僕がバークレイで手がけた二作目のワーム『スライダーシャッド』の製品サンプルが今日届きました。

アクション、バランス出しに大変苦労をしましたが、いよいよ発売間近ということですね^^



IMG_9817






























真横
DSC00501

























上から
DSC00498


























腹側から
DSC00497



























なので、このワームの特性を少し書いておきます。

まず、勘違いして欲しくないのは『ワインド専用』では無いということ。
アジの吸い込みバイトも意識しましたので本格ワインド用としては柔らかすぎるのです。

もちろんワインドダートで使ってもなかなか良いのですが、メバルやアジはキビキビしたワインドに喰ってくるケースはそう多くありません。 そして大方のワインドワームはアジに不向きですが、スライダーシャッドはアジもかなり意識して作りましたので、昼間のリアクションゲームや小魚にスイッチが入った尺アジが狙える時などには超オススメです。


僕がテストの途中で強くイメージしたのは、実際のフィールドで得た『メバルもアジもスライドする動きに弱い』です。
したがって、このワームを使用する際はそこを意識してください。ダート系ジグヘッドでリトリーブの最中に軽いワンジャークやトゥイッチを入れたり、 フォールの最中にトゥイッチを入れるとヒラを打ちながら軽くスライドして弱った小魚を演出できるのです。




そしておすすめがコレ!
DSC00496
























テスト自体は尺ヘッドDで行ってたのですが、出来上がってみるとブリーデンのキラーダートが、どピッタシ(笑)



DSC00502







フック軸とゲイブ形状のせいでセットのしやすさに加え、シャンクが長目なのとヘッド形状が相まってこのワームのスライド性能がとても活きるのです。ホント釣り具ってやってみないとわからないものですな^^;




それからもう一つ注意事項。
DSC00503
























ホワイトグローですが、かなりの高蓄光性なので、ヘッドランプを照射する必要がなく、常夜灯下でセットすればそれだけで十分です。ランプを当てると強すぎるのでご注意を!






では、お楽しみに^^