September 04, 2009

無想のレンブン

繰れる 綴る 繋ぐ

可憐な少年の過激な理念
傲慢な糧 奇才な瞳
美しさにかまけた首のゆるみ

高音 低心

誘導に繋ぐ 果ての無い声

何を書き 何を欠き 無いものねだり

的外れな行と点

朽ちる心に光る異道
朽ちない心に浮く軌道

うつつ

空虚

ヒカル

憧れ

汚れない心の
汚れない意思
落ちない意志

意味の無い連文

うつつのレンブン



takuyuki1230 at 00:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

ムラサキ








スキデス

takuyuki1230 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 09, 2008

梅雨

晴れ渡る空

一変して不機嫌に

大粒の涙を流す

先の見えない 作り上げて行く道

いろんな障害にぶつかってるよ

何もできない自分

何をしてきたのだろうか

和む時間さえ満足に楽しめず

スキマをつく

不安と恐怖と焦り

葛藤はどこにもぶつける事は出来ない

日本の四季

私の四季

春がきて

梅雨になった




今年の梅雨は長くなりそうだ

大粒の雨が日に日に多くなってくだろう

我慢の時

くい縛る時



November 24, 2007

Air mac Express

AirMac Expressを買った。

無線LANにて活用!!ソファーの上でネット!
i pod touchもパワフルに利用!!
まだまだ改革中!!


takuyuki1230 at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

November 21, 2007

つい最近、1冊の本を買った。
『プロとして恥ずかしくないIllustratorの大原則』

言っておくが私は意匠設計という分野を仕事としている。
使うソフトと言えば
Vector Works が主である。

私は建築設計と同じくらい空間設計というものに関心をもっている。
建築設計=空間設計とは今の自分は思ってない。

空間設計ってのはまだ未知の分野であり憧れにしかすぎない。
自分の定義は
大と小 体と心 ってな感じである。(簡単にかけない)
但、社会で生きる為、商が付き物になるが

今は体創り(規模、種類は限定されるが)

そんな私がこの年でなぜイラレに手を出したのか
簡単である。

表現力、感性を生み出す為である。



ポエム要素、それを連想させる画像はこのblogで練習している。
ほぼ、自己満ではあるが

ここにアップするものもphot shop での表現がほとんど!!

しかし、phot shopはほぼ我流である。
また、リアリティーが強い画像しか創れない。

表現の幅を効かす為、ちょこっとずつイラレの勉強をしていく。


会社からWeb講座を受けさせてくれた。
こっちではFP(フィナンシャルプランナー)の基礎を学べる。。


学生時代の勉強とは違って、興味をもって勉強できる自分がまだいた!!


というものの建築、空間設計の分野で飯を食べて行きたい。

ってことは1級建築士の取得も必須。

今年は受けようかと思うが

それより今はイラレの基礎知識、インテリアプランナーの資格取得をしたい。




ここ数年では珍しく目標が出来た気がする!



takuyuki1230 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

November 19, 2007

風 景

4c99dafd.jpg







幾度となく見て来たけど決して一緒じゃなかった
生まれてみたものが形を変えてしまってます

濁ってしまったのかな
目が見えてていろんな物見て
また1つ汚してしまった

自然現象 自我尊重

そんなんで生まれてしまったんだ





最近DLサイトで見つけたMOJIRIN-KENICHI HAMADA氏のスクリーンセーバー大変気にイテッマす。。
要素取り込んでます。
申し訳ありません。



takuyuki1230 at 18:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

支え

自分を奮い立たせ自分の自信を持たせ、感性を磨くことで始めたblog

ここ数年、mixiに浮気していたが今一度blogを続けてみます。

ってのもここ数週間壁にぶつかりかなりくじけてる自分がいます。
今も心の片隅にこのもどかしさがあります。休みなのみ休んでる気がしません。

他のことにも目をやれないそんな状況。

学生の頃はここに自分の弱さ感情を綴ってきました。
再構築します。

社会人になったけど学生の心取り戻したいです!!!




