トップページの一番上にメールボックスを設けてから沢山の方達からお便りをいただくようになった。

本来の目的は「keepcastingをご覧の皆様へ」へ書いてある通りなのだが、ソチラのお便りは一通も届いた事は無く(笑)嬉しい誤算で、技術や道具や魚の習性等に関するご質問が一気に増えた。

遠慮気味に書いて来られ、わずかな文字数にも関わらず「長文ですみません」とか「度々の質問ですみません」とおことわりされる方も居られるが、なに、これこそが僕のライフワーク、僕の本分。

テスターやメディアアングラーになる以前から僕自身は「瀬戸内釣り文化伝道師」を自認してるわけであって、釣りが好きで、釣り人が好きなおせっかい焼きなだけ。






なので、こういったお便りは嬉しい限りです。

日記内のレスでは聞き辛いけど「メールだからこそ突っ込んだ質問が出来る」という事が、僕の方も「本気でお答え出来る」という喜びに繋がっているわけです。

いつでもご遠慮無くどうぞ(^^) 体と時間の許す限り頑張りますよ(笑)








と言う事で、幾つかのQ & Aを披露しますので読んで見てください。

もちろん僕はメーカーテスターでも有るわけなので、業界的に表に出しにくいアンサーは文中割愛させて頂きました。

実は立場的にこの辺がうっとおしいのだけど、メールなら純粋に釣り人としての感想や評価を言えるのでストレス発散にもなってます(爆)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ゴッドブレスさん

Q1
レオンさんこんばんは。
愛媛の今治からの投稿です。

質問なのですが、初春から初夏にかけてのアフターのメバルは、どうにか数も形も釣れますが、初秋から冬にかけての釣りは、どうも釣れません。

産卵で、シブい事はわかっていますが、それでも釣れません。



初秋から冬の釣り方は、初春から初夏の釣りと、場所は全然違いますか?
初春から初夏は浅い平磯や、岸から離れた冲堤防などで釣りをしています。

どちらも潮は良く効いています。藻はあまりありません。


どの様な場所をどの様な心構えで狙ったら良いのでしょうか?お願いします。





A1
地域性が強い魚でも有りますから大変難しい質問です(笑)

でも、まあ、瀬戸内限定でお話しするならば、ベイトによる行動基準と産卵行動の二点がキーワードになりますね。

で、大まかな特徴としては晩秋から初冬に掛けてのシーズン初期には、メバリングのポイントに代表的な、いわゆる「常夜灯周り」と言うのは基本的にあまり機能しません。

これは産卵行動と言うより、明かりに群れるベイトが季節的に少ないせいです。

ですから地域性があると申し上げました。
地域によっては晩秋でも常夜灯周りが良い事も有ります。

それともう一つは産卵行動ですが、基本的に11月〜1月の産卵期はメバルはまずディープからシャローを目指して上がってくるわけですが、バスなどと違って「物」に添いながら上がってくるのでは無く、潮流に乗りながら産卵前の荒食いを始めます。


したがってこの時期は海峡のど真ん中の表層で日中に入れ食ったりします。



そして産卵が近づけば産卵床の近くで一日を過ごします。
おおむね、カジメやホンダワラやガラモの群生地帯を好み、藻の中のエビなどを食ったり、近くを通る小魚を狙います。

 だから僕はこの時期は基本的に夜はあまりやりません。
デイゲーム主体で海峡の本流を狙ったり、ウイードの密集地体を狙います。





お勧めリグは圧倒的にブリーデンめばるIngカブラですd(^_^o)





そして産卵を終えたら一時期藻のそばでじっと体力の回復を待ち、その後(1月〜2月)は水深のあるボトムで足の遅い食べやすい餌を食べるのです。

ですのでこの時期は「巻く釣り」ではほとんど好結果は出ません。
BーVibのリフトandフォール&ロングステイや、ボトムワインドのロングステイが有利となります。





Q2
ご多忙だと思いますが、回答ありがとうございました。

藻の際などを攻めるから、日中なのですね。
僕も今まで日中で釣る事もありました。

流れが当たるウィードエリアを狙ってみます。
流れの強さなどは関係ありますか?

