2006年06月20日

色褪せることない思い出

長い間ブログ更新出来ませんでした><ごめんなさい


今はというと日本は武蔵国、埼玉に帰ってきたよー!昨日の夕方1年間の留学生活を終えて無事に日本に帰国しました

なんというか、一年の留学なんて短いもんだけどたくさんの人に出会い、たくさんの貴重な体験をした本当に充実した一年間でした♪♪お世話になった方々、支えてくれた友達には感謝の気持ちでいっぱいですありがとう。

昨日は家族団欒の夕食をして、家でのんびりくつろぎましたやっぱり我が家につきるね。世界で一番居心地の良い空間です一年の空白がなかったかのように、変わらない愛情で出迎えてくれた家族のみんな。家族の絆を再確認できる素敵な夕食でした♪でも、あれだね、やっぱり一年という時間は想像以上に長い月日だったのかもね。

東京でみた日本語の看板も
帰りの電車の車窓からみた夕日も

なんか不思議な感じがする。

家に帰れば、愛犬に大声で吠えられる始末すっかり年老いちゃったみたいで、俺のこと覚えてないみたいw それに、弟は身長もぐーんと伸びてとっくに俺なんか追いつかない。妹だって独自路線をさらに暴走してる気がするw 

短いようで長かった一年。

たくさんのことがあったんだな。言葉では言い尽くせないほどの思い出が心の中に散々と輝いている自分にとってステップアップだったアメリカへの留学。帰ってきた今確実に言えるのは、あきらかに人生の転換期になったということ。たくさんの人との出会いが自分を変えてくれた。本当に掛け替えのない仲間たちが出来た俺は胸を張ってこの留学が大成功だったと言える。それだけ充実した毎日だったもんな

この先の人生で果たしてこれほど楽しくて充実した一年間が訪れるか自信がないくらい、それだけ最高の一年だった♪お世話になった友達へ、心からありがとう

俺はお前らが大好きだー!!

これからもKeep in touchだよ!まずは携帯買わないと!!旅行も、飲み会もたくさんしようぜ!

留学おつかれさま!一年間どうもありがとう





サンタモニカサンフラ













biverly hillsuniversal













disneyucla









uclahollywood  
Posted by takumin_seattle at 12:31Comments(4)TrackBack(0)

2006年06月09日

☆ラストナイト☆

alkiファイナルが終わったーあんなにお世話になった図書館にももう勉強しにいくことはないんだなって思うと急に悲しくなるね・・・。試験が終わると、先生が生徒にむかって「卒業おめでとう」って声をかけてた。そうか、アメリカではこの時期に卒業なんだよな。俺らだけじゃない。みんな旅立っていくんだ。

前夜は1時間半しか睡眠とってなくて、ファイナルの後は最高に疲れてたけどもうここまできたらシアトルで過ごせる時間を大切にしないとね。友達とアルカイビーチに行ってきたよ

思ったより海が澄んでてビックリした。もう「留学おしまいだね」って語ってみたり・・。海の向こうには自分を待っている日本があるんだ。もう後1週間ちょっとしたら日本にいるんだな・・。

夜はGUYS限定のお泊り会をやりました。一年間の留学生活を振り返って、思い出話に花を咲かせたいろんなことがあったよ、マジで。1年なんて短かったけど、たくさんのことを経験した内容の濃い留学だった正直、シアトルに来た初日は回りに誰も友達がいなくて、この先本当にやっていけるのか不安だった。今すぐにでも日本に帰りたいって、親に電話をかけては現実逃避をしていた気がする。でも、俺がここまでやってこれたのは他でもない留学中に出会った掛け替えのない友達たちのおかげなんだよね。感謝してるよ、みんな結局、昨日は朝の6時過ぎまで部屋を真っ暗にして禁断トークやらで盛り上がった(笑)

今日はいよいよシアトルで過ごす最後の夜だよーーー!!部屋の片付けもしなくちゃーーー!!!
  
Posted by takumin_seattle at 05:58Comments(0)TrackBack(0)

2006年06月05日

思い出宝箱

思い出の宝箱。全部で5個にもなった。すでに日本に送ったものを加えると、計箱(笑)それだけ、たくさんの思い出が詰まった留学だったんだろうな郵送するのも面倒なものばかりだけど、なぜか捨てられない。。

ジョーイーからもらったサイン入りのバスケットボール。

「将来、俺が世界的に有名なラッパーになったら自慢してくれ」って渡してくれた。有名人になってくれなんて高望みはしない。ただ、お前と過ごせただけで俺は最高に幸せだったから。

NY、タイムズスクエアカウントダウンで8時間耐えた時にもらった非売品の手袋。

寒くて寒くてもう無理だって思った。でも、人間なんでも出来るもんなんだなって実感させてくれた最高の瞬間だった。

メキシコ、XELHAにて使ったシュノーケル。

初体験のシュノーケンリング、何度も溺れそうになったけど初めてみるカラフルな熱帯魚に大興奮した


傍からみたら何の変哲もない雑品ばかり。それでも、その一つ一つにはたくさんの思い出が詰まっていて、ありのままに輝いているいつの日か、それらを振り返ってみて溢れんばかりの想い出にタイムスリップできたらいいなそして、思い出の宝箱を人生の糧として、これからも精進していきたいたくさんの思い出と軌跡が詰まったシアトルでの留学生活、

〜ファイナルデイまであと4日〜





  
Posted by takumin_seattle at 16:10Comments(0)TrackBack(0)

2006年06月03日

THE LESSON HAS TO BE LEARNED

今日はシアトルで過ごす最後のFRIDAY NIGHTでしたフライデイナイトなんていう概念は日本にはあまり浸透していないと思うけど、アメリカではパーティを開いたりお酒を飲んだりと社交的な機会がたくさんあったりして特別な曜日です

今日もペーパーに終われてたけど、今回のペーパーは自分の好きな分野だし結構リサーチしてても楽しいかも♪♪2500字っていうのがちょっとうざいけどねw この前も10枚のエッセイを友達と図書館に泊り込んで書いた>< でも、俺今思えば人生で完徹って一回もしたことない・・。中学、高校だってそれこそテスト前には夜遅くまで勉強はしたけど徹夜したことはないし、大学に入ってからだって朝まで勉強していたことはない(と思う。覚えてる限りでは)徹夜するくらいだったら事前に計画立てて勉強したほうが後々覚えてることも多いし。徹夜だとその場限りの知識で終わっちゃう気もするしね。。で、この前のペーパーも順調に書き進めて早く終わるかなと思ったのだけど、結局後半ペースダウンして朝の5時半までかかった

徹夜すると足にくるんだなって初めて実感!膝がかくんかくんになってたよ(笑)今回のペーパーは徹夜することのないように週末利用してしっかり書こー

93

今日はUnited 93「ユナイテッド93」っていう映画を観てきましたピンときた人もいると思うけど、アメリカ同時テロを扱った映画です。ユナイテッド93というのは同時多発テロで使われた4機の旅客機のうち唯一標的にたどり着くことなく墜落した機体の名前です。テロリストと乗客の壮絶な戦いをドキュメンタリータッチで描いた映画でした

映画自体はあっさりしていて、観客を泣かせようという監督の意図は見られませんが、乗客が最後の別れに家族に電話しているあたりはそれだけで涙してしまいましたイスラムへの怒りを煽る政治的プロパガンダもなかったしね。

実際、劇場で観て見るとまるで自分が乗客の一人になったかのようなあまりにもリアルな再現映像に恐怖を感じた。映画も事件の順を追ってリアルタイムで描かれているから、あの日の悪夢がすごく伝わった。。

また、驚いたのはテロリストたちもある意味「被害者」として扱われていたような気がしたこと。それこそ、彼らには組織を背負っての任務遂行という重い責任があったはずです。テロリストの一人が家族にむけて"I LOVE YOU"と言っていたシーンにそれを感じた。人種もアイデンティティも異なる人々が共存するグローバル社会において文明を超越した相互理解がいかに大切であるか、それを問い正した映画だったと思います

同時テロから早5年が経って、ようやく物事の深刻さを客観的に捉えることが出来るようになってきたのかな。テロがニュースで報道された当時は、なぜテロリストがハイジャックをせねばならなかったのか特別考えもしなかった。大学に入学してから読んだ文献のひとつ、ハンチントンの「文明の衝突」は衝撃だった。あのテロ事件の根底に潜む問題を勉強した。そして、去年の冬に訪れたニューヨークではグラウンドゼロを目の当たりにして改めて真の問題を考察することが出来た気がする。平和な世の中へ向けて、もう二度と同じ悲劇を繰り返さぬよう文明の衝突について勉強し直してみたいと思った。

日本公開は8月だそうですぜひ、観てみてください

夜はクイーンアンに夜景見てきましたこの夜景とも本当にもうすぐお別れです。最後のフライデイナイトの夜景はこれまで観たどんな夜景よりも素敵なものでした



夜景  
Posted by takumin_seattle at 18:26Comments(0)TrackBack(0)

水無月に思ふ

すっかりご無沙汰してしまいました。こっちも元気でやってます6月に入ってから帰国も近づいて慌しい毎日が続いてる部屋の片付けもまだ全て終わってないし、ちょうど期末試験の真っ最中だから勉強も大変!しかし、友達のブログをみていると今が帰国ラッシュのピークみたいだね。次はいよいよ自分の番か。。

シアトルお別れまで

アメリカお別れまで17

となってしまったわけです追い討ちをかけるように、ここにきてまたシアトルは雨が続いてるから余計に欝になっていくしw

ブログを更新していない間もこちらではいろいろなことがありました。就活にむけてJICAやJBICなどの国際機関にインターンをやってないか直接電話で問い合わせてみたり、ようやく情報収集を始めました。でも、やはり実際は院生が対象だったりでまだどこのインターンに申し込むかは未定なんだけど今後も情報を集めて、最終的にどこかでインターンをする予定です。あと、思ったのは後期の授業と並行してインターンをすることって可能なのかな?やっぱり、そんな時間ないかな>< うーん、調べなきゃいけないことが山ほどあるよ

あ、それから8月の終わりに10日間ワークキャンプに参加することが決まりました!舞台は韓国の最南端の島、チェジュ島(済州島)です日韓からの学生10人が島で共同生活を通して、農作業や地域の活性化事業に参加するというものらしいです開発の勉強をしてても現場にでてみないと実際なにが起きてるのか分からないしね。それに、こういうのって大学生のうちにしか出来ないんじゃないかなと思うしね♪一生の友達が出来ると思うし。今の自分には魅力的なプログラムだったので迷わず申しこんでしまった。今から楽しみです

とにかく、今年の夏は将来を見据えてプラスになることをたくさんしていきたいな☆




GOSPEL 2GOSPEL1







ゴスペルのファイナルコンサート最高でした。観にきてくれた友達、ありがとう!



きりんくま







大学の近くにある動物園に行ってきました!久しぶりにみる動物たちに大興奮!熊もこーんな間近でみれたんだよー!!

  
Posted by takumin_seattle at 04:37Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月22日

Now or Never

先週末はいろんなことがありました。金曜日、アジアのイベントにパフォーマーとして参加させてもらった物凄い緊張したけど何とか無事に終わって良かったこれもいい経験になったなと思う。もっと人前での度胸をつけないとね!将来のためにも。

土曜日、朝市で教会に行ってきたもちろんキリスト教信者になったわけではありませんw 今学期取っているゴスペル授業の第一回目のコンサートが開かれたんですもう言葉に出来ないくらい最高のコンサートでした観客は総立ちで一緒にコーラスしてくれるし、先生も当日はかっこよくてこっちまで胸が熱くなりましたこの授業とって本当に良かったなって思ってるよ♪国籍も人種もばらばらの人たちが、一つになってゴスペル歌うの。もう、みんな満面の笑みでさ。あの瞬間って本当に最高の気分だよ!音楽って素敵ファイナルには絶対友達誘おうと思ってる!今から一応告知、5月30日みんなコンサート観にきてねん

コンサート終わってから今度は年に一回開催されるというAVEのお祭りに行ってきたよ。あのAVEが人でごった返してた!お店もすごいたくさん出てて、回って見るだけでも楽しかった民族チックなお店がたくさん出てて、ふとメキシコ旅行を思い出しました♪やっぱりこうして、みるとAVEってすごいんだなって思った。ワシントン大に留学して一番良かったことって、たくさんの異文化に触れられたことだと思うそれこそ、最初考えてた田舎の小さなリベラルアーツカレッジに留学してたら典型的なアメリカ人にしか会えなかったような気がする。国際色豊かなシアトルだったから、多くの交換留学生を受け入れているワシントン大だったからこそアメリカ文化だけでなくさまざまな異文化を肌で感じることが出来た一年だったそれはAVEにも明らかに言えることで、ここに来てからいろんなEthnic Foodを経験したこうして食文化から興味を持った国もたくさんあるわけで(タイ、インド、韓国etc)良い環境で生活してたんだなって改めて思ったよ

夜は最後のFIUTSのイベントに顔を出した。自分の留学生活はFIUTSから始まったもんな。まだ慣れない異国の地で、FIUTSを通して数え切れないほどのかけがえのない友達と出会えたFIUTSがなかったら、、なんて考えると今の留学生活もがらっと変わっていたんじゃないかな。なんだかんだで一番お世話になった組織だったし、感謝の気持ちでいっぱいだよ。1年前の写真を上映していたけど、本当に懐かしかったね〜みんな随分と変わったもんだw (p.s 会場で開かれたRAFFLEで一等当てましたw えーと、賞品はFIUTSオリジナルグラスと何故かFIUTSとはなんの接点もないSeahawksの帽子ですww 欲しい方はお電話くださいw)

踊りまくって腹が減ったから、禁断の夜食にAVEへと向かったw しかも11時半にw 韓国料理食いながら友達と熱いトークを約2時間繰り広げました。いろんな話をした。本当にいろんな話を。それこそ、恋バナから就活の話、人生の話まで。アメリカに来て、一つ確実に言えるのは価値観が変わったこと。早稲田にいたときは取り合えず授業に出て、そこそこいい成績取ってれば将来は大丈夫だろうなんて安易な考えで空白の2年間を過ごしてきた。だけど、今一緒に勉強してる奴らは違う。みんな高い目的意識を持ってるし、意欲だって半端ない。みんな俺よりも1つか2つ年上だけど、だからこそ彼らの話は自分にとって物凄く刺激的で啓発される。やるかやらないかは結局自分が決めることだし、どうせやるなら俺は成功したい。昔から「勝負するなら勝ってこい」が口癖だったからなw まだ何をやりたいなんて明確には決まっていないけれど、そんなことでモジモジしてたって何も始まらない。結局、大事なのは自分からアクションを起こすことだから。だからこそ、今年の夏はなにか新しいことに挑戦したい。今までやったことのない何かに挑戦したい。無我夢中で何にでも挑戦した子供のころのように、人生で一番本気になる時なのかもしれない。時間は待ってはくれないから。今しかないんだ。今年の夏、自分を変えたい。


