2006年05月05日

LIVE!! に行ってきた

今日(4日)は友人菅(すが)ちゃんのバンド、
『Teletha4(テレサフォー)』のライブに行って来た。
今までにも何度かお邪魔したことがあるのだが、
残念なことに今回を以って解散してしまうとのことなので、
是非にと足を運ばせてもらったのだ。


菅ちゃんと出会ったのは俺が19か二十歳の頃。
地元の友人と同じゲーセンでバイトをしており、
歳が同じということもあり仲良くなった。
その頃はよく一緒に遊んだり、飲みに行ったりしたものだ。
その後時が流れ、顔を合わせる機会は減りはしたが、
付き合いとしてはかれこれ10年近くなる。


俺が初めてライブハウスを訪れたのもテレサフォーがきっかけだった。
身体を震わせるような大音響に最初は面食らったが、
それはすぐに心地良さへと変わった。
こんな世界もあるのか、という新鮮な驚きでもあった。

そして、音楽のことなど何もわからない俺ではあるが、
こうまで人々を熱くさせる「音楽」というものの奥の深さを
改めて感じさせられたような気がした。

(非常に失礼な言い方ではあるが)音楽業界では底辺と言える、
ライブハウスで演奏するバンドマン達。
だが、それでも彼らは声を枯らし歌い、
魂の限りを絞り出すかのように叫び、
自らの肉体をこれでもかと躍動させ楽器を掻き鳴らす。
それは見ている、聴いている我々の心にひしひしと伝わってくる。
こんなにも熱いのか。
激しいプライドをビンビンと発散させている。
俺たちは音楽が大好きなんだ。
そう言わんばかりのパフォーマンス。

CDで聴く音楽のようなスマートな音響効果とはまるで違う。
その荒削りで暴力的とも言える音たちは、
強烈な衝撃となって身体全体を刺激してくる。



菅ちゃんは本当に楽しそうに、気持ち良さそうに、
そしてちょっとだけ寂しそうに、一心不乱にドラムを叩いていた。

ライブの終盤、ヴォーカルの奥山氏がドラムのソロ(?)のくだりで
「もっとやれよ!!」なんて発破を菅ちゃんにかけていた。

このメンバーでやれるのは、叩きまくれるのは、今夜限りなんだぜ?

そんな声が聞こえてくるようだった。


思わず胸が熱くなる、笑いあり涙ありの、とてもいいライブだった。



菅ちゃんと話す機会はあったが、解散の理由は聞いてはいない。
何の事情も知らずに言うのも何だが、本当に勿体ないなぁと思ってしまう。
テレサフォー。
こんなにいいバンドなのに…。
残念だ。

幸いなことに、菅ちゃんは音楽活動は続けるという。
他のメンバーの今後の動向は存じないが、
願わくばこれからも思いっ切り演奏し、絶叫し続けて欲しいものだ。



--------------------
Teletha4 HP
http://teletha.mods.jp/



* * * * *

蛇足。
ライブハウスに行くと決まって耳鳴りがしちゃって、
翌日か翌々日くらいまで収まらないんだ、俺w
誰か治し方知りませんか? (;´∀`)

テレサフォーのCDを買ってきた。
菅ちゃんは「言ってくれればあげたのに…」と言ってくれたが、
こういうものはちゃんと購入することに意義があろう。
今夜はこれを聴いて余韻に浸るとしよう…。

2006年04月19日

新庄剛志、引退を宣言

日本ハムの新庄が、今期限りでの引退を表明した。

http://www.sanspo.com/sokuho/0418sokuho064.html



今日(18日)の東京ドームでのオリックス戦、
満塁弾を含む2本のホームランを放ってのお立ち台。


「このヒーローインタビューという最高の舞台で
 皆さんに報告したいことがあります」


大歓声。


「阪神で11年。アメリカで3年。日本ハムで3年…」


……。


「今シーズン限りで…」


大きなざわめき。
「えぇ〜」という声や、悲鳴にも似た声も起こる。


「ユニホームを脱ぐことを決めました」





引退の理由。

球場(札幌ドーム)を一杯にして夢が叶った、
開幕戦で4万3000人が訪れてくれた時、
俺の役目は終わったと思った。

捕れると思った打球がワンバウンドする、
刺せると思ったスローイングが刺せない、
自分にしかわからないと思うが、いっぱいいっぱいだった。



最初ニュースで、キャスターが
「新庄選手が今シーズン限りでの引退を表明しました」
と話した時、驚くと同時に
「何でこの時期に?
 チームのことを思うと、ちょっと身勝手なやり方なんじゃ…」
とも思ったが、この新庄の言葉を聞き、
これが彼が考えた末のやり方だったんだなぁと…。



自分のユニホーム姿を見せられるのも今期限り。
それならば、それをファンに伝え、球場に自分を見に来て欲しい。
自分のベストのプレーを見せられるうちに…。



そのメッセージは受け取ったよ。

俺は阪神ファンでも日本ハムファンでもないし、
新庄ファンというわけでもない。
但し、一プロ野球ファンとして、
見ていてとても面白いプレーヤーだと思っている。


日本人野手として初めてメジャーで4番に座った新庄。
同じく初めてワールドシリーズに出場を果たし、安打を放った新庄。
日本に帰ってきて、オールスターでホームスチールを決めた新庄。
敬遠の球をサヨナラヒットした新庄。
日本でもメジャーでも、初打席にヒットを放った新庄。
ゴレンジャーの被り物をした新庄。
「才能がないから辞める」と言い出し、翌日撤回した新庄。
「記録はイチローくんに任せて、記憶は僕の方」と話した新庄。


エピソードを挙げるとキリがない。
確かに良くも悪くも、グラウンドの内外問わず、
多くの記憶を我々ファンに残してきた新庄。



球場に足を運ぼう。
彼のプレーを、姿を、より深く"記憶"に刻み込むために。







* * * * * * * * * *

というわけで交流戦の巨人戦あたり行こうかな。
5/23(火)〜25(木)のどれか、東京ドーム。
早く買わないとチケットが売り切れちゃう!


