またバークレイからヤバいワームが出てきた。
その名もGulp!ムシエサワーム(笑)



早速各色送ってもらう。
IMG_1924 











うーん細い!^^;
IMG_0035_2





接写撮影だから細さが伝わらないと思うが^^;

ちなみに昨年から激渋用(超ショートバイト)として時折使っていた最終兵器が一番上のエコギアアクア活アジ。コンパクトでシルエットが細く、通常サイズのワームでは弾き気味の際でもしっかりと口の中へ入ってくれるので重宝していたのだが、それよりさらに細い(笑)


実際にフックに刺してみる。
IMG_0037_2




ジグヘッドたけちゃん0.9gの12番フックがギリギリの細さ。
アジでもメバルでも僕の使用頻度ナンバーワンの1inミノーは小さくても小魚シルエット。ターゲットがボトムで虫餌をつついている時にはやはり弾かれ気味になるが、これがあれば多分一撃だろうな・・・。






ってことでちょいと行ってみましたよ^^
IMG_9163









いつも行くメガアジ激ムズポイントに行きたかったのだけど、やらなければならない他の検証もあったので別場所へ行き、ムシエサワームのポテンシャル見るべくあえてデイで見え豆アジを狙ってみた。


結果は如実。
実に上手い事にこの日のデイの状況は1inミノーでは5バイトで1キャッチくらいの効率。
で、ここへムシエサワームを放り込むと、ワンキャストワンヒットですべてファーストバイトでフッキングできる。
IMG_9166









流れがあれば豆アジの活性も高く釣りやすいのだが、ココは潮の流れのほとんど無い場所なので釣るのが非常に難しいポイント。

メソッドとしては風があるので、風に乗せてナチュラルにゆるやかにドリフとしながらフォールするウエイト(たけちゃん1.2g)をチョイス。13フィネスフロロ0.3号(久しぶりだ)を軽く吹いている横風を利用してあえて風に当ててラインに風をはらませてテンションフォールでウインドドリフさせると、ゆっくり沈みながら流れるラインが止まったとき・・・がバイト(笑)

次から次に釣れる。
ガルプ特有のフォーミュラ効果も手伝ってしっかりとワームを咥え込んでいるので、パシッと合わせる必要も何もなくそのままゆっくりスイープにストロークで魚のウエイトを乗せやればフックは深く刺さる。



(ちなみに使っているタックルはTE68にイグジスト2004。コツンとこなくてもラインテンションの変化でアタリが取れるところはやはりストレンジ譲り。PEやポリエステルを合わせる釣り方もアリなのだけど、ストレンジやユーズマウスの基本はフロロカーボンラインの重さを利用して反響感度以外の変化まで捉えるように作ってある。それがフィネス専用ロッドが本来持つべき能力だと思う。)





IMG_9168











最近、巷では豆アジングが流行の兆しを見せているらしい。
ロッドやフックも各社から豆アジ専用品が出るらしいが、ワームはこれが筆頭格になる可能性は大きいな・・・。

拡大写真を見ると分かるが、ムシエサワームは5節にフシがあるので魚のサイズに合わせて切って使う事も可能だ。なにせ1節だけで使えばワカサギまで釣れるワームだから、これは豆アジ釣るなら最強だろう。しかしこうなるとジグヘッドも14番や16番の超細軸が欲しくなるな・・・。あ、多分1節セッティングで専用のフックで使えば多分サヨリもいけちゃうよコレ(笑)



だってこれだもの。
IMG_9170







たけちゃん12番フックでもこんなのまで釣れちゃうもの。
豆アジの口と比べても三分の一の大きさだよこの口(爆)


ワーミングサヨリ!
サヨリストの方、ぜひ試して下さいな^^






ともあれ、僕のこのワームに対する本当の興味は激渋メガアジにどれだけの対応力を見せてくれるかだ。

35センチも40センチもある大アジなのに、得意の尺ヘッドD+インチミノーでは弾かれ、サンドワームでのスローゲームではなぜかバイトが減り、結局冒頭の活アジが一番ヒットを呼び込んでくれた厄介で面白いポイントで試してみたい。