12







AVEのお祭りの写真です☆  
Posted by takumin_seattle at 18:21Comments(2)TrackBack(0)

2006年05月18日

夏の夜の夕涼み

ここ数日暑い日々が続いてます。とにかく暑い!!ま、寒いよりは暑いほうがテンションも上がるからいいけどねなんか帰国まであと1ヶ月になって、一日一日が終わっていくのが惜しい。机上にあるカレンダー見ては、あーあと何日で日本だって無意識のうちにカウントダウンしちゃう自分が悲しいわ。時間さえ止められたらいいのになってアメリカ来てから何度思ったことかあまりにも異なる東京とシアトルの生活。東京戻ってすぐにTokyo Lifeに適応できるかちょっと心配だったりする。。

ここで出来た友達と別れるのも本当に辛い。それこそ日本人の友達にはまた帰国してから会えるけど、他の奴らには当分会えなくなるもんなー。

夕飯食った後のんびりとバルコニーでクラスターメイト達と談話した。なんの変哲もない雑談だったけど、俺はこうやって奴らとまったり過ごす時間が何よりも好きだったりする。空が夕日で徐々に赤く染まっていく時なんだか無性に悲しい気分になっちゃったよ。また、今日も終わるんだな。時間は待ってはくれない。

奴らと過ごした一年は長いようであっという間だった。それでも、集団生活を通じて彼らから多くのものを学んだ気がする。時には大喧嘩したこともあったけど今ではそれもいい思い出だ。最高に楽しかったよな、俺らのクラスターって呟いたら、お前がいてくれたからだよ、たくみに会えて良かったぜって言ってくれた・・・。たとえそれがお世辞だったとしても、これほど言われて嬉しいものはない。もちろん後一ヶ月を残してこんなとこで涙するわけにはいかないから必死にこらえたけどさw でもホントはおお泣きしてTHANKS YOU GUYS--- !!!!って抱きつきたかった。。こんないい奴らそうそういないよ、マジで。俺の大事な宝物です。

p.s めっちゃ蚊に刺されたっぽいんだけど!2階に住んでると森の住民が部屋にたくさん侵入してきますこの前は昼寝してたら巨大な蜂が入ってきて超⇒焦ったし!!!!!!!!




  
Posted by takumin_seattle at 13:52Comments(3)TrackBack(0)

2006年05月15日

旅行三昧、美味紀行

前述した通り、先週の月曜日から両親がシアトルに旅行に来ていましたなんか1年ぶりに親に再会するのって不思議な感じ。しかも、ここシアトルで。お母さんは久しぶりの再会に思わず号泣だったよw 親父はすごい困り果ててたww

そんなわけで1週間一緒にホテルに泊まってたくさん旅行しましたレンタカーかりたから移動も便利だったよおいしいものもた〜くさん食べた!お寿司とかホント半端なくて鳥肌が立った親もシアトルの新鮮な海の幸に満足していたようですてか、確実にこの1週間で1.5キロは増えたしかも満更嘘じゃないから恐ろしいw とにかく食いすぎた↓これまでのIMA効果、ここにて水泡に帰す(笑)食に関しては最高に贅沢をさせてもらった1週間でした

観光のほうはというと、もちろんイチロー観にいったよ!イチロー&城島共にタイムリー打って試合は8−1の圧勝!前からH嵬椶寮覆世辰燭ら、イチローが目の前で超感動したーそれから、シアトル近郊の大自然を思う存分楽しんだ済みきった空気に青い空、シアトルホント最高だよーー!!それから、泊まりでカナダにも行きました♪夜は毎晩お酒を飲みながらいろんなことを語り合った普段言えなかったことが、なんか自然と言葉になった。「ありがとう」って。自分がこうしてなに不自由なく留学できたのも親のお陰なんだ。そんな恩恵をしっかりと心に受け止めて残りわずかな留学生活を悔いなく過ごそうって心に誓った



13







45







62













親を見送った後は休む暇もなく、友達とドイツ村のLeavenworthへ泊まりで旅行に出かけました雪化粧をした山脈とヨーロピアンな建物が合間ってとっても綺麗な町だった早朝の散歩もとっても気持ちよかった。ドイツのソーセジも美味しかったよ!

1a2a







3a4a













ふーようやく1週間終わりました。疲れた・・・。今週からまた勉強も運動も頑張らないとね! 


  
Posted by takumin_seattle at 14:53Comments(2)TrackBack(0)

2006年05月08日

わんわんブラザーズのお誕生日会♪

昨日は台湾マーケットに参加してきました。たくさんアジア人が参加してて驚いた改めてUWが多国籍の生徒によって成り立っていることを実感したよ♪マンゴーシャーベットなかなかの美味でしたこういう機会を通して自分の国の文化を紹介できたら素敵だよねー。Japanese Marketってないのかな〜〜

それから昨日は5月生まれの友達の誕生日会だった今回はあゆみとハスキーとさとっこーの誕生日☆あゆみんとハスキーは同じ犬同士たぶん通じ合うものもあるんだろうね。全くワンワンうるさかったよ(笑)たくと、幹事お疲れさん


hasuki-l







takuto








夜はまたスムージー飲みながらまったりと韓国映画観ました。なんだかよくストーリーが掴めないままに終わってしまったw 途中友達も寝てたみたいだしw 俺も余裕で寝てしまった(笑)その後はなんだかクラスターメイトが酔ってて結局朝の5時までたわいもない話をだらだらと聞かされましたまぁでも奴らと過ごせるのも残り1ヶ月だしね。ホント時間は待ってくれないよ・・。だからこそ今はとにかく彼らと過ごせる1分1秒の貴重な時間を有意義に使いたいですのー。

ふぃあだ











ついに明日の朝両親がシアトルに来ます。早起きしてホテルまで迎えに行かなくてはならないので、今日は早く寝よー♪てか、マジでプラン立てないと!!

  
Posted by takumin_seattle at 09:25Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月06日

メキシコ るんるん♪

d1463c34.jpg日本は今ゴールデンウィーク真っ最中だよね5月5日は子供の日だっけか。こちらアメリカではCinco de Mayoっていうメキシコのお祭りの日だったよまぁ、そこはアメリカ人。。メキシコの歴史をこれっぽちも知らないくせに、ただ馬鹿みたいに飲んだくれてましたw 一応、補足しておくとCinco de Mayoって直訳すると5月5日、メキシコ軍が1862年のプエブラの戦いにおいてフランス軍を破った記念すべき日として祝われるようになったそうですあまりにも盛大に祝われる記念日なので未だにCinco de Mayoがメキシコの独立記念日だと誤解する人も多いんだってさメキシコの独立記念日は9月16日だよ

アメリカにはメキシコからの移民も多いから必然的に盛大な祝われるよね。でもね、実際にはアメリカでのほうが盛大に祝われてるらしいよ。理由はいくつかあるみたいだけど、アメリカでマイノリティとして人種差別を強いられてきたメキシコ系の人達がプエブラ戦争における偉業(メキシコ軍は2倍以上もの兵力があるフランス軍を破った)をアメリカで逞しく生き抜く自分たちの雄姿と重ね合わせて記念日を盛大なものにしようしてるんだってさ民族自決の考えだね。

そういえば、先日シアトルでは移民法に対する反対のデモがありました。不法滞在、就労者への法律をもっと厳しくするっていう新法案に対してのデモ行進だったらしい。あの日は、交通機関が完全に麻痺しちゃってダウンタウン歩いて行ったからねアメリカは経済的にも社会的にもメキシコの影響をかなり強く受けてるんですね。

そんな今日は交換留学生のためのパーティに参加してきたよもうしばらく会ってなかった友達に偶然遭遇してすごい感動したぁ!みんな相変わらず元気そうだったなー( ´∀` )で、その後は来年早稲田に留学するUW生と夜ご飯食べてきた!適当に入ったお店がなんとメキシカンレストランでしたw 入店する時は記念日のことすっかり忘れてたもんね><UWの生徒はすごく誠実な人ですぐに意気投合できました♪これからもKeep in touchですなー。

その後はフライデイナイトにも関わらずIMAで閉館10時半まで愛ちゃんと気合のスクワッシュwえーと、疲れましたw 明日確実に足つって起こされますww そして、忘れてはいけない今夜のメイン、メキシコといえばそうテキーラだ!!と、そんなにうまく話が進むはずもなくw 手作りスムージーをおいしく頂きましたww でもね!今夜のスムージーはこれまでで一番の出来だったよー!!なんたって苺、パイナップル、桃、バナナ、ヨーグルトを豪快にミキサーにかけたからね!超うまかったぁあ!!

今夜もいい夢みよーおやすみなさい★★



  
Posted by takumin_seattle at 18:07Comments(2)TrackBack(0)

2006年05月04日

第2回コリアンムービーナイト☆

bb253adc.jpgということで昨夜は前回に引き続いて韓国映画を観ました会員もようやく4人に増えてだんだんと盛り上がってきたよw 第2回目の昨日は「彼女を信じないでください」っていう映画を観たよ主演は韓国でも有名なカン・ドンウォンキム・ハヌルキムハヌルは笑顔がとても素敵で清純な感じがめっちゃ最高です(* ̄∇ ̄*)(←すでにハマってるアホw)一方、韓国において不動の人気を誇る男優のカン・ドンウォンの方はというと会員メンバーの一人E氏から上映開始早々ダメ出しをくらってましたw 俺は田舎の素朴な青年って感じが彼の雰囲気とマッチしてて結構好きだったけどねww なんか憎めない、そんな感じの男優でしたいやーしかしさすがは韓国人、男優はみんなマッチョです。日々物凄い訓練をしてるんだろうなー友達曰く韓国では甘い笑顔とソフトマッチョが受けるという法則があるらしいけど、ホントみたいだね。彼らの筋トレに対する執念にはマジで頭が下がる思いです。。俺も負けてられないぜ!もっと×身体鍛えるぞ!(って、オイリーなアメリカンフードを食ってきた後に叫んでみるw)今週の週末くらいに暇があれば第3回目を開きたいなと思ってますじゃんじゃん集まってくれい!

えーと、それから今日は先学期の終わりに捕まった個別のアルコールセッションに参加してきました。うーん、感想は、、長かった。。(/□≦、)1時間弱永延と質問攻めに会いました。お酒を生まれて初めて飲んだのが何歳の時だったとか、飲んだあとは暴れたことがあるか等など。。アメリカは本当に未成年の飲酒に対しては厳しい国です。それこそ、イギリスでは未成年であってもバーに入ってお酒をオーダーできるけどここでは状況が全く違うね今思えば、アメリカに来てから間もない頃そこまで飲酒に対する法律が厳しいとも知らずに宇和島屋で堂々とIDを見せてワインを買おうとした自分が恥ずかしい(笑)あの時は「いやーだからギフトですよぉー!」って何度も言い張ったっけかww とにかく以後気をつけよう残り1ヶ月弱、なにがなんでもお酒で拘束されないぞ!笑



  
Posted by takumin_seattle at 17:37Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月30日

最愛の友との別れ

「出会いがあれば別れもある」

今日は最愛の友との別れの日だった。シアトルで初めて出来た大切な友達。初めて奴を見たとき、俺の直感がこいつだって教えた。イギリス人のくせに小柄だったけど、無限の可能生を秘めた最高に熱い奴だった。

どこに行くにも一緒だった。寝坊をして授業に遅刻しそうになったとき、いつも俺を助けてくれた。海に沈む夕日を眺めては、将来の夢を語り合った。そんな大切な友とのお別れの日。別れの時、これまでのいろいろな思い出が一気にこみ上げてきた。本当は別れたくなかった。でももうすぐ日本に帰らなくてはいけない。連れて帰ってあげたいけど、日本では誰も世話をしてくれる人がいないだろう。仕方なかった・・・。

だから、さようなら。。



















僕のブロンプトン。

jk  
Posted by takumin_seattle at 06:44Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月24日

春がきた〜春がきた〜〜

春です。シアトルにもとうとう春がやってきました日中でも肌寒い日々が続いていた先週とは一転、最近は本当にポカポカした陽気が続いてます。今日なんて半袖でも全然問題なかったよ。そんな天気が良かったもんだから、友達と大学周辺をサイクリングに行ってきました3時間のーんびりとね。途中坂がめっちゃ多くてかなり疲れたけどまーいいエクササイズですねお昼がCheesecake Factoryで物凄く重かったらw カロリー消費ふぉー!

サイクリングってホントいいよね♪見慣れたシアトルの町が今日はなんだかすごく新鮮に感じられた普段通る道端に目をやれば綺麗な花が咲いてたりアヒルがのこのこ歩いてたり知らない道を一歩入れば、まだまだ知らなかったシアトルの魅力がたくさんあったよガスパークでは大勢の人が凧揚げしててビックリした(*'o'*)凧揚げってこっちで盛んなのかな?雲ひとつない大空に優雅に舞う凧をしばし眺めては凧揚げなんてしなくなってから久しいなーと物思いにふけってみたり。一気に丘を駆け上がったとき、シアトルがエメラルドシティだなんて呼ばれる所以が分かった気がした。新緑の淡い緑色が真っ青な湖と見事なコントラストとなって、空に溶けていく。そんな自然いっぱいなシアトルがますます好きになった

さーて、勉強だ!中間ファイトー!!






