2005年12月14日

憧れの彼に対面。そして愛しの君と久しぶりの再会☆ in 名古屋港

『明日6時な!』

このメールが携帯に受信されたとき、ワタシは
弟のバースデー&友達の結婚おめでとうパーティの準備のために
大きな鍋と小皿とママのお店から堂々と拝借してきた
白菜やら糸こんにゃくやらが入った
大きな紙袋をさげて会場となる弟のお家に向かう途中だった。


差出人は釣りの先輩小野さん。
そういえば、管釣り用にと借してもらったロッドを
近々取りにきてくれるといってたなー。
もし今夜、遅くまでまでどんちゃかしても
さすがに夕方6時にはお家に帰ってるだろうし。
ま、後でまた一応電話してみよっと。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

翌日、早朝6時。まだ薄暗い名古屋港にて。う〜寒っ!

小野先輩! 携帯でメール打つのがとてつもなく面倒臭い気持ちは
よ〜く分かりますが、いくらなんでも内容を省略しすぎっす!
しかし、『今日はシーバスもやるから』なんて言われたら
シーバス☆ラブなワタシは
ふたつ返事で『行く!』と答えるに
決まってるぢゃないですかぁ〜。
というわけで、
一睡もしないままワタシは名古屋港へ。
朝マヅメ@名古屋港





とはいえ、ボートに乗ると眠気なんてなんのその!
活性がグンと上がっちゃうんですよね〜。(私の)


今回のメンバーは、いつもお世話になってますが、携帯のメールの内容を省略しがちな小野さんと
名古屋港を隅々まで知り尽くす
頼れるキャプテン佐野さん、
そして小野さん達のお知り合いで
今回初めてご一緒させていただいた
小栗さんとお弟子さんのアリサちゃん!
(今回は小栗さんのボートに乗せていただきました。
小栗さん、ありがとうございました!)
はにかみ笑顔がカワイイアリサちゃんはなんとまだ二十歳!
こんなカワイイ子が釣り場にいたら男性アングラーから注目の的だろうな〜♪
カワイコちゃんとおばちゃん






仲良く一緒にぱちりと記念写真♪
アリサちゃんは真面目に練習に励む頑張り屋さんです!


まずは小野さんと佐野さんがすっかりハマっている
『デカメッキ』を狙うべく温排水が流れるポイントへ。
気まぐれな性格のデカメッキさんは
出てくるタイミングもその日の気分次第。
でも、ここ最近、早朝の時間帯に良く釣れているというので、
さっそくジグミノーで柱と柱の間を狙ってキャスティング。
しばらく沈め、底取りが出来たら竿を立てるようにして、
はい、きました、ワタシの苦手なキレの良い『シャシャシャ』。

ふと、横をみるとアリサちゃんも一生懸命キャスティング。
お〜! リールの巻き方が様になっててすごくかっこいいっ! 
もしかして釣り上級者かしら? 
ワタシは一旦、釣りを休憩して
あまりにも素敵な釣り姿のアリサちゃんの写真を撮ることにしました。
頑張るアリサちゃん






ルアー釣りを始めてまだ3ヶ月。
ただいま小栗さんの元で修行中、
とのことですが、実は子供の頃から
釣り好きのお父さんと一緒に
よく釣りをしていたんだそうです。
なるほどー。だから上手いんだ〜。納得です♪


すると小野サンの『来た来た〜!』という声が。
続いて『この動きはデカメッキじゃない?』
と佐野サンもいうってことは…
うそうそ! 遂にデカメッキさんとご対面できちゃうの!?

ファイト@おのまーん






噂で聞いていた通り、
デカメッキさんとのファイトはかなり激しい。
見てるだけでも一緒になって興奮しちゃうほどの迫力♪

遂にデカメッキさん現る!






水面からボディがうっすらと
見えてきた緊張の瞬間。
遂に幻のデカメッキ現る!?


ぎゅいんとしなるロッドを見ていれば、
いかにデカメッキが強い引きをする魚だということが分かる。
むむむ。へなちょこなワタシにはまだ無理な相手だなぁ。
それにしてもさすが先輩、デカメッキさん相手でも冷静沈着。
ベテランキャプテンの佐野さんも冷静にタモで手早くキャッチ!

