2011年03月15日

地震お見舞いとお願い

皆様、ご無沙汰しております。

3月11日におきました地震において命を落とされた多くの皆様に、哀悼の意を表するとともに謹んでお悔やみ申し上げます。
また、被害に遭われた皆様に、心からお見舞い申し上げます。

歯がゆいことに、今はただ、募金をすること・節電すること、そして祈ることくらいしか、私にはできません。
しかし、これから何かできることが出てくれば、出来るだけ具体的な行動を起こしたいと思っています。

もう充分に頑張っていらっしゃることは先刻承知ですが、どうしても言わずにおれません。
どうか、どうか、頑張って下さい。
持ちこたえて下さい。


11日当初、東北在住の、2人の甥っ子ちゃんの安否の確認が取れませんでした。
甥っ子ちゃんはともに小学生で、1人は小学校の卒業式を控えていました。そのお祝いを、こちら側の近しい親戚が集まって、この春休みに箱根の旅館でやろうか、と本人達には内緒で計画していたところでした。
心底、「どこでもドアが欲しい・・・」と切実に思ったのは、人生初でした。

地理音痴の私は、今回、地図で調べて初めて彼らが住んでいる市の正確な位置を知りました。
比較的内陸部のように思えましたが、実際の状況はさっぱり分かりませんでした。
当然ですが、当初の報道対象は、津波の被害が殆どだったからです。

日曜日になって、短いメールが1通だけ通じました。
一応無事、停電がつらい、雪降ってます、と書いてありました。
この日、他の親戚のところにも別途1通のメールが届いたようです。

実は、避難所にいるのか、自宅にいるのか、についてすら確認できておらず(無事を知らせるのが精一杯だったのでしょう)、私は今でも在宅時はテレビにかじりついています。

報道にずっと触れていると、情けないことに、心にも身体にも悲しみが蓄積していき、それは疲労と何ともいえない抑鬱という形で明確に現れてきました。
少なくなったとはいえ余震が続いていること、放射能を含め電力について不安があること、電車が不規則なこともあり空気が日常と全く異なっていること、等も影響していると思います。

一方で、私の大きな危機感として、経済問題があります。
その点で、地震で揺れがなかった(おそらく余震もないでしょう)地域の皆様にお願いしたいことがあります。
様々な活動を、必要以上に「不謹慎」を理由に自粛しないで頂きたいのです。

もちろん、皆様が、物資をできるだけ被災者の方々に、というお気持ちから購入をお控え下さることが妥当な物品があることは、確かです。
また、例えば、無駄遣いするくらいなら義援金として寄付することは、妥当な判断なのかもしれません。
さらには、被災者・被災地のことを慮って「そんな気分じゃない」こともよく理解できます。

しかしながら、国の経済の停滞というのは、救済においても復興にあたっても、明らかにマイナスです。
東日本は、地震と余震・放射能問題・電力問題・インフラの問題から、当面、経済活動は減縮します。復興による経済の回復というのは、あっても先の話です。

したがって、当面の間、この国の経済活動は、中部以西の西日本が担ってやるぜ!くらいの気概をもって、経済活動を行って頂きたいのです。

東京では、今月、バレエの公演も軒並み中止(Kバレエ、新国立など)、年度末・年度始めにおけるパーティーや宴会も軒並みキャンセル(都心ホテルの友人情報)、映画館はガラガラです。
これらについては、建物の安全確認が必要なことや、電車で帰宅できなくなるおそれもあることから、仕方のないことです。

しかし、そのような事情がない西日本の方々まで、全ての物事を中止する、あるいは参加しないでおく必要はないと思います。というより、かえってそのような行為は、日本の首をじわじわと締める結果になりかねないのではないでしょうか。

「申し訳ないような気がする」という側面については、会の冒頭での黙祷、あるいは募金箱の設置等、フォローできる方法があるように思います。

卒業祝い、入学祝い、転勤のお餞別、卒業旅行、春のお花見や旅行、等々全てにおいて、従来の予定通りに行って頂きたいと切に願います。

そして、これらを従来どおりの予定で行う方々に、白い目を向けないで頂きたいと思います。
このような行為と、被災者・被災地への祈りとお見舞いは、充分にそして立派に両立することなのです。

私がこのお願いをする理由は、経済問題のほか、もう1つ、心の問題があります。
ご自身や親戚に東日本の方がおらず報道に触れるだけという皆様だって疲弊します。
疲弊は、身体・心・脳に明らかにマイナスです。

疲弊した人よりも、元気な人たちが1人でも多い方がいい。
元気になるためには、人間というものは、好きなこと、楽しいこと、嬉しいことに触れるのが1番です。
できるだけ、西日本の人たちには、これらに触れて、元気でいて欲しい。
東日本の人たちに、いつでも強力な助けを出せるほどに。
助ける方に元気がなくては、助けられることも助けられなくなりますから。

