40アジを求めて行った先が、20cmアジの猛攻のみ。
さして日記ネタになるような魚も釣れずに終了。

唯一 楽しめたのはコレ。
IMG_0025_2





























ひと時ジェイドやリッジのポンプリトリーブや、Beバイブのただ巻きで連発したこと。







しかしこの日は思わぬお土産が。
大きくは無いがサバがそこそこに釣れるのでシメ鯖用に数匹持ち帰った。


これね、自分で締めると想定外に美味しいのですよ。
刺身にする気も起きないようなサイズでも充分に美味しい。

なので今回はざっと調理法を^^



まずは三枚下しですが、ここは画像は割愛します。
ぬめりは包丁の背でとって皮は付けたままの三枚に下ろすのですが、水で洗うと美味しく無くなるのであえて洗いません。血なども付いたままです。

で、コレを塩を敷き詰めたパレットに置いて、さらにその上から塩を姿が見えなくなるほど掛けます。
IMG_0030_2



























サバの大きさにもよりますが、僕は大体30分ほど塩で締めます。




で、30分経ったら塩をはたき落し、ボウルにたっぷり入れた酢で洗います。
この時点で血や腹側の雑味を洗い落す訳です。
IMG_0032_2





























きれいに洗ったらパレットに酢を張って今度は酢で締める。
締める時間はお好みですが、僕は15分くらいで閉まりすぎない方が好き。
IMG_0033_2





























表面だけが白くなる程度。
IMG_0036_2





























皮側を見ると塩で水分が抜けて良く締まっているのが解ります。
IMG_0037_2































で、酢で締めた後に皮を剥いだり腹骨を削いだりするのです。
IMG_0038_2






























そうするとシメ鯖に見えないほど身が綺麗に
IMG_0039_2





























美味しそうでしょ?
IMG_0040_2



















































小サバでも充分良いツマミになりますです。
お試しアレ^^