うわぁぁぁ! すごーい。何これ? これ、ホントにメッキなの?
上がったデカメッキは40センチは軽々越えるヘビ−級。
そもそもメッキは南方系の魚のため
冬の寒さを耐える事ができず
1年しか生きる事が出来ない死滅回遊魚。
ごく稀に工業地帯の温排水の下などにたどり着き、
そのまま居着いたメッキは
何年も生き延び、大きくなる
とは聞いていたけれど。。。
うそーん。ありえ〜ん。
彼らは本来、こんなに大きく育っちゃう魚なんだ〜。

しかし、なんていうんだろ
今ではもうあまり珍しくないけれど、昔、お土産で貰った
ご当地モノ“デカポッキー”
それを初めて見た時に感じた違和感と似てる。

小野さんとデカメッキさん






最初のポイントで、
早々にデカメッキを釣って満足そうな小野さん。
いいなーいいなー。。。


初めてご対面したデカメッキに大興奮。すぐさま釣りを再開!
すると! なんと! すぐさまメッキちゃんをゲットですっ!
素早さとキレが重要と言われる上級者向けのターゲットですよぉ。
も〜〜〜〜、嬉しい♪ 
釣り上げたメッキちゃんにチューしたいぐらい嬉しいっ!
『なんか今日のチビメッキおかしいぞ』
『スローな動きでも食うもんな』
…小野さんと佐野さんの会話は聞こえなかったフリしちゃいます。

至福のとき






あれだけ散々どんくさいワタシをからかい続けたメッキくん、ついにお縄頂戴しました♪
あ〜、ホント嬉しい〜!!! 


次はシーバスを釣りにポイントを移動。
実はシーバス君は私を釣りに夢中にさせた張本人!
初めて釣りをしたとき、
私でも(もちろん原田先生のご指導の元ですが)釣れたし
その後、誰も信じてはくれませんが、
ミラクルで70センチが釣れたこともあるんです。
本当に誰も信じてくれないけれど…。ぐすん。

小栗さんは自分の竿を置き、
シーバスの釣り方をアリサちゃんに指導。
すると不思議な事に小栗さんの置き竿に2度もシーバスがヒット。
『なんで2回も置き竿にかかるんだよ〜』
と不思議そうな小倉さん。
名古屋港のシーバスって他のフィールドに比べて
少しスレ気味だと聞いてたけれど、
もしかして実は単なる変わり者? 

なんてふと隣を見ると、小野サンと佐野さんは
ジグで底取りをして、そのまます〜っと竿をあげています。
アクションは一切なし。
『ほら、来た! やっぱりな』
えええ〜〜〜〜〜〜! 
シーバスってこんな釣り方でも釣れちゃうの?
『俺もこんな風にシーバス釣ったの初めてだよ』
と小野サンも不思議そう。
基本はあれど、毎回必ずパターン通りにいくわけではない。
だから釣りって面白いんですよね〜♪

カワハギでも釣るかのようなスローな方法なら、
ワタシにでも釣れるかもしれない。
さっそくおふたりの真似をして、
沈めたジグをゆっくりあげていくと…
わわわわわわ! シーバスだぁぁぁぁ!
サイズは大小まちまちですが、
ホントぽんぽんと面白いぐらい釣れまくり、
結局10本以上は釣ったと思います。
ぽ〜、夢みたい…。


シーバスゲット@あーちゃん






アリサちゃんもシーバスゲットでにっこり! 
とっても嬉しそう♪


途中で『金城ロックンロール』ゲームでカサゴを釣り、
盛り上がりを見せる私たち一行は
最後にもう一度、朝方行ったメッキポイントで再トライすることに。
すると小野サンに続き、横に素早く走るデカメッキと格闘の末、
今度は小栗さんがデカメッキを見事ゲット!

新米デカと小栗さん





40センチを下回っているので『新米デカ』だなんて
またまたご謙遜を。でも、上手い事いいますね〜。


朝6時に出発して午後2時にあがりましたが、
本当はこのまま夕マヅメモードに突入しちゃいたいほど
楽しい釣りでした。
憧れのメッキ君にも会えたし、愛しのシーバス君も釣れたし♪
本当に今日は来て良かった〜〜〜!



帰りの車内で疲れ&睡魔に
どひゃーんと襲われてグッタリでしたけど。。。





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tama7717tama/50357933