一昨年から密かに40アジを狙っていた山口エリアのポイントでとうとう出すことが出来た。

今回はDr.Tと二人だけでみっちりシッポリと取り組んだのだが、それが功を奏し、このポイントのタイミングやメソッドの要諦など、片鱗しか見えていなかったのがようやくまともな形になった。


ひとつはベイトだ。
持ち帰った40の胃袋の中にはほとんど消化されてはいたが、多毛類しか入って居なかった。

コレを見て、後で述べるが、「喰い方」 が異質な理由が分かった気がする。
30センチ前後の群れとは明らかにメソッドを変えないと釣れない理由は、おおむねベイトに起因する事をが形として見えたのだった。





「その場所でいつも安定して確保できる餌」





メバルにしろアジにしろ、ポイントによって使用するルアーやメソッドをきっちり合わせないと釣れない理由は、やはりこれだ。


「デカイやつほど食う餌が特定されていて、固執するからこそ良い餌場を持ち、結果的に大きくなる」


ということなのかもしれない。


yumihamati 013
(写真は夜が明けての撮影で、釣行地と関係ないので悪しからず)


思い返せば過去の40もパターンは二つ。

一つはイワシなどの小魚に固執しているパターンで、アミやその他にはわき目も振らず小魚を追い回しており、釣れたメソッドはメタルジグやミニマルなどでの高速ジャーク。

もう一つはボトムの底性餌を喰っているパターンで、釣るのはこちらの方がはるかに厄介だ。

すでに釣り禁止になってしまったが、愛媛で見つけた40ポイントがこれだった。
通常のアジングメソッドではせいぜい33cm止まりで、アベレージは26cmというところ。
実際、過日地元アングラー?が「尺が釣れた」と見せてくれた釣果は最大が32cmで20匹ほどクーラーに入ってた。


ところが、すでにそこの大型のキモが分かっている我々が、探るコースも含めてやることをキッチリやればちゃんと40は居た。傍目にはきっと同じことをやっているようにしか映らなかったろうが、実は全然違う。




俺にしてもこのポイントの癖が分かるまではやはり似たような釣果だった。

そしてパターンと「ピン」が理解できてからはキッチリと40が釣れるようになった





というわけで最初の話に戻るが、地元広島や山口で40を取りたいとかねがね思っていたのが、結局愛媛での経験が大きく生きることになる。

やはり要諦は山口でも同じだった。
40の侵入コースとレンジは決まっている。ほぼピンポイントだ。


そしてこれをストライクに持ち込むためにはタックルバランスが何より重要。
今回は自身このことを如実に味わされた。

今回のタックルはDr,Tが68ストレンジにブリーデンフィネスフロロ0.5号。
俺が74エレクトロにブリーデンフィネスフロロ0.6号。





このタックルセッティングとリグウエイトを含めたメソッドが大きく明暗を分けた・・・。





DTが1gJH(ヤイリ)単体+サンドワーム。
俺が1.8gJH(たけちゃん)単体+ミノーインチ。

で、DTはのっけから尺アップをポンポンと掛ける。
と言っても向かい風+当て潮で恐ろしく難しいのだが・・・。


まず俺の方にはアタリすら無い。
パターンに気づいてからはJHを1.2gたけちゃんに替え、釣れているレンジに流し込み、ようやくアタリを得るが恐ろしいショートバイトでフックアップに持ち込めない。

そこでワームをサンドワームに交換するとようやくフッキングに成功してキャッチすると楽勝の尺アップ。
40狙いなので測ってはいないが34cmというところだろうか。

検証のためにすぐに1.8gに結び変えてサンドワームをセットしてみるがやはりアタリが得られない。
どうやらフォールスピードが早すぎると反応しないらしく、1gに結び変えるとすぐに釣れる。

これなんだよ。
アジって、簡単なときは何をキャストしても釣れるが、ひとたび難しいパターンに入ると並大抵のことでは釣れない難しい側面を見せる魚なんだよ。





なによりロッドの性格が大きく関与してくる。

パターンが分かってからもエレクトロでは食わせに持ち込むのが一苦労。
△砲盻颪い討いように愛媛の40も全く同じで、弾性トン数の高いハードソリッドパッツン系のロッドや83ディープや85PEspecialのようなパワーチューブラーでは全く感知出来ない種類のバイトの出方なのだ。