12






85






64






37











9  
Posted by takumin_seattle at 14:01Comments(2)TrackBack(0)

2006年04月23日

帰国日決定しました。

f550885b.jpgいやー今日も最高にいい天気だったねなのに俺は昨日のセミフォーマルクルーズのために友達から借りてたワイシャツを洗濯して、アイロンかけて気がついたら半日が潰れてましたw 

そんなんで夜はダウンタウンでTAKE THE LEADっていう映画観てきたよこれ実話に基づいていて、Pierre DulainというクラシックダンスインストラクターがNYの公立学校の問題児をダンスを通して教育するというヒューマンドラマだった。やはり、人への優しさこそがその人の成長過程において不可欠なんだなと改めて感じた。問題児がどんな理由があってそうやって社会に背を向けてるかなんて、彼らと真に向かってみないと分からない。そんな思い心の傷を負った問題児たちが一人のインストラクターとの出会いを通して、どのような成長を遂げていくがが見所となると思います。最後のダンスパフォーマンスは必見!笑いあり、涙あり(かは分からないけど)物凄くいい映画なんでおすすめです

それから報告。とうとう日本に帰国する日が決まりました。18日にロスを発って19日の夕方5時に成田に到着しますそう考えるともう帰国まで2ヶ月もないんだ急に焦るなーw なので今のとこ韓国へは日本に帰って1週間ほどのんびりしてから行く予定です

ps. 今日エレベーターに閉じ込められたw マジであせったー
  
Posted by takumin_seattle at 16:23Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月21日

Spring is just around the corner

今日は授業のプレゼンが2つもあったインドの女性教育についてとEscobarの"Problemitization of Poverty"についての発表。特にEscobarの貧困についての見解は先進国に生きる自分たちにとって考えさせられる。プレゼンのためにまとめた彼の要旨をちょっと紹介


The keys that Escobar points out are;


1)

The problem of poverty in the Third World are being objectified by the FirstWorld. Therefore, the solutions for this problemitized poverty can only be discussed in the context developed by the people of First World. Escobar criticizes this approach by claiming it is the biased recognition and solution of poverty being generated in the development discourse in today's global capital economy.

2)

He also addresses that the people in the First World recognize the people of Third World in the same historical context, which is of course a problem because it is crucial to consider the economic, social, and cultural infrastructure that are peculiar to a country or region for tackling their poverty and their development. Under this circumstance, their national or indigenous identity are being distorted.

プレゼン終わった後は開放感に浸る余裕もなく、すぐ部屋に戻るとそのまま4時間の昼寝をしましたw 昨日はほとんど寝てなかったからねー体力的に限界だったよ。いやーお疲れさん。

夜は友達にもらった韓国映画みたよ。


K



「私の頭の中の消しゴム」っていう映画。俳優が超しぶくてかっこよかった!前も言ったけど韓国人のLanguage Partnerに韓国語教えてもらってるんだ。最近は韓国文化にどっぷりはまってしまって、韓国語勉強するのも本当に楽しいし、韓国料理食べるのも大好きだし、みんなホントいい人達だしもう韓国最高だよ!もうね、こうなると止まらないんだ。昔から馬鹿の一つ覚えみたいに一つのことにはまるととことんそれを極めないと気がすまない性質だからね。。いいのか悪いのか分からんけど@_@; 日本帰ったら本格的に韓国語勉強したいな

それから報告で、夏に旅行する場所が決まりました6月の上旬に学校が終わるのでその後はサンフランシスコ、ロサンゼルスを巡って日本に帰国しますただ、その後、直接韓国を旅するか一旦日本に帰るかはまだ決めてないんだけど。たぶんまずは日本に帰るかな。その後ゆっくり韓国を旅行する予定ですペルーも本当に行きたかったんだけどね。。親にも心配かけたくなかったし、遠いしね。今回は残念ながら断念することにしました。でも、SF、LAで思いっきり楽しむぞー!

あー帰国の準備もしないとなー来月には両親も来るからそのプランも立てなくちゃだし。バンクーバーにも一泊する予定後はちょっとずつ部屋の片付しなくちゃね。。それから、こっちで買った折りたたみ自転車を買ってくれる人を探しているのでもし知人で自転車欲しがってる人がいれば教えてあげてください

一応、Craigslistに広告載せたので詳細はそちらでどうぞ。
http://seattle.craigslist.org/bik/152799096.html

  
Posted by takumin_seattle at 19:01Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月16日

Sweet weekend in Victoria

金曜日から1泊してカナダのヴィクトリアに小旅行に行ってきたカナダはこれで3回目。これまでバンクーバー、モントリオール、ケベックと3都市を回ってきたけれど、どこも個性的な都市でそれぞれに全く違う良さがあるんだよね。

ヴィクトリアもシアトルのような入り組んだ地形にあるため、交通手段はフェリー。フェリーに乗るのはずいぶん久しぶりだー楽しみ〜♪o(^▽^)o もちろんこの時点では誰がこの後起こるであろう悪夢を予期できただろうか・・・。

フェリーといえば子供のころによく家族旅行をした時に乗ったが、覚えている限りではかなり良い思い出として残っている。デッキに出れば潮風が心地よく中にはレストランやプレイングルームといったまるで豪華客船的なイメージだ。大浴場までついていて揺れる湯船に浸かって楽しんだのを今でも鮮明に覚えている。

今回、そんな素敵なフェリーのイメージを一瞬にして崩してしまったのは他でもない大波だった。シアトルの穏健な気候にも関わらず、昨日は海が物凄く荒れていて大波が本当にひどかったんだよ大波に煽られ強烈な上下運動を繰り返すフェリー。果たして無事にたどり着けるのかとそればっか心配してた(;´▽`A``そんなモンスターのようなフェリーでは船酔いをした人が続出。あたりを見渡しただけでもざっと30人は吐き気を催していたに違いない。トイレを争う荒れ狂った人々の姿はまさにバトルロワイヤルそのものであった。実は船酔いをしたのは生まれて初めてだったけど、まさかあそこまでひどいものだとは思わなかったよ。。

そんな地獄の2時間半の大航海を無事に乗り越えた仲間たち。マジで頑張ったな。お疲れさん。そんなこんなで、ヴィクトリア観光開始。旅行のコンテンツはこんな感じ☆

[1日目] 

メインストリートでショッピング
お昼ディムサム
議事堂見
Beacon Hill Park
Undersea Garden
ディナー海鮮料理

[2日目] 

お財布探しw
The Butchart Garden
お昼&アフタヌーンティー
クレイグダロッグ城見学

中でも一番心に残ったのは一番有名な観光名所のButchart Garden。館内には世界各地の庭園がいろんな角度から楽しめるようになっていた。中でもSunken Gardenは圧巻で色とりどりの花々が咲いてたよ。こうやっての〜んびり花を眺めるっていうのも時にはいいもんだね。あとは、お城も良かった!当時の生活様式とか歴史とか垣間見れてとても勉強になりました♪ヴィクトリアは英国風の建物が町の大半を占めていて、雰囲気もすごくヨーロピアンだった。町全体が明るい感じで雰囲気すごい気に入ったなたった2日間だったけどいろんなとこ行けたし、おいしいものたくさん食べたし最高の旅行になりました。ヴィクトリアは週末旅行にピッタリです。ぜひお試しあれ〜



おしまい

ほてるガーデン集合写真n







がーでんおはな








ガールズあゆみ ティー













ayumi & takumi  
Posted by takumin_seattle at 17:57Comments(2)TrackBack(0)

2006年04月12日

今本気で悩んでること

留学生活も残すところ2ヶ月となった。すぐに日本に帰って就職活動に追われるという友達もたくさんいて夏休みに一緒に旅行できそうな人が少ない。。

今これ本気で悩んでる。

一緒に旅行をする友達はいるのだけれど、自分の行きたいとこに一緒に行ってくれそうな人がいないw

最後の旅行先として考えてるのは空中都市として知られるかの有名なマチュピチュのあるペルー。

最初は友達と行く予定だったんだけど、やっぱり友達の親も南米だからって治安の心配をしたみたいで結局キャンセル、振り出しに戻ってしまった。

そこで、代わりにサンディエゴやロスを回ろうという計画が浮上している。

でも、やっぱり本音としては南米をみてみたい。いま南米を訪れて現地の風を肌で感じることは今後の開発の勉強において物凄く意味のあることだと思う。

でも、親には心配かけたくないし。。すごいジレンマに陥っている。。

結局、友達とカリフォルニアに行くのだろうか。今日も眠れなそうだな・・・。

  
Posted by takumin_seattle at 17:55Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月08日

イチロー、城島、でも本当の大物は意外なとこに潜んでいるものだ

今日は運動に明け暮れた一日だった。IMAでサンドバッグ叩いた後、あゆみとジンとヘイミとまさとスクワッシュしたみんないい汗かいたねー時間もたっぷりあったから飽きるまで出来たし超ハッピーだった。あースクワッシュにどんどんはまっていく自分が怖いw 明日とか絶対筋肉痛だわ

夜はホントは皆で日本食を食べに行こうって話になってたんだけど、結局人数集まらずに日本食は中止いやーでも金曜の夜ですしねーはじけたいですよねーってことで行ってしまいました


マリナーズ野球観戦

シアトルにおける最高の娯楽は間違いなくこれでしょ! 

プレイボールが7時からで、行こうって実際に決めたのが5時半過ぎてたからねww ほんとノリだけで行っちゃったって感じだったよ(笑)まー考えてみればそんな軽い気持ちでイチローの試合を観にいけるほど恵まれた環境で勉強してるんだなーって改めて実感した I LOVE SEATTLE〜!

球場に着くと溢れんばかりの観客達でごった返してた。皆今年こそはとマリナーズの健闘を期待しているみたい。いつも通りライト側のベストポジションを確保☆イチローはすぐそこだ!




し、し、しかもスターティングオーダーみたら、いましたよ!今夜の主役!!








城島キター!!!O(≧▽≦)O



おーだー









城島を生で観たのは一昨年だかに行った日米戦の時以来。いやーマジで感動だわ。こんな目の前で2人の日本人が堂々と活躍しているんだもんシアトル市民もみな必死になってイチローって応援してさー同じ日本人としてすごく誇りに思える瞬間だよね。あ、そういえば城島の発音がまだよく分からないのかアメリカ人は彼の応援に苦戦してましたw JOHJIMA(じょ〜じま)ね!w 一日も早く城島がマリナーズの正捕手の座を獲得することを期待しよう!!



イチロー







俺たちの必死の応援の甲斐もあって結果は・・・



















完敗でしたw うぎゃー∈(´Д`)∋




マリナーズ今年も弱いよーーもう投手陣とかボロボロだわ↓↓防御率悪いし、今日はイチローも城島もヒットでなかったしね。。うーん、応援そっちのけで乾杯〜!なんてしてたのが良くなかったのかな?笑 まぁナイトゲームは爽快でいいけどね毎回思うけど7回のTake me out to the ball game (私を野球に連れてって)とか歌うとシアトル市民の一員になれた気がして最高の気分だよねまた今度行こう!



[追記]

いやーイチローにも城島にも会えたのは最高だったんだけど、もっと大物にも会ったよねー(ある意味w)









え まぢで!? 誰?誰??



















そうそう、



あの関西を代表するピン芸人・・・(いや、しないしないw)










































友近だぁあーーーー!!!!!!!!爆




友近













そう、なんと球場で友近に会ってしまったのですw球場のチケット売り場で俺たちの前に並んでいたんですよ。しかも彼女、威風堂々と突然俺たちにチケットを売りつけてきました(笑)「買わん?早いもの勝ちだよー」って 余ってる25ドルのチケットを20ドルで提供してくれた友近。おお、これは安い!(^▽^\)なんて優しいんだ(=´▽`=)

おっと・・


でもこれ、、



レフト席ですから!イチロー観えませんからっ!!!友近、残念っ!!笑

  
Posted by takumin_seattle at 17:00Comments(1)TrackBack(0)

2006年04月07日

どーでもいいですよーな一日

「泣きっ面に蜂」

なんて諺があるけれど、まさに今日はそれを象徴するような一日だった。

朝、どーんという地響きと共にベッドから落下w ベッドから落ちたのなんて人生初だw 目覚ましを止めようと思ってバランスを崩したのが原因。一人朝からもがいたまーそのお陰で7時に見事な目覚めをしたからいいけど

午後は先学期の終わりに捕まったアルコールの第二回ミーティング。飲み会を俺の部屋でやってたことから、主催者ということで罪が重くなるらしいこれから2度のセッションに出席しなくてはならないんだって>_< しかも、2回目は個別面談だってさまぁ正直に謝ろう、それしかないしね。。

超ブルーな気分で寮を後にすると、途中、"勉強をたまにはするのかもしれないが、基本的にしないと思われがち"な○っちゃんに遭遇。テンションも一気に上がって「○っちゃーん!」って駆け寄ったら、いきなり手を捕まれ突然走り出す彼女。おいおい、どこに連れて行かれるのかと思いきや、気づいたら彼女のクラブが資金集めのために売っているドーナッツを無理やり買わされていたこら、さ○こ!俺はすでにTIMEも購読してあげて十分君のクラブに貢献しているんだよ!!!忘れたのかい??

その後、ベルビューまでプレゼントを買いにお買い物。バスの中で転寝をして、全く知らないとこまで連れて行かれる ここどこだ?wと、同時にiPodのイヤホンが壊れていることに気づく仕方なく新しいものを購入。余計なコストがかかる

疲れきって大学まで帰ってくると、そこには天使が待っていた。




た、た、














たつやだー!!!ww (え、天使??ないないないwww)



あんな遅くにAVEでたまたま遭遇。いつもの寒いギャグに一層テンションが下がったが、くだらないことを言い合える仲だからこそ学べることも多い。韓国人を交えていろんな異文化話に花を咲かせた。今振り返ればこれが今日した唯一の生産的なことであったろう。こういう日はゆっくりと手紙でも書いて、まったりと夜を過ごすわ〜〜


明日こそはいい日になりますように!!スクワッシュするぜ!!!!










