IMG_1871









僕はカサゴ釣りにミニマルをよく使う。だけど人はそれを見て「ミニマルで釣りたいから」「ミニマルを使わなければいけない立場だから」と思いがち…。

でもそれは大間違い。
理由は純粋に当たり前に「一番よく釣れる」から使っているだけ(笑)

ただ、ミニマルでは攻略しがたい水深や潮流があればまた話は別。
そうなれば当然水深や流速に負けないリグにする。 釣りなんだから当たり前の考え方なんだよね。 



ってことで、実は先々週末に関東出張のついでに横浜へ立ち寄り、いまやブリーデンフィールドスタッフの一員となったインチョーに遊んでもらう事に。



状況を尋ねるとカサゴが釣れ盛っていると。
小さ目のテキサスリグでいくらでも釣れると。
先週も友人と一緒に三桁くらい釣れたと…。

 


我が家を出る前にそれを聞いていたので、持って出たタックルは必要最小限 の2パッケージ。
IMG_1855
 


これと 


IMG_1854 




これで十分だろう。





釣場は横浜本牧辺りなので、水深も考慮してメインのルアーはBeバイブをイメージして多めに。ミニマルは水深が浅ければ投入するつもりで6個ほど。メタルマルはシーバス対応で13gを少々。で、何があっても良いようにシャクヘッド+シュラッグミノーを各ウエイト1パック。





 
もうね、話を端折るけど、現場へ着いて見たら完全にミニマルロケーション(笑)
一応Beバイブを入れて見たけど反応が悪いので5投ほどでミニマルに変えてから怒涛の連チャン劇。

同船したインチョーの若き友人はベイトタックルにライトテキサスで、本式ロックフィッシュ的なメソッドで釣る。当然過去の実績を踏まえてのタックルセレクトでも有りパターンメソッドでも有るからコンスタントに釣るのだけど、前回および前々回と比べると話にならないくらい渋いらしい。

そんな中、僕がプラグでポンポン釣るので目を丸くして見られてしまった(^◇^;)
IMG_1868




 


左側がその彼。
多分次回からはミニマルを使ってくれることでしょう(笑) 





で、インチョーなんだけどメバルをミニマルで釣るのはすでにお手の物だが、カサゴとなると本気で取り組んだことは無い。

僕の釣果を目にするとすかさずテキサスからミニマルに結び替え、同じようにポンポン釣り上げる。
二人でワームの3倍の勢いで釣るから「彼」の目はいっそうまん丸に(爆)

メソッドは居そうな場所へキャストし、ボトムへ一旦着けてからチョンチョンアクションの後は底立ちポーズでロングステイ。アタリはなるほど渋いらしく、テールフックをチョコっと咥える程度のショートバイトだからテキサスではミスフッキングになるわけだ。


IMG_1870





カサゴラッシュが少し収束気味になり、シーバスがミニマルを襲い始めたタイミングで終了。

今回はTE74のワンタックルのみ。Beバイブ中心のつもりだったのでPE0.5をドラグ強めでセットして行ったが、実に粘りとパワーのある頼もしいロッドだ。繊細なティップにも関わらず70超えのシーバスを難なく浮かせてくれた。


IMG_1880







 
シャローのただ巻きではメバルもお目見え。
IMG_1882

 

















ともあれ、ブログの写真や動画で観てもこのミニマルvsカサゴの劇釣ぶりは伝わらない。
そばで実際にやられるまでは、いわゆる「他所ら事(よそらごと)」に過ぎず、レオンさんだから、とか、広島だから、とか、離島だから、とか、さまざまに理由を付けてしまうのが大抵の感覚だろうと思う。

それは僕とて同じで、実体験を重ねるまではメバルとは性質の違う、本式の根魚であるカサゴが、プラグでも釣れるがワームより釣れるなどどとは思いもよらなかった。




しかし高浮力ウレタンソリッドボディのミニマルがその常識を覆して居たのを気づかなかっただけなのだ。
IMG_1883



 






短時間で70匹オーバーの釣果がそれを実証してくれた。
船長を含んでもわずかな人数とはいえ、地元仲間以外でミニマルカサゴの凄まじい実釣能力を初めて目の当たりにして貰えた貴重な釣行だった。


なにせ、カサゴだけ釣り行くこと自体まず無いからね。
しかもマイボートならぬわざわざシーバスチャーターボートで(爆)



しかしシーバス船の船長がこんなカサゴの巣窟を知っている事にもびっくり。
かなりの好き者船長だからこその夜だったかもだな。
大都会の大人の夜遊びに一科目増えたって事ですよ(笑)