2006年05月23日

自己紹介バトン☆ 5

 中東にお住まいのyookoo様から、自己紹介バトンを頂きました。
 「嘘を書かない」が信条のブログなので(笑。でも本当です)、こっ恥ずかしいですが、いってみましょー

■1: 回す人を最初に書いておく。

 「くろうさ上海トホホ日記」の、kurousa様
 「Zakcafe」の、Zakcafe様
 「Drexelbrook」の、Ky様
 「アトリエ MOCHA」の、wacho様
 「NY Heaven」の、Nao様

■2: お名前は? Koharuでござんす。

■3: おいくつですか? 36ちゃいでちゅ (これこれ

■4: ご職業は?
    「専門職」というカテゴリーがあるときはそこにチェック。
    無いときは「自由業」にしたり「会社員」にしたり…(なんだそりゃ

■5: ご趣味は?
    食べ物の秘密を探ること。
    古今東西の踊り&踊り系のものを観ること。
    着物を着ること。

■6: 好きな異性のタイプは?
    優しく真面目で働き者

■7: 特技は?
    着付けって特技になるのかなぁ…?

■8: 何か資格を持っていますか?
    仕事に必要な資格は持っていますが、運転免許とか語学とか、多くの履歴書に書いてある資格は一切持ってないという、すこぶるやる気のない人間です。
    あ、着付けの資格は持ってマス。

■9: 何か悩みはありますか?
    体力がなくなってきました。
    免疫力も低下してきました。
    気力も続かなくなってきました…あ、これは前からでした
    往年の名横綱千代の富士の引退会見の言葉、「体力の限界。気力も無くなり・・・(泣)」が身に染みて分かる今日この頃っす。

■10: 好きな食べ物と嫌いな食べ物は?
  
〈好き〉 野菜・果物全般
  〈嫌い〉 牛乳、青魚(酢で締めたもの)

■11: あなたが愛する人へ一言。
     健康に気を遣って、元気に過ごしませう。
     たまには私の忠告も聞きませう。
     「お先に」と言える幸せを私に与えることができるように、少しでも私より長生きしませう。

■12: 回す人5人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単にお願いします。

kurousa様
 上海の駐在奥様で、大変に楽しい方です。
 何かとトホホな(失礼)中国事情を、愛と笑いとユーモア、そして少しばかりの毒を取り混ぜてご紹介されていて、わたくしがPCの前で一人笑いしてしまう回数は、多くのブログの中でぴか一。
 そのくせ(笑)、結構な頻度で垣間見える女性らしさが、何とも魅力的な方です。

Zakcafe様
 12年間シンガポールで働かれていたキャリアウーマンで、英語は抜群に堪能、シンガポール人のご主人様の留学に伴い、昨夏からフィラデルフィア在住です。
 聡明かつ活動的な方で、現在、プリザーブドフラワーのお教室を主宰されています。
 私も教えて頂いたのですが、親切&的確なご指導で、ずぶの素人の私でもちゃんと出来たんですよ〜感動〜〜

Ky様
 フィラデルフィア郊外の自然あふれる美しい街にお住まいの奥様です。
 センターシティが活動の中心である私のような者では、到底知ることができないような美しいものや、楽しかったりお役立ちだったりする情報を教えて下さる、貴重な方です。
 思考のフィールドが幅広く、また視点もユニークなので、目からウロコなこと、考えさせられることも頻繁で、とても知性を感じる方です。

wacho様
 フィリーのセンターシティにお住まいの奥様で、愛犬であるボストンテリアのMOCHAちゃんの記録もかねたブログを書かれています。
 犬好きな方で、このMOCHAちゃんの写真にキュンとならない方はいらっしゃらないのでは???
 フィリーの芸術家の方達と親交をお持ちなのですが、ご自身もとても素敵な絵を描かれる上、書道のお教室もなさっていらっしゃるという、美的センスに溢れる方です(絵や書道のお手本もブログにアップされています)。