  
Posted by takumin_seattle at 17:21Comments(2)TrackBack(0)

2006年04月06日

なんでMoistureなのか結局分からなかったけど、そこがEnglish Humorなのだろう

今日は授業がなかったから一日お休み。授業がない日は油断して朝もちょっぴり遅めに起きちゃう先日、夏時間が始まって1時間早くなったんだけど、未だにその1時間に慣れずにいるみたい特に朝は大変だよ〜友達のブログにもう帰国も近くなってるし、時間は無駄にできない、旅行しようなんて書いてあったけど確かにそうだなー。あの寝坊してる時間をシアトル市内の旅行に投資できたらいいわ。まだまだ知らないとこたくさんあるだろうし、最後の学期だしシアトル巡りしないとな5月に親も来るみたいだし、案内できないと恥ずかしいしなw


夜はFreemontで行われたMoisture Festivalに行ってきた!いろんなショーやパフォーマンスをやってるんだけど今夜のはコメディがメインだったみたい。始まりから観客も物凄いテンション高くてさすがアメリカだなって感じた。印象に残ったのもいくつかあって、まずは足だけを使ってサンドイッチを作るという偉業をみせてくれたおっさんww これまでテレビ局にも依頼されて出演したこともあるらしい。いやー圧巻だったね、この世の中にこれほどまで足を巧みに使いこなせる人がいるのかとw もちろん最初にソープを付けて足を洗うんだけど、足をこすりあってる瞬間とか見てて鳥肌たったわww あまりに動きが自然でさーこいつは本当に足だけ使って生きていけるんじゃないかと思っちゃったよ(笑)ま、極めつけはピクルスを足でつかみ上げたとき。鳥肌の領域を飛び越えて身震いしたわw あれは恐怖というほかに言葉がみつからないねー。ま、もっと驚くのはそのおっさんが足で作ったサンドウィッチを観客の一人が食べたってこといかにも食に飢えてるといった感じのfattyなアメリカンガールが自ら立候補したときは思わず爆笑してしまったw あんなサンドウィッチを思いっきりほおばった若者の勇気に、あっぱれ!笑

あとは、笑うセールスマンの格好した奇妙なドイツからきたとかいうコメディアンねw 動きがツボだったよw マジで笑えたわー。泣いてる赤ちゃんに容赦なく水を浴びせかけたシーンはさすがに、まずいかなとも思ったけど、まーアメリカだからねwなんでも許される、うん。たくと氏のお気に入りだったそうです☆取りを務めた「なんでだろー(だっけ?w)」とかいうグループはちょっとアジアンチックで良かった武道っぽい演技とか普通にうまかったしね。あとジャグリングも半端なかった!ああいうのを通してアジアに興味を持ったっていう外国人は多いし、これからも彼らには頑張ってもらいたいね。

まーこんな感じのフェスティバルでした。お笑いってよりは、かくし芸って感じのフェスタだったけど、全体的に面白かったかな。まだまだ英語の聞き取り完璧じゃないし、英語の笑いのセンスが分からないから全部を理解するのは難しかったけど、こういう機会を通して少しでもアメリカンカルチャーに触れられたら素敵だと思うちょっと内容のわりには入場料が高かったけどねまー時間に余裕のある方はぜひぜひ行ってみて♪♪

野球のシーズンもついに始まった!また、イチロー観に行こうぜ!!




  
Posted by takumin_seattle at 17:04Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月05日

なんでもない火曜日をドラマチックなものに変えていく 

今日は最高にいい天気だった最近はちょっと寒かったからねーポカポカ陽気に包まれてテンションも急上昇授業終わってから、クヲッドにお花見しに行った!ぼちぼち散り始めちゃってるけど、まだまだ見ごたえあるねーこんなにいい天気だったから学生も芝生に寝転がったりしてさ。それはもう言葉にできないほどの〜んびりした午後のひと時でしたこの風景は何度見ても飽きがこないよね〜癒されるわー


sakura桜3







そしたら、ジョーイー発見!!(元ルーミー)彼女のアンと寝そべって勉強してた。なんと平和な光景なんだー!ジョーイー今学期は勉強もすごい頑張ってるみたいだし、バイトにも凄い精を出してるんだ。なんか別人みたいになっちゃってホントびっくりだよやっぱり恋の力は偉大なんだなーまぁ、相変わらず愉快な奴なんだ。こいつと過ごした4ヶ月が今思えば夢のような日々だったなただでさえ慣れない海外生活に戸惑っていた自分に追い討ちをかけるようにハチャめちゃなルームメイトだったからねwwでも、こいつと過ごせたお陰でいろんなアメリカン・カルチャーにも触れることが出来たし、カレッジライフを満喫できたと思う。本当に感謝だねー☆☆あ、そうそう、この彼女が例の朝起きたらhfu64%f%っていう女の子ですww

桜2桜1








夜はFIUTSのMovie Nightに行って来たよ。2004年に公開された「OSAMA」っていう映画を観てきた。日本のNHKも全面協力した映画だそうで、タリバン政権下のアフガニスタンを舞台に、一人の少女の置かれた過酷な状況を切実に描いたヒューマンドラマです。イスラムの教えを厳格に守るタリバン政権下では、女性は身内の男性の同伴なしでは外出することを許されてないんだけど、そんな中で家計を支える男性を全て戦争で失って、祖母と母親、そして12歳の娘だけが残された家族。こうした苦境のなかで母親はついに娘を男装させ働かせることを決意する。

教えに反する行為に怯えながらも家族を必死で守ろうとする少女の愛情には感動させられた。後で主役の少女は実際に内戦で2人の姉を失って5歳の時からストリートチルドレンとして生きてきたと知って、すごい衝撃を受けた。。目が凄いんだよ、なにかを訴えかけるような力強い誠実な目をしてるの。演技うまかった。

映画はGender Inequalityがテーマで性差別の辛い現実を目の当たりにしたって感じだったよ。女性は働きにも出れないから、生活の糧を賄うことも出来ないんだよね。。先進国が物資支援をしたところで、それは一時的な解決にしかならないし性差別という根本的な問題が解決されない以上、こうした貧困は一向に解決されないだろうなって思った。Structual Violenceが改善されない以上、人々の生活は変わらないもん。と、同時にいかにGlobal Northに生きる俺たちが物資に恵まれているかということを思い知らされた。何気なく消費している生活必需品が一部のGlobal Southの人々にとっては手も届かない貴重なものだったりする。市場経済や自由貿易が財やサービスの生産効率性をあげる一方で、搾取を招き先進国と発展途上国の経済格差を広げる。こうした現代のneo-liberalな経済システムこそがDevelopment Discourseだとする意見にはすごく同感できる。アフガニスタンの例にしたって、女性が働きに出られないという社会構造を踏まえた上でもう一度独自の経済基盤を考察することこそがが人々のcapabilityを高める点でも最も重要な開発事業になるのではないかと思う。

なんだかんだ言ってもやっぱり実際に現地に行って問題をみてみないと分からないよねーなんて友達と映画を観終わった後に話してた。そうだよな、、







「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」
(なんて古いけどさw)


そういう意味でも春に訪れたメキシコはregional inequalityを肌で感じれてすごく貴重な経験になったと思う。問題をはっきりと認識できたからね。そうやって少しでも教室から飛び出して、現実世界に目を向けられたらいいな。



12  
Posted by takumin_seattle at 15:12Comments(1)TrackBack(0)

2006年04月02日

メキシコのおもいで

春休みに行ったメキシコ旅行について書いてみます。今回の旅行は日本人4人、アメリカ人1人、韓国人2人の計7人での旅行だった。国際色豊かな旅で、終始笑いが絶えなかった

カンクーン・コバルトブルーの海と空に感動の旅日記

最初に訪れたのはユカタン半島の突端に位置するカンクーン。世界でも有数のリゾート地として知られるだけあって、あまりの海の綺麗さに言葉を失うほどだったヤシの木や瓦葺屋根の家が至る所に点在するまさに最高のパラダイスであった。天気はもう最高で、半袖じゃないと過ごせないくらい物凄い熱かったよ!映画マスクのロケ地として使用されたクラブcocobongにも行った♪ダンスだけでなく、さまざまなパフォーマンスを楽しむことができました。ここ絶対おすすめです!ぜひ、お試しあれ夜は月明かりのもと美酒に酔いしれたあ、そうそう生まれて初めてシュノーケリングにも挑戦したよー!見たこともないカラフルな熱帯魚を夢中で追いかけた



cancun 1cancun 2








xuelaシュノーケリング








cocobong 1









チチェン・イツァー&メリダ・伝統舞踊と古代文明の旅日記

チチェン・イツァーはマヤの言葉で"泉のほとり"って意味なんだって。ガイドさんが教えてくれた。200年以上にわたってユカタンの経済、宗教、芸術の中心地だったことからそう呼ばれたらしいピラミッドや数々の遺跡を巡った。マヤ・トルテカ文明についてたくさん学んだ。この時は、年に数回しか観ることができない羽毛の蛇の影を拝めることができて良かった♪これ観るために多くの観光客で賑わってたよその後はメリダで伝統舞踊を鑑賞した。伝統舞踊って大して興味なかったけど、実際見たら物凄く面白かった!中でも棒にくくり付けられた紐を編んでいく「ダンサ・デ・シンタス」という舞踊は圧巻でした!!あの、ほのぼのとした雰囲大好きだわー

チチェンイツァ2民族









民族舞踊1民族舞踊2













メキシコシティ&テオティワカン・古代美術とメキシコ史の旅日記


旅の最終地は言わずと知れたdensed city、メキシコシティ。やっぱり、空気が汚れてるのかな、すごい鼻も詰まったし目も痛くなったそのせいなのか分からないけど、メキシコシティから帰って来てからというものどうも声が変ってしまいしましたw 最近みんなに言われる‥。変声期なのかな?w そんな馬鹿なww うーんそんなメキシコシティでは美術にたくさん触れた。特にかの有名な国立人類博物館を訪れられたことは大変嬉しかった。教科書でみたことのある「太陽の石」を生でみれてマジで興奮したしね。こんなものをよく作ったなーとアステカ人の創造性と英知に心から感動したよ。それから、ディエゴリベロの壁画もたくさん観てきた最高傑作と賞賛される「アラメダ公園の日曜の午後の夢」たった一枚の壁画を1時間かけてじ〜っくり鑑賞したんだけど、メキシコの革命史とかが巧妙に描かれてて興味深かったですあとはラテンアメリカ最大の遺跡テオティワカンにも行った!謎に包まれたままのテオティワカン、未だに彼らの存在は明かされてないんだって。そんな古代文明の神秘に思いを馳せた旅でした


テオティワカン太陽の石








リベロ壁画メキシコ市









1週間という短い期間だったけど内容の濃い充実した旅になりました。初めて訪れたラテンアメリカ、民族色が強く残る独特の文化にたくさん触れることができました。一緒に旅をした仲間へ、ありがとう。また、いつの日か旅しましょー☆






  
Posted by takumin_seattle at 08:18Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月27日

hola estoy detras!

昨日1週間のメキシコ旅行を終えて無事に帰ってきました。青い海と空の下、たくさん食べ、たくさん遊んだ最高に充実した1週間だった!詳細はまた後ほどアップするのでお楽しみに☆

いよいよ明日から最後の学期が始まる。一年なんてあっという間だろうなって思っていたけど、本当に時間が経つのは早いね。あと2ヵ月したら日本に帰るなんてちょっと想像できないよ。最後だからこそ、アメリカでしか出来ないこと、留学中にしか得られないものをしっかり得て帰りたいなって思う。日本に帰るときに胸張って帰れるようにね。あと旅行もたくさんしたい。まだまだ知らないとこいっぱいあるから。いろんな土地を訪れて、いろんな人に出会って、いろんな文化を知って、そうやってもっともっと自分の世界を広げていきたいです。勉強も頑張らないとね!

大学はいま桜が満開です♪

さくら1さくら2  
Posted by takumin_seattle at 16:03Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月17日

春クウォーター終了&メキシコ行って来るよ!

さっきパーティ終わった。今朝の3時。あと、30分したらメキシコに向けて旅立ちます☆初のラテンアメリカということで、ものすごく楽しみ!みんなも良い春休みを♪♪

たな、これまで本当にありがとう!!




  
Posted by takumin_seattle at 20:05Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月13日

"Girls" be ambitious!!

気持ちよい目覚めの日曜日。カーテンを開けると、太陽の日差しが溢れんばかりに降り注いできた。今日もいい日だー。GEOGの試験を明日に控えテスト勉強開始こんなにポカポカしていた日だったにも関わらず勉強をしなくてはならなかったのは実に惜しい。しかも、授業のテストレビューセッションまであったもんだから、まったくガッカリ。ホントにいい天気だったねー今日はQuadの芝生にたくさんの学生が寝そべって、午後のひと時を満喫している姿が目につきました。観光客もたくさんいてビックリした。アメリカの大学って平和だなーって改めて思った昨日はキャンパスでたぬき(?)も見たしねw

ちょっとずつ桜も咲き始めたよ!お花見の季節はもうすぐそこだ☆☆☆


さくら



うめ2




セッションが終わってから今学期同じ授業を取ってたジェニファーと夕飯を食べに行った。アブの上のほうにあるインドカレーのお店インドカレーまじで美味しいよー

ジェニファーは日本語を勉強している子なんだけど、すごい明るい子ですぐに仲良くなったでも、穏健な性格の子だと思ってたから予想外に大体でビックリした。公共の場でfuckinとかshitとか平気で使ってきて、「えええっ!」って感じだったよw しかも、その後自慢の「一週間のう○こ」っていう曲を堂々と歌いだしたもんだから、マジで焦ったしw まぁ大爆笑だったけどねww 「女の子ってあんまりfuckとかって使わないんじゃないのかなー?」って聞いてみたら、「そんなことないわよ!全然使ってるよ!」だってw クラスターメイトにもfuckは女の子とかのいる前では使うなよって言われてたけど、これはもしかして使ってもいいということなのかい?w いや、良くないよね?ww (←俺この前ジ○の前で使ってすごい説教くらったしw)彼女はマジで純粋で全く気取らないから、そういうことも躊躇わないのかもしれないしな。ちょっと違う彼女の一面をみれて楽しかった。

よっしゃー明日の試験頑張るぞい!





  
Posted by takumin_seattle at 17:32Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月12日

まったりSaturday

今日もIMA行って思いっきり身体動かしてきた。そうそう、今日はIMAにラングエージパートナーのビリーと行ったんだ。あいつホントでかいから(身長193センチw、しかもラグビーしてるから身体がやばいw)周りからじろじろ注目されてて変な視線をいっぱい感じた。まったく、身長差いくつだよ・・・Oops

昨日はスクワッシュを初体験今日はラケットボールを初体験してきた!卓球とかテニスにはない玉の動きに、かなり翻弄されたよw 人類は面白いスポーツを考えたもんだねー。スクワッシュとラケットボールって一見するとまったく同じように見えるスポーツだけど、ボールの大きさも全然違うしバウンドの仕方も違うからそれに順応するのに苦労したてか、思ったんだけどさーあれってダブルス不可能じゃない?w あんな狭いコートの中で4人ものプレーヤーが同時に動けるものなのだろうか・・・。ぜひぜひ、プロのプレーを観てみたいわちょっとはまりそう





スクワッシュ

スクワッシュ




ラケットボール

ラケットボール




昨日ランニングマシーンの使い方をあゆみに教えてもらって、ようやくアナログ脱出w今までは普通に最上階にあるトラックをひたすら走ってたけど、やっぱりランニングマシーンのほうが効率がいいみたい☆今日は10分ほど走ったけど、すごい汗かくしね!最後とか速度11.5にしてトライしたんだけど、めっちゃ10秒が長く感じたよw 足がもぎ取られるんじゃないかと思ってマジで焦ったwふぉー!


夜は友達とKOZUE行って(またかよって感じだけどw)日本食食べてきたよ☆今日はちらし寿司を頂いてきました♪ボリュームあったし、ほんと美味しかった!