--------------------
新庄剛志オフィシャルサイト
http://www.shinjo-5.com/

SHINJO伝説
http://2chart.fc2web.com/shinjoy.html

伝説のプレーヤー - 新庄剛志
http://www.webmie.or.jp/~m-yama/player/sportsshinjo.htm

Wikipedia - 新庄剛志
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%BA%84%E5%89%9B%E5%BF%97

2006年04月11日

携帯を買いました

f1112267.jpg今日は夕食後即の8時に布団に入ってしまい、0時半頃目覚め、
こんな時間に日記を書いてしまっている拓です。

最近のお気に入りの曲はコブクロの『NOTE』。
http://wmg.jp/public/d001?id=2921&t=52097&m=1

* * *

前のやつは通話中にノイズがすごくて、
マイク部分の近くを強く抑えていないと会話が覚束ず、
指が痛くなって長時間の通話がつらい状態で。
そこへもってきて、ワンタッチオープンのボタンが外れやがったw

そんなわけで、ようやく新機種の購入に踏み切りました。
出るのを待っていた D702i 。
最近は折り畳み以外の形のものも多くていいね。

そしてPCでメモリーを移そうとしたら、
以前購入したメモリー編集ソフトのサポート期間が過ぎていて
アップデータをダウンロードできねぇ。
つまり新機種に対応できねぇ。
買ったのついこないだのような気がするけどなぁ。
ボロい商売しやがって。(ノД`)

てなわけで実用はまだお預けだなちくしょう。

2006年04月05日

日本野球徒然日記

去年の開幕戦。

7回を1失点に抑えた上原に替わり、シコースキーがマウンドに上がる。
苦しみながらも8回を無失点で切り抜ける。
1点のリードで9回を残すのみだが、残りの1イニング、
果たして誰がマウンドに上がるのか。

スタンドで観戦する俺。
「まさかほんとにミセリを使うんじゃあるまいな…」

抑え不在でもいいじゃないか。
8回を投げた投手が続投したり、
その時に調子のいい投手を使えばいいじゃないか。
9回に1人1殺で3人投手を使ったっていいじゃないか。

そんな風に思っていた俺。

しかし告げられたピッチャーはミセリ。

ものすごく不安になる俺w

何しろオープン戦は絶不調だった。
いくら抑えのために獲ったとは言え、
調子(実力?)を無視してまでその形にこだわる必要はないだろう。

「ダメなんじゃねぇの? 堀内よぅ…」

そして絵に描いたような逆転劇。
3点を失い、逆に2点差をつけられる。
9回裏にホームランで1点を返すもそれまで。

この敗戦で確信する俺。
「今年も巨人はダメだ、絶対…。(ノД`)」

そして
「応援するのやーめた! 堀内応援したくない!」


翌日。
開幕第2戦を、居酒屋のTVで見るともなしに観戦していた俺。
外野フライにタッチアップし、
キャッチャーのタッチをかいくぐり滑り込む二岡。

しかし判定はアウト。
スローを見ても、明らかに触っていない。

「おいおいお〜い」

だがこれ以上に俺を憤慨させたのが、
この判定に全く抗議をしない堀内。
ベンチを出る気配すらまるでない。

「ダメだダメだ、こんな監督じゃダメだ〜」

そしてほんとに応援は放棄。
好きな選手の成績にのみ期待。
(成績という意味では、リリーフ陣崩壊の煽りを食った
 先発投手陣は気の毒だった)

結果はリーグ5位という惨憺たるもの。
だがこれで待望の堀内解任。

「さあ来年に期待だ…」





そんな風に迎えた今シーズン。
監督は原が復帰し、イ・スンヨプ、小坂らが加わり、
喉から手が出るほど欲しかった抑え候補の豊田も獲得。

この豊田の存在は大きい。
「今年は期待できるかな?」


そして今年も見に行った開幕戦。
結果は見事な勝利。
上原は9回を投げ切った。
新戦力の李、小坂も活躍した。
若手の亀井の活躍も大いに目立った。

走攻守に活躍したこの亀井、特に第一打席は素晴らしかった。
満塁で打席に入り、追い詰められるも粘りに粘って
フルカウントに持ち込み、最後はライト前に運ぶ。

「素晴らしい打席だよ、これ」

思わず同行人に熱っぽく語ってしまう俺w

「今年の巨人は強いかも…」



翌日は大敗を喫すも、1勝1敗で迎えた第3戦は荒れ試合を制した。
勝負どころできっちり得点し、
期待の豊田が初マウンドをピシャリと締める。


4試合目となる今日はパウエルが好投し最後は豊田が凌いだ。
打線が繋がり、投手陣も粘りがある。
今のところ幻滅したのは開幕2戦目の高橋尚成の不用意な投球のみ
(これは本人も相当悔やんでいたようなので、次回に期待したい)。
優勝とまでは言わないが、いいところまでいけるのは間違いないと思う。



ところで。
今日は試合途中で放送時間終了となってしまった。
一番大事と言ってもいい最初と最後を放送しないTV局。

「いいかげんどうにかしやがれ。(ノД`)」


で、チャンネルを回すと 横浜×中日 が。

9回の裏、2点をリードした中日は
当然の如く岩瀬をマウンドへ。

WBCこそ欠場したものの、日本の左のリリーフエースと言えば
この岩瀬に間違いない。
デビューから7年間ずっと50試合以上に登板し、
昨年は日本記録の46セーブをマーク、
通算防御率がなんと1.99。

2死1塁となり、迎えるバッターはWBCで大活躍した多村。
この対決に、それまでソファで横になっていた俺も思わず起き上がる。

ホームランが出れば同点、なんてよく言うけれど、
なかなかそう上手くいくものではない。
増してやマウンドは岩瀬…。

しかし、それをやってのけたのが多村。
見事な同点ホームラン。
これには鳥肌。

そして10回のマウンドには「日本最速男」ことクルーン。
昨年日本記録の161kmを記録している横浜の抑えのエースを、
同点の場面でマウンドに送ってきた牛島監督。
思わず口をついた言葉。

