この10年で何度となく同様の質問があった。
今回のご質問は下記の通りだが、過去のものおおむねこういった感じだ。



 Q.いつも拝見させていただいております。
  レオンさんに一つ質問なのですが、
  自分青森の下北半島でメバリングを中心に釣りをしているんですが、
  レオンさんがアングリングソルトなどでやっているメバルプラッキングの
  メソッドというのは基本的にはどの地域にいるメバルに対しても
  有効なんでしょうか?



この15年、つどそれなりにお応えしてきたが、やはり中々伝わるものでは無い。
僕自身は九州北西部から東北エリアまで広く実釣しているし、どの地域でも普通にプラグで釣ってきた。





佐賀エリア・シャロー闇小磯
SPM75/超色スプリングスグリーン/ジャーク&リトリーブ

IMG_3463































山口エリア・灯り付き堤防
シュガーミノースリム95F/超色ハイパーイカナゴ/スローリトリーブ&ステイライジング

DSC02065



























横浜エリア・闇沖堤防
ジェイドINXカスタムサスペンドモデル/瀬戸内SP稚魚/トゥイッチ&ロングポーズ

DSC02273




























東北エリア・闇堤防
SPM75/超色ブラウンホロリウム/ボトムバンピング

58



























実際のところ、プラグで釣れるかどうかに「地域」は全く関係ない。

ネイティブな魚であるし、ブラックバスのように何度も釣られてはリリースを繰り返され、プラグに対して学習してしまって「スレた」ということなどもあり得ない。


プラグで釣れるかどうかは、まずはプラグを使えるロケーション(水深や潮流や距離などの条件)かどうかが問題であって、「そこのメバルはプラグにはバイトしない」というものでは全く無い。





結論で言ってしまえば、

・日本全国、何県だろうが何市だろうが磯だろうが堤防だろうが、メバルはプラグで釣れる。

・それも、普通に釣れる。

・場面によってはワーミングより釣れる。


だ。




ただプラグが効かないときの要素として、【魚の活性】や【ベイトの種類】など、ロケーションの次の要素である【シチュエーション】次第ではワームの方が有利である「ときもある」ということだけだ。


そしてプラグで結果が出にくい要素としての最後に【メバルの種類】がある。
これは、シロ、クロ、アカの基本的行動パターンや基本的食性がそれぞれ違うからだ。
しかしこれもあくまで基本的なことであって、必ずというものでは無い。一番プラグで釣りにくい基本的習性を持つアカメバルでも、エリアが変われば全く違ってくる。






ともあれ、シーズン通して日本全国の様々な場所でメバリングをし、使用するルアーの80%強がハードルアーである僕にはこれが普通であるし、メバルゲームに親しんできた40年間の中でも一時期ワームにハマったこともあるが、結局おしなべて見ても80%近くがハードルアーの釣りだ。

それでどうしようも無いときや、食いが悪いときのフォローとしてソフトルアーを出すというのが僕のStyleとなっている。




しかしながら、これらの実態を伝えようとすると並大抵では無い。
そのタイミングで一緒に釣りをすればすぐに理解できることが、雑誌やブログなどではなかなか理解できないし、ともすれば「ああ、あそこは離島だから」「沖堤防だから」「○○県だから」と、曲解までされてしまう始末・・・。




そこで一昨年からある企画を思いついてスタートさせたのが【メバルプラッギングの全て】と題した全国行脚だ。

真夏を除いて各季節ごとに全国をプラグ主体にハードルアーだけで釣り歩き、自撮りや友人撮影ではあるけれどもしっかりとVTRに記録し、雑誌ロケや通常のDVDロケとは違う、僕のごく普通のリアルなメバルプラッギングを見て頂こうと。



そして当初はこの3シーズン20カ所にわたる釣行VTRを4枚組くらいのDVDにして見て頂こうと思っていたのだが、釣りの実態を余すことなく伝えるためにはDVD形式では無理であると結論した。

そりゃそうだ。
自分で各釣行データを編集して気がついたのだが、あ、ココは大事な場面。あ、ココは良いこと言っている。ああ、この場面は別撮りの解説付けないと理解して貰えないな。など、カットできない最低限の長さで見ても優にDVD10枚分を超えてしまうのだ・・・。




そこでこの企画についてwebデザイナー&システムエンジニアである友人と、映像の専門家に相談した結果、講座形式にして1〜2釣行分ごとに整理編集し、有料の会員制・入構形式を構築して【講座そのもの】をオンラインで配信しないと伝えられないと結論。


そうすればシーズンごとにタイムリーなメソッド解説が出来るし、撮影時のトークでは説明し切れていない部分やカメラでは捉え切れていないキモとなるテクニックの解説を、僕自身が講座テキストの文章や写真で補足したり追撮影で画面(場面)説明するなど、いくらでも追加で補足できると・・。


しかもこの方式であれば、通常のDVDに比べて数倍も濃密な情報がワンコイン(一講座当たり)で配信できる。





ということで、釣り史上前代未聞の【会員制web講座】を鋭意構築中だ。
かなり頭を巡らせる努力と、長期にわたって日々時間を削って編集するなど大仕事になりそうだが、今までに出来なかったことが大きく可能になりそうだ。







おそらく、僕のライフワークであるライトゲーム・メバリングのひとつの終着点がこれなのかも知れない。時代に恵まれたということだろう。









※今回の質問者「まつもん」さんへ。

ごく一部ですが、福島と宮城での一場面です。
安心して下さい。宮城でもプラグでボコボコ釣れましたよ(笑)