2010年12月31日

The Passing Year, and The Coming Year

ご無沙汰のまま暮れも暮れ、なんと大晦日っ!積雪ハンパ無い!
このブログも、もはや紅白並み?年中行事かっ。日記ならぬ年記。。。

さて我が家の年中行事、ワインを飲みながら紅白歌合戦。
ちょうど福山雅治断髪式やってます。
今年は韓流ブームの再来よろしくワインの前にマッコリにチャレンジ。
妻は一口で撃沈でしたが(笑)なかなかイケますよ韓流どぶろく。
実は去年の年越し、つまり2009年から2010年のブリッジは不覚にも寝過ごしてしまいました。
さあ今飲んでるマッコリは吉と出るか凶と出るか(笑)
ちなみに今年の年越しワインは、スペインの赤ワインTORRES SANGRE DE TORO(トーレス サングレ デ トロ)2008年です。
牛のマスコットでお馴染み。マチガイナイでしょう。

年越しカウントダウンまでもう間近ですが、つい気になってしまうのが地デジの盲点、受信のタイムラグですね。デジタル、デジタルと言いながら、その実、時刻の正確さはアナログに劣るという何とも符に落ちない話。

まぁ何はともあれ皆様におかれましては良いお年を!



talk2me at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月16日

ライブやります!

御無沙汰でした。
前回のブログがなんと年末!
平成22年が明け、平成22年度も明けてゴールデンウィークも終わっちゃいましたが、みなさんいかがお過ごしでしたか?

さてさて、我らがアカペラグループN-coreが単独ライブをやります!

Live at 田園

日時:2010年6月12日(土)

開場:18:30頃 開演:19:00

場所:浜ん町 ライブハウス田園

料金:高校生以上 1000円(ドリンク付き)
中学生以下 500円(ドリンク代)

みなさまのお越しをお待ちしております。

詳しくは…N-core HP. http://acappella.bz/n-core/

talk2me at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アーティスト・音楽 

2009年12月31日

行く年来る年

いよいよ今年もあと数時間ですね。
毎年我が家は、ワインを飲みながら紅白歌合戦を見るのが恒例の行事となっております。ちなみに今年の年越しワインは、スペインの赤ワインHIGUERUELA(イゲルエラ)2007年です。美味いです。
今年は家電買いあさりの年でした。家具調コタツ、大画面液晶テレビ、DVDレコーダー、HDDビデオカメラ、そしてiPhone。アラフォーのおじさんにはちょっとしたカルチャーショックでした。
紅白、行く年来る年、ジャニーズの年越しカウントダウンは年中行事でありますが、おっと、永ちゃん登場!スゲー!嵐持ってかれちゃった?

さて年明け早々ですが、N-coreは1月10日に諫早で合同ライブをやります。詳しくはN-coreのHPのLiveのページへ。

では、来年も良い年でありますように。

P.S.福山は長崎で年越しかなぁー。


talk2me at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)TV番組・ドラマ 

2009年12月30日

棚からひとつまみ 第100回 - INSPi -

inspi-cicada's love songさぁて暮れも押し迫る今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?ご存知タナツマ、記念すべき100回目はインスピです。
インスピは6人組の男声アカペラ・グループです。
'97年夏に“inspiritual voices”を結成、翌年4月に大阪大学内で同名のアカペラ・サークルを旗揚げ、同年8月にグループ名を“INSPi”に変更、ストリートを中心に全国でライブを敢行、好評を博します。その後、'01年5月から始まったフジテレビ「力の限りゴーゴゴー!!」のハモネプに、ハモネプマスターとして出演したのをきっかけに、同年12月待望のプロデビューを果たします。ちなみにこのときのメンバーはご覧の4人でした。そして'02年春のツアー後から、サポートメンバーだった2人が正式加入し6人組となりました。'05年2月からは日立のCM「この木なんの木」をアカペラアレンジで歌っています。
もはやハモネプ系アカペラグループの生き残り(?)はラグ・フェアとこのインスピくらいのもんでしょう。頑張れインスピ!

