Keep Casting. Leon's style fishing.

●レオン釣り日記
●メバリング、アジング、その他の釣り情報
●INXlabel製品情報
●実釣ハウツー動画
●独りよがりのエッセイ

カテゴリ: INXProducts

25年ほど前だったかな、釣具店でG.Loomisのバスロッドを初めて見たのは。その頃は知識も少なく、海外物の竿といえば昔から憧れていたFenwickしか興味が無かったので、少しだけ触って「ふ〜んこんなのも有るんだ」程度の印象しか持たなかった。その数年後、某デジタル通信シ ...

釣り人はロッドを握っているのでは無く、握っているのはリールシートだ。いわばロッドとアングラーを繋ぐ入り口であり最終地点でもある。今回はGXSシリーズに使われているリールシートのお話しです。使用しているのは、現役バストーナメンターであり、業界に名をとどろかせる ...

発売寸前のハミージャーミーとビーテスラー。僕自身が顕在的にも潜在的にも長年求めていた釣り竿がいよいよ世に出ます。そしてこのプロダクトは三年越しとなり、そのストーリーは間違いなく製品に反映されているのですが、なかなかカタログやパンフレットで表現しきれるもの ...

理想の追求を始めて足かけ3年。機能や構造部分はこれ以上無いほど煮詰めてきた。そしてついに量産型寸前のプロトが届いた。申し分の無い出来映えだ・・・。ゲイリー・ルーミス率いるブランクス工場 NorthFolkComposite社に思いの丈をぶつけ、途中やり過ぎて技術者との関係性 ...

最初に驚いた日。ベイトフィネスリールのブレーキセッティングその他にまだ馴染んで居ない状態だったから飛距離も何もダメダメだったけど、改めて昨年書いた自分の記述を見ると「ヘタだから」こそこのロッドの価値が特に分かったのだと納得。 コレ凄く重要なことなんだよ。 ...

ラストスパート。後もう一回微調整したものが製品版カラー。これ以上やりようがないくらいインクスラボが頑張ったワームの超色。相当手間がかかるカラーリングだけど、価格帯もかなり抑える方向で頑張りました。#インクスレーベル#インクスラボ#稚魚シャッドベイティ  ...

作り込まれたルアーとそうでないルアーの差は、釣果となって表れるときは微差だろう。だが、アングラーも一丁前になってくると常にその微差を追い求める。微差は大差であることが分かってくるからだ。釣りの面白さと難しさはそこにある。魚は釣れるときは何を投げたって釣れ ...

稚魚シャッド「Baity1.8」「Baity2.3」まあスワールテール有りきの話なんだが、ファーストプロトにして素晴らしい完成度。ピンテールのように使えてシャッドのアピールがあるワームだ。 動画前半はベイティ2.3+尺ヘッドD3g。リトリーブではベーシックなウォブル。しかしワイ ...

根魚にクローワームは必需品ではある。あるけれども、あのザリガニ風のフォルムはソルトでは多少の疑問や不満も残る。そして何よりあの形がバスルアーの延長でしかない所もつまらない。ソルトにはソルト特有の底生ベイトが沢山いる。淡水では考えられないようなフォルムと動 ...

もうすぐ発売になるスワールテールシャッドのプロモーションVTRが出来上がりました。頑張って編集してますが、なにせ貧乏所帯で自撮りですので、撮影クオリティが低いのはご勘弁を^^; ともあれ、特徴を羅列してみます。 #スピンムーブテールというギミック #コ ...

西日本釣り博での展示という良いきっかけも頂いたので、少し補足しておきます。◆Fishman blanks(チューブラーモデル)FXB-67UL Tres SABIAFXB-79UL Tres SABIO この二本のライトゲーム用ベイトロッドは、Fishman代表「赤塚ケンイチ」氏のベイトロッド作りの技量( ...

何かとお問い合わせの多いロッドプロダクトなので現状をリークしておきます。いくつかを同時進行で進めているのですが、ひとまず下記の通りです。 ◆Fishman blank Product FXB-67UL Tres SABIA(サビア) FXB-79UL Tres SABIO(サビオ) この二機種は3ピースチューブラ ...

パッケージデザイン完成。 あとは工場から「中身」が届くのを待つのみ。金型を2回も修正して量産が遅くなっております(^_^;) ...

周りから見れば遅きにすぎると思われるかもしれないが、自身が納得できなければ話にならない。四季を通じて使う道具を作るのに、1シーズン程度で足りるわけがない。しかし時間を掛けたから良い物が出来るとも限らない。 結局、最初にビビッと来た感じが何よりシンプルに本 ...

inx×fishmanソルトベイトフィネスモデルのキャストテストに来るも、風が強くてやりづらし。強い時は多分風速10m(^_^;) 追い風参考だけど、まずは79モデルから。 リールはスティーズ1012SV-XH。 ラインはよつあみG-soul upgrade X8 PE 0.8号。 ルアーはゴッツンバイブ7 ...

今回ロックンチャターでのタチウオテストをお願いした九州のエキスパートアングラー「福留さん」から早速のレポートが届きました。元来ある程度煮詰まってから発表するつもりでしたが、釣果や内容が余りにも素晴らしいので、すでにシーズンに突入している地域の方のためにも ...

ロックンチャター発売に際し、その特徴や使い方をテーブルレクチャーではありますがまとめてみました。僕自身も開発当初は明確に「対ハタリグ」としてスタートさせた企画でしたが、実釣で使い込むに釣れ、多種のフィッシュイーターに対して想定以上の戦闘力を持っている事が ...

【RODARMORカスタマイズ法】ロッドアーマーの使い方には結構個人差が生じてきます。車へ積む場合もロッドホルダーの無い方ある方。ロッドホルダーはあっても車長が短く2ピースロッドを繋いだままでは積めない方。逆に大型車で9フィートオーバーの竿にリール等セットしたまま ...

本日、かねてより準備中でしたロッドアーマーの出荷を開始します。僕自身2年前にバス用の「ロッドグローブ」を頂いてこの方式のロッドケース(セミハード)の使い勝手の良さに惚れ込み、これはどうしてもソルトロッドのワンピースやツーピースロッドの長さや太さにマッチし ...

このページのトップヘ