今年も残るところわずかになりました。一年間キープキャスティングを閲覧頂き心よりお礼を申し上げます。

今日で今年最後の日記アップになりますが、来る年もお役に立てる情報を発信していければとますます意気軒昂に頑張る所存ですので、よろしくお願い申し上げます^^






さて、本日未明お正月食材を仕入れに魚市場へ出かけたのですが、知人のベテランアングラーである職員のMIUさんとメバルプラッギング事情の話をしていてプラグサイズの話になり、MIUさんも僕と同じくビッグプラグ(メバル対応としては)の可能性を大いに見いだされており、地元である広島や山口の地肩ポイントでもすでに7cm以下のプラグをキャストすることはほとんど無くなったと・・・(笑)

いやいや、究極まで追い込んで検証すると結局同じ結論に達するのだなとつくづく感じ入った次第です。




で、今年最後の日記はこのビッグプラグメバリングの写真と、現在鋭意撮影中の【メバルプラッギングの全て】から一部割愛して釣果を見て頂くことにします。









で、最初に申し上げますが、もちろん3〜5cmのプラグの方が結果に結びつくことは当然ある事を前提に見て頂きたいのですが、手返しの良さやキャストの楽さ、飛距離、太めのライン使用が可能であることに加え、釣果面で7〜9cmのプラグでもレギュラーサイズのメバルが難なく釣れると言うことを何より見て頂きたいのです。




まずは今年のビッグプラグでのハイライト的な釣果を写真でザッとご覧下さい。
IMG_1733




























IMG_0037



























IMG_0036



























DSC01255
























d107d573
























a728be77






















10264708_621642034597259_1340786976_n
















































5e400d58

























まあ、もちろんこの他にも大型プラグで沢山釣れているのですが、とりあえず見栄えの良いものを羅列してみました。


特にシュガーミノースリム70や90は2月以降のイカナゴシーズンに無くてはならない僕の武器で、小型プラグを投げるのがばかばかしくなるくらいのポテンシャルですし、トップゲームではアミしか喰っていない状況でもザラパピーやメバペンマグナムが火を噴いた入りと、メバルは存外にデカいプラグで普通に釣れるものなのです。



目新しいところでは長崎の知人HAMA君がフィッシュインで購入したザラパピーメバルカスタムを試すためにいつもの釣り場で、いつもは投げない磯のシャローへキャストしてただ巻きし、いつもは釣れない33cmを筆頭に尺絡みの大型メバルを3匹連続キャッチして大変感激されたようです^^

IMG_0040

































ということで、まだ未体験の皆さんは下記の動画なども参考にして頂き、今シーズンはぜひ大型プラグによるサーフェイスやサブサーフェイスの釣りにチャレンジしてみて下さい。