2013年09月

2013年09月27日


9/8(日)

35日間の結界修行を終えて、無事、娑婆に出て参りました。

留守の期間、多くの方々にサポートして頂きました。保健体育科の先生方、学年の先生方、ラグビー部顧問のお二人、温かく送り出して頂いた校長先生をはじめ管理職の先生方、本当にありがとうございました。8/11〜16の阿蘇合宿では、保護者の皆様、OBの皆様にご尽力頂き、実り多き夏合宿を創造して頂きました。感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。御蔭様で、夏を越え、一回り逞しくなった部員達に再会することができました。35日間、監督代行を務めて頂いた稲場先生と部員達の距離感もグッと近づき、チームはさらに分厚い絆で結ばれました。稲場先生とのご縁なくして、このチームも、私の修行もなかった。彼とのご縁に感謝しています。

夏合宿のゲームをすべてチェックした。そこから見えてきたチームの課題、ユニットの課題、個人の課題を確認した。「できること」と「できていないこと」の整理をし、そこから引き出して、練習メニューを組んでいる。「できること」長所を伸ばすことを優先し、個々の輝きをつなぐ。「できないこと」に潰されるチームにはしない。生徒達と共に、秋の風に吹かれながら、一瞬の無駄さえない集中した練習をこなせている。生徒たちも、コーチングスタッフも、それぞれの夏を生きた。その夏を基盤に充実の秋がやってきた。チームを離れた35日は、明らかに「チームのチカラ」になっている。すべてに感謝。ありがとう。


結界修行は、未熟な私にとっては厳しいものだった。修行とは「己を修正しながら進むこと」そう教えて頂いた。人生は臨終の時まで「修行」だと、今!実感している。己の在り方を問い続けることが、生徒たちへ「伝えるチカラ」となる。

未熟で弱虫な自分を見せつけられた35日間。自ら
その場に身を置かなければ、感じ取れないこと、わからないことがある。娑婆の意味が具体的にわかった。

この胸で感じ、頭で思考したことを、今日につなぐ。


9/28(土)9/29(日)は、大分雄城台高校に遠征。公式戦初戦前、最後の練習試合となる。チームのメンバー一人一人の「夏をチカラ」に、思いっきり大事に、熱く、楽しく、一泊二日を過ごす。


人生、一生修行!一生感謝!


takuya_fujiyama at 23:07 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

takuya_fujiyama

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