そんなこんなで、全く勉強してないやw さて、気合入れてやるか。




  
Posted by takumin_seattle at 17:29Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月09日

渡る世間に鬼はなし

なんて諺があるけど、それを身を持って実感した2日間だった。もう、頭の中が真っ白になって何をしていいか分からなかった。冷静になって落ち着いて行動した。それでも、本当はずっとてんぱってた。そういう時に、やはり優しく手を差し伸べてくれたのは親や友達だった。人の優しさに感動した。人の親切に感動した。

だから、俺もこれから人のためになることをしようって思った。たとえ見ず知らずの相手でも、自分のやってることがどこかで彼らの役に立っているのなら。。

「本当にたくさんの人に支えられて生きているんだ」

一人の小さな親切が
たった、ひとつの親切が
溢れんばかりの笑顔を
運んできてくれる

ふと、小学校の時の担任の先生を思い出した。女の先生だったのに、毎日帰りのホームルームでギターを弾いてくれて皆で合唱した。

〜一人はみんなのために
     みんなは一人のために
         一人はみんなのために
            一人のために〜


今でも決して色褪せることのない歌詞に思いを馳せた一日でした。
ファイナル終了まであと5日!がんばれー☆☆


  
Posted by takumin_seattle at 18:24Comments(3)TrackBack(0)

2006年03月06日

勉強の合間に更新2 

最近なんかくしゃみが止らない。これってもしかして花粉のせいなのかな?日本にいたときは花粉症ひどくて、毎年この時期になると結構辛い思いをしたけど、アメリカにも杉花粉とかあるのだろうかこの前、授業中にくしゃみをしたら隣に座ってたアメリカ人の女の子が「Bless you」って言ってくれた。いやー嬉しかったわ!笑 こっちでは生徒がくしゃみをするたびに教室内にBless youって飛び交う花粉がこれからもっとひどくなるのかは分からないけど、用心しないとなー。そういえば、こっちってポケットティッシュ売ってたっけか。Drug Storeでも見ない気がするなー

昨日は一日ずっとペーパーに追われていた唯一の楽しみIMAくらいなもんだったなw結局朝の3時半に仕上げた。提出期限は1週間以上先だからまだ余裕はあるけど、経済の勉強もしないとだからどんどん終わらせられるものからやっていかないとなー。ペーパー終えてから久しぶりに家族に国際電話してみた。聞き慣れた声が受話器からこぼれてきた。電話した時は、みんなで庭で焼肉パーティしてたらしい。これうちの恒例行事w 久しぶりに妹とも話せてよかった。話したって言っても「久しぶり!」の一言だけだったけどw まぁ元気でやってるみたいでよかった彼氏とも仲良く、喧嘩せずにな。あと、免許取ったからって調子にのって事故らないようにww

お母さんと話してなんも変わらない家族の様子が伝わってきた。日本とアメリカ、あまりにも違う生活。でも、流れてる時間は全く同じなんだなって思った。だからこそ、留学という特別な環境下で勉強させてもらってることに感謝して一日一日を大切に過ごさなくちゃいけないなって思った。よし、勉強再開ー!ファイトー!!





  
Posted by takumin_seattle at 11:20Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月04日

love "actually"

今日もポカポカした陽気な一日だった。金曜の朝は韓国語から始まる。ラングエージパートナーを始めてから約3週間、果たして少しは上達したのだろうか?先週は「ありがとう」を何というか度忘れしてパートナーに説教をされる始末まったくどうしようもない。だけれど、学校の勉強の合間に独学で勉強し始めた韓国語は少しずつ読めるようになってきたし、表現もちょっとずつ覚えてきた。なによりも、覚えようという意欲が最近は出てきたし頑張ってこのまま続けてみようと思う☆残念なことにUWでは語学の授業を春から履修することは出来ないから、本格的に勉強するのは日本に帰ってからだと思うけどね

さてさて、午後は経済のクイズがあったからお気に入りのAllen Libraryでお勉強。ここはHUBが見下ろせる最高の立地にあって、特に温かい昼下がりに勉強するには持って来いの図書館だ。カーテンを思い切り開けると太陽の日差しが溢れんばかりに差し込んでくる。この図書館に行ったことがある人は知っていると思うけど、AllenのSouth棟からは向かいの建物がみえるのである。必死にノートをとる学生達の姿が目に付いた。なんとも平和な金曜の昼下がり、コーヒーを飲みながらそんな窓の外に広がるカレッジライフをぼんやりと眺めていた。が!こんな穏和な昼下がりに、まさかあんなことが起ころうとは誰が想像したであろうか。そう、なんと・・・



















禁断の愛




を目撃してしまったのであるw 

現場はちょうど自分が座っていた席から見える向かいの建物の一室。まさに、教師(TAだと思われる)と生徒の間という世間一般が呼ぶ禁断の愛が前触れもなく突如として始まってしまったのだ!生徒は最初TAに授業の質問をしているようであった。向かいあって話し込む生徒とTA。TAは院生であろう、外見は若そうに見え歳はせいぜい多く見積もっても28〜9というところであろう。そのTAが席を立つと突然生徒の正面に立ち、そのまま10秒ほどお互い見つめ合うと突然ハグをし始めたではないか!実況では伝えきれないのが残念だけど、その時の衝撃といったらそれはそれはとてつもないものだった。思わず携帯を取り出しレスキュー911をしそうになったくらいだw 

彼らはそのまま、部屋の隅にある長椅子にステージを移し、第二ラウンドを開始した。あっけにとらわれて見ている自分が今思えば恥ずかしいが、そんな状況下ではもはや勉強などやっていられるわけもないww なんと大胆な奴らだ。こちら側からその一室が丸見えなのは彼ら自身も承知していたのだろうに。彼らはまるで台本に従うかのように、順調に愛を育んでいくのであった。まったく、アメリカという国はこうもオープンなのかと改めて感じた。また、その反面いかに公共スペースにおける他人への考慮が欠如しているかを思わされた。


こやつらのお陰で経済のクイズはぼろぼろw まったく絵に描いたような素敵な昼下がりは、禁断の愛という異色のカラーによって染め上げられたのであった。芝生の上でごろごろ寝転がる学生、思い思いに読書にふける学生、はたまた一室で禁断の愛に勤しむ教師と生徒、そんなコントラストがなんとも滑稽で不思議な昼下がりを創り出していた


Love actually is everywhere. If you take a closer look at them, you will see they have many colors;

愛は十人十色、色とりどりの愛が世界には溢れている
そんなことに思いを馳せた素敵な金曜の昼下がりだった。



  
Posted by takumin_seattle at 20:12Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月03日

勉強の合間にちょこっと近況報告

するよ!シアトルは相変わらずすぐれない天気が多いけど、最近では晴れの日も多くなってようやく春の到来を感じさせられる今日この頃。UWキャンパスには梅?桜??も花を咲かせ始めたお花見の季節はもうすぐそこだ

勉強のほうも順調にやっている。1週間後にはファイナルが迫ってきているから、この時期は本当に忙しい全般的にアメリカの大学に言えることだと思うけど、日本の大学に比べて生徒の目的意識がすごく高いし競争率も激しいからとても刺激になる。最近は、自分の勉強したいことがようやくはっきりしたから勉強をしてても全然苦じゃないしむしろ楽しいくらい、それだけ勉強面では充実してる。同じ興味を持った友達にも出会えたし、彼から学ぶものも多い。やはり、人生に良きライバルは必要だ。

そのときの出逢いが
人生を根底から変えることがある
よき出逢いを

by 相田みつを

とにかく今は前進するしかない。残りの留学生活も一日を大切にして有意義なものにしていこう

今日は大好きな先生の授業が最後だった。授業終了と同時に生徒からは拍手喝采がおきて、先生も喜んでいたみたいイギリス人の女の先生なんだけど、Geography界の世界権威の教授ですごいかっこいい!彼女のおかげで最近はLatin Americaにもすごい興味を持ったし、早稲田に帰った後もそっちの道を極めたいと思うホントなら彼女にとことん付いて教わりたいんだけどね・・・Shall I TRANSFERする系 ?wそらダメだわなw SILSのポリシーが許さないだろう・・だからこそ、ここで学んだことをしっかり日本に帰ってから生かさないとな☆


そうそう、春休みはなんとメキシコへの旅行が決まりましたー!初Latin Americaデビューもう超→楽しみ!最近は寝ても起きてもこのことばっか考えてる♪ビーチとかやばいし!もうパラダイスになること間違いなし!早くファイナル終わってほしいわー!!





  
Posted by takumin_seattle at 18:44Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月22日

☆☆写真アップできました☆☆

えーと、お待たせしました。ようやく写真アップしたよ!これまでのNY旅行の写真とかカナダの写真とかも見れるのでぜひみてみてね!ブログ右下にある写真をクリックするとFlickerのページにとぶよ☆☆

留学の様子とか海外生活とかも少しは垣間見れると思います♪みんなの懐かしい写真もあるよ!w

これからぼちぼち更新していくから楽しみにしててねー

こちらからも見れます!

たくみflicker



  
Posted by takumin_seattle at 16:41Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月21日

ポートランドでの休日

先週末は月曜がPresident Day とかいうわけの分からない祝日だったので3連休だった何もせずに勉強だけしてるのも退屈だから、日帰りでポートランドまで旅行に行ってきた以前と同じアムトラックを使ってのんびり紀行車窓からの風景は日頃の疲れも忘れてしまうくらいのどかだった♪


アムトラック

車窓

ポートランドに着いたのが午後12時半。シアトルから3時間半で着く予定だったのに実質4時間半の長旅となった。毎回思うけどアムトラックは無駄に止まりすぎだな。まったくとんでもない奴だ!w まぁ旅なんてそんなもんだよな。ゆ〜っくり、の〜んびりがいいわ

ポートランドに着いた俺たちはさっそく世界一小さいという公園を探し始めた。なんでも30cmという超ギネス級だw もはや公園ではない、そんなものが公園として罷り通ってしまうのなら今すぐにでも自らの手でギネス記録を更新したいものだww

さてさて、世界一の公園はどーこに?・・・地元の人に聞いてみる。「世界一小さい公園ってどこですか?」質問を受けた老人は迷わず「公園はここじゃよ」と答える。確かに公園だけどさ〜「あの〜ギネスにも指定されてるんですけど・・」




[公園探し大失敗w]

はぁー↓まさに伝説の公園と言えよう。地元民ですら知らない世界一小さな公園は今日もポートランドのどこかで密かにその名声を輝かせているのである。
って、地球の歩き方も見逃すこと必死なんて書いてあるんだったらもっと正確に位置を教えろよ!!アホー!

その後はワシントンパークへ。バラはまだ咲いてなかったけど、時期がきたら綺麗なんだろうな〜

さてさて、今回の旅行の最大の山場であったのは次に向かったピトック邸である。なんとも覚えずらい名前ではあるが、彼はOregonianの創始者であり生涯を通じて確固たる名声と富を築いた偉大な人物だ。そんな彼のお屋敷はポートランド市内を見渡すことのできる山の頂上に堂々と立っている。山登りをしなくてはたどり着くことのできないまさに奥地。

とにかく歩いた。あんなに歩いたのは久しぶりだったな。旅行の前日にうわじーまでチャリでウキョウと爆走したのが馬鹿だったw 

40分ほど歩いてようやく頂上に到着。そこに待っていたのは見たこともないような絶景だったマウントフッド(オレゴン一高い山)の雄姿には言葉を失った。本当に歩いた甲斐があったな〜

山

こんな絶景を独り占めにしたピトックが羨ましいよ。ピトック邸は見学も出来るからポートランドを訪れる機会があったらぜひぜひ立ち寄ってみて!かなりのおすすめ!!

ぴとっく

ぴとっく 部屋






その後はお洒落なストリート、Nob Hillでまったりカフェってからショッピングをちょっぴり楽しんだ

前回とは違った視点からポートランドの良さを発見できて、素敵な旅になった☆☆

また、こうしてゆ〜っくりと旅行に出かけたいなー




  
Posted by takumin_seattle at 19:25Comments(2)TrackBack(0)

2006年02月15日

シアトルより愛の贈り物

今日はご存知バレンタインデーだった世界中がハッピー渦巻きに巻き込まれてる中、俺は最後のミッドに全精力を使い果たし完全燃焼した。というか、今回のテストはアメリカに来てから受けたものの中で最も難しいものだった初めてのオープンブックテストを体験したけれど、あれは正直生き地獄だなw てか、時間なさすぎ!汗 2時間のテストで問題数7。全て筆記。テスト終了の合図と同時にアメリカ人からもブーイングが起こったww 10分延長って何も変わらないしさ〜マジで2時間必死に書いたねー。一回も手を休めることなくひたすら書き続けた。テスト終了後は軽い痙攣に見舞われたよ(笑)こんな経験は小学生の時に硬筆の出品作品の練習のために居残りさせられて一日で10枚書いた日以来だw まぁいいや、結果なんて気にしないし、とにかく今は終わった==!って思いでいっぱい!今週末は思いっきり遊ぶぞっー!

テストが終わってくたくただったけど、休む暇もなくダンスのレッスンに行ってきた。今学期はヒップホップのレッスンをExperimental Collegeで取る事にした。身体も動かせるし、いい汗かけるしさ!めっさ楽しかったさ!!日本帰ったらのりさんに会いたいなーのりさん何してるんだろう・・・弟子入りしたいです(←かなり本気w)。

ダンスのレッスンが終わって、今夜の締めはバー。あゆみとコリアンと45thにある洒落たバーに行ってきた彼女たちはバレンタインだからといってはりきってケーキまで用意してくれた。久しぶりにいろいろなことを話せて楽しかったな

そうそう、今夜最後の話題は今日のシアトルタイムズに掲載されていた記事から紹介。みんな、世界で一番有名なバレンタインカードのメーカーってどこだか知ってるかな?そうそう、よく見かけるHallmarkだね。その記事によると今年Hallmarkは自社の販売しているバレンタインカードの売り上げをいくつかの都市で集計して、バレンタインカードNO1を決めるという大々的なリサーチを行ったらしい。すると、驚くべき結果が・・・・なんと、売り上げを集計した全ての都市である一枚のカードがダントツに売れていることが判明!こちらがその例のカード。


カード


真っ赤なバラに、大きな黒いリボン。表紙には"For the One I love"の文字。さらに、中には"Each time I see you, hold you, think of you, here's what I do ... I fall deeply, madly, happily in love with you. Happy Valentine's Day."と続く・・。おお、ダメだ、TOOOOOOOOO SWEEEEEEEEEEEETだー!!こんなのもらったらマジで嬉しいだろうな。THE ONEの部分に相手への気持ちが凝縮されてるしな

証拠記事⇒http://www.newsobserver.com/104/story/399978.html

世界中の愛する人へ、今この瞬間があなたにとって

素敵な瞬間でありますように

HAPPY VALENTINE'S DAY
  
Posted by takumin_seattle at 19:06Comments(4)TrackBack(0)

2006年02月13日

お誕生日会 -[祝] 脱ティーン!笑 -

先週の金曜はUW留学生恒例の誕生日会をやった今回は2月生まれのプロイ、クリちゃん、俺、あとは(自称)チャンプ(当日欠席w)の4人の誕生日会だった今回は写真を大放出!(プロイ PROduce)3人集合

3人集合2

今回も毎回のように国際色豊かな素敵なパーティとなった♪プロイとクリちゃんにはまーさとあきらと一緒にVictoria's Secretのランジェリーをプレゼント。2人とも本当に嬉しそうだったそりゃプロイは嬉しいわな。そだよなー笑

プロイ&クリ プレゼント

俺にもプレゼントが! みんなありがとよー!

