2011年03月28日

眼を手術する

先週、自分の中でにわかに湧き上がった「この際、眼を治そうじゃないか」というキャンペーン。いわゆる「レーシック手術」というのを受けるべく、周りの経験者や信頼の置ける病院探しを行っていた。

初めは、旅行がてら京都や奈良の眼科で手術してもらおうかと安易に考えていたのだけれど、ふと「モニター募集」というサイトを見つけた。抽選で、手術費用が無料になったり半額になったりするというもの。
こういう類のものには、これまで全く縁のなかった人生である。今回も当選するわけないと思いながらも、申し込んでおいたのだった。

なんと!
本日メールが届いた。
「50%割引モニターに当選しました!」
ですって!

レーシック手術は健康保険の適応外であるから、治療費も半端なく高額なものであるから、半額というのは夢のようだ。
途端に、手術に対して「どうしたものか」と踏ん切りのつかなかった自分の心が走り始めた。

さあ忙しい。
白い壁の白いコンセントが探せなかった俺の眼。
コンタクトレンズを受け付けず、すぐに充血する俺の眼。
そんなコイツとお別れかと思うと、ちょっと寂しい。4つの眼鏡たちともお別れなのか。

震災で、仕事がすっかり無くなってしまった俺の3月。
この10年で、最も長いお休みになりそう。
俺が今できること。
残念だけど、自分のことだ。
眼を手術する。

talkinglabo600 at 19:29│Comments(3)TrackBack(0)日記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by min   2011年03月30日 23:26
目の手術をするなんて勇気ありますね手術中痛みは無いけれど、メスが目にプスッと刺さるのが見えちゃうんですよね?手術報告お待ちしております。
2. Posted by イワオ   2011年03月31日 08:54
minさん、ありがとうございます!

なんて恐ろしい事を言うんですか!
まだなんの覚悟もしてないんですよ実は!

・・・冷静に考えると、昔の拷問みたいじゃないですか・・・。

がんばります。
3. Posted by シュマリ   2011年04月01日 08:53
岩尾さん、大丈夫ですって。

うちの父も札幌駅の北口にある眼科でレーシック手術したことあるんですよ。

両目をしたんですよ。

麻酔をして、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術なんですって。

うちの父は、おかげさまで眼鏡無しで生活できるようになり、喜んでいましたよ。

しかし、老眼は避けれないみたいで…。

父は、今は老眼鏡をしながら生活しています。

でも、近眼は手術のおかげで、改善できたので、よかったと言っています。

岩尾さん、大丈夫だから…、心配しないで下さいね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