですね。

前からなかった言葉ではないかもしれないが、最近は頻発されるのだ。
印象はやはりちょっと軽い。
ウチの土田さんも使うし、仕事で出会う人など、ほとんど使う。

京都店の子は誰も使わない気がするから、関西では少ないのかな、とも思ったが、先日、例の事件の絡みでお話しした検察官が、「○○さんのお話からすると、え〜、なんだろ!?」などと連発していた。
弁護士もちょっと使ったかな。
だから関西にも充分蔓延しているようだ。

ちょっと前は、「なるほどですね〜」という言葉がよく耳についた。
でも、これは仕事がらみの時のみだった気がするけど、この「なんだろ!?」は普通のお客様との会話でも出てきている。
日常語として定着してきているのだ。

どうですか、みなさん!?
僕は正直、結構気持ち悪いですけど。この流行り言葉。

takumijun at 12:21|PermalinkComments(2)日々の話 

2016年10月30日

緒方監督のミス・ジャッジ

これほんとに「後出し」じゃないんです。
もう、第5戦の序盤には、周りの人に言ってました。

2勝2敗のタイで迎えた日本シリーズの第5戦。
緒方監督は第1戦に投げたエースのジョンソンを先発に持ってきましたね。
僕はこの時点で「あっ、これミス・ジャッジだ」と思った。

d_09617250


第5戦だけを考えても、中4日のジョンソンは早めに交代せねばならず、リリーフが不調な状態で、あまりいい選択と言えない。ジョンソン以外なら40%の勝率が50%に上がる程度でしょうか。
そして、結果はやはりリリーフが打たれて負けた。

それより、なにより、第6・7戦の先発ですよ。
休養十分でジョンソン・野村の両エースを持ってこれる。
第5戦を勝っていれば、80%以上、第5戦を落としていたとしても40%近くの率で優勝できたのではないか。
これは明らかな判断ミス。それゆえに広島は敗れた・・・(という部分が多分にある)と僕は考えます。

伝説の巨人×西武戦。
終盤に1点リードして、巨人はシリーズ絶好調の西本をリリーフに立てたが、その瞬間に森監督がベンチでにやっと笑う。プロ野球の名場面の一つです。
その試合だけを見れば西本で勝利して、巨人がシリーズ優勝となる率は上がるが、どっちみち2連勝する必要がある西武としては、その試合に勝っても、次の日に休養の足りが西本からまた勝たなければならない。つまり、この瞬間に西武の逆転優勝確率はぐっとあがったわけで、森の笑みは、巨人の「2試合トータルで考えた場合の完全なミスジャッジ」に対してのものだったのです。
結果は、西武が西本から1点をもぎ取り、逆転優勝へとつなげていきます。

今回の緒方監督のミス采配は、これと並べられるものでしょう。
いや、試合終盤にエイッとなってしまった藤田監督(だと思う)よりも、内容的にはだいぶ悪いか。
2連敗で焦ってしまった。周りもそれを止められなかった・・・と見られても仕方ないし、これこそがシリーズ慣れしていないチームゆえのあるある的ミスだったとも言えるでしょうね。




takumijun at 01:45|PermalinkComments(0)日々の話 

2016年10月06日

初の「韓流メイク」!!

モードレッスン開催中です。

今回は初の「韓流メイク」。
いまさら・・・な感もありますが、日本のメイクがだいぶこれに近づいてきたことが今となった最大の理由。
だって、「アイライン中心のアイメイク」も「ふと眉」も「赤リップ」も、ぜんぶ日本のメイクと同じでしょう!?

mo-do小


今秋もレッスンに備えてファッションとメイクの勉強をしていたのですが、どうも変わり映えしない。
雑誌で一番見るのはボルドーのシャドウとリップによる一色メイク。
そりゃ赤っぽいシャドウとリップがこの2年くらい続いている中での秋ですから、誰でもそれを思いつくけれど、あまりにありがちだし、新味もないよね。

そこで、前から随分と近づいて来ているよなぁ〜と注目していた韓流メイクにSIFTしてみることにした。
もちろん違いはあります。
ベースは露骨にパーリーなハイライト感があって、なんかお魚?って感じ。⇒そこはほぼ無視
アイラインは目尻が特に強い。⇒これは採用
眉毛の輪郭が強い⇒これはタクミ・メイクの真逆なんだよね。多分デファインまでいかないと合わないのでは?と、これも日本のメイクに近いところで落ち着いた。
チークがすごく弱い⇒日本との間くらいまで足す。
リップを小さく塗る⇒赤を小さく塗るって難しいのだけれど、できるだけ挑戦してみようと思います。

