2010年03月28日

フィギュアスケート選手権〜キム・ヨナちゃんの演目最終決定

 イタリアはトリノで行われたフィギュアスケート世界選手権。
 日本時間の夜中だったのですが、キム・ヨナちゃんのフリー直後に、友から電話がかかってきましたよ(笑)。

 スカパーはもちろん他のケーブルテレビでも放映していましたし、PCでもカナダの放送が無料で見られるんですね。
 知らなかったわ。
 うちのケーブルテレビも調べたけど、ベーシックプランでは見られないチャンネルだったので、旦那がPCでカナダの放送を見つけてくれたので、その後、視聴。

 うんうん、なるほど。

 オリンピック後、ワタクシはこちらの記事で、現行の採点方法について、
 「あれじゃ、アマチュア「競技」の採点ではなくて、平均して7〜8割の実力を常に観客に観せることができるかということを前提にした、プロ「興行」の採点」
 と評しましたが、これは間違いですね。

 プロは、興行において失敗しちゃいけません。失敗しない演技を「常に」見せることが大前提です。この大前提があるからこそ、10割の力ではなく、7〜8割の力だけれども、常にほぼ完全な演技ができるよう構成するわけです。

 そうである以上、「プロ興行の採点」においては、技術的に致命的な失敗をした場合や、表現がダメダメな場合には、採点が低く抑えられて当然です。
 ところが、キム選手は、LPにおいて、2度もジャンプを失敗したのに、そしておそらく故意に表現を放棄した適当な踊りだったにもかかわらず、選手の中で最高得点。

 これは、「プロ興行の採点」ではなくて、「キム選手にはどんなことがあっても目をつぶって加点する採点」としか言いようがない。

 このわたくしの結論に対し、「キム選手の表現力を評価していない。」というコメントがある方は、ご面倒ですが、過去記事(特にこちらこちら)をご覧下さい。 わたくしの目から見て、キム選手には、他の選手に比べて、「常に」大幅な加点が許されるような表現力はありません。

 わたくしは、フィギュアスケートの「表現力」について、あくまでスケートである以上は、同じスケート競技であるスピードスケートにすら存在し得る、スピード感・滑らかさ・しなやかさというものも評価の対象にはなるとは思っています。が、それ以上の評価の対象として、バレエやダンスと同類の表現力を求めて然るべき、と考えています。

 したがって、わたくしの基準から申し上げれば、キム選手が唯一表現できる「硬質なセクシーさ」が表現しきれていなくても、その「滑り」のみから「表現力」をお感じになる方は、スピードスケートの滑りにも、時として高い「表現力」をお感じになるはず、ということになります。
 しかし、そのような結果は、フィギュアスケートの「表現力」の判定としては奇妙じゃございませんこと?

 ついでに申し上げておきます。
 キム選手を攻撃する方が、時折、「キム・ヨナ選手の滑りは、フィギュア・スケートじゃなくて、ダンスだ!」とおっしゃることがあります。 
 ここでの「ダンス」は、おっしゃる方によって、同じフィギュア・スケートの「アイスダンス」を指すこともあれば、踊り一般の「ダンス」を指す事もあるようです。
 おそらく、これは、キム選手のけれん味のあるしぐさ(「パチン」と「バキューン」)の存在と、「硬質なセクシーさ」が感じられることを念頭に置いているのだとは思います。
 
 しかし、この発言、わたくし、とっても許し難いの。

 わたくしは、この発言を全てのダンサーへの侮辱と感じてしまいます。したがって・・・





ダンスをなめんな、ぼけぇっ




 と思ってしまう次第(下品で失礼!)。

 あの程度の表現手段しか持たないキム選手に対し、ダンサーの呼称を与えることなど、わたくしは、多くのダンサー達のために、絶対に絶対に、ずぇったいに! できません。

 よろしいかしら。
 わたくしの中で、「ダンサー」という呼称は、「芸術家」と等しい言葉です。
 バンクーバー五輪と今回の世界選手権に限れば、フィギュアスケート選手で、ダンサーの呼称を与えてよい選手は、以下の3選手のみです。
 
 ● 高橋大輔さん
(今回の世界選手権で確信しましたが、彼は図抜けていますね。いますぐダンサーに引き抜きたいくらい。笑)
 ● 鈴木明子さん
 ● ジョニー・ウィアーさん

ダンサーの有力候補は、以下の選手です。

 ● 長洲未来さん
 ● エイドリアン・シュルタイスさん
 
それ以降の候補順位は、こちらの記事のグループ分けをご参照ください。
 


 さて、前回、わたくしは、以下のように締めくくっております。

 「私が、いっちばん好きなのは・・・こういうダンサーにはこういう演目を、と考えることなんです。
 なので、以前、ヨナちゃんには「カラボスを」と 言いましたが(こちら)、別途、日を変えて、これをもう少し説明させて頂きたいと思います。」
ここで「ダンサー」という言葉を使っているのは、一般論ですから!)