「日本の野球も面白いぞ〜」

この日も158kmの速球に、145kmのフォークボール。
対するはWBC準決勝で殊勲打を放った福留や、
犠打の日本記録を持つ大ベテラン川相ら。
川相はつまりながらもライト前に運んだ。

この試合は結局12回引き分け。
終盤しか見ていないが、なんとも面白いゲームだった。


やはり面白いよ、野球。
WBCの効果は確かにあるように思うけど、
もっともっと沢山の人に見てほしいなぁ。

なんだか最近の俺はNPBの回し者みたいだw




最後に蛇足でMLB。
城島ホームランおめでとう。
松井くん4打数4安打4打点1本塁打。すごいね。

2006年03月23日

World Baseball Classic

「またWBC?」

とか言われそうですが…書くしかないでしょう。


栄えある第1回の世界王者に輝いた日本。
「歴史に残る」というのはこういうことを言うのだろう。
本当に誇らしいことです。

世界のホームラン王・王貞治に、
世界一のヒットメーカー・イチロー。
日本が世界に誇るこの二人が引っ張った今回の日本代表。


色んな意見があるかも知れないが、やはり長嶋さんよりは王さんだろう。
反論を恐れずに言うが、監督としての全ての資質において
長嶋さんを上回っていると思う。
長嶋さんの親しみやすい人柄も素晴らしいが、
威厳という点では断然王さんだと思う。

国民栄誉賞の最初の受賞者でもある王さん。
ミスターよりも、ノムさんよりも、仙ちゃんよりも、
誰よりも、日本代表を率いるに相応しい。


そしてイチロー。
彼がどれだけ偉大な選手か、今イチ理解していない人が多い気がする。
彼のプレーする姿を生で見られる時代に生まれたことを嬉しく思う。
そして、王・長嶋を知るおじさま方が自慢げに話すように、
俺ももっと歳をとってから、イチローの話をするのだ。

イチローの持つ数々の記録を並べるとキリがないので
ここではやめておくが(本っ当にキリがないのだ!)、
とりあえず簡単に言うと、日本時代は7年連続で
バッターとしては最高の栄誉、首位打者を獲得
(ファーム時代を含めれば10年連続)し、
その後日本人初の野手としてメジャーに移籍(新庄も一緒だっけ?)、
いきなり首位打者、最多安打、盗塁王などのタイトルを獲得し新人王。
2004年には、現代野球では考えられない「シーズン262安打」という
あまりにも偉大な記録を樹立。
なんと84年ぶりとなる記録更新だ。
イチローがヒットを重ねる毎にオールド・ベースボールの
名選手達の名前が報道される。
ジョージ・シスラーなんて名前は、
アメリカ人だってろくに知らなかったのだ。
しかし国民栄誉賞は辞退。
国民栄誉賞を2度も辞退している奴なんていないだろ!

…ほら、ちょっと書くだけのつもりが長くなるw


話が逸れた。
とにかくあれだ、みんなもっとイチローを見てくれ。
打撃だけじゃない。守備も、走塁も。
「野球が上手い」とはどういうことか、
イチローが教えてくれる。プレーで語ってくれる。


WBCに話を戻すー。
いやもうとにかく嬉しい。
色々書きたいことあったけど挫折。放り投げw
とりあえず幾つか箇条書き。


全部の試合で、試合前に開催国の国歌なんて流すな!
バカなアメ公め。

韓国うるせーんだよ! 勝手にライバル心燃やすな!
おまえらには向こう30年手は出させねぇ。

デービッドソンは死んじゃえば?
やっぱ3Aの審判じゃダメだな。

準決勝のアナウンサー松下だっけ?
おまえ勘違いすんな。調子乗んな。
「ペ ヨンス」を「ペ ヨンジュン」とか言うなw

2009年の次回も3月開催か〜。
シーズン終了後の方がいいような気がするが。

やはりさっさと日本の公式試合球も世界標準に合わせるべきだ。



うーむ、どうもやはり毒ばかりになるw
最後はいいことで締めるぞ。



まずはやっぱりイチロー。
アメリカ戦の先頭打者ホームラン。
アナウンサーの「イチローここにあり!」には鳥肌が立った。
常日頃「ホームランは狙って打つものです」と語るイチロー。
状況を考えても、狙っていたに違いない。

準決勝の初回、ツーアウトからのヒット。初球のスティール。
4回には先頭打者でヒットを放ち、なんとノースリーからスティール。
まさにイチロー劇場。これまた鳥肌祭。

松中。
本当にいいバッター。
足が心配だったけど、ケガがなくて良かった。

上原。
本当にいいピッチャー。
メジャーの全てのチームが欲しがることだろう。

松坂は個人的にはそんなに好きではなかったんだけど…大分成長したよなぁ。
ちょっと見る目を変えてみたいと思う。

横浜の多村。
今回のWBCで大好きになりました。
3/31(金)の 巨人×横浜 の開幕戦を実は観に行く俺。
多村には注目しちゃうね、確実に。

里崎が日本代表で世界のベストナインだなんて、
失礼ながら去年の今頃には想像だにしなかった。

このまま箇条書きしていくとこれまたキリがないのでこのへんで。
いやもう本当に今回の選手達は素晴らしかった。
松井秀喜、井口、城島、岩瀬らは辞退し、
阿部慎之介、高橋由伸らは故障。
だが、そんなことは全くもって忘れさせてくれた。

負けた試合でも、不甲斐ない試合はひと試合もなかった。
最後まで勝利を目指して戦ってくれたお陰で、
失点率(これまたビミョーなシステムなのだが)で
僅かにアメリカを上回る奇跡が起きたのだ。

なんつーかほんと、俺も成田まで行って「ありがとう!」と大声で
出迎えたかったくらいの気持ちです。


ありがとー!!

