なでしこ 0-2 アイスランド


【得点者】    アイスランド:ヨンスドッティル(14分)、ソルバルズドッティル(71分)


新生なでしこジャパンの初陣でしたが、結果も内容も不安しかないスタートになってしまいました。

準備期間が短く、またコンディションも万全ではなかったとは思いますが、それならそういう時にどうするか?というコンセプトで試合をしないと得られるものは少なくなってしまうのでは?と思いますね。

そうじゃなく、あくまでもこれから先を見据えたチームコンセプトで戦う、と言うのであれば、それが出来たか、出来なかったか、で判断、収穫とすれば良いのですが、それが何なのか伝わってきたとは言えないです。

『奪う!』という言葉が流れて来てますが、FWの追い方は終始『奪う!』ではなく、パスコース限定の緩いものだったし、中盤に出てきたボールを刈るような連携もなかったし、裏に出されるボールで失点を重ねただけでオフサイドを取るようなDFラインでもなかったと思います。

そもそもスピードとキック力のある海外勢にサイドを突破されて失点・・・は毎度のパターンであり、先制点までは100歩譲って許せたとしても、2点目も同じ形で奪われてることには疑問を通り越して怒りしかないです。
*寝不足が原因かもしれんけど(苦笑)

監督はもちろん、選手間でもいいから長谷川の自由を奪うか、与えるなら補うか、しないとそりゃ追加点奪われてもおかしくないでしょ・・・って話です。

それを上回るだけの攻撃力があればいいですけど、攻撃は守備以上に見るべきものがなかったですしね。

相手の帰陣は速かったし、ブロックもしっかり作っていて攻めにくそうなのは確かでしたが、それでもアイデアに乏しく、ミドルシュートを回避しながらのパスがオフサイドに掛かるということの繰り返しでしたね。だったら、積極的にミドルを打った方が相手に当たって何かが起こる可能性もあるはずなんですがね。

男子以上に可能性を感じられなかったセットプレイを含め、全てにおいて準備不足、連携不足が原因であることを強く願いますね。

それ以外だったらヤバいでしょ(汗)


【スタメン】

1   池田   5.0   足元に不安はなかったが、先制されたシュートを止められないのは世界大会を任せる正GKとしてはキツイかも・・・。

2   清水   5.5   守備は特に問題なかったが、何度もオーバーラップを見せた攻撃ではFWやSHとのコンビで突破を試みるも崩し切った感はなし。クロスが合う気配もなかった。

5   三宅   5.5   久々に代表のCBとしてプレイしたが及第点。落ち着いてビルドアップしているし、状況を見て持ち上がることもできている。課題はロングフィードとカウンターで1対1になった時の対処かな。失点に繋がってしまったけど、三宅が出した縦パスは悪くないよ。

3   南    5.0    自身のミスはビルドアップで相手に引っ掛けられた場面が1度あったぐらいだが、2度とも自身側である左サイドを突破されての失点はイタダケナイ。慣れない宝田をもっとリードしてあげるべきだった。キャップ数的にそういう存在でしょ。

22  宝田   4.5   元FW、高さを含むフィジカル、という武器がこのポジションで生かされてなかった。守備での対応はSB、特に左としては致命的。もうここはないと思う。

8   猶本   5.5   セカンドボールを良く拾ったし、リズムよく捌くこともできていたが、攻撃に関しては物足りない。長谷川が邪魔だったとは思うが、それを修正させられない(伝えられない)ようでは主力になれないと思うが・・・。

15  長野   5.0   前でプレイする意図があったのではなく、そうさせられていた感が強い。使う側の選手だと思うが、使われるプレイの方が多かった印象。違う組み合わせで見てみたい。

17  成宮   5.5   並の選手(期待)なら初キャップとしては十分合格点を与えられる。武器である運動量もあったし、上手くはいかなかったが攻撃でのアイデアも感じられた。ただ、管理人的には“並み”じゃないのでね(苦笑)

14  長谷川  5.0   公式ポジションは左SHながら、ほぼ中央(ボランチ)でプレイ。これがチームコンセプト(戦術)じゃないとすれば、4.0の採点でもいいぐらいチームを機能不全に追い込んでいた。自身のポジショニング(による宝田のポジショニングだが)が失点の原因だが、その後もプレイエリアを変えなかったのは何故なのか・・・。個人なのか、チームなのか、この戦術は確認が必要だと思うが。

19  植木   5.5   チーム最多のシュート数だったと思うが、どれも可能性は感じられず。右サイドを突破した瞬間の期待はそのスピード感のないドリブルで一気に萎んだ。

13  小林   5.0   受けれる、抜けれる、仕掛けられる、のオールマイティのはずがどれも中途半端だった。失点はポストプレイのズレから。中央で苦労していたのなら、そこに固執せず空いた左サイドで仕掛けることに注力すればまた違ったはず。ただ、そこはこの試合の持ち場じゃない!と言われたらそれまで(笑)


【交代枠】

7   隅田   5.0   ボールには触っていたが効果的なプレイは少ない。展開的にも途中出場の立場的にも、もっと運動量も欲しかった。

23  宮澤   5.0   スピード、テクニックともに生かされる場面がなかった。状況を変えるためにも強引さが欲しかった。

16  林    5.0   隅田同様、ボールを持っても期待値は低い場面が多かった。

11  田中   5.0   1つ良いポストプレイがあったのみ。チャンスが来なかった。

20  高橋    -    短時間の為、採点なし。



池田監督   4.5

準備期間の短い初陣であり、コンディション面でも十分でなかったとすれば結果については大きな問題ではない。ただ、熱男と言われる監督に率いられている代表、それも新生であるテンション、熱はどこにも感じなかった。

前任の時にも感じたことだが、最近のなでしこに於いてこれは結構な問題だと思う・・・。

試合では長谷川のポジションが中に入ることで宝田のポジショニングが曖昧になり、それを補佐するためにボランチやFWが長谷川のポジションにスライドすることもない問題をどうして放置し続けたのか?

戦術であったとすればもう二度とやらせないで欲しいし、これを分かっていないとすればJFAは今すぐにでも後任探しに着手した方が良い。アジア杯で結果が出ない可能性もそれなりにあるし、そうなったら即替えないと五輪も危ない。

交代が全く機能しなかったことも、どういう指示を出したのか?気になるし、前半の出来で後半開始から選手交代がなかった点も引っかかる。

期待していただけに辛い採点にしたが、まだ初戦。とりあえずオランダ戦も見ることにはするが・・・。





にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