ストレンジの話だが、「止めアタリ」「抜けアタリ」が明確に取れるロッドが欲しかった。

過去に何度も書いたことだけど、魚のアタリと言うものは概ね「魚が引っ張った時」に出るものだ。

 

しかし魚たちはいつも引っ張ってくれるとは限らない。

特に魚種によってはその位置で咥えたままモグモグ食べるのが普通の魚が居る。カワハギやフグが代表的だ。

だからカワハギ竿と言うのものは極端な作りになっていて、ティップの揺れでアタリを感知できるように作ってある。チヌの団子釣りで使われる「イカダ竿」もこの部類に入るが、これらの竿はもとも「反響の感度」に頼っていない。アタリを見て取るように作られている。

 

 

 

ではメバルやアジはどうなのだろう?と考えてみる。いや、考えるまでも無く、何度も経験したし、その様をつぶさに観察した事もある。

活性が高い時や餌の奪い合いをするような条件下では、餌を咥えたまま大抵反転するので「コツン」と言うアタリが手元に伝わる。

しかしそうでない時は正にカワハギと同じようにその場でモグモグやるし、しっかり観察できた時などは25cmクラスのメバルが餌を吸った直後、約1秒の「間」でそのままの姿勢で吐き出していた・・・。

 

そう。アジやメバルはその場でホバリングすることが出来る。

メバルは食った餌に違和感を感じてすぐに吐き出す場面は少ないが、それでも藻エビを使った舟の胴付き釣りで何度も経験したが、アワセが遅れて餌を取られたり、いつの間にかエビが噛まれていて死んでいたりした。

アジはアジでボトムの餌(小さな甲殻類)を食う場合、砂ごと吸い込んでは餌だけを吐き出す習性を持っている。

 

 

 

これらの難しい場面を攻略するためにストレンジを作ったわけだが、この性能を100%引き出すためには幾つかのセッティングも必要だ。

もちろん普通に使っても通常の引っ張り系高感度ロッドより「抜けあたり」に関しては遥かにアタリは取りやすいのだが、ラインの選択とそれぞれのラインの性質に見合ったリグのバランスを考えないとベストは得られない。

 

ストレンジユーザーの方にはキチンと理解していただきたいのだが、ストレンジはその難しい場面に際し「フロロカーボンライン」を使用することを前提に設計してある。PEラインを使用する際にはリグや適正ウエイトや釣り方そのものがが全く違ってくる。フロロラインの「重さ」を利用するためのティップなのだから・・・。

 

ジグヘッド単体にしろスプリットリグにしろトータル3g以下のリグで、アタリを取る時はリールのハンドルを巻かず、ティップで聞きに行くような延べ竿を使った「探り釣りの要領」で「吸い込み」をいち早く感知するためのロッドなのだ。

 

 

 

 

そして我々メバラーやアジンガーの主戦場はナイトゲームだ。

特にアジは大型になるほど反転せずに吸っては吐くを繰り返す。最もベイトによってはすぐに反転したり、ひったくったりもするが・・・。

いずれにしても「居食い」「抜け当たり」を的確に捉えようとすると、ティップに掛かっているわずかなテンションが「フッ」と抜ける瞬間を捉えないといけない。

先々月釣友ライド君と40アジを釣りに行った折に、改めてまざまざと確信した。

本当にわずかにフッキングが遅れたがために40の上顎にヒットせず、口切れでのバラシが三分の一もあった。

 

感知が遅れているのだ。

理由ははっきりしている。

その日のアジは30cm前後の通常であれば「良型のアジ」は難なく普通にアタリが取れるし、中層でリトリーブしたり、ボトムでドリフトさせても食ってくれた。

 

しかしブレイク沿いを回遊する40サイズのメガアジはそうは行かない。

リグをボトムに置いたまま、ワームをゆらゆらさせている時しか口を使ってくれないのだ。まあそのポイントのメガアジの常なのだが、コレを感知できない限りバラシはおろかフッキングに持ち込む事すら困難だ。