2006年03月08日

Zoff で眼鏡を買ってみた

『Zoff』という眼鏡屋さんをご存知でしょうか。

フレームとレンズの一体価格で \5,250 、\7,350 、\9,450 の
「スリープライス」という価格構成を打ち出し、
「メガネは5,000円の時代」を謳い、
「メガネをもっと気軽に」というようなコンセプトで
大成功を収めている(らしい)眼鏡屋さんなのです。

低価格の眼鏡屋さんは数あれど、それらとは一線を画す……
いや、画していると思わせている(?)のが
Zoff が成功している秘訣なのではと。


それは「オシャレ」ってことなのです。
名前、出店場所、HP等々。


「メガネバスター」なんて店名で、岩本町の交差点で、
クワマンみたいなオッサンの顔のでっかい看板出されたお店では、
いくら安くたって眼鏡を買う気にならない。

少なくとも僕はそうだし、多くの若い女性や、
お洒落に気を遣う男性はそうであろう。
メガバス(勝手に略)関係者の皆さまにはかたじけないですが。


多種多様のデザインのフレームを毎月投入する、低価格で高品質等々
他の低価格眼鏡店と差別化を図る要素は色々あるんだろうけど、

やっぱりイメージというのが一番大きいんじゃないの?(´∀`)

と、考えます。


で、僕が買ってみた眼鏡は5,250円のもの。
度が強いのでレンズが厚くなり、
「若干見え方が違ってしまうかも知れません」
とのことだったけど、とりあえずそのままのレンズで作ってみた。

そう、いいレンズにも換えられるのです。
但しそうすると当然のことながら低価格のメリットが薄れてしまいますが。

やはり多少目が疲れやすいかな、という気はする。
何しろ普段使っているのは『Four Nines』の非常にいい眼鏡。
フレームとレンズで5万くらいしたなぁ。そう考えると10分の1か…。

まあしかし慣れるであろうし、毎日これをかけるというわけでもない。
価格を考えれば十分許容範囲。

あ、付け加えるなら、ちゃんとケースもついてきます。
以前無印で1万円で眼鏡を買いましたが、
それにはケースがついてこなかった。



そんなこんなで。
個人的には Zoff のコンセプトには賛同しており、
いずれもう幾つか眼鏡を作ってみたいなと思ってます。
結論としては「オススメ」とさせて頂きたい。


いや Four Nines もお勧めなんだけどもw



------------------------------
Zoff
http://www.zoff.co.jp/

Four Nines
http://www.fournines.co.jp/

2006年02月24日

俺も五輪のことをちょっと書いてみるテスト

昨夜は9時くらいに寝てしまいました。
別段、早起きしてフィギュアを見ようってわけではなかったんだけど、
6時くらいに目が覚めたのでTVを点けました。
けど眠くて仕方ないので、音だけ聞いて目を瞑っていると
やっぱりうとうとしてしまい、
目が覚めると荒川の演技が終わったところ。(;´∀`)
おお、高得点だ。これはイケる。
そして村主(変換できん)の演技を見、マイヤー?の演技でうとうとし、
スルツカヤの演技を見ました。
おお、金じゃないか。
オリンピックでフィギュアの金は日本初、アジア初だそう。ちょっと意外。
まあフィギュアにはちっとも詳しくない僕ではありますが。
もうちょっと量を見ないと、演技の善し悪しも判断できなさそう。

で、安藤美姫にちょっと触れたい。
4回転。本番直前になってもろくに成功してないんだもの。無理だよ。
そもそも成功させて然るべきなのに「挑戦」という言葉を
使ってること自体がどうなのかなと。
「挑戦できたからよかった」って。おいおい。(-_-;)
アマチュアだからいいのかも知れないが、
これがプロだったらどうなのだろう。
それに、代表になれなかった他の選手、
応援している日本国民に対する責任のようなものを、
代表選手としてもう少し考えた方がいいのではなかろうか。
安藤に限らず、「楽しみたい」、
「(ダメだったけど)楽しめたから良かった」という選手が多い。
…運動会じゃないんだから。(ノД`)
まあ別にいいんだけどさ。
それでも「見てて楽めたからいいや」
「そこまで求めてないよ」という人も多いんだろうから。

けど、異論も多いかとは思いますが、こういう考え方も必要だと思う。
特に当の代表選手には、そんな見方をしている人も多いということを
知っておいて欲しいものだ。
いくら「若いから」と言っても、あまり言い訳にはできないよね。

2006年02月03日

アウトドアウェアの衝動買いと、クロスキューブと

みなさんおはこんばんちは。
たらふく食べたら眠くなって寝てしまい、
そんな時に限って立て続けのメール&電話で目が覚め、
夜中にコンビニに酒を買いに行ってしまい、
挙句こんなものを撮影し日記を書いている拓です。

mont-bellのダウンインナーベストを買おうと思ってたんですが、
仕事中にふらっと立ち寄ったさかいやスポーツ
Patagoniaのパフボールベストが3割引きになっていたので
思わず購入してしまいました。\11,760



その後訪れたL-Breath(エルブレス。Victoriaのアウトドア専門店)
でセールがやっており、7千いくらだかのcaleman
フルジップのパーカーみたいのが8割引きで
1500円くらいになっていたので、それもつい購入。



ぼかーアウトドアウェアが好きなんです。
暖かかったり軽かったり速乾性に優れていたり雨や風を通さなかったりと
機能性に優れていて、着用の用途がはっきりしており、
デザイン料の上乗せみたいなものがなく(?)、
流行り廃りもほぼない。

特に今の時期はあちこちでセールやってます。
かなりいいものが6割引きとかなってるんで、
冬物アウターが欲しい方はアウトドアメーカーのもので
探してみてはいかがでしょ。


でだ。
買ったものを会社に持って帰っても別にいいんだけど、
あまり大手を振ってそんなことをするのも何なので
コインロッカーを利用することに。
しかし チッ(`д´) 100円玉2枚しかねぇや。
そこではっと思いつく。

クロスキューブを使ってみよう。(・∀・)