というように、自分なりに消化しての内容となりました。
つまり、「SOFT HANRYU Make−up」とも言うべきものに。
既に十数人に施してきていますが、結果
,なり若くなる。童顔になる。
△笋気靴ご蕕砲覆襦
まつ毛に頼らずに目を大きく見せられる。
などの好結果が共通して出ています。
そしてなにより、
こ擇靴ぁ,任垢茵いつものレッスンよりもキャッキャできるような内容。
レッスン後はぜひスマホで「なりきりオルチャン・フォト」を撮ってみてください。友達に送っても大うけするはず!

最後に、今回のモデルさんの「本来の姿」?を披露します。
ピアニストさんなんだ。
そして、以前ウチで撮っていただいた写真がコレ ↓ ↓ ↓

ongaku小


どっちもきれいなんだけど、ちょっとすげ〜変わり映えでしょう!?
こういうのもメイクのおもしろさですよね!



takumijun at 20:39|PermalinkComments(0)仕事の話 

2016年09月18日

ジャック・スパロウ再び

去年のハロウィンでジャック・スパロウに扮して撮影した彼が、今年もメイクに来てくれました。
テレビの取材を受けるんだそうで。

__


それが、話を聞いてびっくりしのだけれど、去年はリーマンだった彼が、その後脱サラして、今はマジシャンをやってるそうなのです。
新宿のゴールデン街を回って、テーブルマジックのおひねりで生きているとか。
一応毎日ジャックに扮しているけど、マジックとは基本関係ないんだってwww

英語も中国語もできるらしく、ピアノとギターを弾き、ミュージカルが大好き。
それでいて人を楽しませるためにフワッと脱サラできる長男。
いい男でしょ!?

できたてホヤホヤのフェイスブックのアドレスと、去年撮った写真の合成ヴァージョンを貼っておきます。

https://www.facebook.com/jackmagician323

ジャック合成



takumijun at 12:05|PermalinkComments(2)仕事の話 

2016年09月15日

書きたい!

ブログ超止まってますね。
今までにも無気力になって中断とかしてたりしたけど、今回はただ単に書けんのです。
忙しい。
そして眠い! 
1歳の娘に朝早く起こされ・・・(笑)

でも書きたいことはあるのです。
少なくともふたつ。

マッハで書いて、後日(近いうち)に時間があればこってり書きなおしてみたいなと思います(特にひとつめ)。

ひとつめは宮部みゆきを久々に読んだが、やっぱり相変わらずであったということ。
読んだのはこれです。

『ペテロの葬列』

_SX348_BO1,204,203,200_


以前からの「書き込みすぎ」はだいぶ改善されてたが、それでも本質的に変わらん。
なんだろね、この偏った感じ。
視野が狭いっていうんですかね。
相変わらず頑張って勉強してて、本筋もまずまずおもしろいんだけれど、そんなみみっちい心理で人間動いてないよ(お前以外の大概は!)ってことなんだろうね。
でも、人気作家だということは、結構多数の人が、こういう「みみっちい」心理で行動しているのかもしれないですけどw

次に北朝鮮の核実験成功。
これはマジでやばいですよ!

a9cfd2cd


今までは変な隣人を作り上げて軍備拡張したいな、くらいな意図だと思ってみてましたけど、これは別次元に入ったと思う。
簡単に言えば、今すぐならぶっつぶせるけど、遅くなったら手が出せない。だから国をひとつひっくり返すかどうか?ということをアメリカなどと相談して決めなければならないということでしょう。
ぶっつぶす、に向かう可能性は50%以上・・・かな?
そうなると、いつ核爆弾が飛んでくるかわからん、という恐怖の数日間〜数十日間が近いうちに来ますね。

東京や京都はばびっちり守るだろうけど、地方のでかいところとか狙われたら防ぎきれないのでは?
日本の大都市がまたも被ばくする確率はそう低くない。
大地震と並ぶ脅威が出現したと言っていいでしょうね。

そして、ぶっつぶさなければ、対抗上、日本も核を保有するとか、それに近いことが必要になる。
ほとんど使わないものを作るわけで、また国力を圧迫されるでしょうね。
まあ、使わないに越したことはないのだけれど(笑)






takumijun at 18:52|PermalinkComments(0)日々の話