8月発売予定のRock 'n' Chater(ロックンチャター)

瀬戸内ナイトキジハタ釣行でいきなりランカーサイズを引き出せたが、九州でのデイゲームでまた素晴らしい活躍を見せてくれた。


まずは古賀亮介テスターのキジハタ。
テトラ帯、沈みテトラの向こう側にキャストし、そこから テトラの上を舐めるようにリトリーブしてバイトを引き出せた。
image


エリアを変え、今度は水深30mもある沖堤防での釣り。日中は根魚のやる気が低く苦戦したが、堤防の側を通過する見えマダイの進行方向へチャターをキャストして早まきで一発ヒット。
image


古賀亮介テスターにはゴッツンバイブで足元を集中してリフト&フォールで狙って貰ったが、活性が低くロックンチャターでは追ってくれなかったアカハタが連続ヒット。
image

image


そして、夕まずめのタイミングで僕がフルキャストし、ボトムから巻き上げて中層で食わせたのはスジアラ。
image




翌日はオフショアテスト。
僕は暑さと疲れで集中力が欠け、古賀亮介テスターに頑張ってもらう。

低活性の時間帯ではまたもやゴッツンバイブ。水深20mでのリフト&フォールで連発。
image

image



潮が動き始め、活性が上がってからはロックンチャターが絶好調。水深10〜20mエリアでマダイやアカハタ。
image

image
スカートは活性に合わせて間引いたり短くカット。フックはオリジナル3/0のまま。合わせるワームはモリックスのRAシャッドが非常に相性が良かった。

image