Nao様
 フィラデルフィア在住ブロガーのブログを取りまとめて下さっている方です。
 研究者でいらっしゃって、お時間もなかなか取れないでしょうに、様々な情報を網羅していらっしゃることに、いつも感服しています。
  私がバトンを回す唯一の男性ブロガーです(笑)。


 どなた様もお忙しいところ恐縮ですが、受け取って頂けたら嬉しいです 
 もちろん、受け取って頂けなくても大丈夫です。
 受け取ってくださる場合でも、ゆっくりで結構ですので、どうぞご無理をなさらないで下さいませ



takurere1025 at 16:18│Comments(12)TrackBack(2)その他 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. バトン第二段  [ NYH in Philadelphia ]   2006年05月24日 11:43
★1: 回す人を最初に書いておく。      U-kun papaさん(パパはフィラデルフィアで研究留学)      夏天さん(Phillyを目指せ!!)      おせっかいさん(おじさんの知恵袋)      emikoさん(***エミコのフィラデルフィアお気楽日記***)...
2. 自己紹介バトン♪  [ ZakCafe ]   2006年06月03日 05:57
Penns Landing周辺を散策中に発見した可愛らしい実。でも何の木だか実だか分からない〜! さてさて、いつも楽しいバトンを回してくださるKoharu様から、今回は自己紹介バトンをいただきま??></Y

この記事へのコメント

1. Posted by kurousa   2006年05月23日 21:20
了解しましたー
トホホ繋がりでバトン受け取らせていただきま♪

Koharuさん、着物お好きなんですよね。
オイラも持ってきたはいいのですが
中国では着れません
なぜかというと汚いから(ノ>ω<)ノ
着方忘れそうなのれす〜トホホ。

2. Posted by たえ   2006年05月24日 03:01
こんにちは♪
Koharuさんの素顔が少し見られる楽しいバトンでした。
じっくり読ませてもらいました。(笑)
Koharuさん、着付けできるんですね!
私もなんですよ〜・・・って、長い間着てないけど。(汗)
資格せっかく取ったのに、なかなか着付けの機会がありません。
愛する人へ一言。
<少しでも私より長生きしませう。>これは私も同感です。
以前何気にそんな事言ってみたら、「そんなもん、わからん。オレ、死ぬで。」とケロっと言われました・・・。
えぇっ!?そら分からんけどさ・・・。(汗)
3. Posted by yookoo   2006年05月24日 20:38
バトン受け取って頂いて改めてありがとうございます。
とても楽しく読ませて頂きました!
私の思い描いていたKoharuさん像は違っていなかった!と嬉しかったです。

体力・気力の衰え…まさにその通りですよね〜千代の富士の引退、35歳11ヶ月の時だったとは。しみじみ。
着付けが特技だとか、素晴らしいです〜。
ここ数年でようやく着物を着ることのよさを感じるようになりました。周りにもとても喜んで頂けますよね〜。着付けは将来やってみたい事リストのひとつです。

バトンを渡して頂いた方のところにも遊びに行ってみますね。


4. Posted by ky   2006年05月25日 03:34
Koharuさま,
自己紹介バトン,承りまーす.
>食べ物の秘密を探ること
秘密を探る...かっこいいなぁ,そしてミステリアスです〜.
上の↑たえ様と同じく,
>少しでも私より長生きしませう。
って重要ですよね!!というか,我が家でこの話になると,どっちが先かで言い争いになってしまう〜〜
5. Posted by Nao   2006年05月25日 10:47
5 Koharuさん、おばんです。
少しばかし意味深なご紹介有難うございました。
別に取りまとめているつもりはないんですけどねぇ。息抜きと実益を兼ねた趣味の一環でやってます。Koharuさんやkyさんには一度直接お会いしてみたいと思ってますけど、ご一緒したらきっといじめられる(いじられる)んだろうなぁ(笑)
6. Posted by Koharu   2006年05月25日 13:50
5 kurousaさま、そうそう、街が汚いと着物って着れませんよね〜
実は、フィリーも道路が悪いため、雨が降って無くても水溜り(もち汚水)があるってくらい汚いので、なかなか着ることができないんですよ。

