2008年07月

2008年07月31日

今年も砂浴!

c27c4efc.JPG浜松に戻ったとたん、また仕事がどさっと待っておりました。

しかし、これだけは休まないぞ!と決めていたのが、「砂浴会」。

昨年のブログに書いた記事を憶えている方もいらっしゃるかと思いますが、東城百合子さんが提唱する自然療法のひとつです。

砂浴は、体に溜まった毒を外に出すという、究極のデドックス。

一夏に数回行うと効果絶大!ということなので、今年はしっかり参加しようと決心したのでした。

さっそく、先週金曜日と昨日、朝7時に遠州灘の「白羽(しろわ)海岸」へ。

砂浜に体がすっぽり入るぐらい穴を掘って、横たわり、上から砂をかけます。

砂浴日焼けしないようパラソルを砂浜に差し込み、顔も覆って4時間ぐらい過ごしたでしょうか。

友人は「ぐっすり眠って気持ちよかったあ!」と爽快そのものでしたが、私はやっぱり鬼門の左足や左の胸、背中などが痛み、全身かゆかゆ…。

でも、それが砂浴終了後は治まって、体も軽くなってスッキリするのです。

準備や砂落としの面倒さはあるけれど、それを上回る気持ち良さと体への効果を思えば何のその。
お肌もすべすべになるんですよー。

皆さまもぜひお試しを!
ただし、安全のため、一人では行わないでくださいね。
検索をかけると、あちこちでグループを作って「砂浴会」を行っていますので、お近くの会を探してみてはいかがでしょう。

お金がかかるわけじゃないし、横たわっていると海の音が全身を包み込んで、地球との一体感に浸る心地良さは何ともいえません。

車で15分も走れば海岸や湖に、20分から30分で山へ行ける浜松って恵まれているかも―。

ただ、驚いたことに、去年に比べて砂浜が「減っていた」のです。
海岸が減少しているとは聞いていましたが、こうして目の当たりにすると、かなりショック。
5mぐらいは海に近づいているような気がしましたが、このままいくと一体どうなるのでしょうか。

昨日は砂浴のあと、午後仕事で掛川や袋井、磐田などを回ったのですが、もう眠くて眠くて10時前には寝てしまいました。
もっとも朝、5時起きだったので当然といえば当然だったけれど。

で、今朝はこれまた早く目が覚めて3時半起き!

おかげさまで、仕事がずいぶんはかどりました〜♪

今日は終日、中遠地域をあちこち回らなくてはいけません。
ああ、もう少し涼しくならないものでしょうか。


※昨日(7月30日)にアップしようとしたのですが、パスワードが受け付けてもらえず何度トライしてもログインできずに仕事の時間が迫り、断念!
あらためて今日、パスワードの再発行をしたのですが、昨日入れたパスワードと同じ…。なぜ???

takutaku7and7 at 08:04|PermalinkComments(13) 自然療法 | 日記

2008年07月24日

岩手県海岸北部で震度6強の地震!

携帯から投稿しています。まず、心配してくださっている皆さま、私は無事です。
20日に父の一周忌を宮古の善林寺で行いました。
兄と弟はその日のうちに戻り、私と母は22日に宮古を発ちました。
私は用事があり、東京に二泊。今晩、浜松へ戻ります。パソコンでのインターネットが使えないため、コメントの返事は遅れますが、どうぞお許しくださいね。盛岡の友人や宮古の親戚からの情報によれば、かなりの揺れだったものの物が落ちるようなことはなかったそう。ただし、これは限定された地域の話で、ニュースを見ているとかなり被害が出ているところもあるようです。
宮古の実家付近では水道が断水していましたが、復旧したとのこと。
水道管が破裂した箇所もあったので、元栓をしめてきて良かった!
新幹線も止まっているので、移動日ではなく運が良かったと思います。
うちの蔵は壁が落ちているかもしれないので、叔父に見に行ってもらいます。
被災地の皆さま、くれぐれも余震にはお気をつけくださいね。
取り急ぎ、状況のお知らせでした。


takutaku7and7 at 07:56|PermalinkComments(3) 岩手のこと 

2008年07月17日

故郷へ

732d3779.JPG今日から私は故郷へ。
まず、横浜へ母を迎えに行き、盛岡。そして宮古へと向かいます。

20日に父の一周忌の法事があるので、その準備をしなくちゃ。
四十九日の法要以来、10か月近くそのままになっている我が家はどうなっているでしょう。

梅雨ですからね〜、カビが怖い!
掃除だけでもかなり時間がかかりそうです。
お墓も草茫々だろうなあ…。

帰りに東京でも用事があるため、浜松へ戻ってくるのは24日。

まだ仕事は残っていますが、何とか旅立てるところまで頑張りました〜!
しばらくネットは繋げませんが、携帯からトライしたいと思います。

皆さまのところへもコメントできるかしら(実は携帯でコメント書き込みをまだしたことがありません、汗)。

今日も暑い一日になりそうですね。

では、行ってきまーす!