『クロスキューブ』とは、携帯電話を鍵代わりにでき、
コインロッカー、荷物の受け渡し、ゆうパックの受け取りなんかもでき、
100円から利用可能で、カードでの支払いも可能な、
言ってみればハイテクコインロッカーってとこか。
将来はもっと色んなことができるようになるそうだ。
(詳細はこちら

タッチパネルの画面に触れ使いたいボックスを選び、
表示された番号に電話をかける。
画面の案内に従い、コインを投入すると「使用可」のランプが灯る。
取り出しも似たような手順。
3時間100円(場所により異なるようだ)で5時間弱利用したので、
追加の100円を投入すると開錠される。

ワーイヽ(´∀`)ノ 100円安く済んだよ。
しかし使われてるのは俺のボックスだけ。
周りの視線をちょいと感じた。
けどこういう新しいものを臆せずどんどん使っていきたいね。

2006年01月03日

新年の抱負

大輔さんから教わった『人生における6ヶ条』を考える。

仕事
家庭
教養
財産
趣味
健康

「難しいかも知れないがこれを数値化せよ、
 そして将来の自分にワクワクできないといけない」

自分なりに思うところは色々とあるが、確かに数値化するのは難しい。
が、これをやはり形として書いてみることが大事だ。

考えた末、それは個人でこっそりとすることに。
そしてそれを心に留め、目標の自分たるよう心がけることだ。
そうしていつしか『憧れの自分』となりたい。

頑張ろう。
今年も、その先も。



p.s.
ここのデザイン、またしても変えてみました。
過去の日記を見ると写真付きのものははみ出してたりするだろうけど、
全て修正するのはあまりに面倒なのでそこは目を瞑るw

大晦日と、新年と

大晦日。
購入した自転車を取りに行った。
亀戸、サンストリート内の無印良品へ。
無印の自転車はデザインがシンプルで、価格も手頃で好きです。
写真はその帰り道。荒川、平井大橋付近。



その後ひろ八で常連の皆さん+αと待ち合わせる。

みんな、俺の2005年を彩って下さった方々だ。
色々と教えてくれたり、刺激を与えてくれたり、ケンカ相手になってくれたり、
一緒になってバカをやってくれたり、etc、etc…。
お陰で楽しく過ごすことができました。
皆さん、来年もよろしくお願いします。

そして、やはり常連のKさんのご両親が営むお蕎麦屋さんへ。
大忙しの中、親切に対応して頂き、感謝、感謝です。
年の最後にも、大勢で楽しい時間を過ごすことができた。
有り難いことです。
(写真はこちら


その後は皆と別れ、相方と予約してあったホテルへ。
なんとも甘酸っぱい新年の迎え方じゃありませんかw



皆さん、明けましておめでとう。
今年もよろしくお願いします。





チェックアウト後にホテルで振る舞い酒を頂き、初詣は浅草寺へ。
思ったほどは混んでいなかったが、
俺らが参拝を済ませる頃はえらいことになってました。

占い、まじないなどは信じない性質だが、
相方に付き合いおみくじを引く。

………『凶』とか書いてあるけど? (;´Д`)

フンだ、信じないもんね。
結びつけて、結……「ブチッ」
なんでちぎれるのよ、縁起でもない…。(;´Д`)
フンだ、信じないもんねw

で、露店でビールを飲み、煮込み、じゃがバター、ちぢみなんかを食べる。
ふらふらと歩いているうちにつくばエクスプレスの浅草駅に着いたので、
秋葉原まで乗ってみるテストw
そこから日比谷線ではなく山手線に乗り銀座へ。

新橋から歩き、博品館を覗き、隣のバーバリーに行ってみるも休み。(;´Д`)
三越他、大概の店は休み。まあ当然か。

そして錦糸町へ。アルカキットを覗き、寿司を食べ、
そこでもやはり振る舞い酒を頂き、その後ボウリングを。
人には言えないようなスコアw
そんな感じの濃密な(?)元旦。


今日二日は本牧の叔父の家へ。
相変わらず素敵なお家、そしてご夫婦。
将来はあんな二人になりたいものだ。


そんな年末年始の日記。

もう一度。
皆さん今年もよろしくお願いします。

2005年12月29日

デザインを変えてみました

2006年に向け、心機一転…じゃないけど、
気持ちを新たに…ってのは結構好きです。

新年の抱負は…まあここでは発表しませんが、
年が明けて気が向いたらということで。


年内にまだ日記を書くかも知れませんが、ひとまず。

みなさん、良いお年を。(´∀`)

2005年11月30日

空き缶とか、煙草とか、モラルとか

こないだ、お客さんとこで仕事を終えたあと、
近所の公園で缶コーヒーを飲みつつひと休みしていたのですが、
なんだか妙に多くの人がいて、その誰もが煙草を吸っているんだな。

その公園は千代田区。最近の煙草のみは肩身が狭いんだなー。

まあそれはいいとして、同時に気になったのが吸殻と、
放置された灰皿代わりの空き缶の尋常でない数。
…貴様ら、モラルはないのかと。(´Д`)

もちろん「みんながみんな」じゃないだろうけど、それにしてもひどい。
(僕はもちろん自分の空き缶を持って帰り、ごみ箱へ捨てました)

煙草を吸う人 = モラルの程度が低い

当然そんなことはないのだけど、
そういう図式を印象づけるに十分な量の吸殻、空き缶。

そういう人達が自らの立場をどんどんと悪くしている。
携帯灰皿を常備するくらいのプライドを持って欲しいものだ。

煙草を吸っている人に「やめろ」だなんて言うつもりはない(ほんとは言いたいのかもw)。
健康を害することは百も承知でいるんだろうし、
目覚めの一服食後の一服授業もサボって喫茶店で一服(ダウンタウンブギウギバンド)
という時間に百害の中の一利を見出しているんだろうし。
ただ、俺が嫌なのが、正にその「食後の一服」といった時間に縛られてしまうこと。

