2005年11月27日

アオリイカ 再々リベンジ戦!

前の晩、私はちっとも眠れなかった。
タックルの準備よし、
この日の為に買ってきたエギちゃん達も全員揃ってる。
着替えも持ったでしょ。
あ、
ビニール袋を持ってくるようにって言われてたっけ?
アオリイカを持ち帰る用なのかな?
むふふ。3枚ぐらい用意しちゃおかな。

このところ日課となってる就寝前の
『クリンチノット』『ユニノット』
の練習を各5回。
今まで先生に教わった事をもう一度よく思い出し、
目をつぶってイメトレ。
『しゃっしゃっしゃ』とキレよくロッドをシャクル事が大切…だったよなぁ。
うむうむ。ばっちり!
後は明日私がそれを実践できればいいだけのこと
ま、簡単に出来れば苦労しないんだけど。。。

当日。友達のしま子ちゃんと栄駅で待ち合わせ。
しま子ちゃんとは釣りを通じて出来た
初めての女の子の友達。
手先の器用な彼女は下準備&メンテナンスに
おいてはプロ級の『情熱』を持つ。
前回のカワハギ釣りのときは飾りの部分に
トンボ玉で作った手作りの
パンダちゃんを付けてきていた。
今日はエギの錘の部分に
ホログラムのシールを貼ってきていた。
有給を使って釣りに行く彼女を
会社の人達は釣りバカと呼ぶらしいけど、
私はそんな研究熱心なしま子ちゃんを
心から尊敬している。
例えその日は釣れなくても、そういう努力はいつか必ず釣果に繋がっていくはずだからね。
今日の意気込みを熱く語りながら、私たちは他の仲間達との集合場所まで電車で向かった。

しま子とたま





最近毎日のようにメールしている仲良しふたり♪
『釣れない負け組』と呼ばれていますが…めげないもんねっ!

集合場所に到着。私の釣りの大先輩小野さん、
西原さん、平石さん、今回初めてご一緒した
ハンベツさんと合流。一同、いざ赤羽港へ!

昨日一昨日と名古屋はすごく寒かったのに、
今日はぽかぽかイイお天気♪ 
潮はやや濁っているけど、海は穏やかでいい感じ。
そうそう、数日前、
あのエギング界のカリスマブラザース野呂兄弟さん達が
ここ赤羽港、丸万さんに訪れて、
アオリイカを釣りまくってたんだったそうです!
あちゃー…
もしかしてこの辺のアオリイカ
全部釣られちゃったかな。。
いやいや、今日こそはアオリイカが釣れる気がする! うん、絶対に釣れるっ!
エギちゃん達、今度こそは活躍してね。
野呂さん達のようにはいかないけれど、
私も頑張って力いっぱい『シャッシャッ』やるから。
頼んだよぉ〜!

午後1時。出船。
私はしまちゃんと隣同士に左弦ミヨシから8番〜9番。ちょうど真ん中辺りの席に座る。
さっそくタックルの準備を開始。
重りの細い方が上で、そっちにライン、
太い方をリーダーに結ぶ。
クランチ…じゃなくってクリンチノットで。
ああ〜、どうしてタマ脳に最初『クランチノット』
とインプットしちゃったんだろう。
そのおかげで何度恥を掻いたことか。
クリンチ、クリンチ。
あ、クリンチって確かボクシングとか
格闘技で試合中に抱き合う行為、
あれもクリンチって言うんじゃなかったっけ? 
おー、もう覚えた。これで間違えないや。
やったねー。
なんて考え事をしているうちに船長さんの
『そろそろ準備してくださいね』のアナウンス。
ヤバいヤバい! 早くエギちゃん付けなきゃ〜!

さて。本日第一投目には3.5号の金テープ、オレンジのエギ(あだ名は木下くん)をチョイス。
手早くリーダーに結び、キュッと強く引っ張ってしっかり結ばっているか確認。よ〜し、完璧♪
ポチャンと真下に投げると、エギと錘はゆらゆらとゆっくり水中へ沈んでいく。
このときいつも私は息子を戦場に送りだす母のような、ちょっと切ない気持ちになる。
『無事に帰ってくるんだよぉ〜、
根がかりだけは気をつけてね』

なんてバカな事も言ってられない。
まずはボトムを取らなきゃ。
そこからリールを4巻きして5〜10秒待つ。
そこで肝心の『シャッシャッシャ』。
キレよくシャクり、
ぴたっと止めてゆっくりとエギを沈下させる。
3回ぐらいシャックったら
またボトムに落として…それを繰り返す。

が! 
やっぱりぐにゃりぐにゃりとしかシャクれない。
腕力がないからなのか、機敏さに欠けているのか
わからないけど、自分でも水中でエギが動いてる
イメージがわかないんだから致命的…。
そこで助っ人小野サン登場。
『両手を使って、左手はもっと先を持てばシャクリやすいはずだよ』
そうだそうだ。
両手を使う事をすっかり忘れてた。
で、左手は少し先へ…アドバイス通りに実践してみたら。。おお! 少しキレが良くなったかも♪
ありがとうございます。先輩っ!

