2010年02月06日

実力者を蹴落とす《世論》の作り方。

e27944c8.jpg朝青龍問題と小沢一郎問題。気になるのは《世論操作》の方法だ。

有り得ないことだが、朝青龍はプライベートなトラブルを起こし、
《トラブルの情報源》が限られているのに「週刊新潮」に載った。
必然的に、横綱とトラブルになった相手方が《リークした》のだ。
横綱と一緒に飲んでいた相手が《どのような種類の一般人》かを
検証せずに、一方の情報だけを《垂れ流して》世論が形成された。

小沢一郎問題は「情報源が検察である」とハッキリしていながら。
マスコミは、刑事事件の「推定無罪の原則」を、一方的に無視し。
検察の《逮捕容疑》を《絶対正義》と言わんばかりの報道をした。

当然ながら《リークした》のは、守秘義務がある「現職」検察官。
法律違反を責める立場の人間が、明確に、法律違反を犯している。
「巨悪を眠らせない」のは当然だが。ならば、当時政権党だった
自民党の最大派閥町村や、自民党の実力者二階の巨悪は良いのか?
国策捜査の「証拠不足」を、世論形成で補おうとしたのだろうか?

結果《不起訴》になったが、報道陣は《自己批判》の欠片もない。
推定無罪の原則を無視し、起訴証拠がない政治家を中傷したのだ。
政治家だから、政治姿勢を糺されるのは当然だが、事実はどうか?
メディアは「検察の代弁」だけで《独自調査をした》形跡はない。

小沢「金脈」に《目を付けた》のは、前麻生政権時代の漆間一派。
「政権交代阻止」が目的だったが。小沢党首辞任で逆効果になり。
鳩山民主党が衆院過半数をとった。不本意な政権交代があっても、
後に引けずに、そのまま、小沢「金脈」捜査を継続したのだろう。

実力者は、敵が多く。スキャンダルは、ニュースバリューがある。
日本のマスコミは,情報の裏付けを取らず《リーク》に飛びつく。
かくして《敵》による、実力者を蹴落とす《世論》は形成される。

繰り返すが、起訴できなかったのは《裁判証拠がなかった》から。
政治家のスキャンダルには《公共性》と《公益性》があるのだが、
報道が名誉毀損にならないもう一つの要件《事実性》については,
検察が起訴できなかった以上《事実性がない》と認めたに等しい。
《誤報だった》のに「限りなくクロに近い」とは、事実に反する。
本来《事実性の確認》がないままに報道するのは《報道の死》だ!

この不透明な構造の《逆手》は,前回のような「辞任」ではなく。
不透明な構造の「暴露」だ。大手マスコミと世論形成の仕掛人の
繋がりをに暴露されたら、大手マスコミの「信頼」は地に落ちる。

最初から《偏向》と目されるなら良いが(笑)一党一派に偏する
報道だと《存在価値》を失う。ネットに「地位」を譲るのだろう。



tama_liver at 13:59│Comments(0)TrackBack(0)議論 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