talk2me at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)棚からひとつまみ 

2009年11月30日

イチブトゼンブをゼンブ

86362_pcl












ご無沙汰です。11月も終わろうとしてますがいかがお過ごし?
先日、家族3人でカラオケに行ってきました。
親の2人(自分と妻)が’80、’90年代の曲を懐かしんでいる中、6歳の息子はGACKTが歌う仮面ライダーディケイドの主題歌や、曲中3回も転調する侍戦隊シンケンジャーの主題歌などをサラリと歌いこなしちゃうワケです。
で、極め付きがB’zの“イチブトゼンブ”。それこそドラマでイチブしか聞いたことが無いはずなのに、ゼンブ歌い上げちゃいました。B’zを歌う幼稚園児…スゴすぎるっ!

talk2me at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)TV番組・ドラマ 

2009年10月30日

大画面でやることと言えば?

ep4









毎度ご無沙汰の放置プレイの間に、ディケイドが終わり、おくんち、竹ん芸が終わり、息子の運動会も終わり、10月も終わろうとしています。まったく時間というものは、あらっ?という間に過ぎていきますねぇ。
さて、前回ののりP、もとい柿Pの次はエコPの話。我が家の地デジ化は2011年ギリギリまで無いと踏んでたけど、政権が変わって予算も変わればエコPもどうなることやら、ってなワケでかなり前倒しで手に入れました液晶テレビ37型。
で、スター・ウォーズ・フリークの私が大画面を手にしてまず何をしたかといえば、5.1chDVDプレーヤーを繋いで上の映像を思う存分楽しんだデスヨ。スター・ウォーズといえばこのシーンでしょう。楔形の宇宙船スター・デストロイヤーが画面上からこれでもかと迫っていく有名なこのシーンは、20インチブラウン管テレビの中のシネマサイズとは比較になりません。
ちなみにレコーダーは目下購入検討中なので、VHSビデオに録画予約して見る番組は依然右上に“アナログ”の表示が出ます(笑)。

talk2me at 03:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)STAR WARS 

2009年09月09日

振っても混ざらない「柿ピー」

pi

9月になりました。世間では〇ピー〇ピー報道熱もようやく落ち着いてきたようですが、いかがお過ごしでしょうか。
さて、「柿ピー」と言えばの種とピーナッツがイイ感じで混ざってるものですよね。ピーの黄金比は6:4だとか。
で、写真は先月某所の売店で見つけた「柿ピー」。ちょっと衝撃的?「柿ピー」なのに柿の種とピーナッツがしっかり別包装!?これではただの柿の種とピーナッツではないのか?
コレを買った人はどうやって食べるんでしょうね?袋を開けて全部混ぜてから食べる?それとも、別々に食べる?
ちなみに私は、フツーに混ざってる「柿ピー」のピーだけ最初に食べます。混ざってるからこそ選り分ける楽しみがあるというものです。

talk2me at 02:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ことば 

2009年08月22日

アカペラとの出会い

65f23ccd.jpg

大袈裟なタイトルですが…、私のアカペラ狂のルーツをたどってみました(やっぱり大袈裟)。

そもそも、この世界に入るきっかけとなったのは、大学の時に入った合唱団です。(合唱団に入ろうと思ったのは高校の式典で第九を歌ったからだっけか?)団の先輩男声5人組が学祭の歌合戦で披露した、山下達郎のアカペラのカバーに感動したのが事の発端。そこでドップリ浸かってしまい人一倍大学生活を送るハメに…。

山下達郎のアカペラアルバムを聴きあさったのが1990年頃ですが、同年サザンが映画「稲村ジェーン」で歌った彼ら唯一のアカペラ曲「忘れられたBIG WAVE」を私が組んだグループがカバーし学祭デビューを果たします。

ちなみにその後世間では'94年にゴスペラーズがデビューし、'01年以降のハモネプブームへと続くアカペラの着実な浸透により、アカペラ界の底辺は急速に広がっていくことになります。

 

