2011年08月26日

島田紳助さん引退騒動に茂木健一郎さんが参戦。 <追記:小倉さんの発言を追加>

茂木健一郎さんがまたもやお得意の大胆発言を披露した模様。



(2)「ある個人、集団が過去に法律に触れる行為をした、あるいはこれからする可能性が高いとしても」
(8)「過去の履歴から違法行為をする蓋然性が高い、と推定される個人、集団」

「過去に法律に触れる行為をした」けれど、いまはちゃんと更正した人間となら交際しても構わないと思う。
でも、「法律に触れる行為を〜これからする可能性が高い」「違法行為をする蓋然性が高い」人間との交際はいかがなものか(苦笑) 普通に考えてそのような交際を望む人間はごくごく僅かでしょうしねぇ(苦笑)

それに、
(3)「不法行為との関係がない生活者としての領域でも、接触があることは一切許されない、という論理は成り立たない」
(8)「生活者として常識の範囲内で接触を持つこと自体が悪いことだとは、人としての原理原則に照らして私には思えない」

そういう危なっかしい人間の私的な部分を、「不法行為との関係がない生活者の領域」と捉えてしまうのはちょっと無理があると思うし、まして、そういった人間と「常識の範囲内で接触を持つこと」なんて到底できないことでしょ(苦笑)

茂木さんのツイートを読んでると、「人としての原理原則」とか「ひとりの人間であり、生活者である」とか、一般論的な言葉を使うことによって誤魔化しちゃってる感じがするなぁ。

そもそも・・・、



↑こういった条例があり、警視庁が暴力団排除を掲げている時代なんだから、暴力団との交際OKなんてことを公的な存在である学者が言っちゃあダメでしょう。まして紳助さんの場合は自分から接触した可能性が高いわけだから、なおさらなおさら。

あと、
(9)「「引退は当然」「一緒に写真に収まっていただけで問題になる時代ですから」などと、「識者」が「コメント」する現状に危惧を覚える」
(5)「「黒い交際」にはもっと奥がある、だから引退したのだ、と考える人たちがいる。島田紳助さんの場合がそれに相当するかどうか、私にはわからない。少なくとも言えること。メールをやりとりしたことなどが挙げられているが、これは原理原則からして引退の理由にはなり得ない」

となってるけど、「引退は当然」と発言した「識者」って誰のことか私にはわかんない。私がテレビや新聞をチェックした限りでは、紳助さん擁護の声がかなり多かったはずだけどなぁ。

それから、メールが発覚して即引退という判断が妥当なものなのか私にはわからないんだけど、おそらく吉本の上層部や芸能界・テレビ関係者は、「「黒い交際」にはもっと奥がある」と確信してるから引退させたんじゃないかな?
会見翌日にさっそく写真や手紙に関する発言が嘘だったとバレてしまったぐらいだし(苦笑)

十数年前TV発言で右翼トラブル 山口組幹部が解決MSN産経
〜〜〜略〜〜〜
大阪府警が平成17年に幹部の自宅などを家宅捜索した際、紳助さんからの直筆の手紙や、幹部の親族らと撮影した写真が見つかっていたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。
〜〜〜略〜〜〜
 メールは紳助さんと幹部との親密さをうかがわせる内容で、幹部が紳助さんの経営する大阪市内の飲食店を訪れ、高額の飲食をしたことに対する謝意や、幹部が逮捕されたことを心配するような記述があったという。
〜〜〜略〜〜〜

島田紳助さん、会見後に渡辺二郎被告に直電「恨んでません」スポーツ報知
〜〜〜略〜〜〜
 紳助さんの山口組幹部との親密交際の詳細も明るみに出た。本人は「この程度で引退しなくてはいけないんです」と表現していたが、25日発売の週刊誌「週刊文春」は「家族ぐるみの関係を続けていました」との証言を報じた。紳助さんが幹部をホームパーティーに招待。渡辺被告に送り、暴力団関係者との交際を裏付けた携帯メールは、元タレントの羽賀研二被告(50)、渡辺被告、山口組幹部らが06年に起こした未公開株売買をめぐる3億7000万円の詐欺と恐喝未遂事件の捜査で、押収されたなかにあったという。
〜〜〜略〜〜〜

