満月のせいかどうかは解らないが、押し並べて満月の日のアジングは良い釣りになった記憶がない。

メバルの場合も、堤防の常夜灯による集魚効果が薄れるのは間違いないところだろうな・・・。







と、前振りしておいて、久しぶりにメバル釣行での大貧果を味わった。
水温がまだ高いのだろうな・・・。








今回はシミーちゃんとお出かけ。
来月初旬のメバル取材のためのプラクティスだ。
6














で、途中でライド君辻君組と合流するためにしばし時間待ち。  お迎え到着^^。
5__
釣友って本当にありがたいね。
だから、こちらへ来た時に精一杯の歓待をしたくなる^^








この時点ではお天気も良く、風も爽やかで期待感に満ちていたのだけどね^^;
DSCF0105



それがまあ、魚が居ないこと居ないこと・・・。
満月が煌々と海面を照らして風景的には抜群なのだけど^^;
41
もう一眼を出す気にもなれず、撮影はすべてアイフォン(笑)
ノンストロボでシャッタースピードの速いアイフォンでは画質はこれが限界ね^^;

雰囲気だけは味わえるでしょ?(笑)




で、数時間メバルを狙い続けたけどおチビが5匹で釣れ方も参考にならないし、接岸の状況も読めない有様。
仕方がないし、朝までたっぷり残った時間を消化するために湾奥へ小物釣りに。

実はこう言う釣りが昔から一番好きで得意。
なんたって述べ竿で探り歩いていたからね^^
結果が出るのよ。




ほら(笑)
32

まあアレだね。
場所的にシーズンインにバラつきはあるけど、相対的にまだ始まってないね。
もうチョイでしょ。












ところで、ウルトラフィネスライン(強力に対して線径の細い糸と言う意)について一言。
と言うより、細糸を使ったことのない方へアドバイスです。

この注意事項は13のラインだからと言う事ではなく、サンラインでも東レでもクレハでもティクトでもどこでも共通だと思います。

参考にしてください。






■アンダー0.1?ライン注意事項

1.ラインを持って魚をぶら下げない
(これをやると暴れたら切れます。0.09?ですので)


2.ジグヘッドとのノットに気を使う
(十分唾で湿らせて、ゆっくり絞めこんで下さい。編み付けの際にラインが被らないように気を配ったり、締めすぎないようにします。)


3.2〜3匹釣ったら結び変える
(手返しを上げるなら0.6号〜1号リーダーを10〜20?)


4.ガイド絡みやリール絡みしたら躊躇なくその部分を捨てる
(0.09?ですから、引っ張ってカールしたりキンクしたり、リールのパーツに挟まったりしたら極端に弱くなります)


5.ライン強度なりのドラグ設定にする
(この辺は釣れる魚の種類にもよりますが、アジなら20?〜25?大で、合わせでジリっと一回出るくらいにしておけばラインに負担がかかりません。ですが、フロロカーボンの1.7ポンドですから、ジージー言わせっぱなしにする必要は無いです)


6.想定外のサイズや他魚が釣れる場所ではランディングネットが必携!



7.練習ならともかく、活性が高く不必要時にウルトラフィネスラインを使わない。
(正直な意見です。釣りは現場合わせが命題ですし、必要性をキチンと捉えないとせっかくのスーパーラインが意味の無い物になってしまいます)











以上、ライトリグフィッシングをより深く楽しむために参考にしてください。