まあこのblog見てる知人もはやいないか。。。


takuyuki1230 at 17:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

心境


心の豊かさが見つからない

物に飢え多くの満足を金で得た
今に怯え多くの明るき空想を浮かべる

日常の騒音 圧力 怯え
前より強くなって

非日常の空間を犯す

旅立ちの怯え 怖さ
目の前の怯え 怖さ
どちらが不なのか

すべては心が知る

欲が無くなり圧力が鮮明になる
欲が無くなり変化に戸惑う

許す矛先が無く
新たな環境を考える

上辺の共感
とけ込む為の手法

潰れて行く 掠れてく

遠くに 希望


切に感じる新たな環境

箱の移動でなく
線の移動
異の移動

不満 怯え 葛藤


隠してた重い思いが再び浮き上がる

心境それは日々変化するもの
但 今 新たな環境に向かって動き出す

November 16, 2006

曇りのち晴れ

快晴なんて信じれない

放り出され 放り込まれ 物欲のまま ただ愛想振る舞くだけです
あんな風に飛び出してここまで来てやっと触れた温かさ
棘だらけの優しさだからとても痛くてともても切なくて

世間体としても 本意じゃなくて

その手が汚れていたとしても

灯が差しました

対等であり対極であり権力であり

迷いは続くのか

それでもまだ快晴なんて信じてはいけない
ヒトは弱い生き物



takuyuki1230 at 00:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

August 27, 2006

容(カタチ)

そう、古き良き都は今、容を変えました

月日が流れ、ヒトの間に飲まれたあの頃がとても懐かしく思う
廻りは知らないヒト 前には知らない街 ココロに圧し掛かる想い
春の木漏れ日は、ただからからの太陽でしかない
重いかばんで赤くなる右肩 迷子の人間

荒れ狂う坂を汗流し上り 腹を空かした人間はその日を乗り切るために食料を頬張る

得てして出会う多くのニンゲン 見たことも無い、聞いたことも無い声

人間の心は殻に閉じこもる 許すことを拒む

人間を脅かすコエの出現
閉じ込めたはず殻そのコエはその殻を崩してゆく
気付けば人間の殻は壊れそのコエを受け入れた
人間とコエは共にクソ厚い壁を見上げた

人間の心は過去の想いを持ち続ける
笑えない人間と怒るニンゲン
共存できないココロとの対立

時は露
許し合えた人間だけを引き受けた

許しあえたココロは多くの夢を持てた 多くの苦しみを 多くの喜びを

そのココロが今もつながっている

急速な時の流れを受け入れない子供人間

人間は線に出会う 心地よくジッカンを知る
人間の薄れた希望の靄が取れていく

見えそうで見えない容

あくまで見えるのは器
何をノセテイクノカ

時はタツ 

人間は様々な琴をひく

靄に包まれた容が明らかになるまでにジカンはかからなかった


器に大きな果物
甘くて苦くて酸っぱい
バラエティーに富んでる

人間は綴る社会への、ココロの不安
救いを求めるのでなく心を描く為である

寝る間を惜しみ
不完全な完全なシンメトリーを立ち上げる

過酷の中に浮かんだカタチ

多くのニンゲンを目に
大きなニンゲンを創り上げた
ゲンザイイチに満足であった

脈拍はうねりを上げていくそう感じたかった・・・



takuyuki1230 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 14, 2006

コラボレーション

日が落ちて雨が降り灯りがつく

目が覚めて顔を洗い家を出る

直線と曲線

タイとシャツ

靴とベルト

 

人と人

人と物

物理と数学

ひらがなかたかな

自然と人工

建築と私

建設と私

会社と私

リニューアル



May 29, 2006

張り詰めてきた意図

今想う事

苦しい人を見ても何も思わない人
苦しくたたずむ人
いないふりをする

悲しい声と弱気な返事を誘導
挙げ足をとりとられ

もう1つの水を求めた

ゲンザイイチにいる以上
避けたい避けたい想いは

けっして無理

今想うこと

悲しげにうつむく人

悲しくたたずむ僕は

1つ狂ったヒトを見る

ゲンザイイチは避けれない
解決 そんなものは受け入れない

裂けない花よ

僕の心に根を生やせ



takuyuki1230 at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 24, 2006

9ac6746e.jpg

焦げた靴
焦げたベルト
焦げ逝くココロ

条件飲んで結果を吐き出すよ

 