さて、私がリアルタイムで耳にした記憶に残るアカペラの最初は?という切り口でさかのぼってみたいと思います。

'88年に買ったシングル・カセットで松田聖子の「マラケッシュ」のB面「ナンバーワン」は、アカペラグループ、ナイロンズとのコラボで、当時A面よりB面をよく聴いていたのを覚えています。

'86年12月にスターダストレビューが出したミニアルバム「CHARMING」は、ほぼ全編アカペラの作品で、当時FMラジオからカセットテープに録音して聴いてました。録音を停止させるブツッという音まで録音されたそのテープは今でも残ってます。

'86年3月、おそらくこれが私がアカペラと認識して聴いた最初の曲でしょう、斉藤由貴の「土曜日のタマネギ」です。ちなみにこの曲のコーラスには、なんとデビュー前の久保田利伸が参加しているそうです。後に発見したトリビア(古っ)でした。

あっ、でも出だしだけアカペラということなら'81年にデビューした3人組Sugarの「Wedding bell」が最初かな。

また、ハモるの楽しい!2人で初めてハモった曲といえば、'82年デビューのあみんの「待つわ」でしょう。当然下のパートね。ちなみに「待つわ」は未だに夫婦でハモります。下のパートは妻に譲ります。

 

そんなワケで、長々と綴ってみましたがいかがでしたか?ひょっとしたらデュオの最初は狩人の「あずさ2号」じゃないかとか、いや「まんが日本むかしばなし」のオープニングもハモったぞ、とか、無伴奏に限らなければサーカスやデューク・エイセスも居るぞ、などジャンルを広げるとまた違った趣があって面白そうデス。皆さんの初めては何ですか?



talk2me at 04:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アーティスト・音楽 

2009年08月03日

さようなら ビルボードライブ福岡

7285862b.jpg

いつまでもあると思うな何とやら、ではありませんが、8月2日をもちましてビルボードライブ福岡は閉店いたしました。あぁ何と言うことでしょう。残念でなりません。

思えば、2005年8月31日に福岡ブルーノートが惜しまれつつ閉店し、2年後の2007年8月31日にビルボードライブ福岡となって待望の復活を遂げ、喜んでいたのも束の間でした。2年ともたなかった…。

いや2度あることは3度ある! 是非もう1度復活していただきたい!!!



talk2me at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アーティスト・音楽 

2009年06月27日

棚からひとつまみ 第99回 - THE INK SPOTS -

ca7dd96c.jpg

6月もあとわずか!おなじみ「タナツマ」第99回は、インク・スポッツです。

インク・スポッツは1932年にデビューしたドゥワップ・コーラスグループです。1939年に“If I Didn't Care”がミリオンセラーになり、なんと現在も続いているとか。

彼らの曲は実にパターンが決まっていて、どの曲も/C C#dim/Dm7 G7/C C#dim/Dm7 G7/の同じ循環コードのイントロで始まり、1コーラスが終わるとほとんどの場合必ず低音のナレーションが入ります。ほとんどの曲がこのスタイルというから驚きです。

ジャズ・コーラス・グループのマンハッタン・トランスファーがカバーした“JAVA JIVE”も、同じイントロで始まるインク・スポッツの曲です(この曲では低音の語りはありません)。

さらに驚きなのは、'40年代からオリジナルメンバーの間で分派活動が起こり、今までに約30系統のグループが分派して、総数がなんと199グループ、そのほとんどがインク・スポッツを名乗り“If I Didn't Care”を歌い継いでいるというのです。

ちなみにこのCDはオリジナル・メンバーのものです。



talk2me at 12:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)棚からひとつまみ 

2009年06月26日

マイケル・ジャクソン、突然の訃報 そして伝説へ

c7f49945.jpg

いやぁ驚きましたねぇ。倒れたというニュースを見たときは、またすぐカムバックしそうな感じでしたが、そのまま返らぬ人に…。麻薬性の鎮痛剤が原因とも言われていますが、詳細はまだ明らかになっていない模様。50歳。早すぎる死によって皮肉にもスーパースターは「伝説」になりました。

ご冥福をお祈りいたします。



talk2me at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アーティスト・音楽 

2009年06月14日

三沢光晴 Forever...

