P3090041

 

 

 

 

 

 

 

先日の島嶼部での釣行。

当日出合ったルアーマンが今年の瀬戸内の例に漏れず、チビスケは数釣れども良型には皆出会えてなかった。

唯一、桟橋の中央に陣取っていた胴付き餌釣りの年配餌釣りアングラーが15メートルもの深場で25cmオーバーを二匹ほど釣っていた。

 

そんな中で僕が選んだポイントは、激流走る海峡部だったが、この日発見したメソッドとルアーによる「爆釣劇」は実に嬉しかった。

とりわけ嬉しかったのは暴君に引き続き秀逸なルアーと出会えたこと。

JAZZの「爆釣ジグ」だ。

 

過去にメバル用のメタルジグで一番実績も高く好きだったのは、タックルハウスのナブラ刑事3gだが、この爆釣ジグはまた違うシチュエーションで非常に高い戦闘力を見せてくれた。

ま、その状況とメソッドは後で書くとして、当日用意して行った「爆釣ジグ」に関して少し書いてみよう。

地獄針

こんなジグ
ヒラジグラをご存知の方は「なるほど、コレは釣れるだろう」とも思うし、メタルジグとしては最もスタンダードとも言える形状
ノーマルでは写真のシングルフックが一本付いているだけだが、経験上バラシが少なく根掛りもしにくい「地獄針」セットにしてみた。

 

 

 

 

 

 

でも本来なら下記のような、フロントからのアシストフックの方が遥かに根掛りは少ない。

下の写真は昨日セットしたもの。

HAORIチラシアシスト

「HAORIチラシアシスト」と言う、既製品のミニジグ用アシストフック
段差をつけた「チラシ」形状は余り好きではないのだけど、自分で作るのは面倒くさくて^^;
写真のジグはは3g

 

 

 

 

パゴス本店でDr.Tが買って来てくれたのだけど、今日行ってハンガーから全部抜き取ってきてしまった^^;

 

当日はこのジグをメインに、他メーカーの物を3種類ほど使ったが、このジグが圧倒的に釣れて、僕自身首を傾げるほどだった。

理由の半分は、ウエイトと形状がシチュエーションとメソッドにドンピシャマッチした結果だと思うが、後の半分に関しても理由付けはできる。

実はこの「爆釣ジグ」は目の周りの白くなっている部分は全て夜光塗料が塗ってある。

「夜光」に関して疑問符を投げかけるアングラーも居るが、僕の経験では明かりの遠い場所や暗闇では少なからず効果的だ。

しかもルアー全体が光るよりも、スポット的に一部分が発光する方がずっと良いとも思っている。

 

実際、明かりの少ない山陰の釣り場で何度も々効果の程を体感した・・・。

 

夜光

こんな感じ
ロングシャッターで手ブレしているが(笑)
写真のフルグローはまだ試していないが・・・
海老が並んでいるようでしょ?^^

 

 

 

 

当日は中潮の上げ3分から始めたが、最初にジグを投入した時は普通に流れに対して斜めにキャストし、フリーでボトムを取ってからドリフト気味にボトムを探っていた。

しかし全く当たりが無い・・・。

しかし何やら予感がしてそのポイントを立ち去る事が出来ず、何投かした後思い切って流れに対して「真上」にキャストした。

イメージ言うならば、河のど真ん中にウエーディングし、真っ直ぐ上流に向かってキャストする感じだ。

 

 

当然フリーでボトムを取る間にもジグは一気に自分へ向かって流れてくる。それでも鉛の塊だからボトムはちゃんと取れる。

ソコからラインスラッグを取ると同時にチョンチョンと二回ほどボトムパンピングをしてカーブフォールに持ち込む。

 

ジグは恐らく立った状態からドリフトするわけで、カーブフォールといってもリールのハンドルを巻きながらだ。

ソレを数回繰り返しながら自分の方へ寄せてくると、メバルらしい「チコン」と言う当たりが出、フッキングしてみると25cmクラスのグッドサイズだったわけだ。

しかもその後同じ方法で3時間近く釣れ続く結果となり(といっても一投一投に時間は掛かるのだけど)、久々の爆釣を味わってしまった。

 

流れのある場所でのメタルジグの釣りでは、いつも大体流れを斜めに横断するようにアップクロスから引いたり、場合によってはダウンクロスに打ってドリフトで釣っていたけど、今回のような方法を採ったのは実は初めてで、まさかあんな釣れ方をするとは思いもよらなかった・・・。

 

あの釣り方に再現性があるかどうかはまだわからないが、爆ったのは事実だし、新しいメソッドを見つけた興奮は未だ冷めやらない状態だ(笑)

 

3&5 1

良く釣れたのは上の3g
下は5g
5gが釣れないって事ではなく、潮の速さに3gがマッチしたいうこと

 

 

 

 

3&5 2

厚みと幅が5gのほうが当然大きいのだけど、長さが変わらないところが実に嬉しい
写真は左右対称だが、片ウエイトのものもある
当日はどっちで釣ったのか興奮してて解らない(爆)
半々に入れて居たから同じ釣果とは思うが・・・

 

 

 

 

しかしJAZZさんのメタルは優秀だ。

カラーも豊富だし、小さいところに細工が効いているところがなんとも心憎い^^

 

カラーラインナップ

見てよ、この豊富さ!
似たような色でもドットがあったりなかったり、30色くらいあるのかな?
ちなみに、上右の三つはジグには珍しいマットカラーだ

 

 

 

 

 

■当日のタックルデータ

 

ロッド:ブリーデン・GRF−TR 74エレクトロ

リール:シマノ セフィア2500番

ライン:YGK PEライン・WX4/0.5号