こちらは、しまなみ海道周辺の島と島の間などは激流ですし、ゆっくりしか流れない所もあります。

日中でも流れの表層でメガに近いサイズは喰ってきますか?
どうも先入観から、夜にデカイのが釣れそうなので、夜によく釣行してしまいます。




それと、巻かない釣りなんですけど、あまり流れのないエリアでは、ピンスポットを探すために、初めは巻く釣りで探しますよね?






A2
基本は夜行性です。
ですが、晩秋にはデイで釣りやすい場面が多々あると思って下さい。

朝まずめ のフィーディングタイムが一番でしょうね。
日中でも20センチ後半台は結構釣れますよ。


尺は出た事は無いですがね。


デイで尺が釣れるパターンはイワシが磯へ大量に接岸した時などに起きてますが、僕は残念ながら遭遇してません。

スクーバで30mまでの海底を観察した事が何度かありますが、デカイやつほど岩のしたの暗い所でじっとしてましたね。


日中は基本的に巻く釣りやリアクションの釣りが有効です。
巻かない釣りと言うのは、夜、明かりやストラクチャーなどのキーワードにタイトに着いている場合に特に有効なのです。

ピンスポットが読めれば巻く必要は全く無いと言うのが巻かない釣りの真髄なのです。







kaitoさん


Q1
ラインについて聞きたいのですが、レオンさんはPE0.6(8lb)なら最高何gぐらいまでのルアーを使いますか??

鯖の40cmやワカシの30〜40cmが釣りをしていてたまに回ってくるので狙おうと思いまして・・・。

PE0.6じゃ厳しいですかね?(汗)
いつもはPE0.8で狙っているんですが、飛距離を少しでも出したいので0.6を検討中です(汗)



因みにリールはセルテートフィネスカスタムです。
すいませんが、やったことが無くて不安なので、レオンさんの意見を宜しくお願いします(汗)





A1
ロッドとキャストの方法によりけりですが、ロングロッドで垂らし投げ(エギング投げ・サーフ投げ)をすればPE05で40gでもフルキャスト出来ますよ!

これは普通のルアーキャスト(ロッドを正面に構え、面を打つように一瞬に振り切る)では無理です。

垂らしを取り(1m〜2m)水平にしたロッドをいったん真後ろにユックリ振り、リグがはずみで際遠点まで行ったところでロッドの弾力を生かして真上から振り下ろします。



僕は93PEスペシャル×PE0.5号×30gメタルジグを130mキャストします(爆)



ちなみに僕が使っているPEはヨツアミのサーフキャスティング(投げ釣り)用で細いのですよ。

それからこう言う釣り(30g以上)の場合は、2~3号リーダーをキャスト用の「力糸」として長く取るのが無難ですね。

僕の場合はFGノットで竿より長くとってます。
慣れてくれば逆にリーダーを矢引と短くし、ライントラブルの少ないシステムにしたほうが良いでしょう。






ともあきさん


Q1
初めまして。こんにちは。
当方、LEON様の大ファンでしてフログにDVDによく拝見させて頂いております。

この度、数年越しの念願叶いましてGRFの74レングスを購入できる事になりました。

74と言えば言わずもがな、TR74エレクトロを迷わず行きたいところなのですが私の生活環境では1&グリップ仕様では厳しいシーンが多々ありまして頭を抱えております。


2ピース化されたTX74Mも視野に入れてみたのですが携帯では情報収集に限界があり恥ずかしながらエレクトロとの『細かな違い』が全く判らない状況にあります。


TRシリーズの生みの親で在られるLEON様にこのような事をお伺いするのは大変恐縮ですが どうか、その『違い』についてご教授頂けないかと思い、この度ご連絡させて頂きました。