まーさ、また欝になった時にはこの本に頼るわ!これが俺の命綱だから!笑

まーさと

純&うきょう、なんてクールなプレゼントなんだよ!こんなのもったなくて使えねえよ!笑

純 と

あきら、お前は実はアバクロマニアのくせにこんなもんくれちゃっていいのか!?wこれマジでかっこいいな。サンキュ!

あきらと



おいしい料理に囲まれて幸せいっぱいこちらはケーキをむさぼる方々w うーんyummy yummy~~みんな素敵な笑顔だー☆

えいこ、あい、みき

料理担当はあゆみ。準備おつかれさま。豚汁おいしかったぜ!サンキュー!!!

あゆみ






コリアンのお友達&さっちゃん〜☆☆

さちこ、みん、etc


ジン、ミンハ etc




こうしてパーティは大成功に終わったみんな、ありがとう!これからもヨロシクな!!


みんなで

持ちきれないほどのプレゼント個性の光る素敵なプレゼントばかりでした。ありがとうお手紙もひとつひとつ時間をかけて読ませてもらったよ。まだまだ二十歳になったって実感はないけど、これからもっと大人にならなくちゃいけないんだな。日々努力、日々前進。残りの留学生活も一日を大切にして、思いっきり楽しもう!

プレゼント


  
Posted by takumin_seattle at 19:17Comments(2)TrackBack(0)

2006年02月11日

シアトルの光と影 〜友情の旅日記〜

日本にいるとき少しでも留学の情報を集めようと「早大生の留学体験記」という本を購入して読んだ。先輩方の生々しい留学体験談が記載された本書は当時留学をするという実感がなかった自分にとってはとても刺激的なものだった。確か体験者の中で「英語で喧嘩をする」ことを留学中の目標に掲げてる先輩もいた。まぁ喧嘩なんてそうめったに怒るものじゃないし、そもそも穏和な性格の自分にとってまさか留学中に喧嘩なんて縁のないものだろうなって思っていた・・・。

ところが、昨日まさにそれが起こった。ルームメイトと意見の対立から大喧嘩になった。発端は今のルームメイトがクラスター内にある空き部屋をシングルルームとして使えるようになったのでmove outするということだった。普通に考えれば何も弊害のないことだけど、今回のケースはちょっと訳が違った。そもそも、今のルームメイトは元のクラスターメイトなわけで、同じ部屋で一緒に住むことになったのも彼が希望してきたからだった。もちろん、彼とはすごく仲がいいし、いろいろな面で興味を分かち合えることもあったから迷うことなく了解した。彼と暮らし始めて1ヶ月半が過ぎた。毎日が本当に楽しく、充実した日々が過ぎていった。それが、昨日突然シングルルームのオファーをもらえたから、隣の部屋に引っ越すことになったと言ってきたわけだ。

まず驚いたのはそれが急だったこと。彼曰く先学期にはすでにシングルルームの申請をしていたのだけれど、空きがなくて俺の部屋に引っ越してきたという。それが、突然、空きができたから一人で住みたいと・・・


今回の俺が納得いかなかったのは

1)話があまりにも急であったこと。シングルルームに申し込んでいたのならそのことを前もって伝えてほしかった。

2)一緒に住みたいと言ってきたのは向こうなのに急に態度を変えて、出て行くのはあまりにも無責任。

という2点。でもね、これがまた難しいんだ。。彼がシングルルームでプライベートが欲しいというのは納得のいくことだし、理解してあげたい。ただ、今回の件に関してはあまりにも急だったことと、無責任だったこと、俺の今後来るであろう新しいルームメイトに対して非常に楽観的であったことがちょっと許せなかった・・・。

本当にどうしていいか分からなくて、昨日は半ば自暴自棄になっていた。そんなときでも、友達はいつも優しくしてくれて、親身になって俺の相談にのってくれた。

部屋にかけつけてくれた友達までいた。本当にお前ら、なんでそんないい奴らなんだよ(涙)

そのまま、ルームメイトと完全に仲直りをすることはなく刻々と時間だけが過ぎていった。本当に永遠に続いてしまうのではないかというくらいの不気味な静寂が部屋を支配していた。

深夜、理由もなく寮を飛び出した。ただただ、現実逃避をしたくて寮をあとにした。行く宛てもなく大学の図書館までひたすら歩いた。空を見ると無数の星がキラキラと輝いていた。ふと、足をとめてベンチに腰をかけた。静寂のなか夜空をしばし眺めた。「アメリカの空って大きいんだな。」考えてみれば、今週はテストや授業が忙しくていつも下を見て歩いていたような気がした。気がつくといつも時間に追われ、見えない恐怖と戦っていた。気持ちだけが焦って、自分を見失った日々もあった。

だけれど、この大空に広がる星を見ていると少しずつ心が癒された。人間なんてこの夜空に比べたらちっぽけなもんだ。日常の些細なことなど、どうでもよくなってしまう。些細な意見の対立から大喧嘩をしてしまった自分、本当に情けなかった・・。あそこで、もう少し踏ん張って相手の意見にもっと耳を傾けてあげれたのかもしれない。今思えば本気でルームメイトのことが好きだったから、あそこまで向きになって反論してしまったのかもしれない。本当に好きなら、相手の気持ちも考えて行動するべきだった・・・。本気で反省した。。








よし













「素直に謝ろう。」



これが俺の答えだった。


どちらかが謝らなければ何も始まらない。お互いのとげとげをぶつけ合い続けたって何も変わりはしない。半年間かけて築き上げた友情を失うなんて到底俺には出来なかった。

寮に戻るとルームメイトを呼び出してゆっくり事情を説明した。自分が悪かったこと、相手にも改善してほしかったこと、全てを正直にさらけ出した。心の荷が軽くなった気がした。どれほど今回の件が自分を精神的に束縛していたか・・・


その夜、彼におやすみと一言かけて床に就いた。

ルームメイトの寝顔はいつにもまして幸せそうだった。。  
Posted by takumin_seattle at 10:25Comments(1)TrackBack(0)

2006年02月05日

GO GO SEAHAWKS 12

0b6d9f7a.jpgいよいよ明日ですねこれは実は先週に書く予定だったんだけど、ブログ更新を怠ってました。ごめんなさい

明日はそう・・
待ちにまった・・・・










スーパーボール


の日なんです

えっ?スパーボールって何??

ということでちょっと説明。アメリカで人気No.1のスポーツといえば誰もが口を揃えてアメフトって言います。それくらい人気のあるスポーツなんだね、アメフトって。その全米No1を決める試合、つまり頂上決戦がスパーボールなわけです!なんとその頂上決戦に我らがシアトルのチームSeahawks(シーホークス)が出場するんです!これはシアトルの歴史において史上初の快挙リーグで優勝することはもちろんのこと、スーパーボールに出場するというのはとんでもないことなんです!日本で例えられるものがあるかと言えば、そう簡単には思いつかないよね。野球の日本シリーズなんかとは訳が違うからなー。写真がなくてアップできないのは残念なんだけど、今シアトルの象徴とも言うべきスペースニードルの天辺には「12」と書かれた旗が掲げられています。これはアメフト選手11人に加え、シアトル市民の気持ちはひとつ、”最後の選手”的な意味をこめて12なのだそうですこれだけ応援したら勝つしかないだろう!

そんなに凄いのかよスーパーボールって?って思ったそこのあなた!こちらを参考↓


一番安いペアチケット・・2850ドル(約25万)
一番高いペアチケット・・7410ドル(約74万)
アメリカでの視聴率・・・50%越え?w
30秒CMにかかるコスト・・250万ドル(2億5000万)
CMの常連会社・・・Budweiser w

とまぁとんでもない試合なんです。アメリカにおける最高のエンターテイメントだからねもしこれで明日仮に優勝するようなことがあれば、それこそシアトルはお祭り騒ぎです。この勢いで大学の中間試験すら中止になってしまうんじゃないかっていうくらい!てか、頼む!なくなってくれ!!(切実な願いww←規模が小さい

とにかく、明日最後の決戦へ

頑張れシーホークス!シアトルに夢と希望を〜

  
Posted by takumin_seattle at 15:56Comments(2)TrackBack(0)

2006年01月22日

言葉の壁 

昨日友達と夕飯を食べにいったんだけど、そいつがふとこんなことを言った。

「どれだけ英語が出来るようになれば、日本語みたいに話せるのかな〜」

そいつは日本語だとすごい元気のある奴なのに、英語になると話し方や感情表現まで変わってくるって言っていた。うーん、確かにこれは難しい。。

そもそも、俺は留学する前は「アメリカ行ったら絶対に日本人となんかハングアウトしない!」って心に決めていた。早稲田で同じ国籍でかたまって集団行動をする留学生を毎日のように目にして、一体彼らはなんのために日本に留学しに来たんだよって何度も思ったはっきりいって留学してる目的なんてないんじゃないかって・・・

でもね、、蓋を開けてみればやっぱり自分がアメリカでよく一緒に行動しているのは日本人なんだ。それか韓国人や中国人、台湾人といったアジアの人ね。なんでだろうって考えてみた。そうすると、やっぱりどこか一緒にいても落ち着くところがあるみたい。アジア人はやっぱり価値観が似ているしお互いの共通理解が多い気がする。

もちろん、アメリカ人が良くないなんていってるわけじゃない。アメリカ人もすごくいい奴らだし、この留学を通して仲良くなれた人もたくさんいるだけど、やっぱり日本に比べるとアメリカの”大学”という場は友達を作りずらい環境にあるみたい留学前に担任の先生が教えてくれた。

「一人でも"友達"が出来たらその留学は成功だよ」って。


その先生曰く、アメリカの大学という環境には以下の4つの異なるFRIENDの定義が存在するらしい。

1.お知り合い
2.知り合い
3.お友達
4.友達

下に行くにしたがって、関係が深まってより絆が深くなるんだってさまずアメリカでは週末のパーティという場で必ずといっていいほど出会いがある。そこから、連絡先を聞いたりして次回会う機会があったりすると少しずつ関係も深まってお知り合いから知り合いへ、そしてお友達へと発展していく。問題は最後の友達で、この"友達"というFriendの最終段階までたどりつくには相当な時間が必要だと思う。もちろん、日本においても類似した発展プロセスがあるのだろうけれど、アメリカではこのプロセスの度合いがさらに強い気がする。

友達のつぶやいた一言に戻るけど、やはり日本語のように流暢に英語を話すにはどれほど時間がかかるのか正直俺も想像がつかない。5年で出来る人もいるかもしれないし一生かかったって出来ない人もいるのかもしれない。個人差はあるだろうから。そもそも、外国語を母国語のように話すには言語がパーフェクトなだけじゃ絶対ダメだと思う。その文化を知り、歴史的背景を知った上で人々のものの考え方や行動パターンというものを熟知する必要があるのだと思う。その二つがそろって初めてその言語を完全にマスターしたことになるんじゃないのかな?

それからもう一つ。異国の人に会うたびに自分がいつも意識していることがある。それは、

相手の言ってることにまずは耳を傾けてあげる

ということ。自己主張をするのは簡単。相手の言っていることが自分の文化から見て正しくなければすぐにNOと返答することだってできる。でも、まずは相手の言ってることをそのまま受け入れてあげることが大事。そこから相手の文化に対する理解というものが生まれるから。国際交流においてはこれが一番大事なスタンスなじゃないかなって、俺はそう思う。


こうやって言葉にするのは簡単だけど、実際やってみると難しい。だから最近では普段からアメリカ人に混ざってコメディショーを見たりニュースを見たりとこっちの文化を純に吸収しようと努めてる。中でもコメディは大変。一緒に観ていてもアメリカ人のEnglish Humorというものがよく分からず、どこが笑うポイントなのか読めない(笑)実はこれが自分の中で一番カルチャーショックを感じる瞬間だったりする

そういう意味でもこの留学は語学や専門分野を極めるという目的はもちろんのこと、実際の現地で異文化に直接触れることの出来る貴重な経験だ。だから、日本に帰った後もここで得た経験を最大限に活用して英語学習、国際交流に励んでいきたい。


いつの日か彼らとコメディを観て

心の底から笑える日が訪れるまで











  
Posted by takumin_seattle at 20:23Comments(3)TrackBack(0)

2006年01月21日

一生勉強、一生青春

今日は東京に初雪が降ったんだってねなんかすごい積もったらしいね〜!東京にいる仲間へ怪我しないように気をつけろよー一方、シアトルはとうとう雨天連続記録が途絶えてしまった50年ぶりの快挙ならず。残念っ!

それから今日はセンター試験だったようでセンター試験日の前後っていつも天気が崩れるね。センター試験には天気を操る不思議な力があるようです思い起こせば自分がセンターを受けてから早いもので2年が経ったんだなー。センターってあの独特の雰囲気がたまらないよね!あのピリピリしてる会場って最高にエキサイティングだった。みんな休み時間とかになるとおにぎり片手に最後の確認のためにノートとか見直してさ〜俺は高校の先生に隣に座ってる奴はノートをさりげなく見せて威圧しろとかって教えられてたっけw 特に歴史のノート作りにはとことんこだわったな。いろいろ試行錯誤を加えてノートを作った。今でもそのノートは大切にとってあるよセンターの後は片目つむりながらおそるおそる自己採点してさ、あの緊張感たまんなかったね〜懐かしいあの頃が。。ずっと遠い昔のように感じるな・・・。また高校の奴らに会いたい。。

俺が家庭教師をしていた生徒たちの受験もそろそろなのかな?受験生ってもの凄くプレッシャーもかかるし、精神的に辛い日々が続いていると思う。でもね、受験って決して怖いものじゃないと思うよ☆俺も受験直前にZ会から送られてきた手紙を読んですごく感動した。試験の答案用紙って”世界にたった一枚のラブレター”なんだって。自分の気持ちを伝える唯一の手段なんだって。だから、怖がらずになんでも書くといい。思いっきり自分の志望校への気持ちを答案用紙にぶつけるんだ。そうすると、自然と最高のラブレター(答案)が出来上がるから向こうもきっとその熱い気持ちに答えてくれるから

頑張れ受験生!