目覚めてから煙草を吸う時間。
食事を済ませてから行動を起こすまでの時間。
居酒屋に入る前に「煙草どっかで売ってない?」なんつって慌てて買いに行く時間。
たかが(敢えてそう言わせてもらう)煙草に時間を拘束されるなんて馬鹿げている。

ひとりでやるのは結構だが、それに他人を巻き込むことには留意するべき
(煙の流れる先、歩き煙草などは言うに及ばず)。

例えばスノーボードに出掛け、昼食後「さあ行くぞ!」という段になり
「もう一本」なんていう風になると、非常にげんなりさせられる。

そうでなくても、やはり食事などを済ませ、まあ一、二本吸い、
ほどほどに歓談をした後次の行動に移ろうという頃に、
「おい、なんでまた火を点けるんだよ」と。


…えーと、標題のようなことをまったりと書くだけのつもりが、
「煙草をやめやがれ」的な文章になっちゃったな。まあいいか。(;^_^A


まあそうこう言っても、簡単にやめられないものなんだろうということは想像がつく。
けど、これだけは言えると思うんだけど、

煙草なんて時代遅れだぞー。

それでも吸うと言う方にも、これは読んでみて欲しいですね。
JTの大人煙草養成講座。これなかなか面白いですよ。

※ 善良なる愛煙家の皆さんには大変失礼を致しました。m(_ _)m

2005年11月22日

11/17(木)の美食日記w

遅れ馳せながら。

Hみ嬢と地元新小岩の『ひろ八』に行って参りました。




焼き白子。
前回も頂いたのだが、あまりに美味しかったんで今回もリピートプレイ。(´∀`)
なんつーか、初めての味。何とも言えない味わいで、
「余所では食えないだろ」という感じ。
白子というとぽん酢というイメージがあるが、断然こっち。
周りはカリッと、中はふわっと、そして柚子胡椒が絶妙で…。
とにかく食べてみて欲しいお味。




鶏肉とにんにくの芽の味噌炒め。
食べ物の写真ってなかなか上手に撮れないんだけど、
これのお味は想像しやすいかと。
いい意味で、普通に美味いっw




前回食べた鮟肝。僕の好物です。
昔はこれが嫌いでね。美味しいのを食べて好きになったんですが、
今まで食べた中で一番美味しいのがこの『ひろ八』のもの。
しかも大きい。鮟肝というとちょろっとしたイメージがあるが、
それを払拭させられる。そしてこのお味。
これも皆に食べてみて欲しい〜。

その他頂いたのは、ウニ刺し、メジマグロ刺し、明太サラダうどん、特大かき揚げ、etc...
この味をこの値段、そして当然お酒を頂いて…。
いやあ、最高です。

そうこうしているうちに地元の友人Mシゲも合流。
やぎさんとご友人も来店。
閉店後はマスター、ママさん、Mシゲと俺の4人で飲み、語り。

ふと我に返り時計を見ると………

(((((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル


まあそんなこんなでw
お酒好き美味い物好きな皆さん、今度新小岩に遊びに来て下さいな。
ご一緒しましょうよう。(´∀`)

2005年11月17日

11/13(日) 日帰り温泉・紅葉狩り

Hみ、Tじ、Tじの相方Hちゃんと、
ドライブがてら紅葉を拝みに、そして温泉に浸かりに行ってきました。

1週間ほど前に決まったこの企画。
前日土曜にHみ、Tじとはバスケで会っていたが、その時点ではどこに行くか、
何をするか、まるで決まっていない…。
「温泉でも行く?」なんて言っていたくらいで。

そのまた前夜、金曜のHみのお言葉。

「Tじが、『拓さんが決めるでしょ。(´∀`)ニヤニヤ』って言ってたよw」

こらこらw

翌日土曜、バスケでのTじのお言葉。

「どこでもいいっすよ。(´∀`)ニヤニヤ」

こらこらおまいら…どうあっても俺に決めさせるつもりかw
結局その日もろくに決まらず。
決まったのは「お昼前くらいに俺がみんなを迎えに行く」ってことだけ。(;´∀`)

帰宅して、行き先探しに腐心する俺。偉い。
え〜と、Hちゃんは練馬区らしいから…時間はあまりないから…紅葉狩りしたいから…
チ━━━(・∀・)━━━ン!

練馬区 → 練馬IC → 関越道 → 群馬あたりで温泉 + 紅葉狩り

ってことで、俺の単純CPUが明快に弾き出したのが伊香保。
気がかりは、温泉マニア(?)だというHちゃんが伊香保でどうか?というところ。

しかしその心配も

Hちゃん
「あ、伊香保は行ったことないんだよね。(´∀`)」

とのことで杞憂に終わり、一路群馬へと。
道も空いており、14時過ぎには渋川伊香保ICに到着。

さあここからが行き当たりばったり。
とりあえず榛名山の方に向かうと、山道は激混み。
ちょっと心配になったが、なんとかかんとか伊香保の温泉街へ辿り着く。

細い坂道を、苦労して対向車と擦れ違いながらうろうろし、ようやく駐車場へ到着。
紅葉、黄葉をバックに記念写真。
茶屋でビール、日本酒を軽くと、味噌おでんに山菜蕎麦。
うう、美味い。(*´д`*)ハァハァ







そして露天風呂。
残念ながら混浴ではないw
ゆっくり半身浴をしつつ、Tじと四方山話。
うん、これぞ裸の付き合い。ぶつかり合い。はーどすこい。

そんなこんなで、突発企画にしては上出来かな?
それというのも全て俺の(以下略)

帰りの渋滞はご愛嬌。
楽しい一日でございました。(´∀`)

2005年11月15日

拓蔵の乗り過ごし列伝

ちょっと過去の電車乗り過ごし武勇伝を書いてみようかななんて
思い立ってしまいました。
まあ最近日記も書いてないし…。(;^_^A

ご存じない方のために。
僕の家はJR総武線の新小岩駅が最寄りです。


* * *


武勇伝 其ノ壱

新宿でオールして帰る時に、総武線で

新宿→新検見川→東中野→千葉→新小岩

というのをやったことが。
最後、千葉で折り返したところで目覚め、
うつらうつらしながら津田沼まで。
そこでようやく頭が働きだし、快速に乗り換え新小岩まで。

また寝過ごしそうなのと、座りっ放しで腰と尻が痛いので、
そこからは立ってました。

3時間半以上はかかったことになります。(-_-;)


