先行予約販売での購入者の方が早速スーパーな釣果を出されました。
ご自身初の尺メバルをジェイドサスペンドでゲットされたとのことですが、投入するまでは普通に20〜23cmしか釣れていなかったという事が非常に特徴的なケースであり、まさしく僕がサスペンドジェイドを作るきっかけになったケースと同じなのです。


ではご本人のレポートをご覧ください。






【西尾直樹さん】
ライトゲームを始めて二度目の冬❄︎
つい先日、休みの夜、凪。
やっとこいつに逢えました。

〜釣行の記録〜
1/25 深夜1:30頃 中潮2日目
満潮からの下げ潮二分から三分
島根半島にある漁港の堤防にて…

その日はこの時期の日本海には珍しい凪で、適度な風が吹いていました。
ベイトの姿は確認出来なかったものの、足元から約10m離れたところ、水面下50冂度の位置にメバルのように定位する魚影を確認。🐟💧

まず、アミパターン🦐を想定して、フローティングミノー『夜霧Z42F』を投入。表層デッドスローにピチャっという可愛いバイトがあるものの捕食ミスΣ(-᷅_-᷄๑)
潮の動きが出始め、海面がザワつき出したので、上手く狙いが定まっていないと判断。

ならば…
レオンさんの動画で勉強したメソッド。ショートバイトには敢えてのルアーサイズアップ作戦❗️🕵️
『漣Z60F』を潮上にキャストしスローで引くと、ゆる〜いドリフトで潮の流れに乗せると、バチャッと23僂離瓮丱襪鬟ャッチ🎣

しかし続かず(ㆀ˘・з・˘)
ぼんやり魚影は見えるが当たりが無くなった。次は、レンジが下がったと想定してシンペン『澪示威6S』で水深50僂ら1m程度をイメージしてスローにドリフトさせるとコツ、コツ、とショートバイト。テンションフォールで流しても上手く流せずショートバイト。

魚はいる…。
ワームでダート、リフト&フォールするとノーバイト。
ナゼ?( ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
ネタ切れ寸前(汗)

魚はいるけど何かが合ってないΣ(-᷅_-᷄๑)
あっ💡
そこで今回の尺ヒットルアーとなる、『ジェイドinxサスペンドチューン』を試してみる事に。足元で沈み具合と浮力を確認。見事に浮かびも沈みもせず水中で止まる・:*+.\(( °ω° ))/.:+

レオンさんの動画セミナーを思い出しながら、半信半疑でキャスト!
ハンドル一回転して軽くトゥイッチを入れて軽く潜らせて、ほっとく。

ラインスラッグだけをゆっくり回収しながらただほっとく。

すると、いきなりラインが走り、ビックリ合わせでバトル開始❗️
おチビちゃん達とは違う引きと重みを感じ、焦りと期待のなか抜き上げると、ベタッという重みのある音が(´⊙ω⊙`)
ライトで照らすとお互いビックリ(笑)
念願の尺メバルをキャッチ出来ました‼️
image

目でかっ⁉️口でかっ⁉️鼻はそうでもないけど、とにかくデカイ❗️重たい❗️プリップリの白メバルちゃん。
image
体重1050gの元気な女の子でした🐡

その後も同様に水面直下のステイ+ドリフトでそこそこのサイズの魚がヒットするもバラしてしまいました😭そうこうしているうちに時合い終了〜。

今回は、尺メバルの引きを体感でき、新たなメソッドでの引き出しが増えた貴重な釣行となりました。
更なるサイズアップを求めて、これからのハイシーズンも楽しみです🎣
ワームの釣りも練習しないとな…。







数が居て、活性が高い時のメバルは何を投げても釣れる時があるので皆気が付かないのですが、実は大きくなる個体は非常にシビアで、わずかなレンジの差や通すコース流すコースによっても喰わない事があります。

そして、ドライフライでトラウトを釣る時同様に、流れの方向にキチッと沿わせないと喰わない個体も居ます。

つまり、普段から習性的に「巻いたら釣れない個体」なので、こういうのが各地の普通のポイントで釣りきられずに大きくなって残って居る可能性は意外と高いのです。

【ジェイドinxサスペンドモデル】は僕自身、ナチュラルドリフトでなければ喰わない個体が居ることを知った時に、その攻略法として温めていたメソッドを具現化するものなのです。

キャストしたらリーリングでしっかり沈め、そこでチョンチョンとトゥイッチを掛けてアピールし、ラインドラッグが掛からないようにテンションを抜いた状態でひたすら平行ドリフト…。


二月上旬から中旬にかけて各主要釣具店にて発売開始です。
ぜひ試してみてください。