まあ、まったくバイスライダーに限った話では無くて、ハードルアー、ソフトルアー全般にいえることなのですがカラーの使い分けのお話です。


このところ特にバイスライダーのカラーについてのご質問が相次いでいますし、製品も全国へ順当に配荷されたようですのでこの辺で僕なりのカラー考察を述べておきます。






まず僕はメタルの場合はゴールドベースとシルバーベースに分けます。
これはジグを使うアングラーなら誰でも意識することですし、タイミングとロケーションで結構両者に差が付いたりします。


バイスライダーのラインナップではこうです。
まず暖色系のゴールドベース。
DSC00563




















DSC00564




















上:レッドゴールド
下:チャートゴールド

バイスライダーではゴールドはこの二色です。









次はシルバーベース。
DSC00565




















DSC00566




















上:モリマンゴー
下:ピンクグロー






次はシルバーベースに暖色寒色の混合タイプ
DSC00567




















DSC00568




















ブルーピンク







続いてシルバーベースに寒色。
DSC00569




















DSC00570




















上:ブラックシルバー
下:ブルーイワシラメ









そして最後がシルバー+グローと、サクラグロー。
DSC00571




















DSC00572































まあ、ざっとこんなラインナップですが、バイスライダーの場合はシルバーは全くのシルバーでは無くてホログラムが掛かっているので光線のあり方次第で何色にも見えるはずです。


で、肝心のカラー使い分けですが、正直言って僕はメタルジグの場合はコレと言ったパターンは決めていません。何故なら釣りに行ったエリアやロケーションでそんなことはコロコロ変わるからです^^;

したがって、どの色がお勧めですか?という質問が一番困りますし、どんな場面でどの色を使いますか?というのが続いて困る質問なのです。




まあ、正直に答えるならば、僕の場合は常に現場合わせです。
固定観念で決めつけずに、その場で色々投入して反応を見ると言うことなのです。
コレを繰り返していれば自ずと答えは出ます。ほぼ同じ条件でも日が違えば反応の良い色が違ってしまうのは当たり前にあるからです。

したがって、僕の現場でのローテーションは、ゴールドで反応が渋ければシルバー、暖色で反応が悪ければ寒色、ホロで反応が悪ければマット、と対比的に変えて様子を見るのです。




まあ、あえて言えばこの10年の内に明確になったのは、フラッシングが良いときとマットで光らせない方が良いとき。や、グローは意外にDayで活躍する。の二つですね。

メタルマルで言うと、ステルスグリーンとピンクグローの二種のマットカラーは明確に僕がお願いしてできたカラーで、僕の釣りではかなり出番が多いのも事実です。

バイスライダーの場合はサクラグローがそれに相当します。どうしても入れて欲しいとお願いしたのです。

基本的にメタルジグではマットカラーは不人気ですので各メーカーさんはあまりマットカラーのラインナップを出したがらないのも事実です。じっさい店頭に並べて最後まで売れ残るのはマットカラーなのです。すごく釣れる場面があるにも関わらず・・・。






さて、なぜ魚たちが色にセレクティブになるのか僕の頭では答えの出しようが無いのですが、現象としては間違いなくあると感じざるを得ません。しかもその現象にはほぼ一貫性が無い。日が違えば変わる世界です・・・。


ともあれ、グローの話をしますが、これも魚種によりますがフルグローとスポットグローでは明確に反応が変わります。少なくともメバルに関してはフルグローはあまり良い結果を産みません。したがって僕の選択はスポットグローだったのですが、DTが塗ったミニマルのサクラグローでまた変化が見られました。

ようするにフルグローであっても光量を落とせばまた違うと言うことです。



↓こういうことです。
DSC00596
























サクラグローはフルグローなのですが、強くライトを当てた後でもボディはうっすら光る程度で、結果的にコレが功を奏していると思われるのです。





まあ、最終的にはメバルに直接聞くしか本当の答えは得られないのですが、僕がルアーのカラーに関して一番強く思うのは自分が好きだと思うカラーを使え!です。

ルアーフィッシングはモチベーションの釣りです。
自信を持って使い続けなければ結果は得られないのです。



その結果、誰しも○○カラーが○○には凄く効く!と言う表現になっていくわけです。






それで結果が明確に出るのであれば、それはそれで僕は良いと思っているのです。