GOOD LUCKGOOD LUCKGOOD LUCKGOOD LUCK



  
Posted by takumin_seattle at 18:56Comments(2)TrackBack(0)

2006年01月19日

継続は力なり

今日もIMAに行ってきたよ。最近はジムに行き過ぎて毎日筋肉痛続き本格的に筋トレに励もうと思って行きはじめたらこれが止まらなくなってしまうw基本的には週4回のペースで通って、筋トレとサンドバッグを叩いて1時間ちょっと動く感じサンドバッグはいい汗かくし本当に楽しいね。そういえば、家にあるサンドバッグは今も親父が使ってるのだろうか。。あんまり頑張りすぎないでほしい、うん。。もう歳なんだし、少しは身体を労わってあげてくれよ親父

ところで、今日もサンドバッグをたたいて来たわけだけど、途中で物凄いまっちょがトレーニングルームに入ってきてビックリしたw しかも、服脱ぐやいきなり「はぁー」とか言って飛び蹴りしたものだから全く驚いた!と、同時にどーんと部屋いっぱいに響く物凄い轟音・・

「す、すげーこいつ・・・。」

俺は正直、親父よりも激しいハイキックをする奴を生で見たことがなかったw(別に自慢ではないが、いい歳こいてあそこまで馬鹿みたいに格闘技に熱中する中年親父をみたことがなかったからだw)

どこまで極めればここまでいくんだろう。。そう思った。自分が格闘技の中でもあえてボクシングを選んだのは実は身体が硬いからというしょぼい理由があるw 柔軟じゃないのね空手やカンフーじゃ足技を主に使うからね〜やっぱり抵抗があったんだ中学の時とか身体測定ってあったじゃん?あれ柔軟の時間=恐怖の時間だったからねw まぁ、とにかくそういう理由でボクシングを選んだわけ。ああ、情けない□↓

それはさておき、あんなに身体が柔軟な人はうらやましいなと思って、ふと昔小学校の体育の先生が言ってたことを思い出した。ほら、どこの市でもスポーツ大会みたいのあったよね?市内の小学校が一斉に集って競技するやつ。それで昔、校内で高飛びの選手に選ばれた子がいたらしいんだけど、その子はすごく身体が硬くて正直なところ適任者ではなかったらしいところが、なんとその子は硬い身体をほぐそうと毎日毎日自宅で一枚ずつ新聞紙を積み重ねてはその上に足をのせて必死に身体をほぐしていったらしい。これ聞いたときはマジで衝撃だったね〜「塵も積もれば山となる」ということわざがあるけど、まさにそれで類まれない努力だったと思う。心から感銘を受けた小学6年の夏でしたw

その道を極めるということは容易なことではない。そこには想像もつかないような試練や困難が待っている。でも、やり遂げた時に得られるものは苦しかった試練の重荷よりもはるかに大きい。途中で挫折してもいい。挑戦しない限り何も始まらないから。最近思うことは結局大事なのは「意欲」なんだなって。

なので、まずは今週の金曜から韓国語に挑戦します。Language Partnerをゲットしたのでこちらは日本語を教える形になります。さらに来月からはスペイン語にも挑戦♪言葉を知るということは世界を知るということ。新しい世界をもっともっと見てみたいな〜

p.s トレーニングルームを出るとき、例の男の足元を見た。真っ赤にはれていた。。「こいつ、かっけぇ」





  
Posted by takumin_seattle at 15:53Comments(1)TrackBack(0)

2006年01月17日

I HAVE A DREAM

この言葉にピンときた方も多いと思うけど、今日月曜日はMartin Luther King's Dayでアメリカは祝日ですMarting Luther Kingといえばアフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として知られるあの有名なキング牧師のことですアメリカでは彼の生涯の栄誉を称えて、彼の誕生日(1月15日)に近い1月の第3月曜日を祝日としているそうです。

この機会にもう一度、「人権とはなにか」「平等とはなにか」そして「自由とはなにか」ということを問いただしてみたい。

I have a dream that one day this nation
will rise up and live out the true meaning
of its creed: "We hold these truths to be
self-evident: that all men are created equal."
I have a dream that one day on the red hills
of Georgia the sons of former slaves and the
sons of former slaveowners will be able to sit
down together at a table of brotherhood.
I have a dream that one day even the state
of Mississippi, a desert state, sweltering
with the heat of injustice and oppression,
will be transformed into an oasis of
freedomand justice. I have a dream that
my four children will one day live in
a nation where they will not be judged
by the color of their skin but by the
content of their character.
I have a dream today.
(演説より一部抜粋)



〜時代を超えて語りつがれる夢〜

WE HAVE A DREAM

キング牧師  
Posted by takumin_seattle at 11:49Comments(0)TrackBack(0)

what !? it wasn't my fault

昨日は朝起きて仰天。な、なんと快晴ではありませんか!(シアトル限定の驚きぶりw)天気予報によるとMostly Cloudy Dayとのことでしたが、久しぶりの晴れ間にテンションも上がってNorthgateへ買い物に出かけた。Northgateには大きなモールや、Targetがあるため、家庭用品がお手頃な値段で手に入るショッピングには打ってつけのスポットクラスターメイトのやつと出かけた。

今回はミキサーとハンガーとランプを購入。勉強用のデスクランプが欲しかったから買えて良かったでも、その時ハプニング発生。会計の時に困り果てる定員。「どうしました?」って聞いてみたら値札がついてなくて、ランプの値段が分からないという。確か9.99って商品棚には表記されてたから、ちょっと鯖読んで「ああ、確か9ドルくらいでしたよ〜」と言ってみるw(もちろんこの時点で悪意はない)そしたら、定員さん何を思ったのか他の従業員に確認も取らずに8.99とレジに打ち込むではありませんかおいおい、こんなことがあっていいのか!?そもそもターゲットといえばWalmartとならぶアメリカ最大手の小売チェーンだ。顧客に愛されるサービスはもちろんのことだが、いくらなんでも顧客が要求した値段をためらいもなく受け入れることはないだろう!(笑) そんなことを予め知っていたならもうちょっと欲張って自信たっぷりに「6.99です」って言ってたわ!w まぁでも、ちょっと得したんだしだよね。が、やはり自分の独断的判断に心配になったのか他の従業員に問うMs. 謎のキャッシャー。今度は確認を取って了承を得たらしい。どうやら8.99でいいようだ。やったー得した!うきうき気分でお店を出る。

が!その時レシートをみてビックリ。ちゃっかりMerchandise Price 8.99+2.99って打たれてる。この2.99って一体なんだー!?下手すると絶対損してるな、いくらなんでも12ドルもしなかったはずだ!さっそく返却窓口で事情を説明ここは俺にまかせろとクラスターメイトの奴が加勢


<クラスターメイト>

Excuse me. We got a lamp, but the thing is the price tag was not attached with the lamp and a cashier accidentally charged 8.99. for it. Then she asked another salesperson and he came over and told that the price is actually 2.99. But then she forgot to exclude 8.99 from the total.

<店員>

Oh,I see. I'm sorry. You will get 8.99 back.







結局ランプを2.99でゲット笑 アメリカはこういうことが平気で罷り通ってしまう世界なんです。



p.s シアトルの雨天記録はまだ続いてるのかな?友達曰く昨日は夜中の12時をまわって少し降ってたから記録は続いているということですがw












  
Posted by takumin_seattle at 08:29Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月15日

GOT A RAIN ??

シアトルは雨が多いことで有名な都市だけど、最近は改めてこれを自覚させられる。というのも、最近のシアトルは本気でクレイジーなくらい雨がよく降る。朝起きても雨、勉強終えて図書館出ると雨、買い物終えてスーパー出ると雨。昨日も雨、今日も雨。雨、雨、雨。。いい加減この雨止まないのか!!?ちょっとこの記事見てよ!↓

http://www.cnn.com/2006/WEATHER/01/10/seattle.rain.ap/

この記事によるとシアトルの連続降雨記録は1953年に記録した33日!(驚)そしてもっと驚くのは、なんと今日でシアトルは27日連続で雨このままいくと簡単に記録を破ってしまうという内容です。わーい、新記録達成だー!。。。ってちっとも嬉しくないわっ!!

Seattle natives often joke that it's easy to spot the tourists and transplants when it's raining because they're the ones using umbrellas.(記事より抜粋)

こんな冗談も通じるシアトルは明日も雨。最近本気で照る照る坊主を作ろうかと思索中。。




  
Posted by takumin_seattle at 16:50Comments(2)TrackBack(0)

2006年01月07日

★-☆-GOING MY WAY -☆-★

超久しぶりの更新ですもう閉鎖しちゃったんじゃないかと思った方もいたかもしれませんが、残り半年の留学生活をしっかり綴っていこうと思っています。

さてさて、先日2日にシアトルに戻って来ました気がつけばもう新しい年が明けていたんですねということで、遅ればせながら・・・

あけましておめでとう!(ホントに遅い!笑!こんな時期にあけおめ〜なんて言ってる奴いるのかな笑)今年もみんなにとって素敵な年になるよう心から祈っています。今年も楽しい一年にしていきましょう

旅行のほうはというと大成功でした☆17〜25日までをニューヨークで過ごして、25〜30日をカナダで、またまたニューヨークに戻って30〜2日をそちらで過ごしたという感じです☆

基本的にニューヨーク市内の観光名所は全て行きました時間もたくさんあったので、ゆっくり観て回ることができて良かったと思います

エンパイアからの夜景、ブロードウェイのミュージカル、自由の女神、ワールドトレードセンター跡地に、メトロポリタン美術館、、その他、本当にたくさんの名所を観て楽しむことが出来ました♪

中でもタイムズスクエアでのカウントダウンは熱かった!夕方4時から並んだので、単純計算しても8時間ぶっ通しで立って並んでいたことになります(爆)しかも、ニューヨークだからね〜夜なんかマイナスの世界です。本気で寒かったもう、ダメかと思った。ところが、人間って追い込まれると途轍もない力を発揮するんですね。今振り返ると、8時間並んで本当に良かったと思います。こんなことは人生で一回しか経験しないだろうし最高に熱い瞬間でしたその時の映像もビデオに撮ったので、日本に帰ったら見せるね!楽しみにしててください。

*写真は申し訳ないけどアップしているときりがないので、日本に帰ったときに見せたいと思います(ごめんなさい

NY ありがとうNY!そして、この旅を通してお世話になった友達へ、Thank YOU GUYS ! 今年はメキシコに行くぞーーー!!!!

さてさて、そんなわけでシアトルに無事に帰ってきたわけですが、どうも気分が乗らない。。それもそのはずで、なんと3日から学校が始まったわけです3日といえば、日本だったら初詣でもしてのーんびりと過ごしている時期ですよね。旅の余韻も残っているし、気持ちの切り替えが大変です

今学期は以下の授業を取ることに決めました。

ECON 201 Introduction to Macroeconomics
GEOG 230 Urbanization and Development: Geographies of Global Inequality
SIS 330 The Political Economy of Development and Underdevelopment

一見して分かる通り、ビジネス・スクールの授業がひとつもありません。やっぱり、これまでの大学生活を振り返ってみると、どこか無理をしていた自分がいたなと思わざるを得ない気がします。というのも、これまでビジネスの授業を取っていた理由は特別な興味があったわけではなく、ビジネスをやっていれば将来役に立つだろう、損はしないだろうというどこか楽観的なものでした。当然、ビジネスは今後のキャリアにも直接結びつく実践的な学問であることは言うまでもないけれど、俺がそうであったように仮に将来役に立つ実践的な学問だからという単純な理由でビジネスの授業を取るのであれば、今すぐにでも社会にでて実務経験を積んだほうがずっと効率はいいはずです。もちろんビジネスを好きでやっている人はそれで素晴らしいことです。まぁ何が言いたいかといえば、利益という唯一の目的のためだけに自分の興味を捨てることは出来ないということ。SILSの生徒が世界に羽ばたく前の留学説明会で、ある教授は「自分が興味を持ったことをなんでもいいからノートに書き出してみるといい。それが自分の学問、将来においてのコアーになる」とおっしゃられていました。これをくそ真面目に実行したわけではないけれど(そんな生徒じゃないのでw)アメリカに来てから軽くやってみたんです。すると、自分の興味分野がはっきりしてきて、今後取るべき授業がすごく明確になりました。もちろんここまで来るのにすごく時間がかかったし、たくさん悩んだりもしたけどようやく進むべき道が分かった今、とにかく自分の分野を極めてみたいと思う。確かにビジネスに比べたら実践的な学問じゃないし、得られる利益もそれほど大きくないかもしれない、だけれど時間がある今こそ、大学という場で自分の好きなことをとことんやってみたい、それが本音です。

最後になったけれど、今年の抱負は、、

"良き出会いをたくさんする"(特に西欧人とw)


です。今年もみんなに素敵な出会いがありますように。。













  
Posted by takumin_seattle at 19:13Comments(2)TrackBack(0)

2005年12月14日

まだホームシックにはなってないよ

今日は特にすることもなかったので(またかよって感じですがw)ジムに行った後、Bellevue Squareに買い物に行きましたショッピングをするならBellevueが一番!アメリカには大型のショッピングモールがたくさんあるけど、ここは店舗数でもクオリティの面から言っても確実にUW周辺では一番だなと思います近くには長者番付世界一で知られるビルゲイツの家もあります

モール内はクリスマスのために買い物に訪れる人々でごったがえしてました

q

ツリー2

服を買う予定ではなかったけど、一応せっかくだし物色Abercrombieは相変わらず若い人に人気ですなーBellevue SquareのいいとこはAbercrombieの隣にHollisterが隣接して立ってるとこ両者を比較しながら吟味するのも楽しいですでも、前から目つけてた品が生産中止みたいで置いてなかった・・・今度U Villageで探してみよ〜

Hollister

hollister

hollister








abercrombie

abercrombie

abercrombie 2




そういえば、小耳に挟んだ情報ですがアメリカで大人気のAbercrombieは2007年に日本に上陸するらしいです人づてに聞いた情報なので確信はないけど、ぜひその際にはお試しあれちなみにAbercrombieはまだアジアには進出してないそうです

それから、トランスのみんなにもクリスマスプレゼント買ったぞー!!近々、そちらに着くと思うので楽しみに待っててなーHarry and Davidっていう有名なチョコレートだよーん♪トータル$50なりーまぁこれもトランスのお前らを思えばこそ成せる技だ(笑)仲間割れせずにちゃんと分けてねw Happy Christmas

長〜いショッピングを終えて帰宅したのは夜の10時その後はクラスターの奴らと過ごしました。そういえば、みんな気になっているであろう例のルームメイトですが実はまだ一緒に住んでいます(笑)結局、退寮処分になったんだけど今学期まではステイできることになったので、彼とは17日まで一緒にいられることになりました今日は久しぶりにクラスターメイトがみんなラウンジに集まっていたので今学期を振り返りながらまったりお話各自それぞれが自分の悪かった点やルームメイトに今後改善してほしい点を意見交換しましたこうやって素直にルームメイトの問題点を指摘してあげれる奴らって素敵だなと思います。親近感がでるし、これからもっと×△澆鵑覆任いぅラスターにしていこうっていうインセンティブが生まれますねそんな奴らとこの3ヶ月過ごせたことに感謝。そして、ありがとう。これから離れ離れになっても(*今のクラスターメイトのうち3人が引越します)心はひとつだ!またいつでもバカ騒ぎをしたくなったら来いよ!McMahon202で待ってるから(笑)THANKS YOU GUYS !! HAPPY CHRISTMAS !!!