* * *


武勇伝 其ノ弐

神田から朝帰りの時に、
秋葉原まで山手線にひと駅乗って総武線に乗り換えるはずが…。
たったひと駅の間に爆睡してしまい、
おそらく山手線を一周以上して田端で目覚め、

慌てて反対方向の京浜東北に乗り換えるも、
そこでさらに爆睡して目覚めると洋光台という聞いたこともない駅。
路線図を見ると…横浜の先。で愕然。(;゚Д゚)

そこで降りて缶コーヒーを買い、逆方向の京浜東北に乗る。
しかし飲みかけのまま眠ってしまい、横浜で目が覚めると……
コーヒーをこぼしている。(;´Д`)
鞄はコーヒーで汚れ、電車の床をコーヒーが電車の揺れに合わせ
つ〜っと…。_| ̄|○ サイテイダ

慌てて電車を降り、鞄を拭き、総武快速(横須賀線)に乗り換え、
また爆睡しつつ新小岩着。

所要時間不明w


* * *


細かいのは沢山あるけど、ひどいのはこんなところ。
しかし改めて書いてみると本当にひどいな。ちょっと凹むくらいだ。


あと普通に仕事をして帰る時に、
間違って通勤快速に乗っちゃったことがありまして。
本を読んでて、

「あれ、なかなか着かないな……(゚Д゚;)ハッ
 ああっ、我が家が遠ざかっていく……(;´Д`) 」

新小岩は通勤快速止まらないんです。

そんな時に限って腹ペコなんだよねw

2005年11月10日

カレーまん液状化現象

タイトルを書く時、誤って「にくまん」とタイプしてしまい、
それがまた誤って「憎まん」と変換され、
会社でひとり笑いをこらえてしまいました。
罪を憎んで人を肉まん。(元ネタわかるかな?)

皆さんおはこんばんちは、拓蔵です。


先日、お昼を会社の近くの ampm に買いに行った際、
レジでついつい出来心で

俺 「あとピザまん下さい」

店員さん 「ピザまんは今切らしておりまして」

俺 「(´・ω・`)ショボーン じゃあカレーまん。(`・ω・´)シャキーン!」

というわけでカレーまんを買ってしまいました。



しかしこれがかような有り様なんですよ。
伝わるかな、このどろどろ具合。


ああっ、とろけるような味わい…。(*´∀`*)ポワァァ…



…んなわけあるかいゴルァ!(#゚Д゚)


まあいいんだけどね。
別に全然食えるし。
文句つけに行くのもバカバカしい。


はい、それだけの日記です。


ところで。
『ampm』 を 『アンパン』 と呼称すると、
割と多くの人に 「ないない!」 と言われてしまうんですけど、
皆さんはいかがでしょう?

2005年10月25日

日本シリーズ第3戦

序盤は会社でYahoo!の速報。
退社時には 1-1 。

今日は家に夕飯がないそうで、近所の「洋食 じろう」へ。
店に着き、チャンネルを変えてもらった時には 神1-3ロ 。
そこでビールを飲み、トルコライスを頂きつつ観戦。

リードされているにも関わらず、6回から藤川を投入する岡田監督。
流れを持ってきたいという采配。
それに応える藤川。低めのボール球にバットが空を切る。
あれに手が出るってことは、やっぱりいい球を放っているんだろう。
三振ふたつにファールフライ。
流れを呼び込むムードをきっちりと作る。

注目の6回裏。そんな雰囲気を断ち切る小林宏行。
簡単にツーアウトを取る。その後シーツのボテボテの打球が内野安打に。
西岡がいいプレーを見せたが、飛んだコースがよかった。
そして迎えるバッターは金本。
大事な場面だと意識したのか、小林宏のフォークがワイルドピッチとなり、
ランナーは一気に3塁へ。
しかしここでファーストゴロに倒れる金本。
このシーンは大きかった。

ここで店を出て家に向かう俺。
家に着きTVをつけると、なんとノーアウト2、3塁。
だがバッター、代打のフランコは簡単にツーナッシングと追い込まれる。
しかしここからだった。粘る。粘ってフォアボール。
無死満塁で代打橋本。
これまたツーナッシングとなるも、ここからまた粘る。
臭い球に手を出さない。前の回にあれほど振らせていた藤川のボール、
球威が落ちたのか? わからないが、とにかくバットが止まる。
際どいところはカットされる。
そして見事に打ち返す橋本。
ほんとにいいバッターだ、と思ってしまった。素晴らしい2点タイムリー。
二人の代打、フランコと橋本が大きな大きな仕事。

神1-5ロ。ここで藤川は降板。
マウンドに上がるのは…桟原(さじきはら)。
「ちょろいちょろい! 桟原ちょろい!!」
思わず声が出てしまった。

西岡に簡単にタイムリーを許す桟原。
勝利を確信する俺。
続く堀はフォアボールを選び、その後の福浦はなんと満塁ホームラン。
3戦連続の2桁得点。

まだ試合は終わってないけどね、もうUPしますよ。
ロッテ3連勝。
このシリーズはいただきです。
阪神ちょろい。ソフトバンクのが全然強い。
マリーンズ日本一おめでとう!ヽ(´∀`)ノ ワーイ

2005年10月24日

菊花賞 & 日本シリーズ

「どこが強いとかじゃない。完璧」

とは武豊のお言葉。

そう、ディープインパクト。
本当に強い。序盤ややかかり気味で、どうなることかと思ったけど。

上がり3ハロンは、なんと菊花賞史上最速の33秒3。
かなり衝撃的な末脚だったいつぞやのダンスインザダークより速く、
この日の他馬の最速34秒2との差0秒9は、これまた史上最大の差だそうだ。