〜〜〜略〜〜〜
 紳助さんは、「最後の切腹」と自身が形容した23日午後10時から約50分間の引退会見を終えると、渡辺被告の電話を鳴らした。24日夕、知人の渡辺被告と連絡を取り合ったモッツ出版代表取締役の高須基仁氏が明かした。

 紳助さん「会見はどうでしたか?」

 渡辺被告「立派な会見だったと思う。本当に申し訳ないことになってしまった」

 紳助さん「二郎さん。(二郎さんのことは)これっぽっちも、恨んでなんかいませんから」
〜〜〜略〜〜〜
 渡辺被告は、引退に追い込むきっかけを作ったことを紳助さんに謝罪した。高須氏に「紳助の言う通り。事実関係に間違いはない」と話したという。吉本興業は、渡辺被告を「暴力団関係者になってしまった」と、渡辺被告との交際も問題視していた。紳助さんは「3回くらいAさんに確認しています。『そうじゃない』と言われる」と暴力団関係者ではないと話した。
〜〜〜略〜〜〜


もともとの捜査とは無関係のはずの手紙や写真やメールの情報が捜査関係者からリークされてるっていうのがちょっと気になる。いや、激しく気になる(苦笑)
警察と暴力団と吉本興行のあいだで何らかの取引があったと見ていいのかな。
それに高須基仁さんが紳助さんと渡辺二郎さんの電話内容を明かしたのもなんか不自然な気がする。



で、こちら↓が3年前の週刊文春の紳助さん独占インタビューを紹介した3年前のサイゾーの記事。
梁山泊グループとかインサイダー取引とか、なんか怖い(苦笑)

『文春』インタビューが炙り出す島田紳助の“黒い癒着”
日刊サイゾー:エキサイトニュース
「週刊文春」の8月14・21日合併号に掲載された島田紳助の独占告白インタビュー。「島田紳助『視聴率王』の苦しみ」と題されたこのインタビューでは、人気者の苦悩やさまざまな交遊関係について語られて話題になったが、マスコミ関係者からは、“スキャンダル潰しのためのバーター?”と疑問視する声が上がっている。

「これまで、週刊誌のインタビューに答えたことがない紳助が、しかも、かつて熊田曜子との密会をスクープされた文春で独占告白でしょ。よほど、書かれたくないネタを掴まれて、そのためのバーターとしてインタビューに答えたんじゃないかと、まことしやかに囁かれているんです」(フリーライター)

 昨年、所属の吉本興業のお家騒動が勃発後、紳助と山口組系2次団体・極心連合会との黒い交際が浮上したり、山口組の企業舎弟と言われ、パチンコ攻略法で知られる「梁山泊グループ」関連のインサイダー取引が発覚した際にも、疑惑の人物として名前が上った。

「紳助はこの件については、1度もマスコミにコメントしてません。ところが。今回の独占告白では暴力団組長との関係ついてだけは、簡単に触れているんです。しかも、顔を知っている程度と言っている。どうも、怪しい」と言うのは、紳助と極心会の黒い交際を調べたことがあるジャーナリスト。

「極心会の親分と紳助が昵懇なのは、少し調べれば、あちこちから聞こえてくる。ただ、その証拠がなかった。今回、黒い関係を裏付ける何かを文春側がつかんだので、インタビューに応じた上で、暴力団との関係についてもコメントしたとしか思えません」

 見る人が見れば、さらに紳助の怪しさを際立たせることになった文春のインタビュー。本当の紳助の素顔が暴かれるときは来るのだろうか?

元記事(http://www.cyzo.com/2008/08/post_889.html)は削除されてるみたい。なにか理由があるのかね?





ところで、問題の発端とされている『人間マンダラ』での右翼団体を怒らせた発言って、どんな内容のものだったんだろ? 出回っているコピペって本当に放送されたものなのかな?










【追記】

同じく大胆発言をした小倉さん。

小倉さんの闇社会肯定発言



520 名無しさん@涙目です。(新潟・東北) :2011/08/24(水) 16:49:37.86 ID:Oft/gHskO
>>40
小倉「みなさんも知ってる知らない含め、闇社会のそういうひとに助けられた、助けを求めざるをえないことがあるはず」
デーブ「昔は興行の世界は縁を切れなかったかもしれないが、今はどこも上場したり顧問弁護士がいて適切な手段をとれるはず」

コメンテーターに完全論破されてんじゃん
そのあと悔し紛れにシカゴのマフィアがどうたら茶々入れてるし
しかしバックボーンが国外にある人間は強いな
今年になってからデーブスペクターの印象ががらっと変わった


公共放送でキャスターがこのような発言をしてしまうのはさすがにマズイと思う(苦笑)

たしかに小倉さんの言うように警察が役に立たないケースはあると思うけど、暴力団は金を毟り取るつもりで有名人に近寄って来るわけであって、その暴力団との交際を容認するとなると、反社会的存在である暴力団の卑劣な資金調達方法までも容認してしまうことにならないかな?