なので、家で、お着物の会を開いて、そこで着るくらい
着方も着付も、やらないと腕がなまるし、変わり結びなんか、すぐに忘れちゃいますでしょ?
それが怖くて、会を開いて、奥様方にモデルになってもらってるんです
7. Posted by Koharu   2006年05月25日 13:57
5 たえ様、アメリカに着物を持ってきている奥様って結構いらっしゃいますよね。
でも、確かに着る機会はなかなかないですよね〜
私は、日本に居る時は、お教室を含めて、週に1回は着物で外出する機会があったので、寂しい限りです。
この時期は、夏物の準備をするのが楽しい時期ですのにね〜〜

「少しでも長生き」は、夫婦の懸案事項ですよね(笑)
お互い、自分が先にいきたいって思ってるし!
8. Posted by Koharu   2006年05月25日 14:06
5 yookooさま、書いてみると笑える箇所がなくて、なんだか不完全燃焼なバトンになってしまって、申し訳ないです。

それはそうと、千代の富士の引退って、35歳11ヶ月だったんですか
あぁ、あの時のウルフ(←懐かしすぎる呼び名。笑)の涙の意味が、切実に分ってしまう自分に驚き
そんな年齢になってしまいました(笑)。

日本ではここ数年、着物がとても流行していて、東京なんかだとかなりの着物姿を見かけることができるようになっていますから、とても着やすくなってますよね。
私も帰国したら、技術を復活させることと、何より自分の着姿をランクアップするためにも、再びお教室に通おうと思っています
9. Posted by Koharu   2006年05月25日 14:11
5 Kyさま、あははは、すみません、言葉が足りなくて。
「食べ物の秘密を探る」っていうのは、主にレストランで、「これは何が入ってるんやろか〜? 家でも作れるやろか〜?」ってぶつぶつ考えることです(笑)。
ちなみに、お店の人に尋ねるだけの勇気と英語力は私にはありません

「どっちが先にあの世へいくか」論争は、結論がバクチなだけに意味は無いんですけど(笑)、結構な数の夫婦の間で取り交わされる論争ですよね。
どちらかがいった時に「あの時、ああいうふうに言ってたのに…」ってしんみり思い出すんでしょうね…。
もしかして、やらない方がよいのかな、この論争
10. Posted by Koharu   2006年05月25日 14:13
5 Naoさま、さっそくのトラックバックありがとうございます

奥様への愛情あふれるバトンで、ほんわかしましたよ〜
きっと素敵な奥様なんでしょうね。

それにしても、なんで「いじくる」って分ったんですか
11. Posted by ZakCafe   2006年05月30日 22:58
5 遅ればせながらバトン、受け取らせていただきます♪ブログの更新が滞っているので少々時間がかかるかと思いますが、気長にお待ちください。

着物いいですよね。私もお茶を習った動機が、お茶と和菓子がいただけることと着物を着るチャンスがあるからだったのですが、結局、着付けはマスター出来ず、作り帯を買ってしまいました。
やっぱりお茶を辞めてから面倒になってしまって、着る機会が無くなってしまったし。勿体無いことです。

Koharu様にはこちらにいる間もどんどん着物で出掛けて欲しいです☆
12. Posted by Koharu   2006年06月01日 10:26
5 Zakcafeさま、バトン受け取って下さってありがとうございます。
でも、無理なさらないで下さいね〜〜

作り帯もいいと思いますよー。
やはり、手軽に着られる事に越したことはありませんもの。
ちなみに、うちの母も年を取ってめんどくさいという理由で、手持ちの帯を数本、作り帯に作り変えたそうです。

それにしても、最近の暑さで、フィリーの着物シーズンは、秋がベストだったのだなーと今更ながら思う次第です。
一応、夏物は持ってきてはおりますが・・・気分はなえ気味な私です

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