単勝1.0倍とか有り得ない。そして見事勝ち切ってしまう。
いやはや天晴れです。

しかし強い馬には故障がつきものの近代競馬。
今後も無事に走り続けてくれることを願うばかりです。





日本シリーズ第2戦。
ご存知の通りのロッテの快勝。

ロッテファンとしては嬉しい限りだが、
試合間隔が空いてしまった阪神にはちょっと同情も。
プレーオフにしてもそうだが、日本プロ野球界の来年以降の課題なのは間違いない。
セも再来年からだっけ? プレーオフの実施に踏み切ったが、
その方法にはやはり賛否両論が生まれるだろう。
メジャーとは違う。プレーオフに反対するわけではないが、
日本の少ないチーム数ではなかなか難しい。

試合そのものに話を戻し、勝敗を分けた点を考えると、
やはり先発投手陣の安定感の差が大きかったのではないか。
この2試合での阪神の先発投手は、今期は終始不安定な投球内容だった井川と、
今期から先発に転向した安藤。
ピンチでの不用意な初球。要所要所でヒットを連ねるロッテ打線。
対する阪神のクリーンアップは、清水、渡辺俊介の前に2戦で僅か2安打。

第3戦は一日を挟んで明日から甲子園。
このまま終わってしまうのか阪神。
先発予想は下柳。
正直、今期の好成績は予想だにできなかった。
10回を投げ切った今期最終戦を別にすれば、投球回数は総じて長くはないものの、
年間通して安定したピッチングだったように思う。
制球もよかったというか、適度に荒れていたというべきか。
だが、いちロッテファン、プロ野球ファンとしての率直な意見を言わせてもらえば…
怖くない。

阪神ファンのみなさんが読んだら怒りそうな内容ですが。
だがこのままでは俺の、そしておそらく世間もそう感じているであろう
「ソフトバンクの方が強い」という印象を拭えない。

さてさて、36歳の老獪なのらりくらり投法がロッテ打線を抑え込めるのか。
そしてJFKの出番はあるのか。
阪神打線は本拠地で甦り、好調の小林宏行を打ち崩せるのか。
交流戦での対戦では下柳が8回1失点、小林宏が7回1失点と、
それぞれ好投を見せている。

運命を分ける第3戦。
野球ファンならずとも注目……のはず。

2005年10月21日

拓蔵の赤裸々健康診断結果報告

健康診断の結果が出まして。

「総合判定」の欄には…

▼血液学的検査で異常を認めます。
 数値の変化を確認するために6ヶ月後に再検査を受けてください。
▼血糖が高めです。過食を避け、適度な運動を心がけてください。

再検査キタ━━━━(;´Д`)━━━━ッ!!

何だとおい、俺は運動はしてるだろう。
食事だって別段食べ過ぎてはいないと思うんだが…。

注意の「*」印がついてしまった項目。

▼赤血球数 411 x10^4/ul (単位の意味がよく…。以下同)

これは上記「血液学的…」に当たる部分。
基準値が 430-570 と近いので、大した問題ではないと思いたい…。

▼ヘモグロビン 13.2 /dl

これも血液学的な問題。基準値は 13.5-17.5 で、同上…。

▼HDLコレステロール 111 mg/dl

基準値は 40-70 。
ちょっと高いようだが、総合判定としては触れられず。

▽コレステロールが高い場合は肉の脂身やバター、卵黄を減らしましょう。

だそうで。
一応気を遣うようにしてみよう。

▼血糖値 151 mg/dl 。

基準値は 70-109 。
ちょろっと調べたけどね、要は健康的な生活をしろってことだな。
検査前の食生活にもよるようだし。
とりあえず毎日飲んでた缶コーヒーをこの機にやめてみた。
あとはまあなるべく健康的な生活、食事を心がけ、
半年後の検査結果を待とう。

てな感じで。
心配された肝臓は全く問題なし。
糖分には気を遣う必要があるが、今のところお酒は飲んでもいいみたい。

なんならお医者さんとこ行ってカウンセリングでも受けてみようかな。
あ、医療関係の方いません?
僕の「健康診断結果報告書」を見てみて下さいません?(笑)

2005年10月20日

10/14(金)の飲んだくれ日記

随分と時間が経ってしまいましたが、今更ながら書きます。(;^_^A

仕事のあと、新橋で『漢(おとこ)祭』。
お誕生日席を入れても定員は7名であろう小部屋に、図体のでかい男10人がひしめく。
これはこれで良い。皆の顔がよく見える。皆の話がよく聞こえる。

この日も初めてお会いする方が数名。
普通なら知り合うことのできないような、ひと回りほど上の年代の先輩方と
こうして触れる機会があるということは有り難いことだと思う。
そして皆、「何かを持っている」オーラを放っている。
いるもんな、そういうのがない人も。

そういったきっかけを与えてくれたひろ八というお店、
大輔さん、最さん、英さん、他皆さん、数々の巡り会わせに感謝したい。

そして、それは自分で手繰り寄せた部分もあるのだと信じたい。
更に成長をし、「何かを持っている」人物になりたいなぁと思う。

…う〜ん、ちょっと照れ臭いことを書いてるな(笑)。

飲み放題なんで飲みまくる。
個人的に嬉しいことがあったんで、いつもより調子に乗って飲んでしまう。
延長される宴会の時間…。

しかし、その後は別の店にはなだれ込まずに、ちゃんと電車で帰る。
まあ当たり前ではあるのだけれど。

市川に行くという誘惑にも打ち勝ち(笑)、新小岩で行きつけの藤本食堂へ。
最さんが付き合って下さった。
Kゴン、N見さん、ふじいさん他、常連さん方のお顔が見える。
最さんは、敢えて隣には座らずに、それぞれに会話をしようと。このへんは流石です。

そしてここでも飲んだくれてしまう。
店を出たのは2時過ぎだったか、何時だったか…。
まあでもたまには弾けないとね。