2014年08月20日

シミ隠しにお花の刺繍

姪っ子ちゃんが、白いワンピースに食べ物をこぼして、盛大にシミをつけてしまいました。

白いワンピースが大好きな子で、まだ着たいというので、シミの部分にワタクシがチクチク刺繍いたしました。
スパイダーステッチで、バラのお花を。
こんなベタな刺繍が最も似合うのは、やっぱりティーンズになる前の少女だよな〜と思いながら。

130909_012912


最初は、もっと少ないのかと思っていたんですが、やってるうちに「ありゃ、ここにもある。あ、ここにも。」ってな具合に次々シミを発見し、こんな広範囲に刺繍することになりました。

すごいな、子供のこぼしっぷりって。

先に別館でご報告してしまったのですが(こちら)、ワタクシ、結婚14年目にして初めての妊婦となっております(現在8カ月)。
で、先般、赤子は男の子と判明いたしました。

ということで、私の姪っ子ちゃん溺愛は、今後も全く変わらず継続しそうです(笑)。




takurere1025 at 22:42|PermalinkComments(2)手作り 

2014年06月14日

中国のやっていること

最近、複数回起こってる、「中国軍機が日本の自衛隊機に異常接近」ってやつ。

あれ、飛行機に詳しくない人には、危険度がどれくらいかって分からないかもしれないので、一応、書いておくわ。

あれね、例えて言うなれば、


丸腰でチャリンコに乗って、
街を巡回パトロールしているお巡りさんに対し、

チャリンコの真後ろまで戦車で迫って来た。

しかも戦車には砲弾(実弾)が仕込んであった。


ってレベルの話だから。

何が「日本は恥知らず」よね。

厚顔無恥って、あの国のことだわ。

もちろん、昔から中国は国自体がヤクザだから、驚くに値しないけど(笑)。





takurere1025 at 00:32|PermalinkComments(0)

2014年05月26日

おーーい、アメリカ。

ここ1年で更に一層明確になったけど、オバマの外交音痴ぶりは、絶望的なレベルだな。

今、世界で起きている不穏な出来ごとの多くは、オバマの外交音痴に由来してる。

いい加減、目を覚まして欲しいわ。

寝ぼけんのもいい加減にして。

てめーの馬鹿さ加減のせいで、自分の国(=アメリカ)だけでなく他にどれほどの国が迷惑を被ってるのか、きちんと認識して欲しいわ。

オバマは内政で厳しい局面に立たされているけど、外交・内政双方の運営のまずさは、共通して、オバマの極端な視野の狭さと根回しベタに遠因があるようにも見える。

結論から言えば、彼は、大統領の器じゃなかったってことでしょうね。
(むしろ官僚タイプなんじゃない?あまりにも実利的・合理的過ぎる感覚は、政治家としては重大な欠陥を内包するけど、反面極めて優秀な事務処理能力を生むから。)

史上初の黒人大統領が登場した、あの熱気は今やいずこ。

私も当時は「アメリカってやっぱり凄い国だ!」と興奮したけど、ここ数年は絶望しか感じないね。







takurere1025 at 12:46|PermalinkComments(2)

2014年05月16日

春バラ咲いてます。2014

ベランダ・ロザリアン生活も、3年目に突入しました。
四苦八苦しながらも、何とか続いています。今年はどの株も、これまでで一番花つきが良いです。バラ達の個性も、少しずつ分かって来ました。

(写真はクリックで拡大。画質も良くなります。)

001

この春、一番最初に開花したのは、フランシス・デュブルイ。CM効果なのか巷で話題(?)のオールドローズの一種です。

相変わらずとても良い香り。言葉で言うのは難しいのだけど、ダマスクローズ香が主体でありながら他の軽い香りも入っていて、ダマスクにありがちな重さ・くどさが無い、といいましょうか。まあ、薔薇の香りは環境にも左右されるそうですので、全てのフランシス君がこの香りってことはないのでしょうが。

フランシス君は細枝で、少しうつむき加減に咲きます。ニュアンスがありますが、風には弱い。今年は咲いてから強風に幾度か見舞われたので、合計5輪ほど風にもがれて飛んで行きました。心が痛みました。

花持ちはあまり良くなく、特に切り花にすると、あっという間に寿命が尽きます。そういうところも含め、うちの子たちの中では、最も儚い印象の薔薇です。


003

次に開花したのは、元気でにぎやかなカレードスコープ。今年の1番花は、房咲きになりませんでした。枝数の関係かしら。その代わり、房咲きだった去年よりも一輪一輪が少し大きい気がする。

この万華鏡ちゃんも、香りが良いです。ダマスク系ではないけれど、万人が好きな香りじゃないかな。

蕾から開き切るまでの間に、どんどん花の色が変わるけれど、私は蕾の時のくすんだ朱赤と、散り際のムラのあるモーヴ色が好きです。

006

次は、昨春お迎えしたプリンセス・ラーラサルマ。大輪でゴージャス。洗面所に飾っても、食卓に飾っても、映える、映える。花持ちが抜群によく、切り花でも優に10日はもちます。香りが無いので飾る場所を選ばないのも、切り花としてはナイス。

