Keep Casting. Leon's style fishing.

●レオン釣り日記
●メバリング、アジング、その他の釣り情報
●INXlabel製品情報
●実釣ハウツー動画
●独りよがりのエッセイ

              〜釣りが趣味であること〜

自然を慈しみ、和を保ち、誇りを持って趣味として友と分かち合い、出会いと釣りに感謝する

             (広島さお釣りクラブ信条より)


「瀬戸内の釣り仙人」 
http://blog.livedoor.jp/takumikeikoyuya/archives/50579034.html

まず「自分」のために。そして「誰か」のために。釣り具を作る。その積み重ねや連鎖こそ僕らが「つりひと」で有る証なのだから。 ...

面白いものです。このブログは2001年にスタートし、多くの方と釣りの情報を共有してきましたが、SNSの発達により、発信のツールや方法論も非常に多彩になってきました。そんな中で、僕もFacebook、twitter、Instagram、youtubeと利用し始めてから情報発信の在り方が大きく様 ...

インクスフィールドスタッフで横浜の知久氏が3年の検証の末編み出したゴッツンバイブの「根掛かり回避かつ釣れるチューン」をフェイスブックにアップされましたので、コチラにメモをしておきます。もっと流行っても良いのにと思ってるメタルバイブの根魚ゲーム(^^; 一番の問 ...

2018年11月から開始したTwitter上の質問箱ですが、沢山の方から投稿を頂き総数で3000件を超えました。そんな中、「交わされた過去のQ & Aを読みたいのでカテゴリー整理してどこかへアップしてくれ」との要望が相次いだので、ひとまずこのブログへ、代表的な(同様な質問が多 ...

LurenewsRで僕が受け持つ連載ページ「ライトゲームマニア」を、このブログでも一覧出来るようにと、記事カテゴリー【LurenewsR連載「ライトゲームマニア」】を増設しました。関西圏で長らくタブロイド判で発行されていた【週刊Lurenews】が、今年からウエブ誌面で【LurenewsR ...

前回に引き続きベイトキャスティングのレクチャーです。今回は「思ったより飛ばない」というお悩みにお答えしました。アドバイスする前に。 まず、キャストコントールの設定とブレーキ調整の数値はどうされているか教えて下さい。それからラインの種類。ラインの太さ。スプ ...

Twitterの質問箱からのご質問ですが、お返事が長くなるのでコチラでお答えします。■Question■Answerでは、オーバーヘッド(ロングキャスト)に絞って説明しますね。■スティーズCTで7gキャストならブレーキは5程度で8だと飛ばないので、オーバーヘッドで遠くへ飛ばそう ...

少し前に友人に教えてもらってた、LINEが新しく始めたサービスの中に各種保険があるのだけど、なんと損害保険の中に「釣り保険」というものがある。そこで何事も経験なので、早速加入してみた(笑)まずはライントップページのココ。「サービス」をタップして次は次は「イベ ...

最近面白くて良く釣れるので改めて研究中のネコリグとワッキーリグ。これね、体高のあるベイティのフォルムと良く合うの。ワッキー掛けしてリトリーブすると傷ついた小魚のようにぴくぴくしながら横に動いてくれるし、ネコセットではまんまボトムを小突く小魚になる。で、色 ...

先日、アゴプロ代表の入江氏と一日ボートキャスティングを楽しんできた。しかし状況はパットせず、実績の高い水深30〜40mの根を数カ所回るもフグやベラのバイトしか無い。そうして数時間も経過した頃、思い立って水深5〜10mのシャローへ船を回すとコレが大当たりだ ...

インクスユーザーさんからとても素晴らしい釣果報告がありました。ご本人の文中にあるように、ストアイベントにて、初場所探索をする場合の留意点や大型メバルのキモなどレクチャーさせて頂いたのですが、コレはヤバいです(笑)レオンさんお久しぶりです。昨年9月、ポイント ...

前号からの続きとなりますが、今回は尺ヘッド7gと10gのお話し。まあ下記の過去記事(2013年)にも書いているのですが、ライトゲームにおける、たとえばアンダー1gなど「極軽リグ」の効能というのは僕自身がかつて提唱し続けてきた事でも有り、紛れもなくアジングやメ ...

今回はボトムワインドがテーマの、2013年1月の記事です。「マイクロワインド」が誌面で言われ始めてから、僕ら仲間内でやっている大型メバルを狙って釣るためのボトムワインドゲームがコレ(普通のワインドゲーム)と同一視されてしまって、今ひとつ現実が伝わっていないので ...

25年ほど前だったかな、釣具店でG.Loomisのバスロッドを初めて見たのは。その頃は知識も少なく、海外物の竿といえば昔から憧れていたFenwickしか興味が無かったので、少しだけ触って「ふ〜んこんなのも有るんだ」程度の印象しか持たなかった。その数年後、某デジタル通信シ ...

唐突に聞こえるかも知れませんが、この3月いっぱいをもちまして、ブリーデンフィールドスタッフから卒業させて頂くことになりました。いや、卒業と言うより「定年退職」と言い換えた方がより現実的な内容に近いかな?(笑)まあ定年退職と言ってもブリーデンさんの規定にその ...

釣り人はロッドを握っているのでは無く、握っているのはリールシートだ。いわばロッドとアングラーを繋ぐ入り口であり最終地点でもある。今回はGXSシリーズに使われているリールシートのお話しです。使用しているのは、現役バストーナメンターであり、業界に名をとどろかせる ...

発売寸前のハミージャーミーとビーテスラー。僕自身が顕在的にも潜在的にも長年求めていた釣り竿がいよいよ世に出ます。そしてこのプロダクトは三年越しとなり、そのストーリーは間違いなく製品に反映されているのですが、なかなかカタログやパンフレットで表現しきれるもの ...

求めよさらば与えられん ...

このページのトップヘ