狂ったジカン狂った境に立ち
確かなのは無気力な自分の現在位置

霞んだ背中にぶ亡霊が浮かぶ今宵
誰もが皆不幸せで
誰もが皆満足を得ない

腐りかけた若者の瞳は瞬きも許されず
唯まっすぐ見つめる

乾いた目に今にも

潤った涙
ココロを叫ばせず

ココに経つ少年

いつしか慣れ親しんでしまった汚いウワベの世界に花は咲かず

部屋で育つ観葉植物のように
明日に怯え
明日に光を探し

待っているのは真っ黒な現実だけなのか

 

苦しいココロは解き放れたいと切に願ふ



takuyuki1230 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

クスミ

ああ

takuyuki1230 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 10, 2006

境-無心‐

91dad0cf.jpg

 

 

ふと大いなる風に手を触れて

ふとあの日の記憶が浮かんできたよ

目に余る人の動きが

異様でむなしくてけだるい

ふと大いなる山を目に焼き付けて

醜いニンゲンの思想が

寂しくて怖い

同じ群をなし

両手に抱えきれない欲望を欲して

それはモノクロの世界だった



takuyuki1230 at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

境-無心‐

 

 

 

ふと大いなる風に手を触れて

ふとあの日の記憶が浮かんできたよ

目に余る人の動きが

異様でむなしくてけだるい

ふと大いなる山を目に焼き付けて

醜いニンゲンの思想が

寂しくて怖い

同じ群をなし

両手に抱えきれない欲望を欲して

それはモノクロの世界だった



takuyuki1230 at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 23, 2006

無題

ココロ狂うことはとてもすばらしいこと

拒否反応放ち共鳴を願うもの

ココロ狂わし感情的に進んでいく

 

それが最高



takuyuki1230 at 00:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

February 13, 2006

emo

56714109.jpg

 

 

 

 

 

伝えるコトバと伝わるコトバ

ツナグコトバと綴るコトバ

橋を架ける

つないで

つながり

2つの鏡を

向き合わせる

伝えるコトバと伝わるコトバ

ツナグコトバと綴るコトバ

橋を架けよう

emo



takuyuki1230 at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

隙間から見えるスキマ

客観的に綴って
本当のこと書かないよ
ぬるいぬるいぬるい

なんだこの紙切れは

封をしている
くだらないことに

こんなことして変わるのか
変える為に描くココロは伝わらぬことなどわかってる

単なる解消なのか

数百の変わることのないことを思ってるココロ
聞け聞け聞け聞け

そう願いながら

暇つぶしに封を閉じているのか

封を開いたところで変わるのか

変える気あるの

ショウモナイと思いながら

隙間から見える汚れたスキマに

わずかなネガイを込め

隙間から見える腐ったスキマに

灰色のココロを落とします

 

 



takuyuki1230 at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 01, 2006

アシタノアシタ

636ee144.jpg

 

 

 

 

 

一定のリズムで鳴り響く機会音
ヒヨワナ腕が現実を回避するよ
目覚めはいつも突然で
目覚めはいつも味気ない
明りを受けないスクエアーにたたずんで
今日という現実を受け止めるんだ
満足な準備もせず
今日という現実を受け止めるんだ

四角の箱に入って
死角の場所に進むんだ
四角の画面に映る
視覚の作品を眺めるんだ
視覚に広がった
シカクナニンゲン

はい ありがとうございます
いつもと一緒なんだ

すいません オネガイシマス
いつもと一緒なんだ

一時の空白
空腹を埋めるよ
クリヒロガルヨ
狂いだす気色

くるくる回らないよ
壊れないトケイダヨ

目が覚めたよ
一時の終わりだよ

四角の箱に入って
死角の場所に進むんだ
四角の画面に映る
視覚の作品を眺めるんだ
視覚に広がった
シカクナニンゲン

灯が落ちて
ヒカリがついて

あー終わるんだ
満足は得れない今日と満足に満ちたココロ


四角の箱を出て
円の場所に進むんだ
ユメの画面に映る
シカクの作品を眺めるんだ
今日も広がるよ
刺激的なニンゲン

またアシタ

アシタノアシタ

広がるんだ
シカクナニンゲン

またアシタ

アシタノアシタ

広がるんだ
刺激的なニンゲン








takuyuki1230 at 23:34|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!