009

この子は、昨春、植木屋さんにラーラサルマ妃と間違えられて、うちに送られてきたサランヘヨ。花が咲いたら白じゃない!ってことで、植木屋さんに連絡したら「間違えました!別途ラーラサルマ送ります。サランヘヨはもらって下さい」と言われたので、そのままうちの子になりました。

色味も、香りも、咲き方も、古風。昔ながらの薔薇って感じで、子供の頃、実家に植えられていた薔薇を思い出しました。違いは少々平べったい花形ですが、旦那はうちの子の中ではこの形が最も好きだそうです。男の好みは分からんものだな。




takurere1025 at 19:48|PermalinkComments(2)ガーデニング 

2014年04月05日

桜餅

130314_181557ご無沙汰しております(って毎回だけど)。
東京は少し肌寒い週末ですが、皆様、いかがお過ごしですか?

お花見にお出かけされている方もきっと多いことでしょうね。
東京の桜は、今週末で見頃を終えてしまいそうです…。


さて、毎年桜の季節に必ず頂いているのが、桜餅。

私は基本的には関西風の道明寺の方が好みですが、今回は、関東風のちょっと変わった桜餅をご紹介。

港区は三田にある、秋色庵大坂屋(しゅうしきあんおおさかや)の桜餅。

店名に「大坂」とあるように大坂に縁があるようですが、マスコミなどでは東京の老舗として紹介されることが多いですね(江戸時代から日本橋にお店があったそう)。

同じく店名にある「秋色」は、お店のお嬢さんで才色兼備の「お秋ちゃん」(浮世絵にも描かれている)からきているそうで、この話も折々新聞などで紹介されています。

「お秋ちゃん」の印象が強いせいか、私には、このお店の和菓子さん達は、他のお店よりも「乙女」な感じがします(笑)。


葉をめくると、130314_181628こんな感じ。
そう、こちらの桜餅は、桜の蕾を模しているのです。

薄くて小さな桜色のパンケーキで餡子をくるりと巻きあげただけの、「ちょっと簡単過ぎやしないか?」と道明寺を愛する者どもが、つい物申してしまいそうになる関東風が席捲する中で(関東風を愛する皆さま、申し訳ありません・・・でもそう感じるのよ!)、このたおやかさには、心惹かれるものがあります。

デパートなどでは販売していないお店なので、桜の季節に増上寺や芝公園にいらっしゃることがあったら、少し足を延ばして三田のお店までいかがでしょう。慶応大学のすぐそばです。


写真に写っている杯は、東日本大震災の時に割れた萩焼。
友人からの結婚祝いだったので、金継ぎをしてもらいました。
四谷に工房を開いている若い女性の職人さんにお願いしたのですが、震災後は依頼が殺到したようで、1年間待ちました。






takurere1025 at 15:19|PermalinkComments(2)スイーツ・お菓子 

2014年03月02日

家族のために

__妹から、いきなり料理の写真が送られてきたので、なんだ?と思ったら。

小2の姪っ子ちゃんが「ひな祭り会」をしたいと言うので、母である妹が、張り切ってちらし寿司を作ったのですって。

ひな祭りは3月3日・・・明日じゃん?!

・・・ああ、そうか。
当日は月曜だから、繰り上げて今日(2日・日曜)にやるのだな。

と、寝ぼけ頭で考える。
(子供に縁がないと、思考を巡らせないとそこに思い至らないのよ!)

ただ、妹のメール続編によれば、子供達には、ちらし寿司よりも旦那さんが作った焼きそば(写真上)の方が大人気だったらしい(笑)。

妹曰く、「昔、うちのお母さんが、お兄ちゃんの10歳くらいのお誕生日会の時に、ちらし寿司作ってくれたけど、私達はもちろん呼んだお友達の反応もイマイチだったことがあったでしょう? 私、同じことしちゃった〜。。。」と。

・・・そういえば、あの誕生日会の時の空気は、ちょっと寒かった(苦笑)。

子供の会のお寿司といえば、持ち帰り寿司チェーン店の握り寿司セットを頼むお宅も多かった中、母は朝からちらし寿司を作ってくれたんですよ。具もとっても豪華だったし、妹がやっているのと同様きちんと盤台に盛り付けてあって、手間も値段も食器も、チェーン店の丸いプラスチック大皿セットwith魚型プラ醤油とは、全然違う。

でも、寿司チェーンがまだ目新しかったあの時代、私達子供にとっては、あのプラ大皿にドーンと並べられた握り寿司with魚型プラ醤油が、特別感があったんだよな〜!
ホント、ここはもう、大人と子供の感性の、悲しいほど大きな違いとしか言いようがない。

今回のは出来合いのものではなく、手作りの焼きそばだけど、子供の「かなりジャンキー好き」という感性からすれば、やっぱちらし寿司よりも焼きそばに軍配が上がるのは、避けられなかったと思う。

妹よ、お疲れ!!
私はあんたのちらし寿司、食べたかったよ。美味しそうだもの!!