ということで、よろしくお願いします。


takurere1025 at 15:37│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by チョコ   2011年03月16日 21:58
Koharu様

御無事で何よりです。
そして、記事を読み、涙が止まりません。

今日地方ラジオで、あるバンドが初公演を自粛すると発表しました。
初公演場所(東京)の建物に甚大な被害が出てしまっている事も理由の一つですが、何より「今はそんな(ライブを楽しむ)気になれない」と語っておられたようです。
その他にも公演を自粛される方も多くいらっしゃると聞きました。

今、全日本国民の方がニュースの映像や情報で心を痛めていると思います。
私自身も四国の徳島県民です。
今後30〜50年の間に必ずやってくると言われている南海地震がいつも頭の隅にあります。
地形的に言っても、過去の例からしても今回の東日本大震災と同じく、地震の後必ず津波がやってきます。
今回の地震は他人事ではなく、被災した方、津波に飲み込まれた方、家族を失った方…みんなみんな明日の私なのかもしれないと恐怖でいっぱいになります。

だから、自粛される方々の気持ちも解りますし、今、正直に言って娯楽を楽しむ心のゆとりが無くなっています。
楽しいと思えないんです。

続きます。
2. Posted by チョコ   2011年03月16日 22:00
続きです。

だけど、Koharu様の仰るように地震で影響の無かった西日本の私達は、元気を出して経済活動を行わないと、笑顔で頑張らねばいけないんですよ。

東北、北関東の方々の事を思うと、涙がこぼれるけれども今の私達に出来る事は、「いつものように元気に頑張り、明るい経済にしよう」って事だけです。
救助が終わってライフラインも整備されて自衛隊の方やレスキューの方がいなくなった後、やってくるのは長い長い、被災者の方々の心の復興です。
その時に経済が停滞してたら、何もできません。

徳島県では3月20日に徳島マラソンを行う予定でした。
一昨日の新聞では予定どおり行い、参加者から千円募金して頂いて、チャリティーマラソンにする予定でした。
でも、今日の夕方のラジオで延期しようという声が上がり、延期になってしまいました。
悲しい事です。

そこでKoharu様お願いがございます。
今回のこのブログの記事の文章を徳島県知事あてのメール、FM徳島へのメールに一部抜粋して紹介させて頂けないでしょうか?
(「一方で、私の大きな危機感として、経済問題があります。」以降の文章)

今回の地震で何の影響も受けなかった私が言っても勝手な言い分と思われてしまいますが、実際に地震に遭遇した方の言葉は重みが違いますので・・・ 
勝手なお願いではございますがどうかよろしくお願い致します。

文末ではございますが、ご親戚の方々、被災された方々の一刻も早い救助と復興をお祈りしております。
3. Posted by Koharu   2011年04月01日 23:00
5 チョコ様、こんばんは。
お返事が滞ってしまったこと、大変申し訳ありません。

実生活になんら被害がなかった私ですが(私の住所は計画停電からすら除外されています)、テレビの報道そして親戚やたまたま東北に転勤しているあるいは東北出身の友人から断続的に入ってくる情報に日々接しているうちに、どんどん落ち込んでしまって、身体も心も全く活気がなくなってしまいました。

何を見てもすぐに涙ぐんじゃうような感じで、親戚に送る物資の準備ですら思うように身体が俊敏に動いてくれなくて、その事実にまた更に落ち込んだりして・・・本当に参りました。

私ってこんなにダメダメ人間だったんだなぁ、とつくづく情けなく思っています。
(続きます)
4. Posted by Koharu   2011年04月01日 23:13
5 チョコ様、おっしゃるとおり、長い長い復興への道は、瓦礫の撤去とライフラインの復旧が終わった後にやってくるのですよね。

そして、その個々人で乗り越えることを要求される長い長い復興の道のりの時には、既に報道はなくなり、世間の関心も薄れてしまう可能性が高い。

したがって、最も大事なことは、この「先にやってくる長い長い道のり」の際に、被災者のことを忘れることなく息の長い援助をしていくことだと思います。

そのことを想定すると、経済の状態を少しでも上げておく必要がありますよね。企業や商店を倒産させず、失業者を出さないこと。社会が元気であること。
これ、とっても重要です。

徳島マラソンの話は、別の報道でも知りました。直後であっただけに、あらゆる面から躊躇されて、開催は断念されたのでしょうね。
今更あれやこれやということはできませんが、是非とも今月からは、被災地への援助とあらゆる経済活動・イベント等を両立させていって欲しいと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