2005年11月21日

鉄道の直通運転

3ada3581.JPG今日の写真は、愛知万博閉幕後も残った「愛環直通列車」です。万博開催中は「八草(旧万博八草)」までしか運転されてませんでしたが、現在は名古屋発中央線高蔵寺経由岡崎行きとして運転されています。
このように、愛環沿線住民にとって「名古屋」まで直通運転することで、利便性が飛躍的に向上し、利用客も増加するのは間違いありません。

昨日(11/20)の読売新聞に、「存続運動起きず。不便な桃花台線」という記事が載っていました。この不便さの最大の原因は、まさに「乗り換えの多さ」でしょう。上記の「愛知環状鉄道」のようになっていれば、桃花台に住む皆さんももっと利用することでしょう。
しかし、今日の夕方の中京テレビの「ニュースプラス1」では、桃花台線のニュースの中の利用客へのインタビューで、もし廃止になったらという質問に「不便になる」「残して欲しい」という声を放送していました。
車の運転できない、いわゆる「交通弱者」にとって、少なからず重要な足になっているのも事実のようです。鉄道のよさは、ほぼ確実な定時運行が出来、交通事故の心配もないなどがありますが、バス転換ではそれが失われてしまいます。

takuniaki at 21:32│Comments(2)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 需要予測で、競合路線想定せず(桃花台線)  [ 桃花台新聞 ]   2005年11月21日 22:03
「桃花台線(ピーチライナー)」に関するニュース記事が、2つ程掲載されていました。一つは、「『システムの移行』と存続に掛かる費用が、さらに増大した」というもの。もう一つは、桃花台線の建設にあたって、「競合路線の存在が、まったく需要予測に想定されていなかった...

この記事へのコメント

1. Posted by kyu3   2005年11月21日 22:26
こんにちは。私の blog に、トラックバックしてくれて、ありがとうございます。

>上記の「愛知環状鉄道」のようになっていれば、・・・

私も、同感です。
最初に「名鉄小牧線が、地下鉄の駅に乗り入れる」と聞いた時は、「これは便利になったなぁ!」と思いました。その時私は、てっきり乗り換えなしで、栄まで行けるようになったと思っていました。多分もっと、利用者は多かったことでしょう。

「読売新聞」の記事は、読みました。色々な立場の人の気持ちが載せられていて、とても良い記事だと思いました。この記事は、桃花台住民の今の気持ちを、とてもよく表現していると思います。「ニュースプラス1」の方は見てまぜんが、かなり偏った放送だな、と思います。

最後になりましたが、こちらの記事に、トラックバックさせてもらいました。
2. Posted by takuniaki   2005年11月22日 21:51
kyu3様

いつもコメント、有難うございます(^^)。

そうですね。地下鉄の乗り換えって結構面倒だったりします。上飯田線を「平安通」から先に延伸するのまだ事業化の予定もない計画の段階ですので、それなら「金山」からの「名港線」のように「名城線」と直通運転して欲しかったですよね。

桃花台線を定期的に利用している人は少ないでしょうけど、「プラス1」ではその人たちだけにインタビューしていたんで、確かに偏った意見だったかもしれませんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