ほんの少しだけキレのよいシャクリが出来るようになった私は、がぜんやる気アップ。
ボトムに沈め、
『シャッシャッシャ』を夢中で繰り返した。
が! 再びここで、今度は痛恨のポカ。
ボトムを取る事に夢中で、ラインのテンションを張る事をすっかり忘れてしまい
隣のしまちゃんだけならず、そのお隣のお客さんのラインまで巻き込んで大変なことに。
『あらら、お祭り状態なっちゃったね』
としまちゃんは冷静にぽつり。
ごめんなさい、ごめんなさい!! 
でも、自分だけじゃラインを上手く元通りにできず
小野さんと船長さんに手伝ってもらい、
私はただただ謝り続ける事しかか出来なかった。
お隣のお客さん、ホント〜にすいませんでした。
反省です。

気を引き締めてやり直し。
エギを3.5号のピンクに変えてみた。
でも、一度もアタリがない。
今度は茶色のドジョウ君にチェンジ。
やっぱりアタリなし。
う〜ん。じゃあ、最終兵器…みんなに
これじゃ絶対に釣れないと言われていた
2.5号の忍者くんで! 
私がもしアオリイカだったら
この緑色のラメラメに惹かれるんだけどな。
ま、結果はみなさんのおっしゃった通り
まったくアタル気配なしでしたけど。とほほ。

忍者くん






釣り道具屋さんでピンときて即買いするもみんなにこれじゃ釣れないと言われた例の忍者くん。小さいからダメなのかな? それとも色?? ラメ??


こうなったら最初の3.5号オレンジのエギ、木下君で行こう! 彼ならきっとやってくれるはず。
ラインのテンションを張りながら慎重に底に沈めて。。。シャッシャッ…どんっ!
『キャーーーー! イカがイカがっ! アオリイカが乗ったよぉ〜〜〜〜〜〜!!!』
念願のアオリイカとのファイト!
絶対に釣ってみせる。バラすもんかー! 
ぐいぐいと強く引かれるけど、慎重に、慎重に。
そういう聞かせてリールを巻くも、
突然手元がふっと軽くなった。

『バ…バレちゃった…』
おまけにお気に入りだったエギ(木下君…)も
一緒にもってかれて…。
うわ〜、ショック〜〜!!!  
最近ずっとこんな感じなんです。。。
どうして釣れないんだろ。
本気で涙が出そうでした…。


雲の間から青





悔し涙をこらえてぼんやり
空を見上げたら雲の合間から
青い空がチラリ。
少し心が癒されました。


午後3時。
この時間からはハマチ、カンパチタイム。
(私はエギング続行中)
小野サンがハマチをダブルヒットさせたのを
キッカケに一同盛り上がり、
しまちゃん達もジギングを開始。
すると今回で釣りが2回目だという平石さんも
ハマチをゲット。
バケツに入れたハマチをまるで我が子の寝顔を
見るような優しい顔で眺めている姿が印象的でした♪



お〜! はまちダブル!





なかなかじっとしてくれないハマチ君達。せっかくの良い写真なのに
お腹だけしか見えないぢゃん。。カメラマン失格っす。


結局私はというと…
得意の地球釣り(根がかり)と
突然ぷつんとリーダーが切れたのが1回
(しまちゃん曰く、たぶん犯人は太刀魚)。
お気に入りのエギをさらにふたつ失い、
アオリイカも釣れず散々な結果でした。。
正直かなり落ち込みましたが、『シャッシャッシャ』のコツを少しだけ掴めた(気がした)し、
なんたって1回だけどちゃんとイカが乗ったんだもん!
アタリを感じただけでアワセに失敗した前回よりは進歩あったはず。

もう今年エギング出来るのは今日が最後かな…
アオリ君達、大きく育って待っててね。
春になったらまた懲りずにリベンジにくるね♪


@@@ 今日覚えたこと @@@

・ラインのテンションを張ることを忘れない
・シャクルときは両手で、左手は少し先を持つ
・『お祭り』とは他の人のラインとこんがらがっちゃった状態こと。
(もうお祭りしないように気をつけます。。はい)






Posted by tama7717tama at 07:32│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tama7717tama/50110363