<追記>
妹によれば、ゲストのサッカー少年が唯一、「わぁ、ぼく、ちらし寿司いただきます!」って言ってくれたらしい。
あまりに嬉しかったようで、さっき送られてきた集合写真では、誰がサッカー少年なのか、ちゃんと書いてあったわ。「うちの子になって欲しい〜」とも。

妹が単純過ぎて、でも気持ちも分かり過ぎるほど分かって、なんだかちょっとだけ胸が痛い・・・ような気がする。




takurere1025 at 22:43|PermalinkComments(2)お食事 

2014年02月17日

雪と暴風、そして春

140217_152558(1)この冬、特に最近の天候は、めちゃくちゃですね。

2週連続、大雪警報が出されるほど積雪したことにもオドロキでしたが(都心でも20センチ以上!)、先週末耐え難かったのは暴風。

本当にひどい風で、雪よりも風が怖くて、週末はこもりきりでした。


暖かくなった今日、久しぶりに出かけた芝公園は、ひどい惨状。

芝公園は、元は増上寺の境内とその付近。今も増上寺を中心に、都心では珍しく古木・大木の生い茂る一帯となっております。

その古木・大木の枝が、たくさん、たくさん、折れてました。
まさに、ボキッて感じで…。

140217_151834多くは地面に落ちていますが、中には他の枝に引っ掛かったまま、真っ逆さまな状態で木からぶら下がっているものもあり・・・。

台風の後でも、こんなひどい状況は覚えがありません。


芝公園の梅園では、今週金曜・土曜と、恒例の「梅まつり」(こちら参照)があるのですが、梅園の付近も荒れまくってました・・・。

これは、準備が大変だな〜。









140217_152019梅園も素敵ですが、芝公園といえばやはり桜。

花見の時期には、近隣のビジネスマン・ウーマン達が夜な夜な宴を催す場所。

その桜も、一部根こそぎ倒れてました。

衝撃。

可哀そうに・・・。

この桜ちゃんは、復活できるんでしょうか。










140217_130921そうそう梅と桜といえば、「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」って言うのですってね。

友人が教えてくれたのですが、桜は剪定しちゃだめ、梅はちゃんと剪定しなさいってことらしいです。

そう思って見て見ると、確かに梅はきちんと剪定されていますね。この時期、特によく分かります。

家の近所のお宅にも、丁寧に剪定された梅があるのです。

今朝は、なんとメジロが来ていて、とても可愛い声を聞かせてくれました。

写真では分かりにくいけれど、梅に黄緑色の目白ちゃんは、本当によく似合っていて。

春を感じました。





takurere1025 at 21:21|PermalinkComments(2)生活あれこれ 

2014年01月26日

今年もよろしくお願いします。間抜けなタイミングでごめんなさい。

120905_183025皆様、御無沙汰しております。
今日の東京はひどい風が吹き荒れています。1月最後の日曜日が、こんな不穏な天気だなんてちょっと悲しい。

それにしても、今週で1月もお終い。
速いですね〜〜

1月は去ぬ(=いぬ。この古語を使わずに「行く」という方も最近多いそうですが、私は昔ながらの「去ぬ」が好き)、2月は逃げる、3月は去る・・・とはよく言われますが、実は6月まであるそうですね。

先日お能の先生に教えて頂いたばかりなのだけど、4月以降はすっかり失念・・・あぁ、不肖の弟子。

師走に義理の祖父が他界し(文字通りの大往生でした)、1月下旬の納骨まで毎週法要がありました。次は3月の百箇日です。

ちなみに、関西なので白と黄色の水引きです。東京のコンビニではたまにしかお目にかかりませんが、銀座の鳩居堂では普通に置いてます。でも、旦那は私に相談する前に、先に姑にお願いしてました(苦笑)。あかんやろ、仕事増やしたら・・・。

ということで、喪中につきご挨拶が遅れてしまいましたが、今年もよろしくお願い申し上げます。







takurere1025 at 17:38|PermalinkComments(0)その他 

2013年11月18日

東京も紅葉が

ぼちぼち始まりました。

芝公園。(クリックで拡大)

131118_135541

愛宕グリーンヒルズを背景に。(クリックで少しだけ拡大)
131118_135623

毎年この時期になると、本当に小忙しくなりますね。
電話が電話を呼び、メールがメールを呼び・・・どうぞ皆様ご自愛下さい。




takurere1025 at 22:43|PermalinkComments(0)生活あれこれ 

2013年11月06日

小春日和は公園で

オフィスと自宅のほぼ中間に位置する、芝公園。
昨日・今日と絵に描いたような小春日和が続いているので、芝公園でランチしました。芝公園の中でも、ここは特によくドラマの撮影で使われていますね。(クリックで拡大)

131105_120730

芝公園には秘密の花園があるのです。(正確にはプリンスの敷地内だけど)

131105_122811

春には劣るけれども・・・秋バラが綺麗にさいています。今、真っ盛り!






takurere1025 at 12:53|PermalinkComments(0)生活あれこれ