※写真は、先月訪ねた「万葉の森公園」の紅花です。


takutaku7and7 at 07:22|PermalinkComments(3) 岩手のこと | 写真アルバム

2008年07月15日

清志郎、がん転移のニュース

昨日は、早朝から東京出張でした。

私の携帯に、複数の友人から相次いで「清志郎、がん転移だって」というメールが…。
清志郎については、今年の2月に復活のニュースをブログでもご紹介した(http://blog.livedoor.jp/takutaku7and7/archives/50929843.html)ことでもおわかりのように、私は彼のファンです。

先日も、やはり友人から清志郎が『徹子の部屋』に出ていたのを知らなかった」というメールが届き、私も見損なっていたのでがっかりしたものの、「ああ、元気なんだな」と安心していたのでした。

いろいろなニュースでこのことを取り上げていますが、下記の夕刊フジの記事が一番詳しいようですので、そのままご紹介しますね。

なお、ホームページのほうの清志郎自身による発表は、アクセスが集中したためか、今は見られない状態になっていました。

この記事を読んで「やはり手術をしたほうが良かったのではないか」、「復活のコンサートで無茶をしたのが悪かったのではないか」という声も聞こえそうですが、どうかそんな風に思わないでほしい…。

手術をした場合、声を失うと言われていた清志郎にとって、「歌えないこと」はイコール「生きていないこと」と同じだったんじゃないかな。

彼は、自分の「生きている意味」をちゃんと考え、その心に忠実でありたい、と考えたんだと思う。

だから、きっと後悔していないはず。

自分の状況をしっかり受け止めながら、それでも歌への情熱、希望は捨てていないはず。

あなたの生き方をちゃんと見ていたい―。
あなたの歌声をまた聴くことができると信じて。

心から、応援しています。


『忌野清志郎、がん転移…夏のイベント中止し治療に専念』
夕刊フジ7月14日17時1分配信

ロック歌手、忌野清志郎さん(57)は14日、腰の骨にがんの転移が見つかったとして、治療に専念するため今夏に予定していた野外ライブなどのイベント出演をすべてとりやめる、と所属事務所を通じて発表した。

 忌野さんは2006年7月に咽頭がんと診断され、1年7カ月間活動を休止。今年2月に復帰して日本武道館で「完全復活公演」を行ったばかり。

 事務所などによると、忌野さんは最近、足の痛みを訴えるようになり、病院で検査したところ、今月8日に左腸骨にがんが転移していると診断された。9日から放射線による通院治療を始めているという。

 左腸骨は腰骨の一部で、臀(でん)部の奥にある。

 忌野さんは自身のホームページで「妙に前向きになるのはなぜだろう。腰にガンが見つかった。心配はしないでくれ、これくらいのことは覚悟してたんで ぜんぜんヘコんでないから、ブルースはまだまだ続いているというわけだ」と気丈につづっている。そして、「すぐに帰ってくるから応援してくれ! もう一度言おう、夢を忘れずに!」とイラスト付きで自筆のメッセージを寄せている。

 今月8日には最近収録されたテレビ朝日系のトーク番組「徹子の部屋」にゲスト出演していたが、明らかに体力が弱った様子で、黒柳徹子さん(74)からの質問にも「はあ」「そうですね」などと答えるのがやっと。会話が一向に盛り上がらず、代わりにライブや趣味の自転車運転を楽しむ様子の映像が繰り返し流されたため、ファンから心配する声があがっていた。

 咽頭がんを治療する際は、歌手活動を続けるために手術は受けず、放射線や薬物による治療を選んでいた。

 忌野さんが休演するのは、21日「ap bank fes」(静岡・つま恋)▽27日「FUJI ROCK FESTIVAL」(新潟・苗場)▽8月16日「RISING SUN ROCK FESTIVAL」(北海道・石狩湾)▽同23日「MONSTER baSH」(香川・まんのう町)の4つのロックフェスと、9月6日の「YAON2008 GLORY OF LOVE」(東京・日比谷野音)。

※ほんとは今、とんでもなく忙しくてブログを書ける状況ではないのですが、じっとしていられずこのニュースについて書きました。仕事関係の皆さま、ごめんなさい! ちっとも訪問できていないブログ仲間の皆さまごめんなさい! もう少々お待ちくださいね。


takutaku7and7 at 06:43|PermalinkComments(8) がん全般 | 日記

2008年07月04日

豊田から伊豆へ

45a3bbff.JPG何だか最近、がんのブログというよりは、私の移動記録みたいになっていますね。

加速度的にあちこち動いているような気がします…。


昨日、豊田市にやってきましたが、今日は再び伊豆へ。

局地的に大雨が降り、気温は30度近くまで上がるそうです。

6月25日、浜松市の「万葉の森公園」へ行きました。

通っている自然料理教室の勉強会で、万葉の植物鑑賞と万葉の食事(しかも「貴族の食事」!)を体験してきたのです。

写真は、そのとき見かけた蓮の花。楚々としながらも、はっとするような美しさでした。

蓮の花を見ていると、やはりお釈迦様を連想してしまいます。
イエスでは似合いませんね(笑)

しずく蓮の葉の中心に集まった雨のしずくも、まるで宝石のように輝いていて、きれい…。


ざわざわとした心も、蓮を見ていると穏やかに鎮まっていくようです。


さあ、伊豆ではどんな出会いが待っているのでしょう。




takutaku7and7 at 07:10|PermalinkComments(10) 私が訪ねたまち | 写真アルバム