  
Posted by takumin_seattle at 18:30Comments(2)TrackBack(0)

2005年12月13日

Happy Winter Break ?

長い間ブログさぼっちゃったね(汗)なにから書いていいのか分からないので取りあえず近況報告から先週の金曜に今学期全ての授業&期末テストを終えて冬休みになりましたやっぱりクウォーター制は時間が経つのが早く感じます。ついさっき学校が始まったかなと思ったら、いつの間にか12月で学校が終わって。。気づくと今年も残すところわずかですね

12月は普段は平静としている師匠もあわただしく走る様子から師走と呼ばれますが、まさにその通りでこちらも多忙な日々になりそうです。NY旅行をちょうど1週間後に控えて、準備にも追われるしねそれに、シアトルに帰ってくるのが新学期が始まる前日(1月2日)の夜だからね〜かなり体力的に厳しい旅行になると思うそもそも新学期が1月の2日から始まるという時点でNGだよね。。みんなNew Year's Dayの余韻が残ってて授業どころじゃないんじゃないかなと思うけど・・。

期末テストは全体的にうまくいった気がする!先週末にもっとしっかり勉強すればよかったけど、結果オーライって感じです☆今学期取った授業の中で一番ヒットだったのはミクロ経済の基礎授業かな。Introductionの授業なので別段難しいことをやるわけではないけど、毎週試験があって基礎からしっかり知識を身につけられた気がする。この先は開発経済を専門分野に勉強していきたいので(仮w)いいきっかけになったかなと思いますマーケティングはいまいちしっくりこなかったけど、最後のグループプレゼンのために自作したビデオはかなりのヒットでしたね。アメリカ人爆笑してましたww それからInt'll Businessは早稲田で学んだものとほぼ変わらなかったけど、まぁ知識が定着したという点では良かったのかも俺はあの黒人先生が大好きだったよ、うん(笑)

来学期はもっとTime Managementをしっかりして、遊びと勉強をしっかり両立できるようになりたいです。今学期は素直なとこ遊びすぎましたw 今頃世界中に散ったSILSの生徒は頑張ってやっているんだろうしなー。近々、今年の反省と来年への抱負を書きたいと思います。

そんなテスト明けの週末は特にすることもなく(友達がまだテスト終わってない)UWが誇る自慢のジムIMAでの〜んびり過ごしました。2日で合計5時間はゆうにいたと思うよw どんな暇人だよって感じです(−.−;)普段より1時間近く多く動いたので今は全身筋肉痛だよ





  
Posted by takumin_seattle at 17:09Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月02日

let it snow

32723900.gif今日から12月時が経つのは早いもので、アメリカに来てからもう3ヶ月になるんですね新しい環境に身をおくと毎日が発見の連続で興奮してばっかりいるから余計に時間が経つのが早いみたい今年も残すは後1ヶ月となりました。来る2006年が素敵な年になるように、ゆっくり今年1年を振り返ってみたいですね

そういえば、今日はシアトルにな・なんとが降りました!今日は朝から物凄く寒かったからもしかしたらとは思ってたけど、まさかシアトルで雪を体験できるとは思わなかった。雪だよ雪!cuz i was soooooooo excited to see its snowing, not RAINING, got out of my room and hurried to my clustermate and just yelled "HEEEEEEEEY, wake uuuup ! its SNOWING !!" then they said "Takumiiiiiii ! you are from Japaaaaan !"・・・あっ、確かになんで俺あんなテンション上がってたんだ(笑)東京でも雪は降るな、うん、落ち着け俺w 一方、こちらシアトルではほとんど雪は降らないそうです。だからアメリカ人もなんだかんだで興奮するわけw でもね〜結局つもらなかったんですよただでさえ雨の多いシアトルですからね(笑)見事に彼らが雪を妨害してくれましたとういわけで、写真はこうなってほしいなっていうこの先の願望ですw
source; http://dsp.jpl.nasa.gov/members/payman/uw_photos.html 
snow fightはまた次回のお楽しみ〜













  
Posted by takumin_seattle at 19:26Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月27日

ターキーラーキ〜

長かったサンクスギビングも明日でおしまい今週もいろんなことがありました。

サンクスギビングちょっと飲みすぎたんじゃない〜?結構みんな飲んだね!普通に部屋飲みとか素朴でいいわー昨日もみんなよくぞ俺の部屋を汚してくれたね!笑 また今度飲もうな

飲み

それからクラブにも行ったね!アメリカで行ったクラブの中では一番よかったんじゃんない?結構酔ってたみたいで、あんまり覚えてないけどウルトラ楽しかったなー

そうそう、ショッピングも行ったよね。なんでもサンクスギビングの次の日は一年でも最も大きなSale Dayのひとつらしくかなり朝早くから出かけました大好きなブランドAbercrombieHollisterの洋服買ったよー2つともアメリカでは有名なブランドです

それから映画にも行きました♪Harry Potterの第4作目「Harry Potter and the Goblet of Fire」観てきた日本でもようやく始まったらしいですね感想はやっぱり本の方が絶対betterだけど、映画は映画でいい味でてるしいいかなって感じ。ロンとかマジで大人びたね〜ハーマイオニーは相変わらずかわいいしw てか、アメリカの生活に慣れすぎてるのかイギリス英語があまりにも新鮮に聞こえて驚いたそうそう、あとはアメリカの映画館ってめっちゃ賑やかだな拍手してる人とかいてミュージカルの劇場みたいだった周りを気にせず堂々と笑う人々を見てるとさすがアメリカだな〜って思うよね。

はりぽた

帰り道はもうまっくら。ダウンタウンは早くもクリスマスモード一色です


DT

他にもいろいろあったサンクスギビング♪ターキーラーキ〜

  
Posted by takumin_seattle at 20:19Comments(3)TrackBack(0)

2005年11月25日

転換期

昨日は散髪に美容院に行ってきました。ところが、前に行った美容院がお休みサンクスギビングだし、気持ちもさっぱりしたいなと思ってたから仕方なく近くにあった別の美容院へ立ち寄りました。中国人が経営している様で英語を話してもほとんど通じませんアメリカに住んでるんだったらもうちょっと練習してくれよ!!って言ってやりたかったけどそこは我慢、我慢。。そんなこと言おうもんなら即バリカンで血祭りにされますよw サンプルを見せてもらって、1、2、3の中から長さを選んだんだけど(この時点で選択肢少ないし;_;)3、3!って言ってるのにthis is 2 って言われて、じゃあ3はどれ??って聞いても同じの指してthis is 3...もう何を言っても通じなかったので取りあえず3とだけ言って恐怖の散髪がスタートしました正直にね、アメリカでの恐怖体験トップ3にランクインするほどの怖さですよ散髪中は全然落ち着かないし、揉み上げをバリカンで一気に剃りそうになれば、すぐにNO NO NO ! って叫んでもう大変。。。
結局無事に終わったわけだけど、二度とあそこには行きませんもう来週にでももう一回行きたい気分今回はあんまり切ってもらわなかったので、一日も早く伸びることを期待するばかり。。

夜はダウンタウンのクラブへ昨日はクラブに行く前に友達の部屋で飲んでいたのでテンションは最高潮だった俺は別に酔ってたなんて意識はなかったんだけど、友達曰くちょっと酔っていたそうですw まぁ友達のほうが絶対に酔ってたしそれはそれで楽しかったのでです昨日は2時まで踊ったよ☆☆そういやマ○ケルうけたなー!(笑)

さてさて、親から手紙が届きました。今回も絵葉書が同封されていました今回の言葉はこれ。

「初心にカエル 大事だよね」

ポストカード

別になんの変哲もない言葉なんだけど、今の自分にはすごく響いてくる言葉でした。そもそも、なぜ自分がいまアメリカの大学で勉強しているのか。どうして早稲田大学に入学したのか。どうしてSILSを選んだのか。大学に入り、いま自分がアメリカの大学で勉強しているまでの過程をじっくり振り返ってみたんです。そうすると、やっぱり行き着くのが高校1年の時に行った英国英語研修でした。あの時のたった1ヶ月の研修が自分の人生を根底から変えてくれた。今では本当にそう思っています。あの研修がなかったら、自分は今ワシントン大学で勉強してないし、早稲田大学にも入学しなかった。それほど自分の人生において大きな影響を与えてくれた研修でした。

あの高校1年の時の自分と今現在の自分を比較すれば確かに今の自分は精神的にも大人になったし、いろいろ知識も身につけた。でもだからと言って現状に満足してしまっては先には進めない。今は毎日がホントに楽しくて十分すぎるくらい充実しているけど、もっともっとあの頃のように純粋な気持ちでいろんなことに挑戦してもいいんじゃないかって思う。どうせ一年しかない留学なんだし逆に吹っ切れてさ。10年後、20年後に自分を振り返ったときに、「あぁ、ワシントン大での1年が自分にとって大きな転換期だったな」って言えるように。チャンスは自分から掴みにいくもの。待っていたって何も始まらない。失敗したっていい。そこから学べるものは決して少なくないから。

みんなは留学先で何を思っているんだろう。
世界中に散った友達へ

You might get depressed how the world is messed up. But look it carefully once again. You'll see a new world with a lot of love and joy. You can do anything. Nothing starts unless you take a first step. Just trust yourself and give it a try. Life is beautiful.  
Posted by takumin_seattle at 19:37Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月23日

Oh Little CHICKEN ???

11月23日は日本では勤労感謝だったらしいね毎日お仕事頑張っているお父さん、お疲れ様です。今日は一日ゆっくり過ごせたかなあまりお酒も飲みすぎないようにね(ブログで何言ってるんだ俺w)

こちらアメリカでも明後日木曜からサンクスギビングという長期の休みが始まります

Thanksgiving Day

An annual holiday observed in the United States and Canada. The most common view of its origin is that it was to give thanks to the Judeo-Christian God for the bounty of the autumn harvest. In the U.S., the holiday is celebrated on the fourth Thursday in November. In Canada, where the harvest generally ends earlier in the year, the holiday is celebrated on the second Monday in October, which is observed in the U.S. as Columbus Day Wikipediaより

しかも、明日の授業がキャンセルになったので水曜から日曜までなんと5連休!こっちのProf気前いいね〜最高だよ!

明日はクラブに行くことにした日頃のストレスを発散するにはクラブが一番!

今日はダウンタウンに映画観てきたよ。Disneyの最新映画「Little Chicken」友達一人で爆笑しすぎww 

chicken little


Chickenで思い出したけど今日はTERIYAKI Chickenを食べました。久しぶりだったしおいしかった〜アメリカではこのTERIYAKIって看板を至るところで見かけます。言葉そのものは日本語だけど、果たして日本でTERIYAKI屋さんなんてみたことある!?こっちではかなり評判でアメリカ人も好んで食べています。おそらくアメリカで日本の照り焼きチキンのアイディアをさらに発達させたものがTERIYAKIなんだろうね個人的にはタレが甘すぎるのでスパイシーソースをたっぷりつけて食べるのが好きです


サイン

teriyaki

どうやらTERIYAKIっていう味付けそのものがアメリカ人には受け入れられてるみたい。これを日本食だからヘルシーだって言い張って食ってる奴は完全に間違いですw残念!w 他にもスーパーではTERIYAKI FLAVORのジャーキーを見かけるね。TERIYAKIの勢力はこれからもどんどん増すようですこうしたTERIYAKIに完全にはまってるアメリカ人は日本にきてビックリするんだろうな〜wマジで見ないもんな。

今日はチキンばっかでごめんなさいw 

  
Posted by takumin_seattle at 19:43Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月22日

まい くらすたーめいと♪

今回は同じクラスターに住んでる仲間を紹介します

Charlie

チャリー

オレゴン出身のチャーリー。UWではローリングクラブに属しています明るい性格でみんなから好かれてます。


Elijah

イライジャ

マイケルジャクソンが大好きな彼。ムーンウォークは当然のことながら、サイドウォークがマジでやばいです




Richard

リチャード

一度スケボーに飛び乗ればリチャードの右に出るものはいません。スケボーもやばいらしい韓国人とのハーフだけどアメリカで育ったので韓国語は話せないんだって。


Jono

ジョーノー

マリオカート大好きなジョノー。音楽大好き&お酒大好きの元気なやつですとにかく大音量で音楽聴くの好きみたい


Scot

スコット

彼はとにかく頭がきれます。パズルとルービックキューブが得意。お茶会にも入っていて日本の緑茶にも興味を持ってくれましたチャームポイントはネクタイ。30本近く持ってますww


Paimahn

ペイモン

とにかくビックリするくらい健康志向のペイモン。毎日果物と野菜をかかさず食べてます。この前ドリトスあげたらエネミーだって言われた!w


Joey

ジョーイー

もうお馴染みのルームメイトです。クラスター内一はちゃめちゃな奴。でも意外に気が合うんだよねw 彼の特技はラップ。CDもリリースしてるほどで、かなりうまいです。毎晩俺の部屋はクラブになってるしww


以上俺も含めた8人で共同生活をしています。みんなに共通してるのは音楽が大好きな点かな。朝からたたき起こされるよ。あの爆音に!!とにかくみんな個性的で本当に最高のメンバーに出会えたなと思うこれからもお互い助け合いながら毎日エンジョイしたいです  
Posted by takumin_seattle at 17:36Comments(0)TrackBack(0)