釣り師の衣替えは数段階。
ま、僕だけかも知れないけどね。

まず本格的な防寒アウターが必要なくなったのが嬉しい。ここから初夏までは春物装いです。なのでダウンジャケットや厚手のゴアジャケットは専用洗剤で丁寧に洗い、専用撥水剤に浸けた後に乾燥機でしっかり膨らませてから押入れへ。


で、アウター(ハードシェル)はこの時期からはブリーデンのイーベントジャケットが冬までと長く活躍してくれます。
image

本当にね、大変わがままで申し訳ないのだけど、インナーからアウター、ハードシェルに至るまで、釣りシーンでも好んで着るのはパタゴニアやファイントラックなど山岳メーカーのものばかり。

そんな中で僕が厳寒期以外、掛け値無しに気に入って着るハードシェルがブリーデンイーベントジャケット。これ、本格的な山岳メーカーの物に全然負けてないです。正直な話、釣り具メーカーのジャケットで初めて気に入りましたよ。だからサポート云々関係なく本気で使いまわしてるジャケットです。

デザインもブリーデンらしくポップでオシャレなのだけど、何より性能が素晴らしい。特に防水と透湿性の高さは特筆モノ。だから気温によってインナー(レイヤード)を色々と組み合わせればほぼオールシーズン、オールウェザーで快適に過ごせるの。完全に手放せない一着になってます。


で、アウターだけでなくグローブやヘッドギアその他厳寒期用をすべてメンテナンスしてしまい込んでる最中なんだけど、コレ、素晴らしい。

パナソニックの”毛玉取り”
image

image

僕の持ち物はウール系のものが多くて、毛玉処理が大変なの。過去に二台の毛玉取り機を使い潰したのだけど、三代目のコレは別格によく取れて楽チン。

お気に入りのボンボンワッチもウールの靴下もサクサク毛玉が取れて新品のように変身。ボンボンワッチもちゃんとウール洗いして乾燥機でやんわりふっくら乾燥させるのだけど、乾くと毛玉だらけ(^^;
image


でもそれがこんなにスッキリキレイに。
image

image
image


さあ、次はどこへ行こうかな(^ ^)