恐らく何も言わずに未経験者に釣らせたら「居ないね・・・」と言う事で終わらせてしまう状況だ。

 

 

そして感知が遅れたもう一つの理由は「タックルバランス」だった。

ストレンジ開発の際に合わせていたリールはステラ2500番(230g)だ。

それが当日はイグジスト2004(180g)を使ったので適正バランスにならず、手元が軽すぎて抜けアタリを感知するのが遅れてしまい、フックが口の脇に入ったりジグヘッドを深く飲まれて口切れやラインブレイクに繋がってしまった。

 

 

 

曰く、リールはいつでも軽ければ良いってものでもない。

もちろん軽いリールはエギングなど一日中しゃくるような釣りには非常に楽だし、ロングロッドを使用する場合はやはり軽い方がアドバンテージがあるからエレクトロや83ディープを使う場合は感度も含め、やはりイグジストのような軽いリールが快適だ。

しかし、ショートロッドに限り、またストレンジに限り、ある程度重い方が前述したようなシチュエーションで大きな差が付いてしまう。

 

 

 

 

で、ストレンジ用に適切なリールを物色してみた。

↓コレだ。

ブラディア 005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイワのブラディア2506だ。

「実釣果を最優先とし、過剰な虚飾や無駄を排除」

って所にも惹かれたが、何よりその重さがしっくり来た。

メタルボディ特有のがっしりとした重量感だ。

2004が250g、2506が280gだが、2506にした理由は重量ではなく、メガアジ用のリール選択で、ともすれば水深30mのスーパーディープを撃つ事も考慮に入れてフロロの4〜5ポンドをある程度の量巻くために選択した。

 

 

 

 

 

コレに?フロロ4ポンド(0.8号)を巻き、ストレンジにセットしてみた。

ブラディア 015

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虚飾の無いマットブラックはストレンジにピッタリだ。

 

 

 

 

 

 

でバランスを見てみる。

ブラディア 021

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはイグジスト2004(180g)をセットし、水平にやじろべえ状態で支点の位置を見る。2506も190gしかないのでほとんど差は出ない。

 

 

ブラディア 022

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はブラディア2506(280g)をセットして支点の位置を見る。

もう一度上の画像の支点の位置と比べてみて欲しい。

重いリールを着けると1cm以上も支点が後方(リール側)に移るのだ。

ちなみにステラ2500番(230g)をセットするとこの中間くらいに支点が来る。

 

 

これ、手元1cmの支点の差ははティップ側に与える影響は恐ろしく大きい。

実際に持ち比べてみるとティップ側が遥かに軽く感じる。

ここが大事。

 

 

ロッドはその重量云々より、ロッド全体のバランスがどうかの方が遥かに重要。

特にストレンジのように特化されたロッドでは、リールとの相性は想像以上に釣果を左右すると言うことだ。

いぜん横浜の釣友であるエビさんとKOMONOさんがストレンジにそれぞれ違うリールをセットしており、エビさんの方が重いリールをセットされていた。

それを借りたKOMONOさんが余りに感度に差があることに驚愕されたことを思い出してしまった・・・。

 

 

 

 

そしてさらにベストを求める場合「グリップ位置」も重要になってくる。

握る位置で支点が変わるからだ。

 

ストレンジ×ブラディア2506のバランスで、↓グリップ位置をこうするのがベスト。

ブラディア 017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リールフットを小指と薬指で挟む。

中指と薬指で挟む方が多いが、ケースバイケースで握り分けるのがベストだ。

 

 

 

結論として、このバランスでリグを沈めて集中し、元来水平にバランスされているロッドをリグの重さで微妙にティップ側に負荷が掛かるように持って待つ・・・。

そしてアジが吸ったり咥えたりする時に、その負荷が僅かに増えたり僅かに抜けたりと言う変化をいち早く感知できると言うわけだ。

 

コレがストレンジフィッシングであり、スーパーフィネスフィッシングの妙味であり、楽しみでもあるわけだ。