未使用文具を避難所の子どもたちに「ヘリから救援物資投下を!」の声にやっと応える動き

2011年03月22日

アインシュタイン「日本人へのメッセージ」

アルバート・アインシュタインが、ノーベル物理学賞受賞の翌年、1922年(大正11年)に来日した際、日本各地の講演で話したというメッセージです。

今からおよそ90年も前に、アインシュタインが日本人に向けて語った言葉ですから、ご存知の方も多いことでしょう。

でも、「知っている」ことと「腑に落ちる」ことは別なんですよね。

私もおそらく、幾度か目にしてきたのだと思います。

昨秋、相次いで聞き、目にすることで、私は初めて今の自分に必要なメッセージだと気づき、受け止めました。

言葉は必要な時、必要な人に降りてきます。

アインシュタインの言葉は時を超えて、今こそ日本人の心に響くものではないかと思い、ここに伝えます。



「日本人へのメッセージ」


世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か争いは繰り返され

最後の戦いに疲れ果てるときが来る。 

その間、人類は真の平和を求めて世界的な盟主をあげねばならない。 
この世界盟主なる者は、武力や金力ではなく

あらゆる国の歴史を抜き超えた

最も古く、また最も尊い家柄でなくてはならない。 

世界の文化は、アジアに始まってアジアに帰る。

それは、アジアの高峰日本に立ち戻らねばならない。

我々は神に感謝する。

我々に日本という尊い国をつくっておいてくれたことを。

― アルバート・アインシュタイン ―


takutaku7and7 at 06:40│Comments(7) メッセージ | 地震

この記事へのコメント

1. Posted by GAMA   2011年03月22日 10:39
震えがきました。
今から90年も前、今のこの状況を予期していたかのように。

だから最後は『日本』だったわけだ!
2. Posted by くりりん   2011年03月22日 11:06
ありがとうございます。
涙が止まらないです。
再び、この言葉を日記に転写させていただいていいでしょうか?

言葉は必要なとき、必要な人に…というのも、その通りだと思います。

言葉は人に元気を与え、人を癒し、支えるものだと思っています。
それを目に見えるモノにして誰かに渡すのが、私の仕事です。
自分が一番やりたいことについても、とてもクリアになりつつあるのが嬉しいです。
3. Posted by あっちゃん   2011年03月22日 12:15
こんな昔に話された言葉なんてね、
感動しました。
アインシュタインは、やはり天才なんだなって思いました。

最後は日本
もうこれで天災も人災も終わりでありますように。
4. Posted by k.k   2011年03月22日 12:42
お久しぶりです。
この災害でまだ消息の分からない知人がおりまして正直何もする気になれないでいました。

元気の出るアインシュタインのメッセージの紹介ありがとうございます!
アインシュタインは本当に素晴らしい人物でしたね。
日本をこよなく愛していたと聞いています。
日本に原爆が落とされた時
ある意味アインシュタインは利用される形となってしまいました。
相当苦悩したことだろうと想像されます。
こういったアインシュタインの言葉、係わりは何か偶然ではない意味のあることのように思えてなりません。

このような未曾有の災害に苦しむ人々を世界は必死になってその命を助けようとするのに
その同じ国が、人々が、なぜ戦争になると必死になって殺そうとするのでしょうか。
人種や思想や価値観や宗教が異なるからでしょうか。
利害の問題でしょうか。

今こそ真剣に考えなければいけない時ですね…。
5. Posted by TAKU   2011年03月22日 19:42
GAMAちゃん、本当に90年前にこんなメッセージを告げていたなんて驚きです。
「最後」とありますねー、確かに。
このメッセージの意味をしっかり受け止め、「真の平和」の旗手とならなくては。



くりりんさん、どうぞ日記に転載してください。
きっと、琴線に触れたのは、くりりんさんにとっても今、必要な言葉だったからでしょうね。
形にしたら、ぜひ私にも見せてください。


6. Posted by TAKU   2011年03月22日 20:16
あっちゃん、アインシュタインやはり凄い人ですね。
「最後」の言葉に引っ掛かっているのですが、まず自然災害ののちの国直しをして、国の形、精神をあらためた後じゃないと話が合わないかもしないなーと。


K.Kさん、こちらこそご無沙汰しておりました。
他国が戦いに疲れ果てなくちゃいけないんですよね、これ読むと。
その時まで、もっと日本人は崇高な精神を取り戻しておかないと(ってことでしょうか?)
アインシュタインは現代文明に貢献しながらも、迫害を受けたり利用されたり、逸話も多いですね。
この「予言」も嘘だという説がありますが、私には嘘か本当かを論議するより、今の日本人のために降りてきた言葉として受け止め、アップしました。
アインシュタインが親日家で平和な世界を願っていたことには間違いありませんから。
7. Posted by glaucos555   2012年11月04日 18:53
5 世界のどの国にも迷惑をかけることもなく、ただ黙々と与え続けている国日本に、なぜ次々と困難が押し寄せるのか、かつて欧米列強の支配から亜細亜を開放した偉大な国日本の戦いを、なぜ蔑み辱め貶めようとするのか?いいようのないやるせない気持ちがここ最近心に重くのしかかってくるようになった時に、このブログにたどり着き心が洗われました。本当にありがとうございます。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

未使用文具を避難所の子どもたちに「ヘリから救援物資投下を!」の声にやっと応える動き