IMG_0226





































過去ログをチェックしていてふと思いついたので加筆してリアップします。
見て頂きたいのは動画の後半、ナイトでのハードルアーによるソイゲームのシーンですが、良く皆さんに質問される「ミニマルやBeバイブは根掛かりが怖くてボトムを積極的に攻める事が出来ません」に対しての答えの一つがココにあります。

キモはリーリングで底を引きずらない事。トレブルフックで底をズルズルやったのでは流石に引っかかってしまいます。僕がボトム攻めで常にやっているのはロッドワークによるリフト&フォールです。腕を伸ばしてロッドを突き出した状態でラインスラッグを軽く取り(この軽くも重要です)ロッドでルアーをフワッと持ち上げてのテンションフォール。こうすればボトムの起伏も把握しながら探って来れます。

そしてロッドでルアーウエイトを常に把握しながらやっているわけですから、ルアーがボトムタッチした瞬間が明確に分かりますので、そこで1cmたりとも引きずらずにまたロッドでフワッと持ち上げてやる。こうすれば仮にフックポイントがスタックしかかってもティップのバウンドで簡単に外す事が出来るのです。コレをロッドを下げた状態でリーリングでやるとフックポイントが瞬間に障害物に深く刺さり、本格的な根掛かりになってしまうわけです。


それから最後にメタルマルの話。
「スピンテールだから」というイメージがつよいせいか、ボトムで根魚を狙う場合でもリーリングで釣る方が多いのですが、僕はカサゴやソイやチヌを釣る場合でも動画内のBeバイブの操作とまったく同じ方法で釣ります。また砂地などでははボトムでぺったんぺったんと極ショートストロークのリフト&フォールも多用します。固定観念を解いてトライしてみて下さい。倍釣れるようになりますぞ^^



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


引き続き過去放映された動画の連結編集です。
僕自身の整理の意味合いもありますのでご容赦ください^^;


この動画で着目していただきたいのは二箇所。
ひとつはワーミングからメタルジグの釣りへ変化させたアジングの部分。

このメソッドは実はJHでも有効です。
ただ巻きではヒット効率の悪いアジもシェイキングしながらですと簡単にスイッチが入ることが良くありますのお試しを!


次は河川内でのミニマル及びビーバイブによるソイゲームですが、 決して無理矢理サポートブランドのハードルアーにこだわったわけではありません。

あくまで釣りの効率を求めた結果、 ボトム付近はBeバイブ、表層直下ではミニマルの方がワーミングを遥かに勝ったからです。

着目点はロッドワーク。
Beバイブをリーリングでボトムトレーするのではなく、ロッドでサビくようにして釣ってます。
ハードボトムで起伏が激しい場所では必須のテクニックです。
ボトムへコンタクトしたらロッドであおって回避させ、横へ引く・・・。

あおりが ブルルっというバイブレーションのアピールとなり、サビキで食わせに持ち込みます。
コレを起伏に合わせてやれば滅多に根掛かりすることは無いですよ!^^