ティップ径を含むパワークラスを変えただけで、テイストとアクションは同じエレクトロですら捉える事のできない「ラインの揺れ」程度のバイト信号なのだから始末が悪い。
反響系ONの信号に特化した高弾性では逆に捉えにくいのがOFFの信号である証左なのだ。




そしてアジの居場所が変わってからドラマは起きた。

それまでの堤防外側から潮が上がったために、内側にポイントが出来たはずと読んで二人で内側を攻めていたら待望のギガアジのアタリが出た。

むろんDTもすぐにはフックアップできない。
気配程度の信号ですぐにワームを吐き出す。


「うわっ、ミスった、アタリだった!」


何度かDTの悔しそうな声が響く。




内側にはレギュラーサイズは居なくて、コツンと言うような明確なONの反響バイトはゼロ。
ひたすらフッと揺れるようなOFFの非反響系のアタリに集中するが、風が強くエレクトロでは神経がすり減るような集中が必要で、つくづくストレンジを置いてきたのが悔やまれた。



「良し、いった!これはデカイ!レベルが違うっ!」



DTの声で振り向くとストレンジが大きな弧を描いてドラグがジリジリと滑っている。

出た。見事な40ギガアジだ。(地合いは短いと判断するので写真も撮らず)
そして直後にはさらにデカイ奴を掛けたが、無常にもラインブレイク・・・。

まったく、メバルにしろアジにしろ、こういう繊細なOFFのアタリしか出ない状況でそれを捉えるためにアクションやティップ径や弾性にこだわったストレンジだが、これほど差をつけられるとつくづく呆れてしまう(笑)






ギガアジの地合いだ。恐らくは1時間程度で終わる。
そこで俺はエレクトロで当たりを出すべく、サンドワームを外して今回一定の確信をもって持ち込んだニューワームに差し替える。

【パワーベイトパルスワーム3インチファクトリーチューン】
berkley_powerbait_pulseworm324_main_l_img

サンドワームよりはるかに太いが、深いリブとカーリーテールが必ずギガアジを刺激してくれるはずだし、ボリュームが有るがために吐き出しも遅くてバイトが出やすいとの判断だ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一応書いておくが、メソッドはボトムベッタリでの動かさない釣り(巻かない釣り)。
普通にリフト&フォールさせたのでは愛媛でもココでも全く喰わない。

潮流を利用したり、あるいはティップでゆっくり移動させたりと、激スローな釣りなのだ。
メバリングではこの釣り方は牡蠣打ち場の牡蠣ガラの堆積場で似たようなパターンになる。
恐らくは泥底や牡蠣ガラから出る「多毛類」を喰っているときの特徴なのだろう・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



そしてコレが見事に功を奏した。
先にDTが釣ったアジと1〜2mmの差の40アジだ。



先日、かめや釣り具下松店でのセミナーに訪れた方たちへ、はからずも山口エリアでの40アジの可能性を語ったばかりだったから、自ら1ヶ月も経たないうちに証明できたのが何より嬉しかったし、その際に「アジングロッドとは」ということも同時に話をした(なかなか理解してもらえる性質のものではないが・・)ので、まさしくダブルで公約を果たしたような素晴らしい釣行となった。


b

尺アジが小さく見えるから全く中毒になってしまう^^;
ちなみにDTは0.5号で写真3番目の大きさ(多分37cm)まではすべて抜き上げしたが、さすがに40はネットで掬った。













オマケはマゴチ。
yumihamati 023


ようやくの思いで40をキャッチしたあと、試しに尺ヘッドD5gにパルスワームでボトムワインドをかましていたらドスンと来たのが55のマゴチ(笑)

釣りもので全くメソッドが違うことの証明だね。

しかしアジは本当に強い。
ちなみに40アジはこの55マゴチより遥かに強く、ラインブレイクの心配でハラハラさせられた。




さらにちなみに、夜が明けてから青物が釣りたいとのDTの依頼でチョロっとボートを出したら、俺のマゴチを羨ましがって居たDTがメタルマルで同寸のマゴチ(上記写真)をゲット(俺は鯛をゲット)。







激荒れで1時間で終了のオフショアだったが、ったく執念深い奴だわ〜DTは(爆)