image

どのジャンルの釣りにせよ、一定以上のスキルが備わって釣れるようになってくれば、興味の方向は自ずから変わってくる。最初はとにかく数釣れる事に喜びを感じる。そして次はもっと大きいのを釣りたいと思う。ランカーサイズを狙って釣れるようになりたい。レコードサイズを釣りたいと。

しかしルアーフィッシングの本当の面白さは、この段階を超えてやっと感じることが出来るように思える。

数やサイズより、自身の戦略とチョイスが結果に結びついた時に喜びを感じるようになってくる。もしくは常識の範囲を超えた手法やルアーで釣る事に快感を覚えるようになる。ましてその釣果がスタンダードを超えるような成果であれば、これはもう天にも昇る心地だ。

image


エサ釣りを卑下するつもりは毛頭無い事を前提に書くが、エサ釣りの場合は最も効率の高い餌を使用する事が最大最高のテーマであり目的である。わざわざ釣り難い種類の餌を使う事に遊びとしての意義を見いだすことは難しい。

ルアーフィッシングの特殊性はそこにこそある。釣り人であれば誰しも数を楽しんだりサイズを求めたりするが、ルアーフィッシングの場合は元来前提が違う。スタート時点で「偽物の餌で釣る」という事に立脚する遊びである。

したがって、その「前提」に面白さを覚えたアングラーは本気でソレを追求するようになる。本物の餌から遠いフォルムやカラーで釣る事に喜びがあると気づく。もしくはそれらを操って結果を導き出せるスキルを身につける事に腐心するようになる。

こうなるとおのずから数やサイズは二の次となってくる。

効率を無視する方向へあえて進むが、結果的に効率を上げる事に腐心し、意外性が高ければ高いほど満足度も高くなるという、なんとも非効率な事を愉しむ人種がルアーフィッシャーの本質であると思うのだ。

image