本日、かねてより準備中でしたロッドアーマーの出荷を開始します。
IMG_1007












































僕自身2年前にバス用の「ロッドグローブ」を頂いてこの方式のロッドケース(セミハード)の使い勝手の良さに惚れ込み、これはどうしてもソルトロッドのワンピースやツーピースロッドの長さや太さにマッチしたものを作ろうと思い立ったのです。

この製品は北米のメーカーの物であり、バスロッドをはじめとしたショートロッド用のラインナップしか無いために、長さやパイ(直径)などを日本のソルトロッド事情に合わせてOEM生産するのに多少の苦労もしましたが、納得のいく形になりました。
IMG_1005










































上記写真では店頭展示をイメージしてハンガーに全6機種を吊しています。
オレンジが大径ガイド用のWIDE。グリーンが小径ガイド用のNARROWで、それぞれロング、ミディアム、ショートのラインナップです。

基本は1本の竿に1本のロッドアーマーをセットするのですが、写真左手のようにWIDEの方へ複数本入れて、磯や渡船や堤防など現場へ持っていくのに非常に便利でもあります。
IMG_1006













































この製品の良さは使ってみて始めて本質が分かるのですが、大まかな使い方と特性として下記の通りです。



*室内
・玄関先や道具部屋へ並べて置く際にガイド同士の干渉が無くなり整理が楽
・何かにぶつけたり転倒時の破損からかなり守れる

*車載
・ロッドホルダーへ脱着する際、ガイドの引っかかり等の破損から守れる
・ホルダーの隙間でカチャカチャしなくなる
・ティップがフロントガラスに擦れてカタカタしたりトップガイドでフロントガラスに傷が付くのを防ぐ
・シートとシートの間へ置く際にも細いティップが守られて安心
・ランガン移動時にリール・ルアーをセットしたまま吊しても安心

*移動時
・渡船やフェリー移動時にロッドベルトで束ねるとコンパクトで運びやすい
・タクシーや電車移動でもコンパクトで楽々

*釣り場
・複数本持っていく際に安心度が増す
・堤防へ立てかけてるさいなど当て傷や転倒時のガイドリング破損から守れる
・藪漕ぎの際などツルツル滑りが良くガイドが引っかからない



ざっとこんな感じですが、ロッドのタイプに関わらずワイドとナローの組み合わせで様々な保護が出来ます。
DSC05571

































【ロッドアーマー使用法実例】









おそらく来週頭の9月4日頃から全国の主要釣具店に並ぶことになるかと思いますが、まだ取扱店は少ないので入手困難な方は近々フィッシュインでも発売を開始しますのでそちらで入手して下さい。