2007年09月30日

ふじつぼ

ふじつぼ

これは 和歌山の千畳敷という岩盤の層に
びしーっとへばりついた ふじつぼの大群です。
まるでその様子が トルコにある円錐形の土の遺跡
カッパドキアのミニチュア版みたいです。
その遺跡は昔の住居跡らしいので、
わたしはこの写真を勝手に
「ふじつぼマンション」と名づけています。

これは 名もないある海岸の
岩盤に打ち寄せたまま 混沌の海に
帰りたくないと留まった波の泡たちです。
海に住むものは陸に憧れるといいます。
波は永遠に打ち寄せるけれど
同じ場所に留まることはできません。
それを嫌がるものたちは こうして固い殻になって
無限に広がる海を陸から眺めます。

これは 私が今まで伝えたい時に発しなかった
言葉や想いです。
それらは相手への思いやりや
私自身の意地や自尊心から
一番伝えたい人に伝えられずに
心の中にしまわれていました。
時がたち具体的にどんな想いだったか忘れてしまったけれど
残骸だけは今もこうして残っています。



tam_popo2 at 13:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)心象 | その他

2007年09月25日

露草

つゆくさ

今日もまたこの場所で

ここではないどこかを思う



tam_popo2 at 13:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自然 | その他

2007年09月01日

こんな朝

こんな朝

こんな朝。

夢のような?



tam_popo2 at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 | 四季

2007年07月29日

オンフルールの漁船

オンフルール

前回に引き続き、オンフルール。
港とか、漁船と言えば灰色のイメージ。

でもこんなところもとっても色鮮やかで、
思わず目を奪われる
絵になる風景でした。



tam_popo2 at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スナップ | 仏蘭西

une fille et son chien

少女と犬

仏蘭西の港町、オンフルール。
街に溶け込む、存在と色。

日常の中の絵。



tam_popo2 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スナップ | 仏蘭西

2007年07月28日

hana

いつか くたくたに なるのだとしても



tam_popo2 at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)心象 | 高知

2007年07月23日

レースのような花

千々


心に降ってきた花びらを
1つ1つ集めていたら
白いレースのような花になった

誰かの言葉にも
話を聞いてくれることの中にも
一緒に過ごす時間にも
励ましや思いやりの中にも
夏の夕方の戸惑いの中にも
冷たい風の木立の午後にも

それは降ってきて

絶望の淵で、
それでもただひとしく夜が明けることだけを
呆然と見ていたのに

気がついたら

花が咲いていたよ



tam_popo2 at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)心象 

2006年07月01日

★★★新装開店のお知らせ★★★

 さて、この度、写真ブログを下記に引越しして、新装開店いたしました。

『よそさん姉弟(きょうだい)の写真帳』

そうです。一人では更新ままならないので、京都在住でこれまた写真好きの弟の力を安易に借りることにしました(笑)。

つきましては、新ブログは姉弟合作ブログとなっております。

引越し先については違うブログを用いてみようと思っていたのですが、妙にかゆいところに手が届くlivedoorをやっぱり使うことにしました。
尚、新ブログでもブログランキングに参加することにしましたので、一日一度のワンクリックで応援していただけると幸いです。

また、これまでもこのつたない『たんぽぽ写真帖』に訪れてくださっていた皆様、本当にありがとうございました。
今後はぜひ、『よそさん姉弟(きょうだい)の写真帳』の方で、末永くよろしくお願い申し上げます。



tam_popo2 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月12日

似た者同士

似たもの同士

わたしと一緒で、気が早い(笑)。

クリックしていただけると、ランキングにポイントが加算されますので、
ぜひ、応援のクリックをお願いします↓



tam_popo2 at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自然 | 京都

2006年06月10日

ノスタルジア

ノスタルジア

苦痛とは無縁の
少女の頃を思い出す

クリックしていただけると、ランキングにポイントが加算されますので、
ぜひ、応援のクリックをお願いします↓



tam_popo2 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)四季 | 京都