1月7日(日)
30年前建部町役場(現:岡山市建部支所 )前に埋められた、タイムカプセルの掘り起こしイベントが本日行われました。
約2年前、当時の状況を知っている方からこのことを教えて頂いたり、若い方からご相談を受けました。
その後、岡山市議会本会議の個人質問で「行政の継続性について」の項目で、この掘り起こしイベントを岡山市として行うべきではないかと質問をした所です。市長の答弁は、「建部地域の未来への思い等が込められた、30年前に埋設されたタイムカプセルを掘り起こし地域を元気にする事業と思う。全面的に賛成である。地域の方がどのように地域を盛り上げようとしているのか。その動向を見ながら調整をして、いいイベントにして行きたい」と答弁されています。
それを受け、本日まで若い人たちを中心に色々と企画を考えられ、実行委員会を作って本日のサブイベントの開催となりました。
タイムカプセル「たけべのこだま」開封実行委員会 会長 はじめ関係者の皆様方のご尽力に感謝と敬意を評します。
尚、メーンイベントの「タイムカプセル開封式」は、本年2月11日の13時〜 建部町文化センターで行われます。何方でも入場可能です。多くの皆様の参加で盛大なイベントになる事を祈っています。
409C3D34-3EB1-4F41-9066-FFDA97D314CF
E67D44E1-E2B7-40A1-804B-4E82A845ED93

その後、2箇所の町内会の初集会でご挨拶をさせて頂きました。
それぞれの地域で、本年度の目標や課題を議論され、安心して暮らせる地域づくりには欠かせない重要な行事です。お聞きをしたことは、出来るだけ実現するように頑張らなくてはなりません。
又、こちらから岡山市の事業の効果や、要望等に関する質問もさせて頂き、非常に有意義な
時間となりました。
感謝申し上げます。