 ということで、今回は、キム・ヨナちゃんにぴったりな演目を検討したいと思います。

 前回書いたように、キム・ヨナちゃんの表現の幅は「硬質なセクシーさ」という極狭いものです。 
 この結論に至った時、すぐに私の脳裏に浮かんだのは、ミュージカル「シカゴ」のロキシー役。 ・・・でも、私、19歳のヨナちゃんに囚人のロキシー役を薦めるのは、正直、気が引けていたのです。

 しかし、今回の世界選手権ですよ!
 収穫がありました。
 
 ヨナちゃんって、
 あの年齢ではあり得ないほど、図太くて、ふてぶてしい!!!


 私は、表現者に性格の良さなど求めないタイプです。
 表現がよければ、それでよい。
 そんな私にとって、ヨナちゃんが、多くの人にとってはムッとするほど図太くて、イラつくほどにふてぶてしい、謙虚さとは無縁で、むしろスポーツ選手の性格としてはマイナスと評価される可能性が大きいという事実は、彼女にぴったりの演目を検討する上で大変有益な情報です。

 だって、ロキシー役をふってもちっとも可哀想じゃないし、むしろ、セクシーさに、あの図太さとふてぶてしさがあったら、ロキシーはまさにはまり役になるんですもの。

 ということで、是非、ロキシーに挑戦して欲しいーーー
 「下品」と評価する人は必ず出てくるけど、そんなの007の時から無視しているんだし。しかも、007のセクシーさを肯定した人の多くは、評価してくれると思いますので、それほど恐れることはない。

 なんといっても、アマチュアのフィギュアスケート選手で、ロキシーのセクシーさを躊躇なく前面に出してやり切れる人は、ヨナちゃん以外にいないから、あまりに貴重。 
 19歳とか20歳でやれる人、特にアジア人は、おそらく100年たっても出てこないと思う。

 ミュージカル「シカゴ」をご存じない方は、Youtube のこちらの動画をご参考になさって下さい。 絶対に納得するから!

 次に、私が当初から申し上げていた、カラボス(バレエ「眠れる森の美女」より)。
 カラボスは、お姫様に呪いをかける邪悪な妖精あるいは魔法使いですが、近年、格好よい斬新な演出が増えています。が、その根っこにあるのは、「悪」です。
 
 ヨナちゃんは、陰と陽でいえば、確実に「陰」です。
 荒川さんも「陰」ですが、ヨナちゃんの「陰」とは少し違う。荒川さんのは孤高かつ崇高な「陰」です。
 ヨナちゃんの「陰」は、「悪」に通じやすい種類の「陰」です。
 そうなったのは、真央ちゃんに対する「陰」な感情の存在が大きい。

 すなわち、ヨナちゃんは、ジュニア時代はずっと真央ちゃんの後塵を拝していました。
 その真央ちゃんは、誰から見ても、キラキラとした金粉をいつも振りまいているような、生まれついての愛らしいお姫様。
 ヨナちゃんは、自伝の中で、「どうしてこの子が私と同じ時代に生まれてきたんだろう」(うろ覚えです。表現は正確じゃないかも。)という趣旨のことを書いているほどです。

 この手の「陰」な感情を、ちゃんと真正面から捉えて欲しい。
 「私は何もかも手に入れている」(今回の世界選手権のインタビュー)という風に、奥歯に何か挟まったような意味不明の言葉でごまかさないで。 
 ヨナちゃん、あなた、本当は、


ここまで何連勝も私がしているように、私の方が『上』なの。
子供の頃みたいに負けてないのよ。
圧倒的に、真央が『下』なのよ。
今回は真央が勝ったけど、それは特別な事情があったから。
ジャッジも私の味方だし。
真央がどんなことをしようと、全て無駄よ。
今後、私に勝てることなんて有り得ない。
永遠に私より下であがき続けるがいい!
クイーンは、私なんだから!

と思ってるでしょう?

 そう思っていることを、ちゃんと真正面から認識してちょうだい。
 誰しもが「お姫様」と目している真央ちゃんを、憎んで、さげずんで、見下してちょうだい。 そうすると、ヨナちゃんは、「カラボス」の気持ちになれる。

 ヨナちゃんは、本来、表現力の地力が貧しいので、「硬質なセクシー」以外については、自分の持ってる感情を増幅させて、その増幅させた感情を外に表出するという方法しか残っていない。
 これが会得できないなら、ヨナちゃんは、二流以下の表現者で終わります。


takurere1025 at 22:43│Comments(0)本音で語るシリーズ 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