8a19d03a._SS500_

昨日6月13日、プロレスリング・ノアの社長、三沢光晴が試合中に亡くなりました。

広島県立総合体育館グリーンアリーナ大会のメインイベント、GHCタッグ選手権試合で、相手選手、齋藤彰俊のバックドロップを受けた直後に意識不明となり心肺停止。リング上での懸命な蘇生措置のあと病院へ搬送されるも返らぬ人に…。死因は頭部強打による頸髄離断。46歳。

三沢選手とは誕生日が一緒ということもあり親近感を持って試合中継を見ていたものです。47歳の誕生日を18日に控え、まだまだこれからというのに何とも無念でなりません。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 



talk2me at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月13日

棚からひとつまみ 第98回 - 今井 美樹 -

385fcfa4.jpg

梅雨入りが発表されるも雨降らず…そんな日はおなじみ「タナツマ」第98回は、今井美樹です。

今井美樹は宮崎県出身、’84年にTVドラマ「輝きたいの」で女子レスラー役で女優デビューしていたことは、ちょっと有名なトリビア。

’86年に「黄昏のモノローグ」で歌手デビュー、’88年に4枚目のシングル「彼女とTIP ON DUO」がブレイク。’91年「PIECE OF MY WISH」が初のミリオンセラーとなります。’99年に布袋寅泰と結婚、今月6日に結婚10周年(アルミ婚式)を迎えたばかり。

ちなみにこの1枚はアカペラではありません。あえて繋げるとすれば、混声アカペラグループTRY-TONEの元メンバー川江美奈子さんが曲を提供したりコンサートのコーラスで参加したり、といったトコでしょうか。妻名義。



talk2me at 02:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)棚からひとつまみ 

2009年05月29日

棚からひとつまみ 第97回 - IDEAL -

a7458256.jpg

毎度おなじみ「タナツマ」第97回は、アイディールです。

アイディールは’99年デビュー、ヒューストン出身の4人組ボーカル・グループです。兄弟2人といとこ、そして高校の級友の4人組である彼ら。幼少期から教会音楽や聖歌隊、オペラなどの音楽に親しみ、高校時代、折りしもBoyz II Men、Jodeci、Take6が全盛のときまさに自然発生的にグループを結成。

このデビューアルバム「IDEAL」はその影響が色濃くみられるなかなかの出来栄えです。なかでも7番目に入ってるインターリュード「Ideally Yours」はTake6やJodeci風のボーカルアレンジがGood!実は、輸入版でジャケットに黒人男性が4人並んでいるというだけで思わず買ってしまった1枚だっただけに、「当たり」を引いた喜びもひとしお。でも彼らのHPはすでに消滅、おそらくすでに解散しちゃったのでしょう。ちょっと残念。

 



talk2me at 01:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)棚からひとつまみ 

2009年05月22日

棚からひとつまみ 第96回 - HUMAN NATURE -

005ee4fb.jpg

毎度おなじみ「タナツマ」第96回は、ヒューマン・ネイチャーです。

ヒューマン・ネイチャーはシドニー出身の4人組。’96年にオーストラリアでデビュー。いわゆる“ボーイズ・グループ”の括りに入れられる彼ら。ボーイズ・グループだとポップスのジャンルに並べられることが多いですが、彼らはその歌唱力からかR&Bのジャンルに並んでました。“BLUE EYED SOUL”なるジャンルで呼ばれたりするんだそうです。

で、このCDは彼らのファースト・アルバム。日本先行発売のジャケット帯に「ソング・ライト、コーラス・アレンジ、そしてア・カペラまでこなす実力派」と書いてあったので思わず買ってしまった1枚。12曲目の「PEOPLE GET READY」がアカペラです。



talk2me at 01:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)棚からひとつまみ 

2009年05月16日

棚からひとつまみ 第95回 - HUEY LEWIS AND THE NEWS -

8dec33da.jpg

毎度ご無沙汰「タナツマ」第95回は、ヒューイ・ルイス・アンド・ザ・ニュースです。

ヒューイ・ルイス・アンド・ザ・ニュースは1980年に同名のタイトルでデビュー。ポップで健全な“スポーツ・ロック”(そんなジャンルがあったんですね)で一世を風靡しました。'85年に映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の主題歌に「THE POWER OF LOVE」が使われ、ヒューイ・ルイス自身も、バンドのオーディションをする高校教師役でその映画にカメオ出演してます。

