IMG_0001
















例年花見の頃になるとメバルが本格的に釣れるようになるが、そんな中アジの調査を兼ねて山口エリアへ行ってきた。






すると、やはりだけどメバルの数がもの凄い。
これはもう釣れて当たり前の状態で何を投げても喰ってくる・・・。

アジ(と言っても居着きの小さいのではなく、尺クラスのを)の回遊を確認するためにひたすらボトムを神妙に探り続けるのだが、水深12mの場所にも関わらず、表層、中層、ボトムと何処を打っても小メバルの猛襲(笑)



そんな中とらさんと二人で尺ギリギリのサイズをなんとかかんとか二匹ずつゲット。
IMG_0004 








そしてもう一人の同行者りょう君にビッグヒットがあり、40を予感させるドラグ音が響いたが 正体はコイツ^^;
IMG_0023






























40ありましたわ(笑)





さらにりょう君のドラグが鳴る・・・。
IMG_0033




























そして俺のドラグも鳴る・・・。
IMG_0014
 






IMG_0035








ミニマルを投げるとどうしてもこんな事になってしまう(爆)







結局アジを5匹ほど釣った時点で断念してポイントを変え、本格的にメバルを狙ってみる。

釣れる。本当に良く釣れる・・・。

ジグ単で一投一匹際限なくヒットしてくる。
ポチャパクも何度も・・・。



しかし釣れて来るのは17〜20cm程度ばかり。
それでも今年の瀬戸内のメバルがイマイチだったので、久しぶりの釣れる釣りに二人は夢中になって次から次にメバルをヒットさせる。



なんとかサイズアップを図ろうと、メタルジグやメタルバイブやボトムワインドを繰り出していろいろやってみるが、やはりボトムでも同じサイズ・・・。




ならば、とこうじたのはプラグによるトップ及びサブサーフェイスの釣り。
ジグヘッドに喰って来る奴と食性の違う少しでも大型を獲ろうという作戦だ。
IMG_0032

























するとコレがドンピシャ!
SMITH JADEでトゥイッチ掛けてポーズで攻めると明らかに二周り大きいのが喰ってきた。

Rod:GRF-TE68
Reel:EXIST2004
Line:Breaden Finesse Fluoro 0.6









とらさんはあえてシンカーが脱落したミニマルトップで良型をゲット.
やるな〜(笑)
IMG_0030


























Rod:GRF-TE68
Reel:EXIST2004
Line:Breaden Finesse Fluoro 0.6

ここでピンときたね。

おチビ達は周囲にもの凄い数居たアミを喰っているが、少しサイズの良いのは明らかに違う餌を狙っている・・・。

釣れ方からして恐らくは小さい仔イカを喰っているのではなかろうかと・・・。






そこで俺は当日の手持ちトッププラグの中でも一番大きなモノを二種取り出して結ぶ。

まずはラッキークラフトのSAMMY85(クリアカラー)だ。
キャストして着水後二三回首を振らせてから潮に乗せて流すと、パシャッという補食音も無しにティップがくぅっと引き込まれてヒット。そして上がってきたのは25cm近いグッドサイズだった。

しかし、ここでもまだ何かが違う感じがわずかだが心の中にあり、サミーからPRADCO(HEDDON)社のZARA PUPPY(3in)に結び替え、ドリフトの釣りからデッドスローのリトリーブに切り替えると「やはり」でいきなりティップがひったくられて当日最大の26cmがヒットしてきた。
IMG_0008
















































Rod:GRF-TE74
Reel:EXIST2506
Line:YGKよつあみウルトラサーフPE0.5号


イカパターンなんだよコレ。

アミパターンの際のトップでは動かさずに流すだけの方が喰いが良いけど、イカの方は少し動かした方がさらに良い。その際にサミーのように水面を滑りやすいペンシルよりもザラのように水押しが強いヘッド形状の方がアピールが強いのだ。

要するに引き波を立てるの。

コレが一匹釣っただけでサミーからザラに結び替えた最大の理由。
おそらく、当日は持ってきてなかったけど同じHEDDONでもスイッシャーのTEENY TORPEDOのペラを外したペンシル改の方がさらに水押しが強くて良かったのではなかろうかと若干悔やまれた。






IMG_0038



これ。

右側がザラパピーで、左は上からタイニートーピード、ティニートーピードと、比較のために下にメバペンメバルを置いてみた。

アイの位置を見比べると良く分かるが、ザラやメバペンはペンシルなので顎の下にアイが有るけど、トーピードはスイッシャーだから正面にアイが有る。実はコレが俺の中のキモなのよ。正面アイのティニーのペラを外して腹部に板オモリを2g、尾部に1g、合計3gのシンカーを貼って仔イカの水押しを再現できるようにチューンしたもの。


浮力の高いトーピードだからこそシンカーが追加できるし、表面積が大きいから半沈みの状態にチューンすれば水押しも強い・・・。

IMG_0041


























これね、ザラはまだクリアーが入手できるけどトーピードのクリアーは廃盤なんだよね。
あるポイントに着くブルーの尺を釣るための俺の必殺お宝ルアーなんだけど一個しかないの^^;

ホント良いルアーが続々と無くなる。
皆が使わないからこうなっちゃうんだけどね。

もうアレだな。
こうなったら自分でデザインし直して作るしか無いか・・・。


 



ともあれ、釣果の差は歴然。

とらさんはメバリングには普通サイズのプラティ(tacklehouse)しか持ってないからそれを投げてたけど、実に良く釣れる。おそらくアミパターンのメバルをトップで釣るなら最強のペンシルだと、過去にさまざまなペンシルをメバルに使ってみて結論的にそう思う。

それくらい良く釣れるルアーだし、前回のアンソルロケでもアミパターンで使って大当たりのルアーだったな。

IMG_0034


































しかしそれでも同じポイントで何割かは仔イカを狙っているから、同条件下でもサイズでザラパピーに軍配が上がったのは実に面白い。

これこそザ・ルアーフィッシングって感じだった^^
IMG_0011
 





ザラパピーとトーピードとプラティの良いとこ取りのペンシル作るか!

(笑)

















おっと、りょう君のトロフィーを載せておかなくては。

これ。
夜が明けてからちょいとメタルマルゲーム。
IMG_0016



















































IMG_0017

マゴチポイントへ連れて行ったら見事ズドンと56を出してくれました^^
季節的にまだ早いと思ったけど、居たね〜♪