気分を害されましたら申し訳ございませんm(__)m どうか宜しくお願い致しますm(__)m 失礼します。






A1
了解です。

TX74Mもかなり良いロッドで、今流行りの硬めの薄作りではなく、バーサタイルに使えるオールマイティな感じですね。

感度も一定以上良いですし、メバルロッドの歴史の中では最初に登場した本物(僕の評価で)メバル専用ロッドです(白竿の頃からで、僕がブリーデンに参加する以前に惚れた竿で、現在のものはそれにマイクロガイドを搭載して感度やバランスがはるかに良くなってます。



ただ、僕はライトゲームの究極の先にあるのは「繊細」だと思ってますので、僅かなラインの揺れや、居食いや、抜けの当たりを捉える事の出来るシリーズとしてエレクトロと、さらに繊細を極めたストレンジをプロデュースしました。

そしてこれらの性能は2ピースでは『ほぼ』実現不可能なのです。
どうしても継ぎ目でアクションにギャップ(曲がらない)が生まれますし、トータルの強度も弱くなります。




1Pは携帯性がどうしても取りざたされますが、例えば電車移動でも僕はケースに入れて新幹線や在来線に取材時やロケ時に持ち込んでますけど、慣れてしまえばなんてことは無いです(笑)

もう一つは車載の問題ですが、これもやる人は軽乗用車にさえ積まれて居ます。

グリップを外し、後部座席側からフロントグラス方向へティップを向けて入れ、フロントグラスのアールに添わせて積み込めば入りますし、ティップがガラス面に湾曲して入って居る状態は、カチャカチャ暴れるよりかえって安心なのです。





僕はランクルですが、この方法をよく取ります。
例えば93PEスペシャルを接続したまま天井のホルダーに吊るしますが、いくらランクルでも天井寸法より竿のほうが長いです(笑)

そこで、前述したようにティップパートはフロントグラスのアールへ添わせて差し込み、曲げたままホルダーに吊るしてますよd(^_^o)




エレクトロやストレンジを買い控えなさって居る方の多くに車載の問題で諦めて居る方が居られるのですが、積んで居る方で破損をした話はまだ聞いた事が有りません。


一方、2Pだから安心して座席の上に置いたり、リアゲートやラゲッジに適当において、ドアを閉めた際にロッドが当たって破損した事故のほうが多い位です。
1Pと言っても、グリップを抜いたら人の身長位しか無いわけです。
恐れる事は有りませんよ(^^)







Q2
今朝のエレクトロの件で質問させて頂いた者です。

今、釣り具屋さんにエレクトロとTX74Mを見にきてるのですがルアーウエイトがエレクトロの〜5gに対してTX74Mは〜2(4)gという書き方になっているのはどのような意味合いがあるのでしょうか??

それとティップがエレクトロの方が遥かに細いのに背負えるウエイトが高いのも気になっております。

当方、プラッキングもやりまして今まで6gとかのプラグもキャストしていたのですが二本共6g〜は厳しいでしょうから83Deepの方が向いてますかね??




お忙しい中、質問責めしてしまい申し訳ございませんがどうか宜しくお願い致します(>_<) 失礼します。






A2
お察しの通り、エレクトロの方がティップは細いです。

しかしエレクトロのバットはバスロッドのライトよりも強く、ミディアムヘビークラスの強さが有ります。

その上でテーパーもTXよりスロー(と言うか、ファーストテーパーでは無いです)ですし、ワンピースならではの粘りですから、背負えるウェイトも広がるわけです。



エレクトロなら6gのプラグのキャストは許容範囲でしょう。

僕はエギマル2.5寸シャロー(8.3g)で秋イカ釣ってましたからねd(^_^o)

50センチのマゴチを抜いた事も有ります(笑)




ただし、竿は推奨ウェイトを超えるルアーを投げる場合は垂らしを長くとって、竿全体を曲げるような投げ方を工夫してくださいね。