さて、このアルバム“FORE!”は'86年の作品で日本盤のみ「THE POWER OF LOVE」が収録されてるんですが、お目当てはそこじゃなくて10曲目の「NATURALLY」。言わずと知れたアカペラ曲です。即買いの1枚。

実は彼らもアカペラ好きのようで、ライブではもちろんアカペラ・コーナーがあり、テレビ番組でもよくアカペラを披露します。ちなみにその昔「夜のヒットスタジオ」に出演したときも歌ってました。ロック・バンドが楽器を使わずさらりとアカペラでハモるあたりがクールですよね。



talk2me at 04:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)棚からひとつまみ 

2009年04月11日

ボバンバ バンボン ブン ボバンバババ ボバンバ バンボン ブンバボン

Fit'sロッテの新スタイルガム“Fit's”のCMで流れる「噛むとフニャンフニャン♪」の歌。

 

あのメロディを聴いてピンときた方、年齢バレますよ?

 

ken

 

元ネタは、60年代に放送された「狼少年ケン」の主題歌ですね。小林亜星さんの作曲だそうな。

 

ちなみに私もピンときました……年齢不詳(笑)



talk2me at 07:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CM 

パロディーか?パクリか?それともオマージュ?

suntory “速水いまいち”がフレッシャーズに!

松浦亜弥との共演で、まるで“洋服のあ○やま”化してるのが、サントリーのビタミンウォーターの新CM『新社会人』篇です。

freshers

青いバックが意味するものは?(笑)

 

 

 

blue mountainここまでやっていただけるとスッキリしますね。



talk2me at 06:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CM 

2009年02月14日

棚からひとつまみ 第94回 - 比山 貴咏史 -

30189550.jpg

旧正月も過ぎすっかり遅ればせながら、あけおめことよろです。おなじみ「タナツマ」第94回は、比山貴咏史です。

比山貴咏史さんは’74年にRAMというグループでプロデビュー。2年後からスタジオミュージシャンとしての活動を始め、’99年に初めて出したソロアルバムがこの「SCENT OF VOICES」です。

このアルバムはジャズのスタンダードナンバーを多重録音による一人アカペラで演奏したものです。まさにスタジオミュージシャン比山貴咏史の“声”の集大成というべき作品で、選曲は親しみやすいスタンダードナンバーですが、中身は非常に個性的な一枚です。

彼は’01年にVoice Ensemble“Breath By Breath”を結成。こちらについては「タナツマ」第35回をご覧になってください。

ちなみに比山さん、この間NHK「SONGS」で福山雅治のバックコーラスやってるとこを拝見しました。



talk2me at 06:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)棚からひとつまみ 

2009年01月17日

福田繁雄氏逝く…。

30f0ba60.bmp

去る’09年1月11日、グラフィックデザイナーの福田繁雄さんが亡くなられました。

福田繁雄さんは、錯視や錯覚を利用しただまし絵的なデザインの作品が有名で「日本のエッシャー」とも呼ばれていました。私が高校1年のときに彼の本に出会い、それ以来、視覚トリック、トロンプ・ルイユ(だまし絵)に魅せられ、彼やエッシャーなどの作品展にはよく足を運んだものです。また、今想えばいろんな視点から物事を視るという考え方も彼の作品から学んだような気がします。

ちなみに写真は、エッシャーの「滝」という作品を3次元にした彼の’85年の作品をもとに作られたフィギュアです。

心よりご冥福をお祈りいたします。



talk2me at 06:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アーティスト・音楽 
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Archives
Recent Comments
Profile
ゆう
アカペラに魅せられてアカペラをこよなく愛するアカペラばか。流通業と金融業と保険業をこなす妻子持ち。