 フジテレビ系「とくダネ!」で24日、小倉智昭キャスター(64)が島田さんの引退に関し「皆さんの周辺にも、(闇社会の人間が)問題を解決してくれることもあるはずだ」と語った。ネット掲示板などでは「ないよそんなの」「芸能界の常識を一般人に訴えかけるな」「普通は警察に助けてもらう」などの批判が殺到した。

 小倉氏は番組で視聴者に向け「皆さんもいろんな問題を抱えていると思う」と語りかけ「何らかの圧力を発揮して解決させる人がいるのも事実。圧力団体だったり、闇の社会の人だったり。それしか解決方法がなかった人もいると思う」と語った。島田さんの引退については「6年前にメールのやりとりがあった。それだけなのに」と擁護した。

 [2011年8月25日5時49分]


だいたい暴力団を利用するとなるととんでもない大金がかかるわけで、とてもじゃないけど一般人には無理な話で無縁な話でしょ。まっ、小倉さんレベルの芸能人ならその大金を払えるのかも知れないけどね、と鶴光師匠が仰っています。

鶴光師匠 「とくダネ!」小倉氏発言についてコメント 5時に夢中!20110825




政治家先生からもお叱りのお言葉が。







で、一日おいてから、釈明とお詫びをしたようです。


フジTV番組で小倉謝罪「言葉が足りませんでした」




 フジテレビ系「とくダネ!」の小倉智昭キャスター(64)が26日の同番組中、24日の放送で島田紳助さんの引退に関して発したコメントについて釈明し、お詫びした。 

 24日の番組の中で「皆さんの周辺にも、(闇社会の人間が)問題を解決してくれることもあるはずだ」と語った。この発言についてネット掲示板などでは「ないよそんなの」「芸能界の常識を一般人に訴えかけるな」「普通は警察に助けてもらう」などの批判が殺到した。

 小倉キャスターは「補足説明させていただきます。(暴力団など闇社会の人間を)容認していると受け取られてしまったようです。一般の人は『暴力団とは関係ないよ』と思われているかもしれません。昔は暴力団も看板を掲げていたが今は違います。知らないうちに気が付いたら巻き込まれているというケースもあります。皆さんに気を付けてほしいということなんです。誤解があったとしたら、申し訳ありませんでした」と説明した。

 [2011年8月26日8時49分]








それから、一般の方だと思うので直リンクはしないけど、「おそらくそうなるんだろうなぁ」と思ったツイートを紹介。

島田紳助さんについて思うコト1。紳助さんの引退に関して明るく捉えたり快哉の声を上げる人が少なくなく見受けられるけど、そういう人が喜んでるのは概ね「テレビにのさばる紳助的なものが不快だった」的な理由だったと思うんですけど。でも、恐らくだけど、そういう「紳助的なもの」はなくならない。

紳助さんで思うコト2。そういう「紳助的なもの」は、島田紳助という個人から次々と生み出されているモノというよりは、芸能界に取り巻く魑魅魍魎の類が、芸能界でも特に「使える」島田紳助に取り付いて、様々なしがらみや紳助さんの思惑と結びついて次々と動いていたんじゃないかと思ってる、自分は。

紳助さんで思うコト3。なので、氏が引退した所で魑魅魍魎の類は次に「使える」人物を探すだけで、遠からず誰かが第二の紳助になると思うし、絶対にならざるを得ない状況が来ると思う。次々と生み出される「次はコレを売りたいんだ」という力を受け、イタコのように矢面に立って売らないといけない人。




tama173 at 00:53コメント(0)トラックバック(0)ニュース・話題・時事ネタ | テレビ/芸能/アニメ/マンガ  このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
一応ランキングに参加してます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 人気ブログランキング・バナー
コメントありがとうございます
月別アーカイブ
トラックバックありがとうございます
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